インスタ 質問。 郷ひろみ 27日初のインスタライブ 質問も受け付け「みんなに会えるのが楽しみ」(スポニチアネックス)

【インスタ】ストーリー新機能!質問を募る&答えることができるスタンプが追加!『質問はありますか?』

インスタ 質問

歌手の郷ひろみ(64)が、27日に自身初のインスタライブを行う。 25日に上梓した著書「黄金の60代」(幻冬舎)の発売を記念した企画。 同書は同社の男性誌「ゲーテ」での連載をまとめた一冊。 インスタライブは27日午後1時半から、ゲーテの二本柳陵介編集長と行う。 ファンの質問にも答える。 同書は郷が「僕のこれまでの人生の総決算です」と話す一冊。 50代の頃から「僕は大器晩成型。 60代で人生最高の時を迎える」と常々語っており、60代を人生の集大成と見据えて準備を重ねてきた。 60代も中盤に差し掛かった今、その生き方や習慣、こだわり、音楽に対する思いなどを語っている。 郷は「久しぶりにみんなに会えるのを楽しみにしてるのでガンガン質問してね」と話している。

次の

インスタの質問箱って誰が質問したかわかるんですか?

インスタ 質問

インスタグラムの質問とは ここで言う「質問」は、2018年6月に追加されたインスタグラムのストーリーに追加された新機能。 ストーリー内で自由に質問を受け付け、回答することができます。 質問の送信は、質問スタンプを見つけた閲覧者から自由に行うことができます。 インスタに実装された機能なので、特別な登録や設定などは行う必要なく気軽に始めることができます。 ひとつ注意しておきたいのは、最近流行っている「質問箱」や「Sarahah」のような匿名制ではないということです。 インスタの質問機能は、送られてきた相手が誰なのかはっきりとわかるようになっています。 勘違いしないように注意してください。 匿名で質問を受け付けたい方は、質問箱などの匿名質問アプリを利用することをおすすめします。 ストーリーに投稿する写真や動画を選択し、編集画面まで進めてください。 スタンプ一覧の中にある【質問】を選択してください。 「質問はありますか?」の部分をタップして、テキストを書きかえたり、背景のカラーを変更させたりすることができます。 質問スタンプを上下左右に長押ししながら場所を移動させたりして、お好みの位置に設置できます。 質問のスタンプが出てこない場合 スタンプ一覧の中に「質問」が出てこないことがあります。 インスタアプリが古いバージョンになっていると、表示していないことがあります。 最新のバージョンにアップデートして、もう一度お試しください。 それでも表示しない場合は、しばらく時間をおいてから確認してください。 アカウントによっては、新機能の反映が遅いこともあります。 質問の受付を終了したい、削除したい場合 公開した質問の受付を途中でやめたい、ということがあると思います。 質問スタンプだけ取り除くという事はできないので、投稿したストーリーズそのものを削除してしまうか24時間経過して消えるのを待つ必要があります。 質問に答えるには、回答する質問を選んで【Share Response】をタップして、さらにストーリーで回答したり、質問してくれた人だけに送信して回答することもできます。 ストーリーズでシェアして答える場合は質問者名は表示しません。 特に答え方に決まりはないので、ダイレクトメッセージで送信して答えるのも良いと思います。 質問スタンプが設置されているストーリーを見つけたら、質問スタンプの【テキストを入力】をタップすると、キーボードが表示するので質問したい内容を入力して【送信】をタップします。 「テキストを入力」をタップしても質問できない、キーボードが出てこない場合 「質問はありますか?」とあったので、質問しようと【テキストを入力】をタップすると、次のストーリーズに変わってしまい質問を入力できないといったことがありました。 私の場合は、インスタグラムアプリを最新バージョンになっていなかったことが原因で質問機能が利用できませんでした。 質問のスタンプも表示していないので投稿することもできないですし、他のユーザーの質問を送信することができない状態でした。 この問題については、インスタグラムアプリをアップデートすることで解決しました。 同じような事象が発生した場合は、アプリが最新バージョンになっているか確認して見てください。 質問を送信できない、入力した内容が消える場合 AQUOS sense SH-01Kで質問を送信しようとした時に、キーボードで入力した文字が確定を押すとクリアされて消えてしまう事象を確認できました。 入力した文字をキーボードの確定ボタンを押さずに【送信】ボタンをタップすることでこの問題は回避できましたが、キーボードの相性が悪いのかもしれません。 キーボードは、S-Shoinを利用していたのですが、別のキーボードに変えて利用した場合では、問題なく利用することができました。

