ハザード マップ 川崎 市。 津波ハザードマップ

土砂災害ハザードマップ

ハザード マップ 川崎 市

「ゆれやすさマップ」は、市内全域の支持地盤において、同じ強さのゆれを発生させた場合に、どれだけ地表面でゆれるかを想定し、50mメッシュで相対的に表示したものです。 支持地盤とは、中規模建築物等の荷重を負担させる地盤をいい、支持地盤から地表面までの地盤を表層地盤といいます。 一般的に、表層地盤の層厚が薄いほど固い地盤、厚いほど軟らかい地盤であることが多くなります。 また、地質では礫(れき)や砂礫等が多いほど地盤が固く、シルト等が多いほど地盤が軟らかくなります。 (イメージ図) このマップから読み取れることは、川崎市は海側である南部ほど地盤が軟弱でゆれやすく、内陸側である北部ほど地盤が固くゆれにくいことが判ります。 大地震による建築物の被害は、地盤の影響だけではなく、建築物の構造・形状による影響が大きいことから、川崎市で実施している建築物の耐震診断・改修助成制度等(川崎市のホームページ等で掲載しています。 )を活用していただき、建築物の耐震性を向上させることによって、災害に強い安全で安心なまちづくりを目指しましょう。 「ゆれやすさマップ」は、地図の精度上誤差を含んでいます。 したがって、表示区域は厳密なものではありませんので、公に証明する資料として利用することはできません。 参考図としてご利用ください。 「ゆれやすさマップ」に示す50mメッシュ表示は、そのメッシュ内の平均的な値を示すものであり、これを活用する際には、各メッシュの面的な広がり具合やその分布などに着目することが重要になります。 「ゆれやすさマップ」に示す50mメッシュ表示は、地震発生時に表示されたとおりの状況が実際に発生する事を示すものではありません。 震源の深さ、規模及び地震発生時の自然条件によって変わります。 この「ゆれやすさマップ」は、地盤の違いによる地表面のゆれやすさを表した地図です。 建築物の危険度を表した地図ではありません。 「ゆれやすさマップ」の詳細検索方法.

次の

神奈川県川崎市中原区の防災ハザードマップ住所一覧

ハザード マップ 川崎 市

2020年6月10日 2020年6月5日 2020年6月3日 2020年5月15日 2020年4月13日 2020年4月10日 2020年3月30日 大規模盛土造成地について、新たに757市町村のデータを追加しました。 2020年3月17日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(北海道の38河川・栃木県の2河川・鹿児島県の4河川)を追加し、栃木県の荒川を更新しました。 ため池決壊による浸水想定区域について、新たに145箇所(山梨県の17箇所・静岡県の35箇所・長崎県の45箇所・熊本県の26箇所・鹿児島県の22箇所)を追加しました。 2019年8月30日 土砂災害警戒区域について、富山県を更新しました。 2019年8月8日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(鹿児島県の3河川)を追加しました。 2019年6月10日 ため池決壊による浸水想定区域の公開を開始しました。 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(12県)を追加しました。 2019年5月27日 津波浸水想定の凡例を洪水浸水想定区域(想定最大規模)の凡例と統一し、よりわかりやすくなりました。 さらに、北海道・新潟県・石川県・岐阜県・鳥取県・島根県の津波浸水想定のデータを追加しました。 2019年1月7日 重ねるハザードマップの道路防災情報から車両の滞留が発生する前に予防的な通行止めを行い、集中的・効率的に除雪作業を実施する区間(予防的通行規制区間)が確認できるようになりました 2018年12月20日 2018年12月18日 2018年12月13日 2018年10月25日 道路防災情報のピクトグラムを追加しました。 2018年10月23日 重ねるハザードマップから地理院地図に掲載されている指定緊急避難場所が確認できるようになりました。 2018年10月3日 2018年10月3日 2018年9月10日 重ねるハザードマップの土砂災害警戒区域等のデータを更新(国土数値情報 土砂災害警戒区域データ(平成29年度)を反映) 2018年6月8日 2017年6月6日 2017年6月2日 想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域データを更新しました 2016年11月10日 本サイトのバナーはです。 ご自由にご活用ください。

