妊娠 しょ き 症状。 着床時期は症状でわかる?受精後すぐに症状って出るものなの?

【妊娠6ヶ月】胎児と母体の症状で知っておきたいこと

妊娠 しょ き 症状

妊娠すると、つわりに代表されるように、女性の体には様々な 妊娠初期症状が現れます。 「もしかすると私妊娠したかも?」と感じたとき、妊娠の兆候はいつから生じるのか、どんな症状が起こるのか、また「何もない」ケースもあるのか、気になることや心配だらけですよね。 妊娠初期症状は人それぞれですが、一般的に起こりやすい特徴をチェックしてみましょう。 目次 -項目をクリックで該当箇所へ-• 妊娠初期症状はいつから始まる? そもそも妊娠初期とはいつからのことを指すのでしょうか。 妊娠期間は週数に応じて、初期、中期、後期と分かれています。 妊娠初期とは、0~15週(1~4ヶ月)を指しています。 妊娠初期症状がいつから始まるのか、これは完全に個人差が大きいところです。 一般的には、生理予定日から1~2週間後(妊娠5~6週目)ぐらいから始まる人が多いです。 ただ、中には生理予定日前後から、基礎体温の高さや、だるさ、胸の違和感といった症状や兆候を感じることがあります。 妊娠初期症状は生理前の症状「PMS(月経前症候群)」とよく似ていることから、妊娠のサインに気が付かない人も多数います。 妊娠初期症状の特徴をチェックしてみよう 妊娠の兆候がいつから現われるか、そのタイミングと同様に、症状の内容も人それぞれです。 複数の症状が同時に現れる人もいれば、あまり実感しなかった人、ここでは紹介しないような症状が出る人も。 多くの人に現れやすい妊娠初期症状をチェックしてみましょう。 着床出血• 生理がこない• おりものが増える• 基礎体温が高い日が続く• だるい、熱っぽい(風邪のような症状)• 強い眠気• 胸が張る• 乳首が黒くなる、痛い、かゆい• 肌荒れ• イライラする、情緒不安定• つわり 着床出血 着床(受精後10日前後)した際に起こる出血です。 おりものに血が混ざったようなものや、生理のような出血だったり、人によって異なります。 1日または数日続きます。 ただし、着床出血はない人の方が大多数です。 生理がこない 実際には、くるはずの生理が1週間以上遅れることで、妊娠に気が付く人が多いでしょう。 日頃から生理不順だったり、精神的不安などから生理が遅れることはありますが、規則正しい月経周期にもかかわらず1週間以上遅れていると妊娠の可能性が高いでしょう。 おりものが増える 妊娠をすると、妊娠中に分泌される黄体ホルモンの働きでおりものの量が増えることがあります。 一般的には、おりものの色は透明か白色でサラサラしており、においもそこまで強くはないものの、個人差があります。 日頃からおりものが出やすい人は、普段と量や状態に違う点はないか、チェックしてみるとよいでしょう。 基礎体温が高い日が続く 通常は、月経開始から排卵日(11~15日)までは基礎体温が低く(低温期)、排卵から約2週間は基礎体温が高い状態(高温期)が続き、また月経がはじまると体温が低くなります。 しかし、妊娠をすると、黄体から分泌されるプロゲステロンの体温上昇作用によって、排卵後も基礎体温が高い日がそのまま継続されます。 イライラする、情緒不安定 妊娠するとホルモンバランスが急速に変化するため、ささいなことでイライラしたり、不安感が募ったり、涙もろくなるなど、情緒不安定になりがちになるのも、妊娠初期症状や兆候のひとつです。 つわり 早ければ4~5週頃からつわりの症状が始まります。 吐き気や、お腹が空きやすい、においに敏感になるなどが代表的です。 食べ物の趣味が変わり、「酸っぱい食べ物が無償に食べたくなる」「脂っこい食べ物が食べられなくなった」など、今までと好みが変わったり、好きだったものがダメになることも。 しかし、中には、妊娠初期症状もほとんどない、または気付かないほど症状が軽い人もいます。 妊娠初期症状がなかったために、16週以降(妊娠中期)になっても気が付かなかったという人も。 