陰部 臭い 対策。 デリケートゾーンの臭い、原因と対策は?専門医に聞いてみた

陰部の臭いの原因と対策方法!女性は病気の可能性もある?

陰部 臭い 対策

この記事の目次• 陰部の臭いの原因について 陰部の臭いが気になる原因を知りましょう。 原因を知ることで、臭いの予防をすることが可能になります。 菌の繁殖によるもの 人間には元々、悪い菌が身体に侵入しないように一定数の菌が存在します。 しかし、この菌が過剰に増えてしまうと臭いを放つ原因になってしまうのです。 特に女性の方は、ストッキングやタイツや通気性の悪い下着などを着用することで蒸れやすくなってしまいます。 その上、デスクワークなどで椅子に座りっぱなしだと、陰部は汗をかいてしまいます。 汗自体は無臭なことが多いのですが、陰部は尿やおりものなどが原因で、菌が繁殖しやすい環境になっていることで臭いが発生します。 さらに生理中などは、ナプキンの着用やおりものシートの使用やおりものの増加、出血などが原因で菌が繁殖しやすいために臭いが発生することも多くなります。 生理中は、ナプキンの交換を早めたり通気性の良いスカートを着用するなどして、清潔な状態を保つようにしましょう。 菌が増加して臭いが発生している場合は非常に菌の数が多くなってしまっています。 必ず入浴の際には洗浄を行うようにしましょう。 下着などもなるべく通気性のいい綿の素材のものを履くようにして、ポリエステルなどの素材は蒸れやすいので特に生理中は避けるようにしましょう。 食事によるもの 日によっては陰部の臭いを感じるという人は、食事が原因である可能性があります。 陰部の臭いがキツくなる食事として、 ・肉類 ・脂肪分が多い食事 ・香辛料が多く含まれているもの ・アルコール ・ニラ・ニンニク などが挙げられます。 これらは、陰部だけでなく体全体の臭いをキツくする傾向にあります。 肉類は、腸の中の悪玉菌を増加させる原因となり、アルコールやニンニクなどは、身体から発する臭い成分を増加させてしまうためです。 特に陰部は、通気性がなく臭いを逃がすことができないので、悪臭がしやすくなってしまいます。 恋人と会う予定がある前日などは、これらの食事を避けた方が懸命でしょう。 ホルモンバランスの乱れ ホルモンバランスが乱れることにより、汗をかきやすくなり、陰部の環境が悪化することも臭いの原因となります。 ホルモンバランスが乱れる原因となるのが、 ・過度なストレス ・疲労の蓄積 ・睡眠不足 ・不規則な生活 ・運動不足 ・生理 ・加齢 などが挙げられます。 これらは臭いだけでなく、かゆみや病気を引き起こす要因にもなります。 規則正しい生活をすることが一番の予防だといえるでしょう。 基本的に膣内は酸性に保たれていて、ホルモンバランスが正常な時はその酸性の膣分泌液の働きで雑菌は繁殖しにくくなっています。 しかし、上記のような問題が引き起こっている場合はその酸性の性質が弱まり、アルカリ性に近づいてしまう事で菌の繁殖が急激におおなわれるようなります。 ホルモンバランスの乱れによる免疫力の低下時や、生理中などは特にこの問題は起きやすいので十分注意しましょう。 すそわきがの可能性 「 すそわきが」と言われると聞きなれない方も多いかと思われますが、ワキガと同じ原理で発生する陰部の臭いのことです。 脇や乳首、首、耳などに存在する「アポクリン腺」という汗腺が陰部にも存在します。 アポクリン腺から発生する汗と、通常の汗が交じり合うことによって強烈な臭いが発生することがあります。 においの特徴として ・ネギのような臭い ・お酢のような酸っぱい臭い ・納豆のような臭い ・鉛筆の芯の臭い などが挙げられます。 ワキガと同じ臭いがすることもありますが、陰部は蒸れることが多いために独特な臭いが発生することが多くあるのです。 このアポクリン線からの分泌物はフェロモンとも呼ばれるもので、生物学的には臭いで異性を引きつけるなどの効果もあるとされています。 