立憲 民主党 比例。 比例代表 立憲民主党

比例代表 立憲民主党

立憲 民主党 比例

警視庁葛西署に強制わいせつ容疑で書類送検された立憲民主党の初鹿明博衆院議員=比例東京=が20日、福山哲郎幹事長に離党届を提出した。 複数の党幹部が明らかにした。 初鹿氏は「書類送検を受け、いま捜査機関の判断を待つ身でありますが、このような事態を招いたことにかんがみ、本日、離党届を提出いたしました」とのコメントを発表した。 捜査関係者によると、初鹿氏は平成27年5月、東京都内を走行中のタクシーの車内で、同乗していた知人女性にキスを迫り、わいせつな行為をした疑いが持たれている。 女性は今年に入り、同署に刑事告訴していた。 初鹿氏は29年に週刊誌でこの疑惑を報じられ、記者団の取材に対して「強制わいせつに当たるような行為をした記憶はない」と説明。 立憲民主党は報道を受けて初鹿氏を6カ月の役職停止処分としていた。 初鹿氏は東大法学部卒で東京都議を2期務め、21年に民主党(当時)の公認を受けて東京16区から出馬し、初当選。 29年には立憲民主党から出馬し、同区で落選し、比例で復活当選した。 初鹿明博議員が、一連の騒動で立憲民主党に離党届を提出したようですね。 自分の意思か、上からそうしろと言われたのかはわかりませんが。 維新の会の足立康史議員がこのように疑問を呈しました。 — 足立康史 adachiyasushi 確かに、党として処分しないのか?党を去るのであればそれ以上は追及しないということでしょうか?それでは支持者も納得しないでしょう。 初鹿議員の離党が本人の意思か、鶴の一声なのかわからない状態では、臭いものに蓋をしたと同じですから。 ちなみに、維新の会は丸山議員の議員辞職を求めました。 そして、除名しました。 離党と除名は同じく党から抜けることですが、大きく違うところがあります。 議員が離党届を党に提出して認められれば党から離れられ、また復党も考えられます。 しかし、離党が認められず除名処分となると、党に戻ることは絶望的になるのです。 なので除名処分は、最も重い処分ということになります。 つまり、丸山議員は除名なので、維新の会に戻ることは出来ません。 しかし、初鹿議員は、離党のままだと、ほとぼりが冷めて戻ることが可能だということです。 この、初鹿議員の離党に関して、SNSではかなり賑わっていますが、政治知新でも頻繁に引用させていただいてる「Mi2」さんがこのようなツイートをしていました。 【辻元センセーの有難いお言葉】女性への性的暴行で今年3月に議員辞職した自民党の田畑毅元衆院議員の疑惑が報じられた際、立憲民主党の国対委員長だった辻元清美「離党で済む話ではないでしょ。 議員辞職に値するのではないか」 他人に厳しく、身内に甘い、説得力ゼロ。 立憲民主党など主要野党の国対委員長は20日午前、国会内で会談し、自らの女性問題を理由に離党届を提出した自民党の田畑毅衆院議員について、「(女性問題が)事実なら議員辞職に値するのではないか。 離党で済む話ではない」との認識で一致した。 この後、立憲の辻元清美国対委員長は、自民党の森山裕国対委員長と会い、田畑氏に関する事実関係の確認と党としての対応を求めた。 森山氏は「党のしかるべきところに話があったことを伝える」と述べるにとどめた。 田畑氏はこの後、議員辞職をしました。 辻元議員は党としての対応を自民党の国対委員長に求めましたが、まさか、初鹿議員もこのままでは済まさないですよね。 初鹿議員に対する立憲民主党の処罰に注目ですね。

次の

【衆院選】立憲民主党が比例名簿を発表(1/2ページ)

立憲 民主党 比例

「消費税減税研究会」の初会合で握手する無所属の馬淵澄夫・元国土交通相(右)とれいわ新選組の山本太郎代表=2019年10月30日、国会 一方で11月6日には「格差解消と消費税を考える会」が立憲の荒井聡氏などの呼びかけで初会合を開きました。 講師にMMT(現代貨幣理論)推進者の一人である藤井聡氏を招く予定ということで、同じくMMTを経済政策の基盤とするれいわ新選組との政策親和性を高める動きは立憲党内からも強まっています。 そもそも立憲は旧民主党政権下で消費増税を取り決めた「三党合意」を踏襲しない方針で8%から10%への増税は凍結すべきという立場でした。 野党合流に慎重であった枝野幸男代表も個別議員の合流は条件付きで受け入れており、その条件の一つが増税凍結への賛成でした。 ですので8%から10%への引き上げには反対だが、5%に引き下げるのは「やりすぎ」だと考えているようです。 分かりにくい立憲の経済政策 5%でも10%でもなく、8%なんだ!という主張は昨今の政治に「分かりやすさ」を求める風潮のもとでは所属議員にさえも理解されにくいのが現状です。 消費税率の話は一旦置いておくとして、立憲民主党の経済政策はどのようなものでしょうか? 参院選の前にまとめられた」が立憲の現在の最も新しい経済政策の骨子です。 さらに3月の立憲民主党の議員勉強会にて立憲の経済政策のブレーン的立場の田中信一郎氏の考えをまとめた記事がです。 正直難解で非常に分かりにくいです。 このため報道等で記事にされても「立憲の経済政策は賃上げに重点」くらいに単純化されてしまいます。 しかしここはしばらく我慢してもう少し読み込んでみましょう。 まず立憲の分析では今日の大きな経済問題は二つあり、一つは人口減などからくる構造的な低成長、もう一つは実質賃金が伸びないため家計の消費が増えないことです。 このため一時的な財政出動により需給ギャップを埋めても財政出動を止めればすぐに景気が悪化してしまう。 財政政策に頼ると構造的な問題を解決しないで財政赤字だけが増えてしまう問題が発生し、これこそバブル崩壊後の過去30年の一連の財政出動による経済政策の失敗の主因だと分析しています。 さらにアベノミクスの金融政策と財政政策(いわゆる第一の矢と第二の矢)によるリフレ政策は実質賃金の上昇を伴わないため家計の消費が増えないので、持続性がなく問題であるとも考えているようです。 一応アベノミクスを擁護しておくと、人口減が長期停滞を招くことは当然織り込み済みで、だからといって経済成長を諦めてしまうと将来の社会保障の負担が国民一人当たりで大きくなりすぎるので「潜在成長率」を上げることを考えており、それが「成長戦略」という第三の矢なわけです。 そしてアベノミクスでも名目賃金の上昇が物価上昇率を上回るのが理想的だとは考えられており「官製春闘」という過去には考えられないようなアプローチで賃金水準の上昇を企図したりしています。 黒田日銀総裁も賃上げに対する期待を表明しており、アベノミクスが「賃上げなき物価上昇」を目指していることはありません。