つわりの症状についても、妊婦さんのうち20%程度はつわりを感じないといわれています。 妊娠初期症状やつわりがなくても、胎児の発育や成長に問題があるわけではないので安心してくださいね。 また、上記でご紹介したような妊娠初期症状や兆候が見られたとしても、妊娠しているとは限りません。 検査可能な時期がきたら、まずは妊娠検査薬を使い、その後は産婦人科で医師に診断してもらうことが必要です。 妊娠初期症状と生理前の症状の違いとは? 妊娠初期の症状は生理前の症状(PMS)とよく似ています。 特に月経周期が不安定な人は、「ただ生理が遅れているだけかも」と思いがち。 生理前の症状との違いを見極めるには、前もって基礎体温をつけておくのがおすすめです。 基礎体温の高温期が14日以上継続し、体温が下がらない場合は、妊娠の兆候である可能性があります。 妊娠初期症状を感じたら検査薬を使おう いつもよりおりものの量が増えたり、胸の張りを感じたり、また何よりも生理が1週間以上遅れていたら、まずは妊娠検査薬でチェックしてみましょう。 妊娠検査薬はいつから使える? 妊娠検査薬は尿中に排出された「hCG」というホルモンの値に反応します。 女性は着床するとhCGホルモンが分泌されるため、尿検査でhCGの反応をチェックすることで妊娠しているかどうかがわかる仕組みになっています。 hCGの数値が規定の数値を超えると陽性反応が出ます。 妊娠検査薬が使える時期は、商品によりますが、最近だと月経予定日1週間後から使えるものが多いです。 それよりも早いフライング検査には早期妊娠検査薬が使われます。 陽性が確認されたら妊娠している可能性が大変高いので、早めに産婦人科を受診することをおすすめします。 出典:www. rakuten. jp スピード判定ができると評判のチェックワン。 尿をかけるのは3秒間、浸けるのは5秒間でわずか1分でチェックできます。 スティック本体はスリムで持ちやすく、尿をかけたときのはね返りが少なく清潔に使用できます。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 妊娠初期症状が現れたら気を付けたいこと アルコール・タバコをやめて副流煙に注意する 妊娠初期症状が現れたら、アルコールとタバコはすぐに中止しましょう。 妊活をしている、妊娠している可能性がわずかでもある人は、妊娠初期症状が感じられなくても禁煙・禁酒をするのが安心です。 避けるべき食べ物に注意する 妊娠すると免疫力が低下し、菌やウィルスに感染しやすくなります。 胎盤を通して赤ちゃんに感染の危険があるので、加熱が十分でない生ものの摂取は控えましょう。 「トキソプラズマ」に感染しやすいジャーキー、生ハム、生肉や、「リステリア菌」に感染しやすいチーズ、スモークサーモンは要注意。 トキソプラズマは妊娠期(特に初期)に初感染すると、流産、早産、脳や眼などへの先天性のリスクが高まると言われています。 赤ちゃんの成長に必要な栄養に気をつける お腹の赤ちゃんの健やかな成長のためにも、妊娠中は栄養バランスに気をつけたいもの。 特に、妊娠初期は胎盤が作られ、胎児の細胞分裂もさかんな時期です。 妊娠中に不足しがちな、葉酸、鉄、ビタミンC、カルシウムは積極的に摂りましょう。 なかでも必要性が叫ばれている葉酸は、普通の食事だけでは毎日の必要量を摂取するのが難しいです。 だからこそ、不足分はサプリで補うのがおすすめ。 葉酸は、できれば妊娠を意識したときから摂りたい栄養素ですが、妊娠に気がついたときからでも遅くはありません。 造血作用があるので貧血予防や妊娠中毒症の予防にも効果が期待できます。 日常からバランスの良い食事を心がけ、上手にサプリで補いながら必要量を摂取していきましょう。 赤ちゃんのために必要な量を毎日満たしてくれます。 さらに、乳酸菌やDHAなど9種類の赤ちゃん発育サポート成分を厳選・配合しているのはアロベビーだけ。 9種類の無添加、国内GMP認定工場、放射線・水銀・農薬フリーを実現しています。 