傾向としては既にワキガである人や耳垢が湿っている人、陰毛の毛が濃い人、汗の黄色いシミが服や下着についてしまう人などがこの症状になってしまいやすい傾向があります。 この臭いはワキガと同じくクリニックや美容整形などで治療することが可能です。 自分の陰部があまりにも異臭を放つと感じたら、一度病院へ行って診察してもらうことも大切です。 加齢臭によるもの 上記でも挙げたとおり加齢による影響でホルモンバランスが崩れてしまい、膣内の性質のバランスが崩れて菌が繁殖しやすくなることや、加齢の影響で女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位に働くようになり、アポクリン線からの汗の分泌物が多くなり臭いがきつくなることで加齢臭に繋がってしまうことや尿もれなどの排尿器官の異常によりアンモニア臭が強くなったりします。 また、加齢によって膣内の分泌物の量が減ってしまうことで乾燥してしまい自浄作用が弱まってしまい臭いの問題に繋がります。 すそわきがになってしまう問題も加齢とともに高くなります。 生理周期も乱れてしまっていたり、生理が無くなることで周期的に臭いがきつくなってしまうケースも存在します。 臭いがひどい場合や痒みを伴う症状を引き起こしている場合は、市販の塗り薬などの商品でも対応してもいいですが、なかなか治らない場合は婦人科などで診察を受けるようにしましょう。 病気の可能性 陰部の強烈な臭いの原因として挙げられるのが、病気の可能性です。 いつもは臭いを感じたことはないのに、いきなり強い臭いを感じるようになったというのであったり、性交時やその後などにパートナーに臭いについて指摘されたことのある場合は一度婦人科などで検査をしてみることをおすすめします。 病気にかかった可能性が高くなります。 臭いを発する性病は性交で感染してしまうものもありますが、膣の炎症で細菌性腟炎などの症状は不衛生な環境を続けてしまうことで引き起こってしまうものもあります。 性病や陰部の炎症についての情報を下記で紹介しているので、一度目をとしておきましょう。 陰部の臭いの対策方法 陰部の臭いの対策方法を紹介します。 予防方法や臭いを抑える方法を紹介しているので、臭いを感じる方は読んでみてください。 陰毛をカットする どうしても臭いが気になるという方は、思い切って陰毛をカットするのもひとつの手です。 陰毛を手入れするという人は多くないと思いますが、カットすることにより通気性が向上し、菌が繁殖するのを軽減することができます。 さらに、尿やおりものが付着してしまう量が減ることも臭いの対策になるといえます。 全ての陰毛を処理しなくても、髪のように量を減らすだけでも十分な通気性を得ることができます。 詳しい処理方法については、の記事を読んで、自分に適した処理を行いましょう。 洗い過ぎないようにする 陰部の臭いが気になるからといって、何度も洗ってしまうと逆効果になる場合があります。 あまり洗い過ぎないようにしましょう。 人間の皮膚には、「常在菌」という皮膚を守るための菌が存在します。 この常在菌が膣内の環境を酸性に保っていて軽い殺菌効果を保っています。 しかし、強く擦ったり洗浄力の強いデリケートゾーンボ専用ソープでないものなどを使っていると、常在菌までも洗い流してしまうことになります。 そうなると、膣内の環境がアルカリ性に近づくことで臭いを発生させる菌が繁殖しやすい状態になったり、病気にかかりやすくなってしまうということがあります。 また、女性のかたは膣内の中にも善玉菌が存在していますが、洗いすぎると善玉菌が排出されてしまって膣内で菌が繁殖しやすくなってしまい炎症が起きやすくなるので注意しましょう。 陰部を洗うためのデリケートゾーン専用ソープなどの商品も発売されているので、あまり刺激が強くならないように優しく洗うようにしましょう。 通気性の良い衣服を着用する 汗や蒸れを回避するために、通気性のよい素材を使ったものを穿くようにしましょう。 