セックス 中いき。 中イキできるようになる開発方法とコツを徹底的に解説!

中いき開発 ちはる

セックス 中いき

寝バックは四十八手の中では敷き小股(しきこまた)と言われており、後背位(バック)の一つにあたります。 角度的にGスポットに刺激が行きやすく、中イキがしやすいので女性にとって特に人気の体位ですね。 バックが好きな方は男女ともに多くいらっしゃいます。 男性側では女性を支配しているという意見が多く、女性側では荒々しく突かれるのが好きという意見が多くを占めています。 どちらにも共通するのは、「気持ちが良い」ということになります。 逆に、苦手な方の意見では、「激しく突かれると痛い」や「うまく挿入できなくて気持ちよくない」など間違えた知識でバックをしているために快楽を感じるよりも苦痛を感じてしまっていると方が多く見受けられます。 気分が高まり激しく求めあう場合にはバックは最適な体位ですが、密着するのは性器部分のみで男性と女性の体が密着することが少ない体位でもあります。 このことから女性の中には、「男性との密着感が少ないからあまりしたいと思わない」という意見もあります。 前置きが長くなりましたが、そこで考えられたのが「寝バック」という方法です。 バックの良さをできるだけ残しつつ、バックの弱点だった部分を補っている体位なので女性に人気の体位のひとつとなっています。 寝バックが中イキしやすいのはしっかりとした理由があるんですね! 寝バックは、うつ伏せに寝た女性のうえに男性が覆いかぶさるように寝た状態から挿入するため、男性と女性の密着度は他の体位の中でも上位にランクするくらい高くなります。 また、激しく腰を振ることはしないので女性側が痛みを感じることは少ないのも人気の理由です。 男性側から見ても女性の膣圧が強くなる体勢でペニスへの刺激が強くなりますし、動きも負担が少ないため人気にです。 そして、寝バックをすると、女性の膣内にある快楽のツボともいえる「 Gスポット」をちょうどよく刺激してくれます。 そのことで 中イキする率が高いことから女性の間で人気が上がってきたといわれています。 また、ペニスが長く、スライド角度を平行になれば「 ポルチオ」にも刺激を与える事が出来る体位でもあります。 ちなみに「ポルチオ」というのは、女性の子宮の入口部分にある突起で、ここを刺激するとこれまでに感じたことのない快感を味わえるということでじわじわと話題になっています。 最初から自分勝手に動きたいのは分かりますが、まずは基本的な形をマスターしたのち、自分なりにアレンジしてみてください。 正しい知識を身につけない状態で進めてしまうと感度はおろか苦痛を伴う可能性もあります。 女性はベッドの上でうつ伏せに寝ます。 そのとき足はすこしだけ開いておきます。 足を開いておく理由はペニスを迎えやすくするためです。 手は体の横に置いても頭の上においても大丈夫です。 楽な姿勢になれれば大丈夫です。 その上に覆いかぶさる形で男性が寝ます。 このときペニスを膣に挿入するので男性の背の高さによって覆いかぶさる位置は変わってきます。 挿入する際は、 女性は少しだけ腰を浮かせます。 そうすることで挿入しやすくなります。 膣の位置を把握できている場合は、なんの苦も無く挿入できますが、経験値が浅いと膣の位置がわからずうまく挿入できない場合があります。 そのときは、体を起こして位置を確認して挿入するか女性に誘導してもらうのがいいでしょう。 挿入したら、バックのように激しく動かそうとはせず、 ペニスをゆっくりと押し込むような感じで動かします。 男性のペニスの長さにもよりますが、 長めのペニスの男性ならペニスの長さ分引き抜いて押し込むという動作を、短めのペニスの男性は、ペニスを抜こうとせずぐっぐっと押し込むようにすると効果的です。 寝バックで女性を中イキでイカせる為の2つのポイント 寝バックは、女性を中イキでイカしやすい体位と説明をしましたが、2つのポイントを実行する事でより、女性にオーガズムをもたらすことが出来ます。 