意味 が わかる と 怖い 話 短編。 意味がわかると怖い話

「意味がわかると怖い話」とは?短編の解説付きや最新のまとめをご紹介

意味 が わかる と 怖い 話 短編

バスの運命 ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。 山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、しょうがなく途中のバス停で降りて近くの定食屋で食事をすることにした。 食事が終わり定食屋に設置されているテレビをふと見ると、さっきまで家族が乗っていたバスが落石事故で乗員全員死亡というニュースが流れていた。 そのニュースを見た妻は、「あのバスを降りなければよかった…」と呟いた。 それを聞いた夫は、「何を馬鹿なことを言っているんだ!」と怒鳴ったが、 すぐに「あぁ、なるほど。 確かに降りなければよかった…」と妻の意図に気づく。 解説 もしこの家族がバスを降りなかったらタイミングがずれて落石はバスにぶつからなかった。 耳に詰まったパチンコ玉 とてもやかましい店だったため、耳栓替りにパチンコ玉を左右の耳に詰めた。 ところが耳の奥に詰め込んだため抜けない。 耳掻きで取り出そうにも隙間がない。 知人が勤めるある企業の研究室を訪れた。 以前、実験用に超強力な電磁石があると聞いたから。 知人は呆れ返り「簡単に抜けるから、大丈夫」と言う。 装置の磁石の所に、右耳をつけた。 電磁石のスイッチを入れる。 言葉どおり、磁石は超強力で、瞬時に磁石に引き寄せられた。 その後、カキーンカキーンという衝突音が研究室に響き渡ったのである。 解説 左のパチンコ玉はどうなる? 本当の人数 昨日8人でかくれんぼ。 ものの5分で自分が見つかった。 その5分後3人見つかって最後の4人も5分後に見つかった。 驚異的な速さでだったよ!またかくれんぼしたいな。 「何も映らなかったねー。 」 「家帰ろっか。 うち来る?」 「そうするよ。 」 「え?いいの?」 「いいよー。 」 「じゃあ行くー。 」 2人の女は病院を後にした。 解説 「家帰ろっか。 うち来る?」に対して返事が「そうするよ。 」 「え?いいの?」 便座 初めて家にきた彼女。 彼女がトイレを出た後に俺がすぐ入った。 その直後彼女が「ダメ!見ないで!忘れ物したの!」とドアを激しく叩く。 トイレ内を見ても特に何もないので「どしたの?何も忘れてないよ」とそのまま俺は用を足し、便座を降ろしトイレをでた。 解説 女性は便座を上げてトイレを使用しない。 部屋のあかり 友達から怖い話を聞いた夜。 私は怖くなって、全部の部屋の電気を点けてお風呂に入っていた。 そろそろ出ようとバスタオルを手にしたとき、自室から物音がした。 恐る恐る電気をつけたが、何もいなかった。 …なあんだ、気のせいか。 解説 風呂に入る前に電気を就けたはず。 娘の警告 ある夫婦に5歳になる娘がいた。 娘「パパ、ママ、ウカヤヘテギン。 」夫婦「なにを言ってるんだ?」次の朝娘「エニソヌレチキエザン。 エニソヌレチキエザン。 」夫婦「おかしな子だなあ」その次の日、娘が急死した。 葬式後に夫婦は言葉の意味に気づき夫婦は急いで家から逃げ出した 解説 「パパ、ママ、ウカヤヘテギン。 パパ、ママ、ウカヤヘテギン。 」 のウカヤヘテギンの部分をローマ字表気にするとukayaheteginとなる。 これを逆にするとnigetehayaku、「逃げて早く」 「エニソヌレチキエザン。 エニソヌレチキエザン。 