通気性の良い素材は ・コットン ・シルク ・リネン などが挙げられます。 夏場でも涼しく快適に過ごすことができるので、持ってない方は一度試してみると違いに気づくと思われます。 さらに、座って仕事をしている人は1時間に一回は、立ち上がって陰部が蒸れるのを防ぐようにしましょう。 またズボンを洗わない男性も中にはいるかと思いますが、洗わないと菌が付着した状態のままになってしまう臭いの原因になるので、定期的に洗うことを心がけましょう。 専門的な洗浄アイテムで清潔に保つ デリケートゾーンは繊細な部分です。 なるべく清潔に保った方が良いのですが、洗いすぎて刺激を加えすぎても良くありません。 専門的なジェルや石けん、美容液を使用して清潔にしましょう。 ・ 菌には様々な種類があるので、菌を抑える成分とカビが増えるのを抑える成分を配合している石けんです。 一般的な石けんには含まれていない成分なので、陰部に繁殖しやすい菌に効果的です。 さらにこの配合された成分は低刺激なものを使用しているので、「肌への低刺激」と洗浄力」が優れている商品です。 ・ こちらは膣内洗浄機になります。 といっても、殺菌能力に特化しているのではなく、自浄作用を促進する効果のある膣内洗浄機なのです。 つまり、購入するのを辞めたからといって、効果が薄まるのではなく、自発的に嫌な匂いを軽減する体質をサポートしてくれる製品です! ・ こちらは石けんにしては少し高価な商品です。 しかし、これ1つで、保湿・洗浄・ニオイケア・黒ずみ対策・アンダーヘアのケア・引き締めの効果を得ることが出来る優れものです。 ジャウムとは、天然素材を特別な製法で仕上げているもので、美容効果が高いものなのです。 こちらはデリケートゾーンに高い効果を発揮する美容液です。 オーガニック成分を使用しているので、生理の時期などのデリケートな時期にも使用することが可能です。 少し価格は高めですが、オススメの商品です。 これらの商品はデリケートゾーンを洗浄するために開発された商品なので、非常に高い効果を得ることが出来ます。 これらを上手く使用して、陰部を清潔に保つようにしましょう。 陰部の臭いがきつくなる病気について 陰部が急に臭いを放ちだした場合は、病気の可能性もあります。 どういった病気があるかを知っておきましょう。 は症状として、陰部のかゆみ・おりものの増加・排尿時の痛みが挙げられます。 おりものが増加することによって臭いがキツくなることがあります。 黄色や黄緑色のおりものが泡状となって現れるのが特徴です。 性交により伝染ることがほとんどですが、稀にプールなどから感染してしまうことがあります。 薬によって治療が可能なので、違和感を感じた場合はすぐに病院へ行って治療しましょう。 放っておくと症状が悪化する恐れがあります。 トリコモナス膣炎に関する詳しい記事はこちらになります。 合わせて参考にしてみてください。 は症状としては、激しいかゆみ・おりものの増加などが挙げられます。 おりものがヨーグルトの様にポツポツとなるのが特徴で、白色や黄緑色のものが現れます。 症状が悪化すると痛みが発生することも稀にあります。 勘違いしている人が多いのですが、カンジダ菌は元々女性の膣内に在中する菌なので、性交が無くても発病することがあります。 免疫力の低下やホルモンバランスの乱れにより、カンジダ菌が増殖してしまうことが原因となります。 症状が軽い場合は、自己治癒力により治るかたもいますが、症状が強く現れている場合は薬での治療となるので早めに病院へ行きましょう。 カンジダ膣炎に関する詳しい記事はこちらになります。 合わせて参考にしてみてください。 症状として、下腹部の痛み・おりものの増加などが挙げられますが、感染初期はほとんど自覚症状がないまま過ごす人が多くいます。 感染が進んでいくと、妊娠できなくなることもあるので注意が必要です。 