ポケモンgo リワード受け取れない。 フィールドリサーチ

【ポケモンGO】「キャッチアップリサーチ」のタスクとリワード報酬一覧。色違いイーブイとカイリューと大量のXPを入手可能だぞ!

ポケモンgo リワード受け取れない

概要 フィールドリサーチはがプレイヤーに対して出す課題で、取り組むと日々の冒険の中での研究を手伝える。 と合わせて「ポケモンリサーチ」と呼ばれている。 課題の内容は「タスク」、達成時の報酬は「リワード」と呼ぶ。 タスクにはポケモンを捕まえる、ナイススローやカーブボールを投げる、で戦う、タマゴをかえすなど様々なものが用意されている。 リワードはポケモンとの遭遇か、・アイテムの入手である。 がリワードになっているタスクも過去には存在したが、2018年7月以降は登場していない。 タスク タスクはのフォトディスクを回すと入手できる。 同じポケストップからはどのプレイヤーも同じタスクしか受け取れないが、日付が変わると別の内容のタスクが受け取れる。 タスクは最大3個まで保管できるが、1日にこなせるタスクに上限はない。 やスポンサー企業との提携イベント等、一定条件を満たさないと参加できないイベントでは、同じポケストップから参加者と非参加者で別のタスクが出る場合がある。 この場合も参加者同士、あるいは非参加者同士では、同じポケストップからは同じタスクが受け取れる。 受け取ったタスクはタスク右上の削除ボタンをタップすることでキャンセルできる。 キャンセルした場合でも、同日であれば再度同じポケストップから同じタスクを受け取れる。 その日のタスクを達成したポケストップでは画面右上に青色のリサーチ完了アイコンが表示される。 などのイベント時には特別なタスクが追加されることがある。 出現しづらいポケモンが出現したり、特定のポケモンのみが出現するイベントが行われることがある。 アジア太平洋地域以外では2020年4月29日から、アジア太平洋地域では2020年4月30日から、毎日0時にフィールドリサーチ画面を開くとでフォトディスクを回さなくてもボーナスタスクを受け取れるようになった。 ボーナスタスクの内容は、自宅から外出しなくても比較的達成しやすいものになっている。 ボーナスタスクは既にタスクを3つ持っている場合は4つ目のタスクとして受け取れるが、タスクを4つ持っている場合は受け取れない。 リワード フィールドリサーチのリワードとして出現するポケモンのは必ず10以上に設定されている。 は一律15で、の影響は受けない。 リワードのポケモンがことはない。 プレイヤーが逃げた場合はリワードは消えず、捕まえるかタスクを削除するまで何度でも捕獲に挑戦できる。 フィールドリサーチの一覧 フィールドリサーチのタスク・リワード候補は2018年は毎月変更されていたが、2019年は1月・5月・9月に切り替わった。 2020年1月以降は再び毎月変更される形式に戻っている。 切り替わるタイミングはアジア太平洋地域以外では1日、アジア太平洋地域では2日。 2018年4月~2020年6月の期間におけるフィールドリサーチについてはの記事を参照。 捕獲 タスク リワード候補 ポケモン アイテム ポケモンを10匹捕まえる No. 075 を受けているポケモンを5匹捕まえる No. 112 No. イベント終了後はポケストップから受け取れるタスクは通常のものに戻る。 イベント終了後もリワードは受け取れるが、出現するポケモンの見た目がイベント専用のもの 花飾りを付けたピカチュウなど ではなく通常のものになってしまうケースも存在する。 大発見 フィールドリサーチのタスクを達成すると1日1回までスタンプを押してもらえる。 これはウィロー博士の研究の進み具合を示しており、7個集めると研究が大きく進む「大発見」が発生する。 「大発見」では珍しいポケモンが出現したりするほか、以下のアイテムももらえる。 切り替わるタイミングはアジア太平洋地域以外では1日の0時 現地時間 、アジア太平洋地域では2日の0時 現地時間。 2020年2月 捕獲時に入手できるアメが13個。

次の

【不具合】フィールドリサーチバグでタスクが受け取れない?ストック分が消えた人も!

