皮膚科 ニキビ 行くべきか。 ニキビは病院の皮膚科に行くべき?潰されるって本当?治療内容や値段を紹介

皮膚科で処方されるニキビ用の塗り薬・飲み薬の種類って?

皮膚科 ニキビ 行くべきか

そもそも皮膚科に行くべき? 結論から言うと行くべきです!! 私もニキビに悩み始めて始めの頃は、市販薬を使っていましたが症状は全く良くなりませんでした。 そんな時、試しに皮膚科に行ってみたんです。 皮膚科では薬を処方されたのですが、市販薬とは違って徐々に良くなっていきました。 同じ薬でも市販薬と皮膚科の薬では有効性が違うので、よっぽどの理由がない限りは皮膚科を受診して先生に相談しましょう!! また、肌荒れと生活習慣は密接に関わっています。 そのため偏りなく食事をとり、 栄養バランスを整えることも重要です。 処方された薬• べピオゲル• ディフェリンゲル• デュアック配合ゲル• エピデュオゲル 私が今まで処方されて使った薬は以上の4つです。 その時の症状はひどかったですね。 この薬は、特に炎症のある赤ニキビや黄色ニキビに使用されることが多いようです。 それまで市販薬を使っていたので、これを 使い始めてから1ヶ月でかなり良くなったのを覚えています。 ベピオゲルと違い、こちらは 炎症を起こさないように予防するのに適しているようで、ニキビが軽度の場合によく処方されるみたいです。 これが 本当に良かったです。 割と早い段階 2. 3週間 から効果が現れ、ものすごく効きました。 炎症のあるニキビもすぐに小さくなったイメージです。 他の人のレビューでは乾燥などの副作用があるという声もありましたが、私の場合は全く副作用もなく使用感が良かったです。 伸びもあるので塗布もしやすいです。 ただ難点がありました。 それは 長期間の使用で耐性菌が現われる可能性があることです。 簡単にいうと、長い間使うと効果が出なくなる可能性があるということです。 実際に私も1年使った後に効かなくなりました。 そのタイミングで使うのをやめましたが、短期間で治療するには本当にいい薬だと思います。 あと、 冷蔵庫で保管する必要があることも、少し面倒でしたね。 エピデュオゲルはベピオゲルとディフェリンゲルの配合剤で面ぽうができるのを抑制するのと、 アクネ菌などの増殖の抑制という2つの働きが期待できます。 これは本当に効きます。 今回紹介した中では 1番新しい薬ですし、効果もかなり実感できます。 この薬に変えてからはニキビも本当に少なくなりました。 耐性菌ができるリスクも少ないみたいなので、ある程度長期間使用することも可能です。 ただ、 かなり乾燥しやすいです。 冬場だとガサガサになると思うので、 保湿剤と併用することをお勧めします。 保湿剤は皮膚科でももらえますし、市販薬がいい場合はがおすすめです! 使い方としては、エピデュオゲルを塗る前に保湿剤を顔全体になじませる感じでオッケーです! 皮膚科で貰える薬ではエピデュオゲルが1番なのではないかと思います! 副作用について 皮膚科で処方される薬で気になるのは副作用ですが、副作用については市販薬よりも皮膚科で処方される薬の方が多いです。 ただ重要なのは重症度です。 一般的に副作用は『乾燥』など軽度のものも含まれます。 塗り薬の場合、命に関わるような副作用が起こることはあり得ないので、副作用について気にする必要はないかと思います! 実際に私も今まで副作用に苦しんだことはないです。 ゼロとは言えないですが、副作用の発現頻度は少ないと考えて大丈夫です! まとめ 今回はニキビケアでも、皮膚科の薬にポイントを絞って紹介しました! 人によって合う合わないがあるので、皮膚科に行って先生と相談するのが1番いいと思います!! また、 ニキビは塗り薬はもちろん重要ですが、洗顔やクレンジングがかなり重要になってきます。 私はラロッシュポゼの洗顔料・クレンジングを使っています! ラロッシュ ポゼは、皮膚科医の協力を得て開発されているため、特に厳しい検査基準を設けています。 なので、敏感な肌にも刺激を与えにくく、安全性が高いので安心して使っていただけます。 私もラロッシュポゼの洗顔料とクレンジングを使いだしてから、ニキビがかなり良くなりました! なかなかニキビが良くならない方は是非使ってみてくださいね! それでも治らない場合は、一時的にコンシーラーで隠すのもありだと思います! 以上、皮膚科で処方された薬で良かった塗り薬紹介でした!!.

