声優になるには。 声優になるための方法まとめ!進路は?練習は?

声優になるには・声優になりたい!マネージャーが教えるプロへの道

声優になるには

になるまでの道のり 声優を目指す人のほとんどは、声優の養成所や各種スクールに入って学んでいます。 その大きな理由として、声優として活動していくうえでは基本的に「声優プロダクション」という組織に所属しなければならず、その声優プロダクションは声優養成所や声優コースのある専門学校の卒業生を採用することがほとんどだからです。 こうしたことから声優の養成所で声優としての技量を高めていき、卒業後にプロダクションへ所属という流れが一般的なものとなっています。 声優になるために特別な学歴や資格は必要ありません。 そのため逆を言えば、誰でも声優を目指すことができるといえるでしょう。 声優になるための学校の種類 声優の養成機関としてはプロダクション付属の養成所のほか、劇団付属の養成所、また専門学校や各種スクールなどさまざまなものがあります。 養成所では、正しい発音や発声、呼吸の仕方や演技などについても学びます。 アニメーションや洋画のキャラクターの口に合わせて声を出すのにも技術が必要であり、素人が簡単にできるものではありません。 養成所で学んでいる人の年齢は10代後半から20代前半がもっとも多いといわれますが、とくに年齢制限を設けていない学校では、もっと上の年代の人も在学しています。 一般的には1年から2年程度のレッスンを受け、声優に必要なスキルや知識を身につけていきますが、養成所やスクールを卒業しても、必ずしも声優プロダクションに所属できるとは限らないため、在学中に実力を高めるための努力が求められます。 声優にルックスは必要? 「 声優」として活動する場合 近年は「アイドル声優」といった肩書を持つ声優に注目が集まっています。 アイドル声優とはアニメのアテレコやナレーションなど本来の声優としての仕事に加え、いわゆる一般的な と同じような活動をして、人気を集める声優のことをいいます。 CDの発売やライブ活動、アニメ系のコンサートへの出演、また写真集やイメージビデオの発売、さらにはテレビやラジオ、雑誌といったメディアへの出演などが挙げられます。 声優は本来、人に自分の姿を見られることがあまり多くありません。 しかしいわゆる表舞台に立つ活動をして多くの人から注目を集めたいのであれば、どうしても「見た目の華やかさ」や「美しさ」などのルックスも必要になってくるといえるでしょう。 声優のキャリアプラン・キャリアパス 養成機関で学んだ後、声優プロダクションのオーディションを受験し合格すれば、マネジメントをしてくれるプロダクションに所属することができます。 はじめは「ジュニア」「仮所属」「事務所預かり」などと呼ばれる立場になり、給料については新人のギャラが適用されるため、非常に厳しい生活を送ることになるでしょう。 しばらく下積み期間としてさまざまな仕事を経験して実績を作るとようやく「正所属」という形になり、やっと一人前の「声優」といえます。 とはいえ、正所属になったとしても安定的に仕事をもらえる人はほんのわずかです。 声優プロダクションでは、芸能プロダクションと同じようにマネージャーが営業を担当しますが、仕事を獲得するためにはオーディションに合格することが必要で、たとえプロダクションに入ることができてもオーディションに合格できなければ仕事つながりません。 そのため、常にオーディションを受けながらレッスンを続けて、技量を高める努力が必要です。 なかには、いくつかの養成所を渡り歩いて学びながら、プロダクションのへ所属を目指す人もいるようです。 努力を重ね、さまざまなオーディションに合格し、声優として実績を積んでいくことで、ようやく安定して仕事を得ることができるようになります。 仕事を取れる声優を目指す人へ 声優になれたとしても仕事が取れなくては意味がありません。 声優として仕事を取るには、実力が必要です。 実力をつけるためには適切な努力ができる環境が何よりも大事。 ヒューマンアカデミーなら、舞台公演をしながら実践的に学んだり、年350回以上もある校内オーディションで自分の実力を試したりすることができます。 マンツーマン指導でアドバイスがもらえるから、努力する方向を間違えることもありません。 試行錯誤して実力をつけるには最適の環境と言えるでしょう。 ヒューマンアカデミーの詳しい情報は、資料請求で手に入れてください。 完全無料ですので、興味がある人は資料請求するところから始めましょう。