また、つわりを緩和することで知られている、ビタミンB6を配合。 無味無臭の丸みを帯びた粒は、つるっと喉を通りやすくて難なく飲めたと口コミでも好評です。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 妊娠初期症状がみられたら、いつもより無理をせずに少し意識をして過ごしてみるとよいでしょう。 ただし、今回ご紹介した妊娠初期症状は、いつから現れるか、また内容も個人差が大きく千差万別です。 「こんな症状があったから間違いない」と思いこむようなことは避けたいですね。 一つひとつの些細な症状に左右されるよりも、時期がきたらまずは検査をしましょう。 また、日頃から基礎体温をつけておけば、変化に気付きやすいのでおすすめです。 基礎体温をつけることで、排卵時期や月経周期を把握することができます。

次の

妊娠超初期症状のセルフチェック診断!妊娠してるかも?を明確にする

妊娠 しょ き 症状

【完全保存版】妊娠超初期症状チェック!適切な対処法も紹介 妊娠超初期の段階でも、 敏感な人はこの頃から 症状が出てくる人もいます。 実は、すでに 自分でも気付いていることが あるのではないですか? さっそく、 妊娠超初期症状チェックを してみましょう! ご一緒に、 その対処法もご紹介します。 着床出血 着床出血とは、 排卵日から1週間~生理予定日前日までに ピンク、もしくは赤色の鮮血が 少量出てくる現象を言います。 生理と違うのは、• 出血が微量• 色 なので、判断ができます。 出血は、 2~3日続くこともありますが、 心配はいりません。 このようなことが起こったら、 生理予定日まで様子をみましょう。 ただ、出血すると不安になりますよね。 こちらの記事に詳しく調べているので チェックしてくださいね。 基礎体温で高体温が続く 基礎体温が正しく計測 できているのなら、 高温期が生理予定日以降も続くと、 妊娠している可能性が高くなります。 生理予定日から1週間くらい経っても 高温期の状態を保っているのであれば、 妊娠検査薬で試してみましょう。 妊娠した時の体温は何度くらいなのか 目安を調べているので 参考にしてみてください。 体がだるい 排卵日以降、 ホルモンバランスの関係で 体がだるく感じることがあります。 対処法としては、 ゆったりと過ごすしかありません。 無理をせず、 リラックスすることが 一番適切な方法です。 眠気がひどい 女性ホルモンの一種で、 プロゲステロンの分泌が増加することで、 眠気を引き起こします。 これは、 妊娠すると多くの人が 感じることなので、 期待大ですね。 どうしても眠気がひどい場合は、 ゆったりと休んでください。 疲れやすい 女性ホルモンの分泌により、 いつもよりも疲れやすくなります。 しっかり睡眠を取って、 リラックスすることで 改善できます。 めまいや立ちくらみがし、貧血気味になる 妊娠超初期の時期は、 胎児へ栄養分などが取られるため、 めまいや立ちくらみなど、 貧血気味になる人がいます。 このころから、 食生活をきちんと、 栄養素のことを考えて 摂取していくことが大事です。 熱っぽい、微熱が続く 排卵日以降の体温は、 通常よりも高くなるので 微熱の状態が続いて 熱っぽくなったり、 微熱が続く人がいます。 この症状は、 妊娠中期まで続きます。 寝汗をかく これは妊娠初期の症状で、 寝汗をかくのは、 ホルモンの影響だと言えます。 そのため、 寝汗で体を冷やすことがあるので、 こまめに着替えなどをして 対処していきましょう。 寒気がする• 手足の先が冷たい このような症状がでるのは、 高温期に0. 3~0. 5度あがることで、 周りの温度差が肌に伝わるからです。 わずかな体温の差ですが、 その寒気が風邪の症状に似ているので、 風邪と勘違いすることが多いです。 上着を羽織るなどして、 暖かくしましょう。 妊娠超初期の体温は日中下がりますが 基礎体温の測り方を参考に 一度、測ってみてくださいね。 