おりものが緑色になったり、下腹部に痛みを感じた場合は病院へ行って早期発見することを心がけましょう。 性病の一つに喉に発生する咽頭クラミジアという病気もありますので、こちらの記事も合わせて参考にしてみてください。 細菌性腟炎は他の膣炎に比べて性行為で発病するわけではありませんので、性病ではありません。 症状として、悪臭を放つおりものが増加・かゆみが発生するといったものがあります。 灰色のサラサラのおりものが現れるのが特徴です。 免疫力の低下や膣内を洗いすぎが原因となって、膣内の善玉菌が減少してしまうことで細菌性腟炎を発病してしまうことがあります。 細菌性膣炎になると、他の病気などを引き起こしやすくなるので早期に治す必要があります。 あまりに強い臭いを感じる場合は、すぐ病院へ行きましょう。 陰部が臭う症状の他におりものの色の変化などの別の症状を発症している場合はこちらの記事を合わせて参考にしてみてください。 ・ ・ ・ まとめ 陰部の臭いの原因 ・菌が繁殖している ・食事により臭いが発生している ・ホルモンバランスの乱れにより汗が増加している ・すそわきがの可能性 ・病気の可能性 陰部の臭いの対策 ・陰毛をカットする ・洗い過ぎないようにする ・通気性の衣服を着用する 陰部の臭いが発生する病気 ・トリコモナス膣炎 ・カンジダ膣炎 ・クラミジア ・細菌性膣炎 以上が、今回の記事のまとめになります。 陰部にある菌が繁殖することが、臭いの主な原因です。 通気性の良い衣服を着たりして群れを回避することで、臭いを回避することができます。 清潔に保とうと洗いすぎると逆効果になるので注意しましょう。 また、あまりにも臭いがキツイ場合は病気の可能性があります。 違和感を感じたりその他の症状を感じる場合は、病院へ行くようにしましょう。 関連記事として、 ・ ・ ・ ・ ・ こちらの記事も合わせてお読みください!.

次の

デリケートゾーンの臭い対策。いい匂いにするための方法&アイテム

陰部 臭い 対策

この記事のもくじ• 陰部の臭いの原因とは? 陰部から臭いがしてしまう原因は、一つではありません。 人によって原因は様々なので、順番に見ていきましょう。 菌の繁殖が原因で陰部に臭いがする 人間の身体には、誰もが元々菌を持っています。 これは悪い菌を侵入させないために守ってくれる菌なので、普段の生活では悪さをしません。 しかし菌が増えてきてしまうと臭いの原因に繋がります。 菌が増えてしまう原因として考えられるのは、ストッキングや長時間の座りっぱなしによる「蒸れ」からくるものがほとんどです。 蒸れることによって汗をかいてしまいますので、これが原因だといえます。 通常なら、汗は無臭なのですが、陰部は尿やオリモノによって菌が繁殖しやすい場所でもあるので、他の部分に比べて注意が必要なのです。 そして、女性は生理中にもトラブルが起こりやすくなってしまいます。 ナプキンの蒸れなども菌を繁殖させてしまう原因に繋がるので、こまめにナプキンを変えて清潔を保つことを心掛けましょう。 陰部の臭いは食事の内容も原因になる! 陰部の臭いが日によって違うかも!と感じている人の多くは、食事が原因で臭いを発している可能性があります。 陰部の臭いがキツくなってしまう原因のある食べ物は、• 脂肪分の多いもの• 香辛料が多く含まれているもの• アルコール• ニラやニンニク などが挙げられています。 今日はいつもより臭っているなと感じたら、何を食べたのか思い出してみましょう。 上記の食事を摂っていた場合は、食事によるものが原因だと考えていいでしょう。 そして、これらの食べ物は陰部だけではなく、体全体の臭いの元にもなりますので、大切な予定のある前日などは避けたいものです。 特に陰部は、通気性が他に比べると少ないため、イヤな臭いを逃すことが出来にくいため、悪臭もこもりやすくなってしまいます。 ホルモンバランスの乱れが陰部の臭いの原因になる ホルモンバランスが乱れることによって陰部に臭いが出てしまう原因になります。 