次の

声優になるために自宅でやれるトレーニング

声優になるには

本をたくさん読む なぜ声優になるのに本を読むことが必要なのでしょうか?それは声優に必要な想像力や読解力を鍛えるためです。 声優の仕事には台本があり、その流れに沿って演技をすることになります。 その際台本に書かれていることの流れを読む力、つまり読解力がないと話の内容を深く理解し、感じ取ることができません。 そうなると演技の質に影響が出てしまい、簡単に言うと演技が浅いものになってしまいます。 演技を深く、質を上げるためにも、たくさん本を読んで想像力や読解力を鍛えておきましょう。 また、本をたくさん読むことで多くの漢字を読めるようになるので、台本を読む際に漢字で困るということもなくなります。 夢のためであれば国語の授業も楽しく受けれますよね。 表情筋を鍛える 発声や発音は口の動きだけでなく、顔全体の使い方によって変わってきます。 顔の表情筋が硬い人は表現の幅が少なく、演技もワンパターンになりがちです。 逆に顔の表情筋が柔らかい人は、表現の幅も広がり、多彩な演技をすることができます。 それでは簡単にできる表情筋のトレーニングをご紹介します。 前から顔を紐で引っ張られているように口をつきだし、目や口を顔の中心に集めます。 すっぱいものを食べた時のような顔ですね。 その顔を10秒間続け、10秒後に思い切り顔の力を抜きましょう。 すると顔全体が熱くなったような気がしませんか?これを5回程繰り返します。 こうすることで普段あまり使うことのない顔の表情筋を鍛えることができます。 舌根トレーニング 発声を行なう上で、舌が持つ役割は非常に大きいものがあります。 舌の位置や形によって発音の内容は大きく変わりますし、発声時に舌に余計な力が入っていると、あごに力みが伝わり喉を閉めてしまいます。 その逆で、舌を柔らかく使えるようになると、発声もしやすくなり、表現力を高めることができます。 舌を柔らかくするトレーニングは、「舌を歯のまわりでぐるぐる動かすこと」です。 舌根トレーニング• おそらく舌の根っこあたりが疲れたような感覚になるはずです。 そうなれば成功です。 舌も筋肉で動かしているので、トレーニングを続ければ柔らかな下の動きをマスターすることができます。