下記の2つがポイントになります。 女性に精神的安心をもたらす• ピンポイントで同じリズムで動かす 女性に精神的安心をもたらす セックスで女性が気持ちいいと感じオーガズムを感じる為には、ただ、性感帯を刺激すればいいわけではありません。 精神的な高ぶりがあってこそ、より気持ちよく感じる事が出来るのです。 なので、セックスしていて刺激だけでなく、精神的な興奮も同時に与える事が出来れば、より中イキをしやすくなります。 その点、寝バックは女性に対して、男性が多い被さって、手を握って上げる事が出来ます。 そうする事で、肌と肌が触れあい、密着度も上がりますし、何といっても女性にとって包まれている感が感じられ興奮と安心をもたらします。 耳元で優しく語りかえる事も出来ますし、寝バックの体位は男性から女性に対して、包容力高くもたらすことが出来るんですね。 この状態ですと、安心と興奮が女性は得れるため、オーガズムを迎えいやすい準備が整う事が出来ます。 ずっと女性の背中に体を預けている状態ですと、女性に負担が掛かってきますので、男性の適度な体の預けと合間合間な休憩が必要にはなります。 ピンポイントで同じリズムで動かす 寝バックでは、Gスポットにペニスで刺激を与えやすい体位になります。 それに、男性側もピストン運動に大きな動きが必要ないため、比較的楽に動かすことが出来るので、より寝バックでは挿入でイカせやすいんですね。 出は、女性の反応を見つつGスポットとなる場所を見つけたら、ペニスで刺激を与えていくのですが、この時、Gスポットでイカせる為に、物凄い速いピストン運動を短時間行っても、中々女性はイク事が出来ません(男性側が出来てもね・・・)。 そうではなく、ピストン運動の速度は、一定で継続的にピストンを行う方が女性がオーガズムを迎えやすいです。 つまり中イキをしやすくなります。 女性が「イキそう」だからと言って、急に遅くしたり、速くしたりする事でイク感覚が分からなくなってしまう女性もいるので、「一定・継続」を心がけてピストン運動を行いましょう。 もし、それでイケなくても、性感帯の開発具合は刺激を与える事で、進むので、後は繰り返しの継続ですね! 寝バックまでの体位のバリエーション いきなり寝バックをするという方法もありますが、せっかくなら他の体位も試しつつ寝バックに持っていけると飽きも来ずさまざまな感度を楽しむことができます。 ここでは、オーソドックスなパターンと欲張りなパターン、激情型のパターンを紹介します。 オーソドックスなパターン 「正常位」ではじめて、 「側位(窓の月)」または 「松葉崩し」で、 で「寝バック」という、 男性主導で体位を変更するのでペースをつかみやすいパターンです。 「松葉崩し」は寝バックとともに中イキできる体位として女性に人気の体位です。 激情型のパターン 「バック」からはじめて「寝バック」に行くパターンですが、久々のセックスなどお互いの興奮度が高まっているときにおすすめのパターンです。 「立ちバック」から始まるパターンも考えられるなど本能のままセックスを楽しみたいときにおすすめです。 欲張りなパターン さまざまな体位を試すなら「正常位」から「座位」「騎乗位」「背面騎乗位」「バック」最後に「寝バック」となります。 背面騎乗位は下記の体位を指します。 「 座位」は男性と体も密着できるうえにキスができること、恥ずかしいときは下を向いて顔を隠せることなどから人気の体位です。 「騎乗位」は女性にはかなり冒険ですが、自分のペースで腰を振れるので隠れた人気体位です。 女性の感度が高ぶり乱れたいときには外せない体位です。 結合部を中心に体の向きを変えれば背面騎乗になります。 「騎乗位」と違って顔を合わせない分激しく乱れることができます。 寝バックのさまざまなバリエーション 寝バックといっても紹介したもののほかにもさまざまな方法があります。 