足 の 親指 つる。 足の指がつる4つの原因と治し方|癖になるって本当?なぜ指が曲がるの?

足の指がつる9つの原因とその治し方一覧!

足 の 親指 つる

「つる」とは 足がつった、とよく言いますが、「つる」とはどういう状態のことをいうのでしょうか。 「つる」というのは、何らかの原因で筋肉が収縮して痙攣している状態です。 意思と関係なく、痛みをともなって急に起こるので、思わず声が出てしまうほどの衝撃です。 この原因にはどのようなものがあるのでしょうか。 病気以外が原因の場合 病気が要因ではないときは、どのようなことが足の指をつる原因となるのでしょうか。 代表的なものを4つ紹介したいと思います。 筋肉疲労 いつもより仕事や運動で筋肉を使った場合、一時的に筋肉と神経の連携に支障が出ることがあります。 足の指までは十分な栄養が行き渡りにくいため、筋肉が疲労すると足の指での痙攣が最も生じやすくなるのです。 栄養バランスの乱れ カルシウムやマグネシウムなどの電解質は、筋肉の働きに重要な役割を果たしています。 筋肉の伸縮を調整する電解質が不足したり、水分不足により電解質のバランスが悪くなると、筋肉が正常に機能しなくなるのです。 食事のバランスが悪い場合や、運動をして大量に汗をかいて栄養のバランスが崩れる場合があります。 食生活の乱れや十分な水分補給ができていたか見直してみましょう。 冷え性・血行不良 冬場になるとよく足の指がつるということはありませんか?これは冷え性による血行不良が原因かもしれません。 血行不良になると、足の指まで十分な栄養が送られず、電解質が不足し、筋肉が機能障害を起こします。 血行不良を解消するため、冬場は特に、足を温めたりお風呂でゆっくりマッサージをすると良いです。 薬の副作用 副作用というと、頭痛や吐き気、蕁麻疹などのイメージがあるかもしれませんが、足がつるというのも副作用の1つにあります。 高血圧の人が飲んでいる薬は、血圧を下げるための薬です。 血圧が下がりすぎると、筋肉の働きに重要な電解質が足の指まで供給されなくなることがあります。 どれも血圧を下げるための薬ですので、種類を変えても足がつるという副作用は改善されない可能性があります。 自己判断で服用をやめたりせず、かかりつけの医師に相談してみましょう。 病気が原因の場合 一時的な筋肉疲労や栄養不足であれば、休息や食生活の改善などで解決します。 しかし、それでも繰り返し足の指がつるという場合は、病気が原因となっている可能性があります。 どのような病気の可能性があるのでしょうか。 代表的なものを5つ紹介したいと思います。 糖尿病 よく足の指がつるという症状の他に、喉が渇いたり、手足がしびれたりすることはありませんか。 これは糖尿病の可能性があります。 糖尿病の合併症の1つで、 糖尿病神経障害というものがあります。 これには、手足のしびれや感覚異常、足がつる、という症状があります。 この場合、一時的な筋肉の痙攣ではなく、運動神経の障害ですので、原因となっている糖尿病の治療が必要です。 閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう) 閉塞性動脈硬化症では、足の血管が詰まり、足先まで十分な栄養が供給されなくなります。 ふくらはぎがつる、いわゆる「こむらがえり」をよく起こすようになりますが、足の指先がつることもあります。 閉塞性動脈硬化症では、 血管バイパス手術を行います。 手術を行わず、歩いたり休憩したりして新しい血管の再生を促す治療法もあります。 重症化すると足の切断や命にかかわることもある危険な病気です。 