」 同様に、enisonuretikiezan、を逆にすると 「nazeikiterunosine」 少女の行方 友人と廃墟の病院で肝試しをした。 病院を出た後、友人は何事もなかったようにしていたが、俺には友人の背中にのった少女の霊が見えていた。 俺は恐ろしさのあまりそれを言えず、気付かないふりをしたまま帰路についた。 やはり、あの病院には双子の少女の霊がいるって噂は本当だったんだ… 解説 友人には少女が一人見えていたようだ。 「俺」の背中にも少女が乗ってた? 死の宣告 道端で大量の五百円玉の入った袋をを拾った。 しかしその五百円玉をよく見ると、製造年が来年になっている。 偽物なのかと思いながらも試しに銀行に持っていくと、問題なく入金された。 しかし通帳を見ると振込日は来年になっていた。 そして入金内容は「ゴコウデン」と印字されていた。 解説 あなたの香典? 見捨てられた国王 某国の国王が宇宙旅行の為に乗った宇宙船が宇宙に出たとたん事件は起きた。 搭乗員が地球外ウイルスに感染しているとを疑われ、地球への帰還が禁止されたのだ。 国王は薬を求めて船内中を調べた。 しかし帰りの燃料タンクも含めて、どこにも何も見つからなかった 解説 帰る必要はないと判断されていた。 男の行動 昨日は海へ足を運んだ 今日は山へ足を運んだ 次はどこに運ぼうか…… 頭を抱えて悩んだ 実は昨日から手を焼いている …案外骨が折れる 重い腰を持ち上げた 電話が鳴っている 友人に頼むむねを確認し明日までには終わらせようと腹をくくった 解説 体のパーツを運んでいる? 父親の計画 父は私に泳ぎを教えるため、電車で私を遠くの海に連れていきました。 父の指導は厳しく、泳ぎを知らない私を何度も海に放り込みました。 私は必死で手足を動かし、その結果僅か一日で泳げるようになりました。 でもあの日、なぜ父は私の分だけ帰りの切符を買い忘れていたのでしょうか? 解説 父は帰りは自分だけの予定だった。 つまり? 隣の男性 妻とレストランに出かけた。 隣の男性は二人分の料理が乗ったテーブルで一人で食事をしていた。 その肉料理があまりに美味しそうだったので、私は「あちらの方と同じ料理を…」とウエイターに囁いた。 ウエイターは一瞬顔をこわばらせたが、かしこまりましたと言うと、私の妻の首を絞めた… 解説 ウエイターは隣の男性と同じ料理を用意しようとした。 そのためには同じ素材を用意する必要があった。 そっくりな双子 双子の幼女が誘拐された。 双子はガムテープで目と口を塞がれた 犯罪者は 姉の耳元でヘリウム声になり囁いた 「抵抗したり逃げたら妹を殺すよ。 」 さらに犯罪者は 妹の耳元でヘリウム声になり囁いた 「抵抗したり逃げたら姉を殺すよ。 」 解説 犯人は双子の姉と妹を見分けられる人物。 最後の言葉 母からメールが来た。 「37、2で68おわった7ら、5までも22合わせあわせに」??どういう意味だろう。 送信先を見ると家族一斉送信になっている。 そして気付いた時には何もかも手遅れだった。 温泉地を抜け山道をしばらく行くとこの先立入禁止と書かれた看板を見付けた。 意味を知り男達はその場を逃げ出した。 解説 看板のウラにあった文字、「おゆにしたたたな」をアルファベットにすると 「O YU NI SI TA TA TA NA」 逆から読むと 「A NA TA TA TI SI NU YO」 犯人の居場所 息子に携帯電話を持たせることにした。 GPSで位置が分かるやつだ。 買い物帰りに息子の居場所を調べてみる。 きちんと自宅にいるようだ。 その時、携帯電話が鳴った。 