ホルモンバランスが乱れてしまう原因としては、• ストレスを溜めすぎる• 睡眠不足• 不規則な生活• 運動不足 などが挙げられます。 これらのことが当てはまる人は、ホルモンバランスが乱れてしまい、汗をかきやすくなるため、陰部の環境も悪化していきます。 環境が悪化して汗をかきやすくなってしまうと、 陰部の臭いはもちろんですが、陰部のかゆみを伴う場合もあるので気をつけましょう。 陰部の臭いは「すそわきが」が原因の可能性も! 「すそわきが」とは、ワキガの陰部バージョンだと思っておいてください。 ワキガは、ワキだけでなく陰部や胸などにも発生する可能性があるのです。 通常の汗は無臭に近い臭いなので、気にする事はありませんが、すそわきがになると、アポクリン腺から発生する汗と混ざってしまい、強烈な臭いに繋がるのです。 すそわきがは、• 膣カンジダ症• トリコモナス膣炎• クラミジア感染症• 細菌性腟炎 がありますので、どんな対策をしても陰部の臭いを消すことができない場合は疑ってみることも必要です。 このように陰部の臭いと言っても、原因は人によって様々なものです。 そのため、自分が普段してしまっていることや、当てはまる臭いがあれば原因を突き止めることができるので、その原因にあった対策をしていく必要があります。 陰部の臭い対策!陰部の臭いを消すにはどうしたらいい? 陰部の臭いの悩みは、なかなか人には話しにくいですよね。 そのため、臭いが気になる女性は、自力で対策をとっている人が多いようです。 その対策方法を今回は、お伝えしていきたいと思います。 陰毛の手入れをしたりカットする 陰毛をお手入れしたり、整えるために脱毛などに通っている人は、ここ数年でグッと増えてきました。 そのような経験がある方に話を聞くと、生理の時に蒸れなくなったり、洗いやすいとの声が多数です。 陰毛を全て処理する必要はありませんが、少なくするイメージでカットをすると、通気性もよくなります。 また、菌が繁殖する確率も減り、尿やオリモノが付着しにくくなるので、臭いが軽減されるのです。 今の時代、陰毛をカットすることは、誰でもしていることですし、プラスになる事ばかりなので、思い切ってカットしてみてください。 初めてカットする人は、ネットで自分に合ったやり方を見たりするなどして、参考になるものを見つけておきましょう。 陰部の臭いをケアする石鹸やクリームで対策する! 陰部の臭いに悩む女性が多いためめ、デリケートゾーン専用の臭い対策グッズというものがあります。 陰部はデリケートな部分なので刺激の強いものでケアをすると、かえって逆効果になってしまいます。 そのため、もし他の部分い使う臭い対策グッズを持っていたとしても、陰部に使用することには注意しましょう。 陰部の臭い対策のグッズは、低刺激で肌に優しい成分を使っているので、特に敏感肌の女性は専用のものでケアをしてくださいね。 洗いすぎないようにする 臭いが気になるのは分かりますが、何度も洗ってしまうと、常在菌という皮膚を守ってくれる役割を果たしている菌までもを、洗い流してしまうことになります。 そうすると逆効果になったり、臭いの元を作る菌が繁殖しやすい状態になったしまったりと、いいことがありません。 また、炎症がおきる可能性もあるので、刺激が強くならない程度に優しく洗いましょう。 陰部専用のボディーソープも発売されていますので、そちらを使うようにするといいと思います。 通気性の良い下着や服を着る 陰部の臭いの元となる、汗や蒸れを防ぐためには、通気性の良い服や下着を着るようにすると軽減されます。 通気性の良い素材のものは、夏でも快適に着ることが出来るため、汗をかいてもこもることなく、蒸れを防いでくれるので、是非持っていない人はゲットしてください。 ちなみにオススメの素材は、コットン、シルク、リネンなどが良いとされています。 またどんなに通気性の良い服を着ているからといって、座りっぱなしの仕事をしている人は、1時間に一度は、立ち上がり蒸れを防ぐ必要があります。 