鼻水や喉の痛みなど風邪っぽい症状がでる この時期には、 ホルモンバランスや 自律神経の乱れなどから、 鼻水がでたり風邪っぽい症状が でる人がいます。 喉の痛みは、 ウイルスのせいかもしれないので、 自分で判断して薬を服用するのではなく、 病院で確認するのが適切です。 胸が張る 妊娠してもしなくても 起こるのがこの症状です。 排卵日以降は、 プロゲステロンの分泌増加により、 乳腺が活性化していき、 胸が張り痛みを伴うことも あるのです。 生理が始まっても胸の張りが治まらない場合は、 病気が疑われます。 胸にしこりがないか• どんな痛みか• 乳頭の分泌物はあるか などを確認して病院にかかりましょう。 腹痛、下腹部痛がある• キリキリ• ズキズキ• 引っ張られる などの腹痛、 または下腹部痛がある場合は、 着床した胎芽が成長している証です。 生理痛と同じ症状なので、 分かりにくいですが、 生理予定日まで様子を見てみましょう。 腹痛は妊娠初期の症状としても よくあります。 生理痛との違いを6つ紹介しているので 妊娠なのかチェックしてくださいね。 頭痛や肩こりがある 妊娠すると、 起こりやすくなるのは、 頭痛や肩こりです。 ホルモンバランスの崩れだけでなく、 疲れや血行不良により、 そのような症状が出てきます。 ただ、そんな症状も ちゃんとした原因があるんです。 また対処法も調べてみましたので 確認してみてくださいね。 腰痛がある 生理予定日くらいから 出てきた腰痛は、 妊娠している可能性があります。 通常、妊娠していない場合、 排卵日から生理前に 腰痛が出ることが多いため、 見分けることが可能となります。 妊娠超初期の症状として 腰痛がひどくなる場合があります。 激痛を和らげる対策法を 紹介しているので 簡単にチェックしてくださいね。 つわりのように吐き気を感じたり、嘔吐する 妊娠3週あたりになると、 吐き気や嘔吐をする人がいます。 それは、胎盤の形成のために分泌する ヒト絨毛性ゴナドトロピンが 増加してくるためです。 約7週目あたりは つわりがしんどくなってきます。 少しでも和らげる 対策法も紹介しているので 参考にしてくださいね。 【妊娠初期の食べ物について】 動画で詳しく解説しています。 匂いに敏感になる ホルモンバランスや 自律神経の乱れによって 匂いに敏感になることがあります。 炊き立てのご飯• 香水 など、人それぞれ 苦手な匂いは違いますが、 キツイ匂いに敏感になる ようですね。 苦手な匂いには、 近寄らない・避けることが 望ましいでしょう。 食欲が減る つわりや苦手な匂いにより、 今まで好きだったものが 食べられなくなったりするため、 食欲が減ってきます。 難しいかもしれませんが、 栄養を摂取するためにも、 食べられるものでいいので、 頑張って食べるようにしましょう。 味覚が変わる• すっぱいものが食べたい• しょっぱいものが食べたい などは、 ホルモンバランスや自律神経の関係で、 普段と違ったものが食べたくなる 衝動に陥りやすくなります。 また、• 味がしない• どれも味が同じに感じる など味覚障害になったときは、 亜鉛不足であったり、 ホルモンバランスの崩れによるものですが、 安定期になると自然に治ってきます。 お酒やタバコを受けつけない これも、先ほどの 「味覚が変わる」で記したとおり、 好みが変わるのと同じです。 もちろん、 妊娠中のお酒やたばこは、 胎児にとっても良くないことですので、 好きなものを我慢しなくていいので、 ラッキーと思っていいのではないでしょうか。 唾液が増える この症状は、 妊娠の症状の特徴です。 水分不足により、 代謝が悪くなったことで起こるのが、 「よだれつわり 唾液過多症 」です。 ガムを噛んだり、 炭酸飲料などで、 気分を紛らわしてみましょう。 生理前に似た症状が出る 生理前の症状と似ている点としては、 以下のようなものがあげられます。 下腹部の痛み• 便秘・下痢• 胸の張り このような症状は、 排卵後のプロゲステロンの分泌が 原因として考えられます。 