三 びき の やぎ の がらがら どん。 楽天ブックス: 三びきのやぎのがらがらどん

『三びきのやぎのがらがらどん』

三 びき の やぎ の がらがら どん

三匹のやぎのお話。 三匹ともみんな「がらがらどん」という名前です。 ある日、三匹のがらがらどんは、山の草場に食事に行きました。 山を登る途中で橋を渡らなければならないのですが、橋の下には、なんと大きな怪物「トロル」が。 最初に一番小さいやぎが、橋を渡ります。 当然、トロルに見つかり、一飲みにしてやる!と脅される小さいやぎ。 しかし、そこは機転を効かせます。 もう少し待てば、もっと大きいやぎが来るよと言って、見逃してもらいます。 宣言通り、次は少し大きい二番目やぎが橋を通ります。 待ってましたとばかりに、一飲みにしてやる!と脅すトロル。 ですが、またも同じ手を食わされます。 もう少し待てば、もっと大きいやぎが来るとのことで、二番目やぎも見逃します。 このトロル、非常に律儀。 その時、気が付くとトロルの目の前には、一番大きいやぎが! 慌ててトロルは「何者だ!?」と叫びます。 「おれだ!おおきいやぎの がらがらどんだ!」 二本の角で目玉をでんがく刺し。 肉も骨も粉々に踏み砕くぞ!と大やぎ。 本当に目玉を串刺しにした上で、文字通り木っ端微塵に。 そこまでせんでも! 無事に山の草場に辿り着いたやぎたちは、食べ過ぎで太って家に帰るのもやっとでした、というお話。 感想 トロルは、結果的に縄張りに入ったやぎを威嚇しただけで終わってしまい、どちらが悪者かわからない状況 笑 読み聞かせ時は、いかにトロルを怖く演じて悪者に仕立てるかが鍵になります。 また、1番目と2番目のやぎが仲間を売った、という意見もあるみたいですね。 確かにそうとも取れるかも。 まぁでも、三匹とも仲が良さそうだし、きっと事前に作戦会議したんでしょう! と思ったら、小さい頃に同じように考えていた方がいらっしゃいました。 三匹の会話が面白い 笑 ちなみに、最後の締めくくりに「チョキン、パチン、ストン はなしは おしまい」と謎の擬音が出てきて、「え!?誰かに食べられたの?」とドキッとするのですが、「めでたし めでたし」のような、民話でよく見られる決まり文句ではないかと言われているようです。 子どもの反応.

次の

『三びきのやぎのがらがらどん』

三 びき の やぎ の がらがら どん

大きさの違う3匹のやぎがいた。 名前はみんな「がらがらどん」。 ある日、3匹は草を食べて「ふとろうと」(太ろうと)、山へ向う。 だが、途中で渡る橋の下には、気味の悪い大きな妖精「トロル」が住んでいて…。 北欧の民話をベースにした物語。 大きな危険がせまっているのに、やぎたちは悠然と、むしろ楽しげに橋を渡っていく。 1番目のやぎは「かた こと」、2番目のやぎは「がた ごと」、そして3番目のやぎは「がたん、ごとん」。 やぎが大きくなるにつれて橋を渡る音も徐々に大きくなり、読み手の気持ちも来たるべき「おおきいやぎのがらがらどん」とトロルとの対決に向かって、どんどん盛り上がってゆく。 「チョキン、パチン、ストン」といった不思議な擬音語など声に出して読むたびに楽しさがあふれる名訳と、荒々しく迫力に満ちてはいるがユーモラスな味わいも感じられる絵。 この絶妙な組み合わせが、1965年の発行以来多くの子どもたちをとりこにしている。 (門倉紫麻) 内容(「BOOK」データベースより) 英語と日本語で、絵本のよみきかせを生業にしております。 この瀬田貞二さん訳は、英語と1文ずつもぴったりで、とてもしっくりきます。 個人的には、娘が2さいの時、入手しました。 親子で楽しんで聞き続けたら、3か月ほどで、娘は英語と日本語全部覚えてしまいました!とても言語的にも出来のいい、内容も面白いお話だとおもいます。 BGMも他社さんよりも、とても工夫され、言語をきく障害にならず心地よいです。 ちなみに、よそのお子さんにお読みするとき、絵本好き!のお子さんなら、英語と日本語が交互でも、待てます。 あまり読みきかせになれてない2-3歳さんは、英語パートがイライラまてません。 反対に1才までと、4才以上、もしくは、絵本慣れしているお子さんは、待てます。 わたし自身も4才から英語と日本語が交互の録音の物語をたくさんきいて育ちましたが、文法を先にならうよりも、日常会話に使える、複雑な内容が、物語の楽しみ、結末を氣にしているだけで、英語であろうが「音の塊」で、たくさん覚えることができるので、中学高校の学校英語が簡単に感じました。 高校まで海外で暮らすことはありませんでしたが、渡航前にすでにリスニングも問題なく、発音もどうしてそんなにきれいなの?と褒められました。 日本の普通の学校に通いながらも、リスニング力や、英語の綺麗な発音、膨大ないいまわし表現は、自宅で身につきます! 日本語の綺麗な録音もあるのは、実は日本語の素晴らしい習得になっていました。 日本人は母語である日本語をしっかりマスターしてこその、英語習得が価値あると思います。 ぜひ、盲目的には「英語オンリーのほうがいい」とはならないで、日本語で、深く理解できた内容を同時に英語の塊を知る、中学高校の学校英語で、全部ひもが解けて、面白いほど英語がわかり、使えるようになります。 どなたにもおすすめします!.

次の

絵本「三びきのやぎのがらがらどん」の内容紹介

三 びき の やぎ の がらがら どん

この絵本の 内容紹介 ( あらすじ ) 昔、『がらがらどん』という同じ名前の三匹のヤギがいました。 そのヤギ達は、太るために山の草を食べに行くことにしました。 ところが、山登りの道中に危険が待ち受けています。 谷川の橋の下には、気味の悪い大きなトロルが住んでいたのです。 それでも山を登るためにはその橋を渡らなければなりません。 まず最初に、一番小さなヤギが橋を渡り始めました。 トロルは「だれだ、おれの はしを かたことさせるのは」と言って、一番小さなヤギを一飲みにしようとしました。 すると、小さなヤギは「すこし まてば、二ばんめやぎの がらがらどんが やってきます。 ぼくより ずっと おおきいですよ」と言いました。 そうして、小さなヤギは橋を渡るのを見逃してもらうのでした。 しばらくして、今度は二番目のヤギが橋を渡り始めます。 トロルは「だれだ、おれの はしを かたことさせるのは」と言って、二番目のヤギを一飲みにしようとしました。 すると、二番目のヤギは「すこし まてば、おおきいやぎの がらがらどんが やってくる」と言いました。 そうして、二番目のヤギも橋を渡るのを見逃してもらうのでした。

次の