このように、対策を取るだけでも全然違ってきます。 陰部の臭いは、なるべく他人にはバレたくないと思いますので、少しでも臭うかな?と思ったらすぐに対策を始めていくことが大切です。 陰部の臭いに潜む病気とは? 陰部の臭いがいきなり目立ち始めた場合には、病気の可能性もあります。 臭いが症状として現れる病気(性病)は主に4つありますので、順番に紹介していきます。 また、臭いの他にも症状が出ることが多いので、合わせて当てはまるかどうかをチェックしましょう。 トリコモナス膣炎 この病気の症状としては、• 陰部の臭い• 陰部のかゆみ• オリモノの増加• 排尿時の痛み などが挙げられます。 トリコモナス膣炎の場合は、オリモノが増加することによって臭いが発生しますので、もしかしたらと思った人はオリモノにも、気を配ってみておきましょう。 トリコモナス原虫が原因となって発病する性病なので、性交渉によって移ってしまう場合がほとんどです。 稀にプールや温泉などでも移ってしまうと言われているので、心当たりのある人は検査を受けましょう。 また、薬で治療できるものなのですが、放っておくと悪化してしまうので、早めに産婦人科を受診しましょう。 カンジダ膣炎 カンジダ菌は、元々女性の膣内の中に存在している菌です。 なので、性交渉がなくても抵抗力が落ちたり、ホルモンバランスが乱れることによって簡単に発症してしまう病気なのです。 しかし、カンジダはかかってしまうと、激しいかゆみの症状が出てくるのでかなりきついですし、おりものも白色のポロポロとしたものに変わります。 稀に黄緑色のおりものも発生したりするので、注意が必要ですね。 さらに症状が悪化すると痛みを伴うこともあるので、薬で治療をしてもらいましょう。 クラミジア クラミジアは自覚症状がほとんどないと言われていますが、黄緑色のおりものが出てきたり、下腹部が痛む場合は疑った方が良さそうです。 クラミジアは基本的に性行為 オーラルセックスを含む でしか移らないものなので、心当たりのある人は、パートナーも一緒に治療を受ける必要があります。 そして、放っておくと不妊症になるので、早期発見がなにより大切になってきますね。 細菌性膣炎 腟内の環境が悪化してしまうことで、炎症を起こしてしまう病気ですが、移るものではないため性病ではありません。 この細菌性膣炎は、オリモノの臭いが他に比べてきつく悪臭がします。 そしてかゆみもあるのでこのような症状が出たら病院にいきましょう。 オリモノは灰色のサラサラとしたものなので、わかりやすいと思います。 主な原因は陰部の洗いすぎによる善玉菌の減少や、免疫力の低下などが挙げられています。 この病気は、他の病気を引き起こしやすくしてしまうので、早めに対処しておくことが大切です。 このように陰部の臭いは、病気のサインかもしれないのです。 急に臭いが気になったり、オリモノなど他にも気になる症状が出てきたら、産婦人科などで検査をすることをオススメします。 放っておくと大変なことになるケースも多いので、もしかして?と思ったら、早めに検査と治療をしておきましょう。 陰部の臭いにはデリケートゾーン専用の石鹸がおすすめ! 陰部の臭いを気にしている人は、ボディソープと、デリケートゾーン専用の石鹸を使い分けて使っている人が多いです。 今では、たくさんの種類のソープが売られていますので、まずは低刺激のものから始めてみることをオススメします。 普通のボディソープとの違いは、陰部の臭いと黒ずみ対策に特化している製品であるということです。 入っている成分も異なり、デリケートゾーン専用の石鹸には、• 消臭作用• 抗菌作用• ピーリング作用 の3つが含まれているのです。 陰部の臭いだけではなく、黒ずみも防止できるので、一石二鳥ですね! デリケートゾーン専用石鹸の使い方 デリケートゾーン専用の石鹸の使用方法ですが、大抵の商品はパックにして使うようです。 