ただ、万が一腹痛と出血がでた場合は 流産の可能性もあるので まずは見分ける方法をチェックしてくださいね。 オリモノ状態や臭いの変化 妊娠すると、 生理前のオリモノの変化が 見られます。 【状態】• 普段よりも、 白っぽかったり黄色い色の おりものが出る。 サラサラしたおりもの。 【臭い】 臭いの変化の場合は、 真逆に感じることがあるみたいです。 匂いが全くない• 匂いがキツイ 便秘・下痢になる 妊娠すると便秘になるのには、 理由があります。 それは、 プロゲステロンの分泌により、 子宮を守ろうとし、 胃腸の動きを弱くするために 起こるのが原因です。 ただ、ずっと便秘が続くのも 辛いところ・・。 こちらに便秘薬を紹介しています。 もちろん、妊娠中の 使用はNGだったりするので チェックしてみてください。 いつまで下痢が続くのか 終わる期間も調べてみたので あわせて参考にしてくださいね。 トイレが近く頻尿になる 頻尿の原因は、 子宮が成長していくと、 膀胱が圧迫されて、 トイレが近くなるからです。 これは、 妊婦の独特な特徴なので、 トイレは我慢せず、 こまめに行きましょう。 お腹が張る お腹が張るのは、 生理前と同じ症状と 感じるでしょう。 でも、 妊娠している場合は、 血流を良くするために 膨張するのが原因です。 胃痛がある プロゲステロンの分泌の増加で、 胃の働きを弱めるために、 チクチクとした胃痛を 感じることもあります。 胃酸が出過ぎると、 さらに悪化するので、 こまめに消化の良いものを食べたり、 温かいものを飲んだりしましょう。 こちらに腹痛はいつまで続くのか 調べてみました。 なんと流産の可能性も出てくるので 確認してくださいね。 げっぷやおならがよく出る げっぷやおらなの原因は、 胃痛と同じで、 胃の動きを抑制するため、 お腹にガスが溜まりやすくなるからです。 消化の良いものを食べ、 こまめに食べることを おすすめします。 こちらにおならやげっぷが止まらないと 苦しんでいる妊婦さんへ おすすめの解消法を紹介しています。 ぜひ、チェックしてくださいね。 脚の付け根や股関節が痛い 子宮の成長とともに、 股関節が広がるため、 脚の付け根や股関節に痛みを 生じることがあります。 歯が痛い、口内炎ができる 神経が敏感になるため、 疲れやストレスが重なると、 歯が痛くなったり、 口内炎ができたりします。 肌荒れや吹き出物ができる ホルモンバランスの乱れや、 栄養のバランスが崩れて、 肌荒れを起こしたり、 吹き出物が出たりします。 喉が渇く 妊娠すると、 新陳代謝が活発になり、 水分不足になりがちです。 二人分の水分が必要になるので、 喉が渇くのは当たり前ですね。 しっかり水分を取ることで、 羊水をキレイにする役割があったり、 ママの肌荒れを改善するなど、 いいことばかりです。 情緒不安定になり、うつっぽい症状が出る 妊娠超初期は、 ママの体に色々な変化があるときです。 ホルモンのバランスや 自律神経の乱れによって、 情緒不安定になるのは珍しくありません。 些細なことでイライラする• 一人になりたい• いろんなことが面倒 など、 うつっぽい症状が出る人もいるので、 ゆったりと休むことが必要です。 涙もろくなる これも 情緒不安定のひとつ。 普段まったく泣かないのに 涙もろくなるのは変だな~と 思うかもしれませんが、 考えすぎないことです。 妊娠していると、 いろんなことを考えてしまうので、 楽しいことを考えて過ごしましょう。 イライラする 情緒不安定になることから、 イライラしてしまうので、 仕方のないことです。 パートナーの人にも、 よく理解してもらいましょう。 夢で見たり、予感がする 予知夢、、、 と言うのでしょうか? 妊娠すると第六感が働く人も多く、• 不安なこと• 怖いこと などを夢で見たりする人も 多いようです。 また、• 宝くじが当たった• 懸賞が当たりやすくなった など、 良い予感が的中するなど、 不思議な体験をすることも あるそうですよ。 