次の

郷ひろみ 27日初のインスタライブ 質問も受け付け「みんなに会えるのが楽しみ」(2020年6月26日)|BIGLOBEニュース

インスタ 質問

インスタのライブ配信Q&Aとは インスタにはライブ配信機能がありますよね。 他の人のライブ配信を開いてみると、このような画面になることがあります。 画面右上の赤枠には「Q&A」と表示されていますし、画面中央下には、質問と思われる内容の「肌を綺麗に保つように心がけてることは???」という一文があります。 このライブ配信こそが「Q&A」のライブ配信です。 以前までストーリーのスタンプの中に「質問」するためのボックスがありました。 このスタンプをストーリーなどに貼り付けて友達たちに質問を募集して、 「その質問を答えるライブ配信である」ことを表わしているのが、ライブ配信画面右上に表示されている「Q&A」の意味となります。 あなたが誰かのストーリーに質問したことがあって、 その人がライブ配信を開いて「Q&A」という項目が付いていた場合、あなたの質問に関する回答を詳しく行っているかもしれません! 抑えておきたいポイントは、ライブ配信画面にQ&Aと表示しているからといって、 そのライブ配信で質問ボックスに記入して質問することはできないということです。 あらかじめ質問ボックスに質問しておく必要がありますし、ライブ配信する側も、あらかじめ質問ボックスをストーリーに入れておいて質問を募集しておく必要があります。 もちろん、ライブ配信のコメント欄を使って、個別に質問したり会話すること自体は、Q&Aライブ配信でも行えます! ライブ配信Q&Aの使い方 ライブ配信のQ&Aはどのように使えばいいか紹介します。 通常のライブ配信を開く必要がありますが、 もう少し手順が必要なので、全ての手順を抑えるようにしてください。 どうやってライブ配信のQ&Aを利用すればいいのでしょうか。 まずは「ストーリー」に質問スタンプを貼り付ける Q&A対応のライブ配信を行うためには、 あらかじめストーリーで質問を募集しておく必要があります。 そのため、 まずはストーリーに「質問スタンプ」を貼り付けてください。 ホーム画面の左上にある自分のアイコンをタップして、質問が来そうな感じのストーリーに投稿してください。 ストーリーに投稿するための動画や写真を撮影して、画面右上のスタンプアイコンをタップしてください。 この中に「質問」と書かれているスタンプがあるので、選択してみましょう。 あとは好きにストーリーを加工してください。 最終的に上記画像のように、「質問はありますか?」といった感じでスタンプが追加されます。 この質問ボックスに友達がなんらかの質問をしてくれたら、質問を効率よく集めることができます。 ちなみに、この質問をストーリーに付けて、自分のストーリーの質問に質問を投稿する 、いわゆる「自演質問」をすることもできるので、どうしても質問が集まらない場合は利用してみましょう。 ライブ配信を開く 質問を集めることができたら、今度はライブ配信を開いてください。 ライブ配信はストーリー画面で開くことができ、 「通常」の隣にある「ライブ」を選択してください。 ライブ配信画面に赤枠のアイコンが追加されているので、このアイコンをタップしてください。 このアイコンの中に集めた質問が入れられている項目なので、この項目から回答したい質問を選択します。 ちなみに、質問がひとつもない場合は「質問への返答をライブでシェアできます」などと表示されて、Q&Aライブ配信を開始することができません。 ライブ配信画面に 「質問スタンプの返答」という項目が表示されるので、あなたがライブ配信上でその質問に関するコメントを落とすか、実際に会話しつつフォロワーに知ってもらいましょう。 また、画面上部を見てみてください。 「Q&A」と表示されていると、 他のユーザーからも「この人はライブ配信でQ&Aの返答を行っているんだな」ということがわかります。 質問を変えたい場合は、再度同じ方法を使って質問を開いて、他の質問を選択するだけでOKです。 とても簡単な方法なので、質問さえ集めることができれば誰でもQ&Aライブ配信を行うことができます! Q&Aライブ配信を見つけるには Q&Aライブ配信は、通常のライブ配信と同じようにユーザーのマイページを見てみないと検索することができません。 そのため、 ストーリーを見て質問したことのある人は「フォロー」するようにしてください。 フォローしておけばその人がライブ配信を行っている旨の通知が来るようになるので、そのライブ配信に行きましょう。 また、検索でライブ配信を行っている人を見つける方法もありますが、 現在進行形でライブ配信を行っているユーザーを見つけなければいけないので、時間がかかるかもしれません。 上記の赤枠内に「ライブ動画」「Q&A」と書かれていた場合は、それに該当する配信が現在進行形で行われていることになります。 よくライブ配信を行っているユーザーをあらかじめ知っていればいいのですが、知らない場合はフォローしておいた方が楽できます。

次の