次の

声優の仕事内容・なり方・給料・資格など

声優になるには

声優事務所に併設されている、 声優養成所に通う• オーディションに合格する• 親や知人に、 声優事務所を紹介してもらい所属する という感じです。 では、ひとつずつ説明してきますね。 声優事務所に併設されている、「声優養成所」に通う ほとんどの声優事務所には、声優を目指す人を育てる 「声優養成所」 という、 塾のようなものがあります。 で、声優事務所に所属するためには ここで、 演技や歌、ダンスなどを学ぶことで実力をつけて 事務所に所属して、 さまざまなオーディションに参加する、というのが一般的な流れになります。 ただ、声優養成所の授業料は、場所によりますが そのほとんどが、中学生や高校生では用意できない金額です。 そのため、最初は 「親を説得して、費用を出してもらう」 という事が必要になりますね。 まあ、声優を目指す人のほとんどが 親に反対されても、諦めないで何度も説得している ので、親の説得は、 声優になるための第一歩、みたいなものです。 新しい習い事を始めるくらいの感覚で 気軽に通う、ということはなかなか難しいですが 声優になるとしたら、このパターンが最も一般的ですね。 ちなみに、 「じゃあ、声優養成所は、どこに行けばいいの?」 という事が気になる場合、 下記の記事も、是非チェックしてみてください。 オーディションというものには、 雑誌やネットなどで、参加者を募集するものもありますが アニメ声優のオーディションは、そこまで多くありません。 アニメのオーディションの場合は 劇団や、声優事務所がオーディションの連絡を受けて そこから紹介されて、オーディションに行く というのが、一般的な流れになります。 また、あなたに演技経験がない場合は 周りのほとんどが、劇団で演技力を磨いている役者になるので 不利にはなりますね。 ただ、近年の声優は、 アイドル化なども進んでいるので オーディションで 演技力ではなく、歌とダンスだけで審査するものが増えています。 そのため、演技経験がなくとも、 歌唱力や ダンス、 見た目が良い、 あるいは、 ただ年齢が若いだけで、合格することも十分あり得たりします。 そのため、先ほどは「ハードルが高い」などと言いましたが 中学生・高校生の頃から声優を目指すことは、 実は、かなり賢い選択かもしれませんね。 親や知人に、声優事務所を紹介してもらい所属する これは、親や知人が 「声優」「アニメ監督」「事務所の社長や重役」 といった、 声優業界にコネクションがある人専用のパターンです。 あまり良い印象はないかもしれませんが、 こういう人も、中にはいます。 ただ、声優としてちゃんと活動するのは 「親が声優や俳優、スポーツ選手などの一流のプロで、 そのプロフェッショナルとしての姿勢を、間近で毎日見てきた」 という人だけです。 そして、プロの背中を見て育った人は、 たまたま声優になっただけで 声優の世界じゃなくっても、しっかり活躍できる人だったりします。 あなたが、コネクションのない普通の人だった場合は うらやましいかもしれませんが、 あまり気にせずに、自分の事をしっかりやった方がいいでしょう。 (猫って、声優養成所に入れるかな……?) スポンサードリンク どう行動するのが、声優になる近道なの? 最後は、 演技経験のない人が 効率よく実力をつけて、声優になるにはどうしたらいいか? ということですね。 と言っても、 声優事務所の社長さんと、フェイスブックで友達になって メッセンジャーでやり取りを続けて、そのまま強引に所属させてもらう! とか 人気インスタグラマーになって、 フォロワーから声優事務所の社長を探して、そのまま強引に所属させてもらう! みたいな、普通じゃできないようなことではありません。 まあ、インスタグラマーから所属するルートは 冗談ではなく、それなりに可能性がありそうですけど。 で、中学生や高校生が、 声優を目指す場合の、個人的なおすすめとしては 「 声優養成所に通って、 演技の勉強をしながら 自分でオーディションを探して、合格するまで受けまくる!」 っていうのが、一番効率が良いですね。 これだと、かなりの労力が必要にはなりますが 時間も無駄にならないし 実力もつけつつ、チャンスも逃さないのでおすすめではあります。 で、一つだけ注意したいのは 「学校が、芸能活動を禁止していることがある」 ということですね。 この場合は、声優養成所に通っていること自体は 「習い事」として、ごまかすことができますが オーディションで合格しても、声優の活動は難しいでしょう。 うまく隠すことができるのなら、問題ないでしょうが 仕事の都合で学校を休む時に、 風邪や体調不良と、さまざまな嘘をついているうちに 隠しきれず発覚します。 そのため、 中学生なら、芸能活動ができる高校に進学する という選択肢があるので、 高校を選ぶ条件に、考えてみるのも良いでしょう。 そして、学校に活動を禁止されている高校生の場合は、 オーディションは我慢して、声優養成所に通って卒業まで実力をつける というのが無難、ということになりますね。 停学処分や、退学処分になる可能性もあるし もしも、高校を中退したとなると、社会的にかなり不利になります。 そうなると当然、 声優として活動していくのも、より大変なものになりますね。 なので、こればっかりは仕方ないと割り切り 実力をつけることに専念するのが、おすすめです。 監修・ライター 名前:中原ヒロ 年齢:アラサー 現在ナレーター活動も行っており、声の仕事のプロとして活動中。 自分も学生時代は業界の事などわからない事が多かったので、学校選びや、声優の技術・業界の事などわからなくて困っている人の為に、このサイトで解説・監修を担当。 サイト内では、声優になりたい2人(1人と1匹)の学生に、わかりやすく教える先生役で登場。 進路として声優の養成所に進みたいが、どこの養成所が良いか迷い中。 明るく活発で、意外としっかりもしており、声優になる夢を真剣に叶えようと決心している。 ただ基本的に少しぬけているので、たまに暴走して周りを振り回す。 好きな漫画・アニメは、「坂本ですが?」。 漫画やアニメが大好きで、声優になる事を目標にしており、本当に自分は声優になれると心底信じている。 猫だけど。 皆を和ませるキャラクターで、漫画やアニメと同じくらいマタタビが好き。 しかし、アゴ・のどをなでられると、ゴロゴロ言って眠ってしまうという弱点がある。

次の