上の子が予知して気付くケースも 「ママのお腹男の子がいるよ」 など、 上の子が予知して 本当に妊娠していることも あるようです。 これは、 わたしも感じたことで、 「なんでママのお腹大きいの?」 と言われたときはびっくりでした。 でも、 これは本当の自腹、、、 笑 そんな気付き方は、 神秘な体験ですね。 妊娠超初期っていつからいつまでの期間のこと? 妊娠超初期とは、 【いつから?】 前回の生理当日を、 妊娠0週0日と考えます。 【いつまで?】 妊娠3週目6日までの期間 のことを言います。 が、、、 ちょっと不思議に思いませんか? 妊娠していないときから、 妊娠0週、、、 その不思議を解読しましょう💡 0週~2週までは排卵前なので実際は妊娠していない この妊娠周期の数え方は、 WHO 世界保健機関 が定めており、 世界共通の数え方です。 前回の生理から排卵日までは、 実質、妊娠はしていないことになります。 妊娠超初期症状が見られるのは3週~4週 妊娠超初期の症状は、 早い人で妊娠3週から 兆候が見られます。 妊娠4週目からは、 妊娠初期の段階になりますので、 妊娠検査薬も判定が 付くようになります。 こちらに妊娠超初期に気をつけたい事を まとめているので参考にしてくださいね。 ですが、 早く知りたくて、 ついついフライングしてしまうことって、 ありますよね。 では、 フライングして判定が出るのは、 どのタイミングだったら OKなんでしょうか? 妊娠超初期の段階で、 判定が出るのか調べてみました。 フライング検査は何日前から有効? フライング検査は、 排卵後10~14日くらいから有効です。 その理由は、 着床の時期にあります。 受精卵が着床するまでに かかる時間は、約10日前後です。 着床すると「hCG」と言う ホルモンが分泌され、 排卵日から約14日ごろには、 hCGの濃度が上昇し、 判定が可能になるからです。 こちらにも検査の方法や値段を 詳しく説明しいるので 事前にチェックしてくださいね。 フライングしてしまうと、 色々な面でストレスになるので、 その前に注意点を知っておいてほしいです。 フライングをすると、 知らなければよかったことを 知ってしまうという 悲しみが増えてしまいます。 検査の判定は、 約5分くらいで出ますが、 そのあと10分以上してから出てくるのは、 尿の蒸発によって出てくる線ですので、 勘違いしやすいのです。 妊娠検査薬のフライングの反応は 実は意味がなかったんです。 詳しくはこちらの記事で紹介しているので 参考にチェックしてくださいね。 まとめると、、、 妊娠を待ち望んでいる人にとって、 妊娠の兆候を知ることは、 とても大切なことです。 早く妊娠しているか試したくて、 ついついフライングしてしまう 気持ちもよ~く分かります。 フライングすることで、 知ってしまうこともあることを 頭に入れておいてください。 もし、妊娠が分かった場合は 過ごし方や必要な手続きを参考にしてくださいね。 妊娠してから買う雑誌など どんな雑誌がいいか分かりませんよね。 こちらにおすすめを紹介しているので 参考にチェックしてみて下さいね。

次の

もしかしたら想像妊娠?代表的な症状と一発で見分ける3つの方法

妊娠 しょ き 症状

妊娠すると、つわりに代表されるように、女性の体には様々な 妊娠初期症状が現れます。 「もしかすると私妊娠したかも?」と感じたとき、妊娠の兆候はいつから生じるのか、どんな症状が起こるのか、また「何もない」ケースもあるのか、気になることや心配だらけですよね。 妊娠初期症状は人それぞれですが、一般的に起こりやすい特徴をチェックしてみましょう。 目次 -項目をクリックで該当箇所へ-• 妊娠初期症状はいつから始まる? そもそも妊娠初期とはいつからのことを指すのでしょうか。 妊娠期間は週数に応じて、初期、中期、後期と分かれています。 妊娠初期とは、0~15週(1~4ヶ月)を指しています。 