次の

須藤元気議員が立憲民主を離党表明!理由は山本太郎への支持

立憲 民主党 比例

経歴 [ ] 生まれ、育ち。 現住所は神奈川県綱島西2丁目。 貧困なで育ち、11歳の時に両親が離婚。 、、、と転居を繰り返し、幼稚園2園、小学校4校、中学校2校に通学。 東京都足立区立江北小学校、東京都北区立赤羽小学校、に通い、を卒業。 に進学した後、中学2年で神奈川県に転居。 、通信制、柔道整復科卒業。 を首席で修了(MVP受賞)、DCM(デジタルコンテンツマネジメント)修士。 の創業に参加。 執行役員を経て、顧問に就任。 の秘書を約3年間務める。 2011年4月10日のの議員選挙に公認で立候補し 、県政史上最年少の27歳で当選。 2014年12月14日のにから民主党公認で立候補、のに次点で敗れる。 2016年、神奈川県第7区総支部長に就任。 2017年9月28日、民進党はへ合流することを採択し事実上「解党」する。 同年10月1日未明、中谷は希望の党への不参加を決断。 翌日、結成の報を受け、同党への参加を表明。 取材に対し「(代表の)排除の論理からは何も生まれない」と述べた。 10月6日、神奈川は中谷の推薦を決定。 希望の党は地元出身の35歳女性新人を擁立し 、も同候補に推薦を出した。 ・の民進系市議、県議計7人は全員、希望の党の新人についた。 10月22日に行われたに神奈川7区から立憲民主党公認で立候補、鈴木に次点で敗れるもで初当選した。 2018年5月 科学技術イノベーション議員連盟 事務局長 就任。 2018年10月 青年局長に就任。 政策・主張 [ ]• について、の改正に反対している。 また、を設けることにも反対している。 の導入に反対。 の解禁に反対。 は日本に必要ないとしている。 について「将来にわたって検討すべきでない」としている。 のうち「持ち込ませず」の見直しについても「議論する必要はない」としている。 の創設に賛成。 人物 [ ]• 兄弟は、妹2人。 の国家資格を持つ。 所属団体・議員連盟 [ ]• ILO活動推進議員連盟• アムネスティ議員連盟• 教育における情報通信 ICT の利活用促進をめざす議員連盟• 共生社会の実現を目指す障害者の芸術文化振興議員連盟• 国際IC推進議員連盟• 国際軍縮促進議員連盟• 國酒プロジェクト推進議員連盟• 国連障害者の権利条約推進有志議員連盟• WFP• 障がい・難病政策推進有志議員連盟• 障害者の安定雇用・安心就労の促進をめざす議員連盟• 自殺対策を推進する議員の会• 指定都市を応援する国会議員の会• スポーツ議員連盟• 世界連邦日本国会委員会• チャイルドライン支援議員連盟• 超党派 NPO議員連盟• 超党派 オンラインゲーム・eスポーツ議員連盟• 超党派 「世界経済フォーラム(ダボス会議)」議員連盟• 超党派 「東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法を実現する議員連盟」• 超党派 フリースクール等議員連盟• 超党派 ママパパ議員連盟• 超党派 ミャンマーの民主化を支援する議員連盟• 超党派 野球文化振興議員連盟「カチマス」• 超党派 ユニセフ議員連盟• 都市農業推進有志議員連盟• 土地家屋調査士制度推進議員連盟• 日独友好議員連盟• 日伯国会議員連盟及び日本・中南米国会議員連盟• 日米国会議員連盟• 日ロ友好議員連盟• 日本・EU友好議員連盟• 夜間中学等義務教育拡充議員連盟• 立憲民主党 科学技術・イノベーション議員連盟 事務局長• 立憲民主党 行政書士制度推進議員連盟• 立憲民主党 クリーニング業振興議員連盟• 立憲民主党 生活衛生業振興議員連盟• 立憲民主党 税理士制度推進議員連盟• 立憲民主党 仏教議員連盟• 立憲民主党 弁理士制度・知的財産制度改革推進議員連盟• 立憲民主党 郵政議員連盟• リニアコライダー(先端線型加速器)国際研究所建設推進議員連盟 出演 [ ]• () 出典 [ ].

次の