上記で紹介したパターンのアレンジとして加えてもいいですし、新たなパターンを開発してみてもいいかもしれません。 ここでは、寝バックのバリエーションを紹介します。 男性が上体を起こしたパターン うつ伏せになった女性の上にまたがり上体を起こしたままの状態で挿入します。 四つん這いのバックのまま女性が足を伸ばして寝ているイメージです。 このパターンは、膣の奥までペニスを挿入できるので奥が感じる女性には最適です。 男性もある程度ピストンできるのでスピードや強弱をつけやすく、征服感も増すことからS気質の男性やM気質の女性におすすめです。 女性を後ろ手に縛ってみたり、アイマスクで視界を奪ってみたりすることで、さらに感度がアップします。 腰だけ浮かせたパターン 通常のバックのときに女性が感じすぎた場合になる光景ですが、腰の部分だけ浮かせた寝バックです。 通常のバックとは違い、状態は手ではなく、顔や胸をついて支えます。 このパターンは、上記の上体を起こしたパターン同様に膣の奥まで突くことができます。 ピストンの方向も上下左右におこなうことで、ポルチオやGスポットを刺激でき、女性にさまざまな感度を与えられるパターンです。 ヒップが大きめの女性の場合は、男性の欲望を掻き立ててくれるパターンといえます。 下付きの女性はおすすめの体位 女性の膣が肛門よりについている下付きの場合はバックが、お腹寄りについている上付きの場合は正常位がいいといわれています。 下付きの膣の場合、正常位で挿入するとき挿入位置が見えにくく挿入角度が下向きになるため感度が半減します。 逆にバックの場合は、膣口が見えるため挿入しやすくなりますし、挿入角度が膣内の天井部分になるので、Gスポットやポルチオを刺激しやすくなります。 そのため、寝バックはもちろん、通常のバックでも女性は中イキしやすくなります。 膣の位置はみな違うといいますが、最低でも二人の女性の膣を見なければ下付きか上付きかを判断することは難しいので、その場合は、正常位とバックを試してみて女性の反応を見てみるというのもひとつです。 寝バックのメリットとデメリット 寝バックの最大のメリットは、女性が中イキしやすくなるということです。 その理由は、正常位や座位では難しい、膣の天井部分やその先にあるポルチオを刺激できるからです。 当たる確率の低い正常位より、常に当たる寝バックはそれだけイキやすくなるということです。 男性側のメリットとしては、脚を閉じた状態で挿入するので締め付け感がアップします。 さらにピストンをしなくても少し動くだけで女性に感度を与えられるので射精までの時間を長持ちさせられます。 逆にデメリットは、ペニスが短いと挿入が浅くなり男性はもちろん女性にも感度を与えることができないという状態になります。 また、角度がない状態で挿入するので抜けやすくなってしまい、抜けるたびに中断するのでセックスに集中できないという事態を招きます。 寝バックが合わないときは 正しく寝バックをおこなっても感度を得られない場合があります。 そんなときは無理に続けようとせず、いったん止めてみるのもひとつです。 女性の感度は、火によって全く変わる場合があります。 前回感じていた場所が今回は感じないなどざらに出てきます。 「前は感じてたのに」など執着しすぎてしまうと行為自体が苦痛となってしまい、ますます感じることができなくなってしまいます。 女性の反応が良くないなと感じたら、別の体位に切り替えるのも男性のやさしさでもありますし、それを機に新たな性感スポットを開発ということも考えられます。 女性に人気な体位ではありますが、すべての女性が好きかどうかは別問題です。 さらに体調やそのときの気分も加わってくるのでいつも同じ状態でセックスできるとは限らないということを認識しておきましょう。 そう思うことで、「じゃあ、次はこれ」「次はこれ」という具合に発想が出てくるはずです。