足の指がつったり、こむらがえりを頻繁に起こす場合は医療機関で相談しましょう。 椎間板(ついかんばん)ヘルニア 椎間板ヘルニアは背骨部分にある椎間板という軟骨が飛び出したり変形したりして痛みをともなう病気です。 椎間板ヘルニアになると神経を圧迫されることで血液の循環が悪くなります。 そのため、元々血液の行き渡りにくい足先への栄養が供給されなくなり、度々足の指がつるということがあります。 原因である病気を治すとともに、足先の血行不良を改善するように温めたり、お風呂でマッサージするなどすると良いでしょう。 脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう) 脊柱管狭窄症は、背骨にある脊柱管というところが狭くなり神経が圧迫され痛みをともないます。 生まれつきの疾患の人もいますが、加齢や外傷などが原因で起こることもあります。 椎間板ヘルニアと同様、血液の循環が悪くなるため、度々足の指がつるということがあります。 こちらも原因である病気を治すとともに、足先の血行不良を改善する工夫が必要です。 温めたり、お風呂でのマッサージが効果的です。 橋本病 橋本病は、甲状腺機能低下症の中でも特に中年女性に多い病気です。 甲状腺ホルモンは体中の新陳代謝を活発にするホルモンです。 橋本病になると、この甲状腺ホルモンの分泌が減少し、全身の倦怠感や記憶力低下・肌荒れ・血流障害などなど、様々な症状が現れます。 中年女性に多いこともあり、更年期障害と間違うことも多い病気です。 血流障害が強い場合、元々血液が行き渡りにくい足先への栄養供給が減り、足の指がつるという症状が現れます。 度々足がつる以外に、甲状腺の辺りが腫れていたり、全身の倦怠感や記憶力の低下・肌荒れなどの症状がある場合は医療機関で相談しましょう。 足の指がつった時の対処法 足の指がつる原因は様々ですが、起きている状態は共通で、筋肉が収縮して痙攣している状態です。 この症状が起きたらどのように対処したらよいのでしょうか。 まず、収縮している筋肉を伸ばしてあげることが大切です。 この時、痛みもありますので無理に伸ばすのではなく、 「ゆっくりと」伸ばしてあげましょう。 無理に伸ばしてしまうと筋肉の断裂などの危険もあります。 痛みがおさまってきたら温めてやさしくマッサージすると良いです。 刺激を与えないように筋肉をほぐしてあげましょう。 繰り返して足の指がつる場合は病気が原因であると考えられますので、原因となっている病気の治療が必要です。 病気が原因であっても、足がつった時の痛みを和らげる対処法は同じです。 頻繁に足がつるのであれば、その都度できるだけ早く痛みを改善したいですね。 慌てて間違った対処法をして筋肉に刺激を与えないように注意しましょう。 まとめ 足の指がつる原因は様々です。 筋肉疲労・栄養バランスの乱れ・冷え性による血行不良で起こるのは一時的なものです。 この場合、特に医療機関での治療は必要なく、 休息や普段の食生活の改善や血行をよくする工夫をしましょう。 薬の副作用が原因の場合は、自己判断で薬の服用をやめず、かかりつけ医に相談しましょう。 病気が原因の場合は、元となっている病気の治療が必要ですが、並行してできるだけ足の指がつらないように足の血行をよくする工夫をすると良いですね。 原因は様々ですが、足の指がつった時の対処法は共通です。 まずは収縮して痙攣している筋肉を「ゆっくり」伸ばしてあげましょう。 痛みがおさまったら温めて、やさしくマッサージして筋肉をほぐしてあげましょう。 急な痛みで慌ててしまいそうですが、焦って筋肉を強く伸ばしたりすると損傷の恐れもあります。 筋肉を刺激しないように注意しましょう。