次の

シミの治療は皮膚科へ行くべき?皮膚科でシミを治療をすることのメリットとは

皮膚科 ニキビ 行くべきか

皮膚科で行う代表的な治療方法が外用治療です。 外用治療では、ステロイド外用剤を用いることが多く、ステロイド外用剤は、副腎皮質が分泌する糖質コルチコイドの合成類似薬で強い抗炎症作用があります。 赤ちゃんが使える弱い作用の外用剤から、強い作用の外用剤まで様々な種類があり、形状は軟膏クリームやジェルタイプです。 アトピー性皮膚炎や湿疹などに効果があり、炎症を抑えてくれます。 ただし、幅広い効果が期待できますが肌のバリア機能が低下したり肌が薄くなったりと副作用もあるので医師の指導を守り正しく使用する必要があります。 内服治療(抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤) 外用治療と同様に肌荒れの治療に多く用いられてる治療方法です。 アトピー性皮膚炎や湿疹による、アレルギー反応や赤み、痒みなどを抑えてくれます。 ニキビなどの場合には、抗生物質や抗炎症剤を服用することで、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖や炎症をを抑える働きがあります。 その他、肝斑や色素沈着、シミなどには、ビタミン剤(ビタミンC)やトラネキサム酸などが処方されます。 内服薬も外用薬と同様に医師の指導を正しく守りましょう。 ケミカルピーリング ケミカルピーリングとは、皮膚に化学成分(フルーツ酸やサリチル酸)などを塗りで古い皮膚(角質層)を剥がし、新しい皮膚へと再生を促し肌の新陳代謝を高める治療法です。 定期的に行うと肌のターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)が正常化し透明感のある柔らかい美しい肌が期待できます。 また、ニキビの原因となる過剰な皮脂分泌やアクネ菌の増殖、毛穴の詰まり、色素沈着やシミなどの改善に効果があり、繰り返しできるしつこいニキビやなかなか消えないニキビ跡などの悩みが解消されていきます。 イオン・超音波導入 イオン・超音波導入とは、微弱な電流を流し、浸透しにくい有効成分(ビタミンC誘導体など)を毛穴部分から皮膚内部へと浸透させる治療方法です。 ケミカルピーリングやレーザー治療と併用することも多く、シワ、ニキビ、シミ、色素沈着、肝斑、黒ずみ、赤み肌など様々な肌荒れに効果があり、定期的に行うことで美白効果も期待できます。 レーザー治療 レーザー治療とは、シミや色素沈着、あざ、いぼ、ニキビ跡などの細胞に焦点を当ててレザー照射を行う治療法です。 外科手術ではないため、周りの正常な細胞を傷つける心配がなく、出血があったり跡が残ったりする心配はありません。 また、レーザー治療には様々な種類があります。 炭酸ガスレーザー ホクロやイボ、ニキビ跡の治療に効果的です。 治療部位のみを一瞬のうちに気化蒸発させてくれます。 アレキサンドライトレーザー シミや色素沈着の治療に効果的です。 毛根やメラニン細胞だけに吸収され、一瞬のうちに熱分解させてくれます。 ヤグレーザー 顔の赤みや赤ら顔、ニキビ跡の治療に効果的です。 血中のヘモグロビンの色素に反応して血管を収縮させ赤みを目立たなくさせてくれます。 フラクショナルレーザー ニキビ跡、毛穴の開き、シワなどの治療に効果的です。 肌に必要なコラーゲンの生成を助け、肌を再生させてくれます。 皮膚科に行くべき肌荒れの症状 アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎の主な原因には、肌のバリア機能が低下し乾燥した状態の皮膚に、ダニやほこりなどのアレルゲンが侵入するやストレスなどが要因だと言われています。 アトピー性皮膚炎でよく見られる症状としては、プツプツと盛り上がった状態の湿疹、水分の多いジクジクした湿疹、赤みのある湿疹、固い芯のあるようなゴツゴツしたし湿疹です。 アトピー性皮膚炎の特徴としては、「かゆみがある」、「治ってもまた繰り返しできる」「本人または家族がアレルギー体質である」などが特徴と言われています。 湿疹ができやすい部分は、顔や耳、首、肘周り、わきの下、膝裏、太もものつけ根などに多くみられます。 アトピー性皮膚炎は、かゆみがあるため、掻いてしまうと症状が悪化し、皮膚が厚くなりかさぶたなどができてしまうので症状が出たら早めに皮膚科などを受診するようにしましょう。 ニキビ・ニキビ跡 ニキビは軽い症状から炎症や化膿してしまう重い症状まで様々なものがあり、個人差が大きいく皮膚科に行くか迷う肌荒れの一つです。 ニキビは、皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まり、アクネ菌が増殖してしまうことが主な原因ですが、要因としては、ホルモンバランスや生活習慣の乱れがあげられます。 初期のニキビの場合は、肌のバリア機能が低下し毛穴が収縮を起こし皮脂が詰まりやすくなっている状態で、まだ見た目ではわかりにくので、自宅でのスキンケアで保湿を十分に行うことで改善されていきますが、白ニキビのように角栓が毛穴をふさいでしまっていたり、赤ニキビのように炎症を起こしてしまっている状態のときは、皮膚科の受診をおすすめします。 放置しておくと炎症が悪化して化膿を起こして黄色ニキビになったり、ニキビ跡の原因にもなる紫ニキビになってしまいます。 ニキビ跡になってしまった場合にも、肌に赤みが出たり、ニキビ跡の部分が色素沈着を起こしてシミになってしまうので、早めに受診するようにしましょう。 シミ・そばかす 肌は、紫外線を浴びると、メラノサイトが刺激を受けて肌を守ろうとメラニン色素を作り出します。 シミはこれが肌にの残り色素沈着したものです。 シミ、そばかすの主な原因には紫外線ですが、その他にも、老化やストレス、睡眠不足、肌の炎症・肌荒れ、ニキビ、アトピー、生理不順、ホルモンバランスの乱れなどがあり、シミができやすい部分は、頬、額、目の周り、口の周りです。 シミの種類にもいくつかあり、肝斑(一般的なシミ)、そばかす、老人性色素斑、炎症性色素沈着、花弁状色素斑などがあります。 そばかすなどは、幼少期に現れることが多く、思春期を過ぎると消えていく場合もありますが、その他のシミは、毎日のスキンケアや紫外線対策だけでは改善されないので、気になる方は皮膚科を受診しましょう。 皮膚科に行く前の注意点.