妊娠初期症状がいつから始まるのか、これは完全に個人差が大きいところです。 一般的には、生理予定日から1~2週間後(妊娠5~6週目)ぐらいから始まる人が多いです。 ただ、中には生理予定日前後から、基礎体温の高さや、だるさ、胸の違和感といった症状や兆候を感じることがあります。 妊娠初期症状は生理前の症状「PMS(月経前症候群)」とよく似ていることから、妊娠のサインに気が付かない人も多数います。 妊娠初期症状の特徴をチェックしてみよう 妊娠の兆候がいつから現われるか、そのタイミングと同様に、症状の内容も人それぞれです。 複数の症状が同時に現れる人もいれば、あまり実感しなかった人、ここでは紹介しないような症状が出る人も。 多くの人に現れやすい妊娠初期症状をチェックしてみましょう。 着床出血• 生理がこない• おりものが増える• 基礎体温が高い日が続く• だるい、熱っぽい(風邪のような症状)• 強い眠気• 胸が張る• 乳首が黒くなる、痛い、かゆい• 肌荒れ• イライラする、情緒不安定• つわり 着床出血 着床(受精後10日前後)した際に起こる出血です。 おりものに血が混ざったようなものや、生理のような出血だったり、人によって異なります。 1日または数日続きます。 ただし、着床出血はない人の方が大多数です。 生理がこない 実際には、くるはずの生理が1週間以上遅れることで、妊娠に気が付く人が多いでしょう。 日頃から生理不順だったり、精神的不安などから生理が遅れることはありますが、規則正しい月経周期にもかかわらず1週間以上遅れていると妊娠の可能性が高いでしょう。 おりものが増える 妊娠をすると、妊娠中に分泌される黄体ホルモンの働きでおりものの量が増えることがあります。 一般的には、おりものの色は透明か白色でサラサラしており、においもそこまで強くはないものの、個人差があります。 日頃からおりものが出やすい人は、普段と量や状態に違う点はないか、チェックしてみるとよいでしょう。 基礎体温が高い日が続く 通常は、月経開始から排卵日(11~15日)までは基礎体温が低く(低温期)、排卵から約2週間は基礎体温が高い状態(高温期)が続き、また月経がはじまると体温が低くなります。 しかし、妊娠をすると、黄体から分泌されるプロゲステロンの体温上昇作用によって、排卵後も基礎体温が高い日がそのまま継続されます。 イライラする、情緒不安定 妊娠するとホルモンバランスが急速に変化するため、ささいなことでイライラしたり、不安感が募ったり、涙もろくなるなど、情緒不安定になりがちになるのも、妊娠初期症状や兆候のひとつです。 つわり 早ければ4~5週頃からつわりの症状が始まります。 吐き気や、お腹が空きやすい、においに敏感になるなどが代表的です。 食べ物の趣味が変わり、「酸っぱい食べ物が無償に食べたくなる」「脂っこい食べ物が食べられなくなった」など、今までと好みが変わったり、好きだったものがダメになることも。 しかし、中には、妊娠初期症状もほとんどない、または気付かないほど症状が軽い人もいます。 妊娠初期症状がなかったために、16週以降(妊娠中期)になっても気が付かなかったという人も。 つわりの症状についても、妊婦さんのうち20%程度はつわりを感じないといわれています。 妊娠初期症状やつわりがなくても、胎児の発育や成長に問題があるわけではないので安心してくださいね。 また、上記でご紹介したような妊娠初期症状や兆候が見られたとしても、妊娠しているとは限りません。 検査可能な時期がきたら、まずは妊娠検査薬を使い、その後は産婦人科で医師に診断してもらうことが必要です。 妊娠初期症状と生理前の症状の違いとは? 妊娠初期の症状は生理前の症状(PMS)とよく似ています。 特に月経周期が不安定な人は、「ただ生理が遅れているだけかも」と思いがち。 生理前の症状との違いを見極めるには、前もって基礎体温をつけておくのがおすすめです。 基礎体温の高温期が14日以上継続し、体温が下がらない場合は、妊娠の兆候である可能性があります。 