ポケモンgo リワード受け取れない

指定の「タスク」をクリアすることで「リワード」が受け取れたり、特別なポケモンをゲットできるリサーチ機能は、次に何をすべきか分からない初心者をつなぎ止めるには確かに有効だろう。 またレベル40未到達のユーザーにとっては、リサーチタスクを消化することでレベルも並行して上がっていくわけで、モチベーションの維持には適している。 しかし筆者にとっては、来る日も来る日も宿題が出されるような感覚が、どうにも性に合わなかった。 いうなれば無地のスケッチブックに自由気ままに絵を描いていたところに突然けい線を引かれ、文字しか書けなくなったようなもので、楽しみ方を強制されるようになった印象の方が強かった。 特に一部のタスクは、モンスターボールの投げ方一つにまで干渉してくるなど、プレイスタイルをも強制してくる。 これらは従来の「野生で捕まえても、卵をふ化させても、レイドバトルで入手しても、とにかくポケモンを入手できれば過程は問わない」という、ポケモンGOの自由度の高さとは、明らかに性格が異なるものだ。 「文句があるなら、やらなければいいじゃん」という声も聞こえてきそうだが、ここでしか手に入らない「ミュウ」のようなポケモンもいるので、やらざるを得ない。 結果として、筆者にとってはこのリサーチ機能が、毎日継続してのプレイをギブアップする決定打になってしまった。 途中放棄されたリサーチの「タスク」。 積もり積もってきた小さな違和感が4月ごろにとうとう決壊して、一気に興味を失ってしまったというわけである。 もっとも、上記の理由を振り返ってみると、恐らく微妙なさじ加減であることがよく分かる。 横浜のイベントで大量出現した「バリヤード」。 当時は現地に足を運ぶのもまったく苦にならなかった これは単に、その時点では、運営が用意するイベントの数が決して多くなく、あらゆるイベントに参加してもなお、時間に余裕があったからだろう。 そのため、イベントがあればそれに参加し、そうでないときはひたすら野生のポケモンを収集してレベル上げに励むというスタイルが通用していた。 しかし今となっては、複数のイベントが並行して行われるのもざらで、新機能のリサーチなども合わせると、時間はいくらあっても足りない状態だ。 つまり 1日にやるべきことの総量が増加し、可処分時間がことごとく吸い上げられるようになったため、「もうこれ以上ついていけない」となってしまったわけだ。 実際、ジムバトルを行い、伝説のポケモンのレイドバトルもこなし、リサーチにも対応しつつ、さらに通常のポケモン収集まで行おうとすると、膨大な時間が必要だ。 これらに要する時間は、1年前の今ごろ、ポケモンGOにかけていた1日の所要時間を、はるかに上回っているはずだ。 もう一つ、レイドバトルのように「工夫次第で最小回数の参加でクリア可能なタスク」ではなく、コミュニティ・デイやリサーチ機能のような「時間をかければかけるほど有利になるタスク」が増えたのも大きい。 これらはポケモンGOのためだけではない、限りある可処分時間を、確実に削っていく。 筆者の場合、自分のペースでできるゲーム性を生かし、大量の時間を注ぎ込んで優位性を保っていたのが、それは「工夫次第で最小回数の参加でクリア可能なタスク」が多かったからこそできた話だ。 現状では、「時間をかければかけるほど有利になるタスク」が増えたために対応できなくなり、その結果として「魔法が解けた」ということなのだろう。

次の

【解決】ポケモンGOでウィークリーリワードを獲得できない/受け取れない場合の対処設定方法

ポケモンgo リワード受け取れない

イベント中の反応まとめ 購入可否が真っ二つになるチケット 途中推移ではありますが、綺麗に分かれた購入の有無。 まだ悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか? そこで、イベントが始まってからの出来事やみんなの反応をまとめました。 目的が複数あるなら買うべき! 目的が 単体だと買うべきか悩むことがあると思います。 お財布や時間と相談になりますが、スペシャルリサーチの内容が判明したいま、購入を改めて考えることもいいかもしれません。 タスクの内容は簡単! の内容は比較的簡単で、捕獲と進化で済みます。 スペシャルリサーチの内容について また、で上記3タイプの出現率が上昇しているので捕獲や進化に役立ちます。 レジ系3種自体の出現率もアップ中! 大量出現で逆に人が集まらないことも… クリアできない場合 レジ3種復刻イベント期間中にクリアできなかった場合、タスク内容が差し替えられると公式発表されています。 タスクの進行・達成可能という点では安心です。 他の報酬・イベント狙い ポケモン狙い 報酬で入手できるポケモン 報酬に出現するポケモンは、初心者から上級者まで需要のありそうなポケモンが揃っています。 などは滅多に厳選できる機会がないことやのPvP最適個体はリワードでも狙えます。 アイテム狙い イッシュのいしが報酬で1つ貰えることでチケット購入を決めた方もいます。 大発見でのみ入手可能と入手機会がとても低いアイテムですので、ぜひとも欲しいところ。 レジ系3種狙い でもうかがえるように、レジ系3種の色違いや図鑑埋めを目的に購入する方もいます。 また、突如実装された新技はPvPで輝くこと間違いなしのとがった性能。 防御に寄ったレジ系の性能とも相性が良いです。 ダメージはほぼ与えないかわりに、すさまじい速さでゲージわざを撃つことができます。 ロックオンの性能 ジム・レイド トレーナーバトル 種類 通常技 タイプ 威力 1 1 発動時間 0. 3秒 1T ダメージ 発生時間 0. 17秒 - ゲージ増加量 6 5 DPS タイプ一致 3. 33 4. 00 1. 00 1. 20 EPS 20. 00 5.

次の