まず石鹸をモコモコに泡立てネットを使って洗います。 そしてそれを臭いが気になる場所に優しく置くようにし3分程度パックしましょう。 中には、刺激の強い商品や、個人差もあるため、3分も置いてしまうと肌が荒れる可能性もありますので、様子を見ながらサッと流したり、置く分数を短くしたりしてみてくださいね。 そしてこのパックは、必ずデリケートゾーン専用の石鹸でしか行わないようにしましょう。 普通の石鹸でパックをしてしまうのは、よくありませんし、もちろん中まで洗ったりはしないでくださいね。 薬局などにも売られていると思いますが、なかなか恥ずかしくて買いに行けないと思います。 そんな人の為に、ネット通販があるので、自分のタイプと似ている人の口コミを参考にしながら、まずは低刺激のものから選んで購入してみましょう。 自分の肌と合わなかった場合は、すぐに使用を中止するようにしてくださいね! まとめ いかがでしたか? 陰部やデリケートゾーンの臭いに悩んでいる女性は多いですが、なかなか相談出来ずに放っておくケースが多いと言われているため、病気にもなってしまいがち。 これを機に自分で陰部の臭い対策をとることと、病気の項目が少しでも当てはまり、気になるようでしたら産婦人科を受診しましょう。 産婦人科には、意外と多くの人が同じような悩みで受診していますので、恥ずかしがる必要はありませんよ! また、自分の陰部の臭いの原因をしっかりと理解することが、解決へと繋がるので、原因を探ってみることから始めて下さいね。

次の

陰部の臭いを消す方法|アソコのニオイ対策!石鹸やスプレー

陰部 臭い 対策

「陰部って基本的にニオイが出ても仕方ない場所だし、とりあえず洗っとけばいつか消えるでしょ!」 陰部のニオイが気になりながらも、適当な言い訳をして放置していませんか? もし、そのまま放置していると…• 夜に旦那や彼氏から求められない• 可愛い下着が履けない• ニオイが漏れそうなショートパンツやスカートも履けない• 温泉の脱衣所じゃモワ~としたニオイが周りにばれそう• 毎日オリモノ用のシートを付けなきゃいけない 上のような状況に置かれた自分を想像してみてください。 絶対にそんな自分にはなりたくないですよね。 でも、陰部のニオイを放置しておくと、そう遠くない未来に現実となってしまうかもしれません。 絶対に現実にしないためにも今回はしっかりと陰部のニオイの原因と対策について学びましょう! 目次• 陰部が臭う原因って何? 女性の陰部は非常にデリケートな部分。 きちんとしたケアを行わないとすぐに臭ってしまいます。 どうして陰部は臭いやすいのか? 理由は、 陰部が常に下着で覆われていて蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすくなっているから。 分かりづらい方は冬場のブーツの臭いを思い出してください。 蒸れてとんでもない臭いになっていますよね。 冬場のブーツと同じようなことが陰部では常に起こっているのです。 また、尿・「恥垢」と呼ばれるオリモノなどがこびりついた垢などがこびりつきやすいことも陰部が臭う原因の1つ。 よく陰部を見てみれば分かると思いますが、結構凹凸があっていかにも汚れが溜まりそうなのが分かると思います。 上記で挙げたのは身体の外側の原因。 実はデリケートゾーンの臭いは身体の内側にもあります。 内臓機能が低下すると、体内のアンモニアを解毒できずに汗や皮膚からアンモニア臭が出てきてしまうのです。 この原因には女性の方に多い 便秘も含まれます。 陰部は蒸れやすく、汗をかきやすい部位でしたよね。 つまり、アンモニア臭が汗と一緒に出てきてしまいやすい場所がデリケートゾーンということです。 今まで単純に外側だけをキレイにしても臭いが落ちなかった原因が分かりましたか?身体の内側の対策を怠っていたからなんです。 デリケートゾーンの臭いを完全に消すためには「身体の外側と内側」からの対策が必要だと覚えておきましょう。 