次の

【実体験】高いお金は必要ない!肌荒れを改善したいならまずは皮膚科へ行こう!【ニキビ】

皮膚科 ニキビ 行くべきか

高価な化粧品を買うより、 高価なテを受けるより、 明らかに安価で高品質なものが手に入るので、 皮膚科に行きましょうって記事です。 Kjerstin Michaela HaraldsenによるPixabayからの画像• ビブライマシン 飲み薬です。 錠剤で1日1回。 飲みすぎると耐性ができて効き目が薄れる為、飲み続けるのはあまり良くない薬です。 効果としては、ニキビ菌を殺菌し、 膿などがたまるニキビができにくくなるという薬です。 エピデュオゲル 白いクリームの塗り薬で、 白ニキビ、赤ニキビ どちらにも対応する薬です。 簡単に言えば皮膚を柔らかくし、 毛穴のつまりを改善し、 皮脂を外に出して、 ニキビの原因となる菌をしっかり外に分泌させるような作用を持ち、 使い始めは赤身やひりひり感を伴います。 肌の感覚としては、 レチノールのような働きを持っていると思います。 ほっぺたが柔らかくなって、モチモチになる感じです ピーリング作用でいちご鼻や毛穴の黒ずみにも効いてくると思われます。 ニキビ跡に効く パレオな男さんのブログ こちらに記載のある 「」というニキビ跡に効く成分 こちらが日本だと、 「 ディフェリンゲル」になり、 その 「 ディフェリンゲル」が 「エピデュオゲル」にも入っています。 皮膚科の学会でもニキビ跡に効くらしいという事が言われ 処方されるようになっているようです。 と、私の通っている皮膚科の先生が言っておりました。 ネットにもそのような記事が出ていますし、 「エピデュオゲル」を使用して 期間を追って効果を写真で示してくれている個人のブロガーさんも居られます こちらとかが参考になるかなと このブログも参考になりました。 薬の画像があり、こんな感じのものが処方されます。 後は生活習慣、食べ物 食べ物による改善もさんざん書いていますが、 野菜を食べましょうね 動物性の脂肪はニキビの発生につながりますし、 動物性の脂肪なので、肉や牛乳はもちろんの事、 ホエイ(乳清)でさえその可能性があります。 などを気にする前に食べ物を気にするべきですが、参考までに。 科学的証明によるアプローチ 個人で出来る事といえば レチノールや、 ツリーオイルぐらいしかないかなという感じです。 これらは科学的な証明がされているので、 やみくもに試すより優先すべきかなと思います。 科学は闇雲に挑戦するのを防ぎ、 最も早く成果を上げるのに役立つと思いますんで 利用できることは利用しましょうーーー!って感じで。 無駄な挑戦が無駄とは言いませんが、 生きている時間は限られているので有効に使いたいですよね。 と思っております。 僕が使用中のツリーオイル 以下紹介のどちらもそれぞれ良さがあり、 スキンケアは化粧水による保湿よりも油で乾燥を防ぐことが大事なんで、 こちらが乳液などの代わりにもなりますから試してみてもいいかもしれません。 草って感じの匂いがあるがバウムのような感じで溶けたりはしない こっちの方が匂いは良い 手で溶けるオイルで、テカテカになる Yuki-mini.

次の