次の

足のしびれの原因と治し方。特に親指の症状には要注意!

足 の 親指 つる

体の力を抜く こわばってしまいがちですが、何とか痙攣した足をリラックスさせてください。 楽な角度を見つける 痙攣した箇所は強くマッサージしがちですが、これは筋肉や筋にダメージを与え、肉離れにつながる恐れもあります。 まずは痛くない角度を探ってください。 ゆーっくりストレッチ 楽な角度を見つけたら、じわじわストレッチをしてください。 このストレッチが脳への伸長ストッパーの伝達機能を向上させ、急な収縮を止めてくれます。 足首をまわす 筋肉の緊張状態を解きほぐすために足の力を抜いて、足首を回します。 ひざを立てて寝る 上記の方法は応急処置なので、根本的な解決にはなりません。 足を伸ばした状態では同じ事が起こりうるので、足を伸ばさないようクッションなどをひざ裏に仕込み、足が伸びきらない状態にしておくといいでしょう。 高濃度の電解質を摂取(ポカリスエットなど)• 1日1リットル以上の水の摂取(できればミネラルウォーター)• 毎日浴槽に20分は浸かる(体を温める)• 偏食をしない(バランスよく食べる)• ストレッチやリンパマッサージを行う(疲労物質をため込まない)• 毎日睡眠時間を6時間以上とる(十分安息を取り、疲労回復を計る) 全部を実行するのは難しいという方は、1. だけでも試してみてください。 かなり楽になるはずです。 それでも改善されなければ、 病気が原因の筋肉痙攣もあるので、お医者様にご相談した方がいいかもしれません。 最後に、疲労や栄養の偏り以外に、実は「冷え」も足がつる大きな原因の一つです。 温度変化が激しく寒さが本格化すると、過ごしやすい初秋の間は姿を現さなかった「隠れ冷え」が表面化し、足のつる原因となってくる事があります。 足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態が起こり、急に伸ばそうとしてロックがかかり、足がつるという事もあるのです。 寝入りばなや熟睡中、寝覚め頃にやたらと足がつるという方は、冷えも疑ってみた方がいいかもしれません。

次の

足が頻繁につる原因は?

足 の 親指 つる

足が頻繁につる原因は? 頻繁に足がつるという症状は、夜中や朝に起こりやすいようです。 「足がつる」とは、足の筋肉が突然痛みを伴って収縮・痙攣(けいれん)することで、ふくらはぎ(こむら)部分に起こることが多いので「こむら返り」とも言います。 しかし、ふくらはぎばかりではなく、足の裏や足の指がつることもあります。 頻繁に足がつる原因 足がつる原因としては、次のようなことが挙げられます。 筋肉の疲労 夜中に足がつる原因の多くは、筋肉の疲労によります。 昼間、運動をたくさんしたり、自転車に乗ったり、またいつもとは違った筋肉の動かし方をした場合など、夜中に足がつりやすくなります。 また、中高年を過ぎると、筋肉の力や持久力が衰えて来るため、特に運動をしなくても、日常生活での疲れが積み重なって足がつることもあります。 この場合、疲労が回復すればつらなくなりますので、病的なものではありません。 筋肉の冷えによる血行不良 腰や足が冷えると、筋肉を収縮させるため、足がつる原因となることがあります。 特に冬の寒い時やクーラーなどで身体が冷えた時に足がつりやすい人は、冷えが原因となっている可能性があります。 水分の不足 汗をたくさんかいたり、下痢や高熱、熱中症などで脱水状態になった時に足がつりやすくなります。 脱水状態になると、電解質(カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル)のバランスが崩れ、神経や筋肉が興奮しやすくなるためです。 ミネラルの不足 カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの血液中にあるミネラルは、筋肉の収縮や弛緩のバランスを調整する働きをしています。 そのため、ミネラルが不足すると筋肉が異常収縮を起こし、足がつりやすくなります。 睡眠中の発汗でミネラルが失われた場合も、足がつりやすくなります。 骨盤のゆるみ プールなどの遊泳時に足がつることがありますが、これは水の中に浮いていると徐々に骨盤がゆるんでくる事が原因です。 骨盤がゆるむと、足の筋肉は引き伸ばされますが、ふくらはぎの筋肉が本来の長さに戻そうとして縮んだ瞬間に足がつるという症状が起きます。 この骨盤のゆるみは、睡眠中にも起こります。 注意が必要な場合 注意が必要なのは、心筋梗塞や脳梗塞の前ぶれとして足がつることがある場合です。 腰の骨、椎間板、靭帯の老化現象による場合は、腰痛や臀部痛、下肢痛、しびれなども生じます。 脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)や椎間板ヘルニアなどの症状の一つとして起こる場合もあります。 また、脳腫瘍、糖尿病、下肢の静脈瘤、肝臓の病気などがある場合や、高血圧の治療薬による副作用で頻繁に足がつることもあります。 スポンサーリンク•

次の