次の

挿入中にペニスで女性を中イキさせるコツやテクニック

セックス 中いき

女性のみなさん、中イキって経験したことありますか? 私の周りで「中イキしたことある!」って友人はほとんどいません。 そもそも、 「イッたことがない・イク感覚がわからない」という子もちらほら。 逆に「イクって何?」と聞かれることもあります。 そうよね、私も最初はイクってよくわからなかったし、今でも説明するのが難しいです。 私の友人のように、 「オーガズム未経験女子」って意外と多いのでは? と思います。 実際に、様々なアンケートで 「イッたことのある女性は3人に1人!」とか、「70%の女性がオーガズムを感じたことがない!」などの結果が出ているそうです(ただそういうデータって自己申告制で、正確な「絶頂判定装置」では計測したわけではないので、信憑性には欠けますが……)。 私も女友達も20歳そこそこで、年齢的に、経験が少ないからわからないのかな? と思い、年上(30~40代)の女性に聞いてみたこともありましたが、答えは半々。 何回セックスしても中イキはわからない人もいれば、中イキ最高! って言う人もいました。 年齢を重ねるほど女性の肉体は成熟してオーガズムを感じやすくなるとも言われますが、こればかりは個人の感覚なので、区別するのがとても難しいのですし、中イキしないとダメ! というわけでもないので、その点は深く掘り下げなくてもいいかなと思います。 クリでイクのが一番気持ちいいと思う人だっていますしね! これって中イキなの?謎のオーガズム体験 さてさて、そんな私は 中イキ経験者です。 毎回は中イキしませんが、2~3回に1度の割合で中イキしてます。 ちょっと妄想しただけで、あの中イキの感覚が蘇ってきて、マンコがヒクヒクします。 この感じ、わかる方いますか? しかし、昔から中イキ派だったわけではありません。 私が初めて 「これって、中イキかな?」と思ったのは中学生のとき。 でも、AVみたいに「イクイクイっちゃう~~~!」なんてことはなくて、「んっんっ……ふはぁっ」って感じの静かな中イキ。 当時の彼氏からは「イったの? イッてたの? なにそれ!? 」と言われたけど、自分でもこれが中イキなのかわからず疑問を抱いていました。 それはオナニーでイクときの感覚と似ていて、声が出るほどじゃないんだけど、めちゃくちゃ気持ちいいんです。 自分で腰を動かして、Gスポットに当てます。 男性は動きません。 要は、ディルドオナニーみたいなもんなんです。 ディルド使ったことはないんですけど、チンコがディルド代わりみたいな。 で、自分のタイミングで自分の気持ちいいところに当てて、イク。 (つーかこれ、オナニーじゃねーの?) そんな疑問を抱きつつ、セックスを楽しむこと8年。 ついに、オナニー中イキからの卒業を果たしました!!! オナニー中イキからの卒業、動物的快楽な中イキとの出会い 私がオナニーじゃない、本当の中イキを知ったのは、つい半年前でした。 いつものように、騎乗位になりオナニー中イキをしようとしていたら、いきなり彼氏が腰をズンドコズンドコ動かしてきたのです! (いやいやちょっと待って、あたしのペースで中イキさせてよ!)と言いたかったのですが、彼は気持ち良さそうに腰振ってるもんだから何もできずにいました。 が、このチンコがGスポットにめちゃくちゃ当たる! (なにこれ! ヤバイ……気持ちいい!) 気づいたら、身体は前のめりに倒れ込み、口を開けたまんまでアンアン喘いでいました。 気持ちよすぎて涎がダラダラ出て、全身の力が抜けていくんです。 でも、マンコは気持ちいいからギュウギュウに締まってるのがわかる。 あえぎ声はいつもと全然違って、息が苦しいほど。 で、ある一定のラインに達すると身体が震えてそのまま力尽きるという。 初めて中イキしたときは、何が起きているのかサッパリわからなくて、「今のはなんだったんだろう?」と放心状態に。 自分が動物になったような気がして、本能で性を楽しんでいました。 とにかく気持ち良かったので、ひたすら彼に「ありがとう、本当に気持ちよかった。 今までで最高のセックスだった」と告げると、彼も満足そうにしていました。 ピロートークもそこそこに、彼が爆睡している横で、私はなぜ初めて中イキをしたのか考えました。 私のマンコにジャストミート!チンコとマンコのフィット感が重要! まず、 彼の チンコの大きさ ・ 形と私のマンコがフィットしたこと。 これが理由のひとつではないかと。 今までセックスしてきた男性は、チンコは太くて大きいけどテクがイマイチだったり、太さが物足りなかったり、長さがあと少し! という「惜しいチンコ」ばかりでした。 ところが、今の彼氏は 「太さ・長さ・腰の動かし方」この3点が非常にバランスよく、なおかつ私のマンコにジャストミートしていたようです。 その結果、腰のズンドコが私のGスポットに当たって、中イキに導いたというわけです。 そして中イキをするとき、必ずあることをしていたんです。 それは 「騎乗位」! 恐らく、私のマンコの中にあるGスポットちゃんは、騎乗位が一番当たりやすい場所にあるのだと思われます! だって、騎乗位以外で中イキしたことないもん!! つまり、中イキするのために大事なのは、 自分のGスポットの場所をなんとなく知ること。 そのためにはどの体位が一番いいのかを見つけること。 そして何より 自分のマンコにフィットするチンコを探すこと!!! この3つのお約束を守れば、貴方も中イキに出会うことができるかもしれません。 今までの私は「中イキはしてもしなくてもいい」と思っていましたが、あの動物的な快楽を知ってしまってからは中イキ大好きになってしまいました。 中イキ未経験者の方は、中イキできるかも!? 経験者の方でも、「私はポルチオ派なんだけど~」とか言わずに試してみてください。 4歳で初めて股をこすってから、性に目覚めた22歳。 普段は女子大生、事務アルバイトをこなしながら日々性を楽しんでいる。 おじさんキラーであり、現在24歳年上のおじさまとお付き合い中。