妊娠初期症状を感じたら検査薬を使おう いつもよりおりものの量が増えたり、胸の張りを感じたり、また何よりも生理が1週間以上遅れていたら、まずは妊娠検査薬でチェックしてみましょう。 妊娠検査薬はいつから使える? 妊娠検査薬は尿中に排出された「hCG」というホルモンの値に反応します。 女性は着床するとhCGホルモンが分泌されるため、尿検査でhCGの反応をチェックすることで妊娠しているかどうかがわかる仕組みになっています。 hCGの数値が規定の数値を超えると陽性反応が出ます。 妊娠検査薬が使える時期は、商品によりますが、最近だと月経予定日1週間後から使えるものが多いです。 それよりも早いフライング検査には早期妊娠検査薬が使われます。 陽性が確認されたら妊娠している可能性が大変高いので、早めに産婦人科を受診することをおすすめします。 出典:www. rakuten. jp スピード判定ができると評判のチェックワン。 尿をかけるのは3秒間、浸けるのは5秒間でわずか1分でチェックできます。 スティック本体はスリムで持ちやすく、尿をかけたときのはね返りが少なく清潔に使用できます。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 妊娠初期症状が現れたら気を付けたいこと アルコール・タバコをやめて副流煙に注意する 妊娠初期症状が現れたら、アルコールとタバコはすぐに中止しましょう。 妊活をしている、妊娠している可能性がわずかでもある人は、妊娠初期症状が感じられなくても禁煙・禁酒をするのが安心です。 避けるべき食べ物に注意する 妊娠すると免疫力が低下し、菌やウィルスに感染しやすくなります。 胎盤を通して赤ちゃんに感染の危険があるので、加熱が十分でない生ものの摂取は控えましょう。 「トキソプラズマ」に感染しやすいジャーキー、生ハム、生肉や、「リステリア菌」に感染しやすいチーズ、スモークサーモンは要注意。 トキソプラズマは妊娠期(特に初期)に初感染すると、流産、早産、脳や眼などへの先天性のリスクが高まると言われています。 赤ちゃんの成長に必要な栄養に気をつける お腹の赤ちゃんの健やかな成長のためにも、妊娠中は栄養バランスに気をつけたいもの。 特に、妊娠初期は胎盤が作られ、胎児の細胞分裂もさかんな時期です。 妊娠中に不足しがちな、葉酸、鉄、ビタミンC、カルシウムは積極的に摂りましょう。 なかでも必要性が叫ばれている葉酸は、普通の食事だけでは毎日の必要量を摂取するのが難しいです。 だからこそ、不足分はサプリで補うのがおすすめ。 葉酸は、できれば妊娠を意識したときから摂りたい栄養素ですが、妊娠に気がついたときからでも遅くはありません。 造血作用があるので貧血予防や妊娠中毒症の予防にも効果が期待できます。 日常からバランスの良い食事を心がけ、上手にサプリで補いながら必要量を摂取していきましょう。 赤ちゃんのために必要な量を毎日満たしてくれます。 さらに、乳酸菌やDHAなど9種類の赤ちゃん発育サポート成分を厳選・配合しているのはアロベビーだけ。 9種類の無添加、国内GMP認定工場、放射線・水銀・農薬フリーを実現しています。 また、つわりを緩和することで知られている、ビタミンB6を配合。 無味無臭の丸みを帯びた粒は、つるっと喉を通りやすくて難なく飲めたと口コミでも好評です。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 妊娠初期症状がみられたら、いつもより無理をせずに少し意識をして過ごしてみるとよいでしょう。 ただし、今回ご紹介した妊娠初期症状は、いつから現れるか、また内容も個人差が大きく千差万別です。 「こんな症状があったから間違いない」と思いこむようなことは避けたいですね。 一つひとつの些細な症状に左右されるよりも、時期がきたらまずは検査をしましょう。 また、日頃から基礎体温をつけておけば、変化に気付きやすいのでおすすめです。 基礎体温をつけることで、排卵時期や月経周期を把握することができます。

次の