スシロー タピオカ ドリンク。 スシロー「光るタピオカドリンク」2種を飲み比べてみた

スシローもタピオカドリンクに参入 “後発”を跳ね返す策とは?

スシロー タピオカ ドリンク

依然としてブームが続くタピオカ。 回転寿司屋「スシロー」が7月19日より数量限定で提供しているタピオカは、 なんと光るらしい。 しかも、台湾の人気茶房とコラボしているようだ。 数多のタピオカを食してきたが、光るタピオカなんて見たことがない。 おまけに筆者はスシローにも行ったことがないため、「スシローの光るタピオカ」が全く想像つかない。 未知の世界……。 不安を抱えながら、さっそく飲みに行ってみた! ・未知との遭遇 「光るゴールデンタピオカミルクティー(税抜280円)」を求めて、生まれて初めてスシローへ行ってみた。 土曜の20時半ごろだったためか、店内は大混雑。 なんと、店内で飲食するのには1時間半以上待たなければならず、 タピオカのみの持ち帰りでも30分ほど待つ必要があるとのこと。 凄い繁盛ぶりだ! 持ち帰りたい商品をタブレット端末から注文するシステムで、注文後には受け渡し予定時刻が出てきた。 ハイテク。 まさか、 タピオカも最先端の技術で光らせているのか……? 予測できない「光るタピオカ」にやや不安を募らせながら、店内に貼られていた 謎の可愛いキャラクター「だっこずし」たちを眺め、タピオカの出来上がりを待つ。 それにしても、だっこずしさん可愛い! 約30分後、受け渡し予定時刻ドンピシャでタピオカが用意された。 たくさんのお客さんが来ているにも関わらず、時間ぴったりは凄い! 笑顔が素敵な店員さんから、ついに光るタピオカを受け取った。 これが光るタピオカか〜! めっちゃ光ってる! ……わけではない。 光らせているのだ。 実はこの「光るタピオカ」、よくある黒色ではなく透き通った黄金色に着色されており、ライトで照らすと優しく光るよ、というカラクリだったのだ。 めっちゃローテク。 しかし確かに、 光らせたその見た目はとても綺麗だ。 新鮮で良質なお茶で人気らしい、 日本未上陸の台湾茶房「Sharetea」がこのコラボのため特別にブレンドされたミルクティーはなかなかに濃厚。 しかしお茶の香りがよく立っており、しつこさを感じなかった。 Shareteaオリジナルレシピのタピオカは、表面にとろみが出ているほど柔らかいのに中心に弾力があり、コクのある甘味がしっかりとついていて美味しかった。 ・すでに品薄 販売開始の翌日(7月20日)に飲みに行ったのだが、筆者が行った店舗では残り40杯程度で終了だという。 2日目にしてすでに品薄の店舗があるとは、凄まじい人気ぶりだ。 「光るタピオカ」が気になっている方は、ぜひお早めに! ライトの用意もお忘れなく。 参照元: Report: Photo:RocketNews24.

次の

回転寿司でタピオカに、マツコも驚き。スシローVSかっぱ寿司、飲み比べてみた

スシロー タピオカ ドリンク

(画像:回転寿司スシロー公式サイトより)「Sheretea」とは、1992年創業の台湾生まれ、厳選した台湾の高品質茶葉からつくるお茶と、独自の製法でつくる弾力が特徴のタピオカが人気のお店で、この夏スシローとコラボのために特別ブレンドのミルクティーを開発。 リッチで濃厚な味わいを追求した、オリジナルタピオカドリンクが完成しました。 というわけで、さっそくスシローに駆けつけて、「光るゴールデンタピオカミルクティー」(280円+税)を、タッチパネルで注文。 話題のコラボドリンクを試してみました。 ドリンク自体の大きさは、Gong chaなどの専門店に比べて半分ほどの小ささですが、その分、値段も半分以下。 300円以下でタピ活できるのはかなり良心的です。 ミルクティーの味は、濃厚で甘みが強く、若干の粘り気が……。 飲む前にストローで混ぜないと、ぬるい液体が口に入ってきてさらに甘ったるく感じます。 タピオカの粒は、ねっとりとした食感の奥にもちもちとした弾力も感じられます。 タピオカそのものにも甘みがあり、ドリンクの甘さとからみ合って甘党の方にぴったりな仕上がりになっていました。 タピオカの量がたっぷりでケチ臭くないのもうれしいですね。 また、「光るゴールデンタピオカミルクティー」の最大の特徴は、商品名の通り、カップの下にスマホをおいて下からライトをあてるとタピオカが光るのです! — 2019年 7月月19日午前5時25分PDT インスタ映えを意識した斬新(ざんしん)な仕掛けで、ビジュアルでも楽しませてくれるのですが、1人で訪れるとスマホが1台しかないので、ライトでタピオカを光らせるも、その様子をスマホで撮影できない、という残念な事態に陥りますので、2人以上で飲みに行くことをオススメします。 スシローは比較的お店が空いている時間帯の14時~17時をカフェタイムとして、カフェ利用を推奨しています。 ランチタイム、ディナータイムに訪れる場合はかなり混雑しているので、事前にスシローのスマホアプリをダウンロードして、予約しておけば待ち時間少なく入店できます。 店内で飲むことにこだわらないのであれば、タピオカをテイクアウトすることも可能です。

次の

スシロー「光るタピオカドリンク」2種を飲み比べてみた

スシロー タピオカ ドリンク

(画像:回転寿司スシロー公式サイトより)「Sheretea」とは、1992年創業の台湾生まれ、厳選した台湾の高品質茶葉からつくるお茶と、独自の製法でつくる弾力が特徴のタピオカが人気のお店で、この夏スシローとコラボのために特別ブレンドのミルクティーを開発。 リッチで濃厚な味わいを追求した、オリジナルタピオカドリンクが完成しました。 というわけで、さっそくスシローに駆けつけて、「光るゴールデンタピオカミルクティー」(280円+税)を、タッチパネルで注文。 話題のコラボドリンクを試してみました。 ドリンク自体の大きさは、Gong chaなどの専門店に比べて半分ほどの小ささですが、その分、値段も半分以下。 300円以下でタピ活できるのはかなり良心的です。 ミルクティーの味は、濃厚で甘みが強く、若干の粘り気が……。 飲む前にストローで混ぜないと、ぬるい液体が口に入ってきてさらに甘ったるく感じます。 タピオカの粒は、ねっとりとした食感の奥にもちもちとした弾力も感じられます。 タピオカそのものにも甘みがあり、ドリンクの甘さとからみ合って甘党の方にぴったりな仕上がりになっていました。 タピオカの量がたっぷりでケチ臭くないのもうれしいですね。 また、「光るゴールデンタピオカミルクティー」の最大の特徴は、商品名の通り、カップの下にスマホをおいて下からライトをあてるとタピオカが光るのです! — 2019年 7月月19日午前5時25分PDT インスタ映えを意識した斬新(ざんしん)な仕掛けで、ビジュアルでも楽しませてくれるのですが、1人で訪れるとスマホが1台しかないので、ライトでタピオカを光らせるも、その様子をスマホで撮影できない、という残念な事態に陥りますので、2人以上で飲みに行くことをオススメします。 スシローは比較的お店が空いている時間帯の14時~17時をカフェタイムとして、カフェ利用を推奨しています。 ランチタイム、ディナータイムに訪れる場合はかなり混雑しているので、事前にスシローのスマホアプリをダウンロードして、予約しておけば待ち時間少なく入店できます。 店内で飲むことにこだわらないのであれば、タピオカをテイクアウトすることも可能です。

次の