「ママ、包丁を持ったおじちゃんに、携帯取られちゃったよ!」 現在、携帯電話をもっているのは包丁をもったおじちゃん、そしてGPSが自宅をさしているのだ・・・つまり マイケルとルドルフは双子の兄弟であり、常に相手をライバル視していた。 二人の負けず嫌いは次第にエスカレートし、それは勉学からスポーツ、恋愛にまで及んだ。 ある日、ルドルフは失恋のショックでビルの5階から飛び降りてしまった。 翌日マイケルは迷うことなくビルの6階に上った… 解説 マイケルはルドルフに負けたくないので5階より上の6階に 占い 高校生のジュリーは、最近占いに凝っていた。 ある日、友人ととてもよく当たると評判のジプシー占いに行ったジュリーは、彼女の父親が、翌朝死ぬと予言されて、青くなって帰ってきた。 心配させないために、両親にはそのことは黙っていた。 その晩ジュリーは、不安で、まんじりともせずに朝を迎えた。 恐る恐る階下に降りて行ったジュリーは、食堂でいつもと変わらずに朝食を取っている父親を見つけて、ほっと胸を撫で下ろした。 「良かった、やっぱり予言は当たらなかったわ」 それから、牛乳を取り込むため台所の扉を開けたジュリーは、吃驚して息をのんだ。 そこに、長年彼女の家に出入りしていた牛乳配達が、倒れて死んでいるのを見つけたのだ。 解説 牛乳配達のおじさんが、ジュリーの本当の・・・。 一人暮らし 反対していた両親を押し切って、今日から一人暮らし。 一人で起き、朝食を食べ、ゴミを出して支度を整えた。 憧れの一人暮らしを実現できたことで私は満ち足りていた。 家に鍵をかけ、毎朝花に水をやっている近所のお婆さんに挨拶をして、私は学校に向かった 解説 「毎朝花に水をやっている近所のお婆さんに挨拶」 つまり自宅にいるのではないのだろうか。 そうなると両親はどこに? 屋上の少女 いつものように 俺はコンビニで買ったおにぎりを持って一人屋上へ向かった。 その日は珍しく一人先客がいた。 色の白い可愛い女の子だった。 その子と目が合った。 俺は初めて人がこいに落ちた音を聞いた。 解説 こい=恋ではない。 こい=故意(わざとすること。 ) 妻の肉料理 妻が作るハンバーグはおいしいのだが、 今日はいつもと味が違う気がする 「これ何の肉なんだ?」 「静岡産よ」 「へぇ~」 解説 静岡さん? 言葉の真意 夜中に電話がかかってきた 「首輪いりますか?」 動物なんてかってない俺は断った 「いりません」 電話を切ったあと目の前が回った 解説 首輪ではなく、首はいりますか? 何の肉 どっかで聞いた話なんだけど。 なんか友人から聞いたらしい話で、 宗教入ってる知人の家族と夕食とることになったんだと。 それが焼肉なんだけど肉は何なのか言ってくれない。 人の肉かも、と思って食べたら違ったって。 結局何の肉だったんだろ? 解説 なぜ人間の肉では無いと分かったのか。 食べたことがあるから? 看板の言葉 小学校に入る前の娘と遊園地に行った 入り口には看板が貼ってあって、楽しんでねと書かれていた まだ字が読めるようになったばかりの娘が、まじまじとその看板をみていて微笑ましかった ジェットコースター、観覧車、コーヒーカップ、と色んな乗り物に乗ったが、 しかしどうにも娘はそわそわして楽しんでいる様子がない 俺はせっかく遊園地に来たんだから入り口に書いてあるようにしないと駄目だぞ、と言うと やたら暗い顔になる まだ遊園地は早かったのかもしれない 仕方ないから帰ることにした そして娘はその日自殺した 俺は今でも自分を許せない 解説 漢字をまだ勉強していない子が「楽しんでね」という字を読むと?.