次の

中いき開発 ちはる

セックス 中いき

スローセックスとは、射精や絶頂を目的とした男性本位のセックスに対し、ゆっくり時間をかけ、男女が互いをいたわりながら肌を重ねる時間を楽しむ性行為(引用:Wikipedia)。 上記の定義からわかるように、スローセックスとは必ずしも「射精」がゴールではありません。 「射精が目的ではない」と言っても絶頂しないというわけではありません。 むしろその逆。 ゆっくりと時間をかけてお互いの性感を高め、精神的にも肉体的にも満たされる、そんな幸福感が高まるすごいセックスなんです。 スローセックスでは 普通のセックスとは桁違いの快感が得られるとも言われています。 セックスに快感を求める男性とは異なり、女性はセックスにおいて「今自分は愛されている」という精神的なつながりを重視するものです。 彼女の耳元で愛の言葉をささやいたり、部屋を薄暗くしてアロマキャンドルを焚いたり、ジャズなどのリラックスできる音楽を流したりなど、リラックスできる空間づくりも大切なポイント。 二人で落ち着いて語り合える場所で丁寧な愛撫を行うことで二人の性感も徐々に高まっていきます。 しかし、そこで簡単に女性をイカせてはいけません。 いきなりディープキスをしたり乳首を刺激したりするのはNG。 性感帯以外の部分にそっと触れる、そして敏感な部分の周縁、徐々に核の部分へと順に指をなぞらせます。 目安としては、 30分程度は敏感な部分には触れず、全身を隅々まで愛撫すること。 「お願い! もう入れてえ!」と女性が懇願するくらいまでゆっくりと焦らしましょう。 その質問によって、女性は「イカないといけない」と思ってしまい、その心理のせいでオーガズムからますます遠ざかってしまいます。 逆説的な話ではありますが、 女性をイカせるには「イカせようとしないこと」です。

次の