次の

【防災施策】洪水ハザードマップ 「区全域が浸水」と想定 14年ぶりに改定 川崎/神奈川

ハザード マップ 川崎 市

川崎市の自然災害ハザードマップ 川崎市では、市民に対して万が一の自然災害に備えるよう啓蒙すべく、「洪水」「土砂災害」「津波」の3種類に関するハザードマップを作成・公表しています。 川崎市への転入を検討中の方は、宅地選びの際、これらハザードマップも参考にしておいたほうが良いでしょう。 洪水ハザードマップ 大雨で河川が氾濫した際の被害の範囲や程度を想定した地図のことを、洪水ハザードマップと言います。 洪水ハザードマップは、かねてより全国の自治体で作成・公表されていましたが、近年、想定を上回る降雨量や浸水被害が増えてきたことから、国は平成27年、水防法を改正。 この改正にともない、川崎市でも、まずは平成29年に川崎区と幸区、次いで平成30年には中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区のマップを改定しました。 水防法改正にともなう洪水ハザードマップの変更点 改正前と改正後の洪水ハザードマップは、次の点が大きく異なります。 [改正前] 改正前は、河川整備の基本となる降雨量を基準に、洪水被害を想定していました。 具体的には次の降雨量が基準です。 2日間における「多摩川」の総雨量457mm…200年に一度の確率• 2日における「鶴見川」の総雨量404mm…150年に一度の確率 [改正後] 改正後は、想定しうる最大限の降雨量を基準に、洪水被害を想定しています。 具体的には次のとおりです。 2日間における「多摩川」の総雨量588mm…1000年に一度の確率以上• 2日における「鶴見川」の総雨量792mm…1000年に一度の確率以上 洪水ハザードマップの入手方法 洪水ハザードマップは、下記の参照URLから確認することができます。 川崎市で宅地の購入を検討されている方はもとより、すでに市内に地を購入した方も、万が一の際の避難場所を確認しておきましょう。 土砂災害ハザードマップ 平成13年に施行された土砂災害防止法に基づき、神奈川県は、県内の一定規模を超える斜面やその近隣について、土砂災害警戒区域と指定しました。 土砂災害は、一般に「がけ崩れ」「土石流」「地滑り」の3種類に分類されますが、これらのうち川崎市において指定されている土砂災害警戒区域は、すべで「がけ崩れ」です。 土砂災害警戒区域の指定基準 川崎市で指定されている土砂災害警戒区域(がけ崩れ)の指定基準は、以下のとおりです。 急傾斜地の上からの水平距離が10m以内の区域• 急傾斜地の上から下までの高さの2倍以内の区域(ただし高さが50m以上の場合は1倍以内の区域) 文字で説明を受けても理解しがたいと思われるので、市内への転居をお考えの方は、事前にハザードマップを確認しておくと良いでしょう。 土砂災害ハザードマップの入手方法 土砂災害ハザードマップは、各区役所の危機管理担当窓口で手に入れることができます。 また、下記の参照URLからダウンロードして入手することも可能です。 津波ハザードマップ 平成25年、川崎市では、市内に到来するであろう最大規模の津波を想定し、1605年に発生した慶長地震をモデルに津波ハザードマップを作成・公表しました。 加えて平成29年には、神奈川県が公表した相模トラフ沿いの最大規模の地震による津波を想定し、市内の津波ハザードマップを更新しています。 一方、東日本大震災における津波被害は、専門家の想定をはるかに超える被害をもたらしたことを忘れてはいけません。 市が公表している津波ハザードマップを参考にするとともに、それ以上の規模の津波の到来も想定し、万が一の時の行動を家族とともに話し合っておくようにしましょう。 川崎市に到達する恐れのある津波の規模とは 市内に到達する津波の最大規模の基準として、市は慶長地震における津波を想定しています。 慶長地震の推定震度は4以下。 決して大きな揺れではなかったのですが、地震発生から80分後には、最大3mの津波が発生しています。 この津波をモデルにした場合、川崎港で予測される満潮時の最大津波高は約3. 71m。 市街地への被害も想定され、浅野町の一部などでは2~3mの浸水が予測されています。 3平方キロメートル。 川崎港への最大津波高の到達予想時間は、地震発生から約96分とされています。 津波ハザードマップの入手方法 川崎市の津波ハザードマップは、下記の参照URLからダウンロードすることができます。 市内への転入をお考えの方は、印刷して参考にしてください。

次の