間違った洗い方はニオイを更に悪化させてしまう!? 身体の内側からの対策も重要ですが、やはり基本は陰部を洗うこと。 陰部が臭うからといって必要以上に思いっ切り洗っていませんか?実はそれは間違った洗い方。 デリケートゾーンの 間違った洗い方をしていると臭いが発生する原因となります。 そこで正しい洗い方をお伝えしたいと思います。 やはり 基本は優しく洗うこと。 何度も言いますが、デリケートゾーンはその名の通り非常にデリケート。 皮膚が薄く粘膜も多いため、思いきり洗うと傷ついて雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。 しっかりとネットなどを使って石鹸やボディーソープを泡立ててから、優し~く洗うこと。 この際に爪を立てないでくださいね。 ゆっくりと丁寧に 指の腹を使ってください。 陰毛は 根元を重点的にマッサージするようにしっかり洗いましょう。 その後に陰核・性器部分・会陰部分と洗っていきます。 ポイントは 恥垢が溜まっている部分を重点的に洗うこと。 特に陰核の包皮に隠れている部分と大陰唇と、小陰唇の間にある溝は恥垢が溜まりやすいので注意してください。 もちろん優しく指の腹で洗うことも忘れずに。 仕上げににぬるま湯で洗い残しがないように丁寧に洗い流して終わりです。 ぬるま湯というのがポイント。 熱いお湯で流すのは刺激が強すぎるので良くありません。 そして最後に注意点が一つ。 膣内まで指を入れて洗う方がいるのですが、そこまでする必要はありません。 というのも、膣内はpH4程の弱酸性に保たれており、病原体・雑菌の侵入と繁殖を防いでいるから。 いわゆる 「自浄作用」が働いているのです。 毎日指で膣内まで洗ってしまうと、この自浄作用が下がってしまいます。 逆に病気を誘発しやすくなってしまうので、注意してください。 また生理中のケアについてですが、 生理中はいつもより更にデリケートになっています。 より丁寧に優しく洗う事を心がけましょう。 デリケートゾーンのケアに最適なグッズとは!? では、原因と基本的な洗い方を抑えたところで、一体何を使えば適切なデリケートゾーンのケアができるのでしょうか。 商品選びのポイントは「身体の内側と外側」両方からの対策ができることです。 そのような商品を選ぶことができれば、冒頭で皆さんがなりたくない自分になることもありません。 むしろ、 今までとは違う、楽しくて自身に溢れた毎日を送れるようになるのです。 では、そんな願いを叶えてくれる商品とは何なのか? それが」 実は、クリアネオは「 ニオイが消えるクリーム」として有名や女性誌やニュースサイトで取り上げられたこともあるので、皆さんの中にも目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。 皆さんも知っている有名どころで紹介されました! クリアネオはまさに上で述べた外側と内側からの改善にうってつけの商品。 クリームタイプでサッとケアできるのも手軽でオススメです。 強力な殺菌・制汗成分がニオイを内外からシャットアウト!• 肌に刺激を与える成分0!敏感肌でも大丈夫!• 返金保証付きで気軽に試せる クリアネオを使えば、もう陰部のニオイのせいで後ろ向きになっていた自分からはサヨナラできます。 むしろ自信を持って可愛い下着・ショートパンツ・スカートが履けちゃいます! なんなら自分から彼氏や旦那に甘えて、夜も誘えるようになりますからね! まとめ 今まで陰部の臭いが原因で中々私生活で積極的になれなかったことが多いと思います。 しかし、陰部の臭いは改善が不可能なことではありません。 身体の内側と外側、両方からの適切な対策をすることで改善できるのです。 ぜひ「 」で適切なケアを始めましょう! きっと陰部に悩む女性の皆さんが、今までとは違うもっと積極的な自分に変われたことに驚かれると思います。

次の