次の

意味が分かると怖い話!簡単/激コワ/激ムズ/解説付きの短編まとめ

意味 が わかる と 怖い 話 短編

意味が分かると怖い話NO. 2「土の中は冷たいんだよ」 意味が分かると怖い話NO. 2 邪魔だからって殺すってw怖い話 若いカップルの間に子供が出来た。 彼らは産むべきか、それとも堕ろすべきなのかを真剣に悩んだ。 その結果「産んで育てる」という決心をした。 しかし現実はあまりに厳しかった。 彼らは徐々に育児ノイローゼになって追い詰められていく。 「この子さえいなかったら」 暗い部屋の中で女が言った。 「殺してしまおうか」 男が言いった。 殺してしまおうか・・・怖いすぎだろ! やがて2人は小さな赤ちゃんの顔に濡れたタオルを置いた。 そして暗い内に山の中に穴を掘り埋めてしまった。 年月はたち彼らは充分な大人になった。 やがて子供を身ごもり愛情を持って育てた。 その子供が幼稚園に入った。 意味が分かると怖い話ココからだー 父兄参観でチューリップの球根を埋める行事があった。 父と母の間で子供は畑に穴を掘り、丸い球根を穴に落とした。 そして土をかぶせようとした時だった。 「土の中は冷たいんだよ」 子供が両親を見てぼそりと言った。

次の

【短編】「意味が分かると怖い話」短いのに怖い話だけ厳選しました。(解説つき)

意味 が わかる と 怖い 話 短編

私は学者である。 現在朝の4時、私は叫ばずにはいられなかった。 毎日毎日研究を重ねやっと作り上げた。 相手の心を読むことのできる薬を。 今までいくつも発明してきたが中でもこれはとても素晴らしい出来だ。 ちょうどそこに隣に住む友人が訪ねてきた。 「やっと完成したんだ!! 」 私は言う。 「そんな嬉しそうな顔してどうしたんだ? 」 「実は相手の目を見るだけで相手の心がわかってしまう薬が出来たんだ!!! 一粒使えば1時間,きっかり1時間相手の心を読むことができるんだ!! 」 「わかった。まず落ち着け。それはすばらしいな。」 「では使ってみることにしよう!!! 」 「どうだ? 私の心がわかるか? 」 「手に取るようにわかる! 君は私の研究を信じていないね? むしろ私に怒りさえ覚えている。」 「そうだ。悪いがもう君には付き合いきれない。あまりに馬鹿馬鹿しいすぎる。毎日のように朝まで君の独り言を聞いていると頭がおかしくなる。しかるべき所へ通報して君には施設へ行ってもらうからな。」 「ちなみに昨日の夕飯は? 」 「………」 「そうかわかったぞ。わかったぞ。」 「馬鹿らしい。」 と言うと友人は帰ってしまった。 次の日、学者は家から姿を消した。 「別に信じたわけではない。」 と友人は夕飯を作りながら独り言を呟く。 投稿者 投稿日: カテゴリー 小さい頃の話 日曜の昼、両親が出かけるから留守番してろと言って出て行った しかし近所の山にカブト虫を取りに行きたい俺は言いつけを無視して山へ そこは薄暗くて奥の方ではよく首吊りがあるいわゆる名所なんだけど、カブトや クワガタがよく取れる場所としても有名で、子供で怖がる奴なんかいない場所だった 急いで行ってカブト虫を取って戻れば両親が帰る前に間に合う、と思った俺は 脇目もふらずに自転車で全力疾走、山へ近づいてくるとテンションが上がってきて 角から出てきた車に気がつくのに遅れ、避けようとして派手にこけてしまった 擦りむいて痛かったがとくにひどい怪我はしていない 車も急ブレーキをかけて止まり、中から「大丈夫か!」と人が降りてきたんだが 見るとなんと両親、自分の親の車に轢かれる、というところだったのだ 親は忘れ物を取りに戻る途中だったらしい 「轢いちゃってたらシャレになんないよ、お前には生きて欲しいんだから」 と親は泣き、出かける予定はやめにしてみんなで家に帰った 投稿者 投稿日: カテゴリー もう俺の息子が死んでから…いや殺されてから3年になる。 包丁でめった刺しにされた息子の死体が発見されたが、発見当初は犯人が誰なのか分からず警察は苦戦していた。 しかし発見から2週間後、隣に住む一人暮らしの男が逮捕された。 その男の家の庭から息子の血が付いた包丁が発見されたみたいだ。 「やっとか・・・」 警察は何やってんだと苛立っていた俺は男の逮捕に安堵の溜息をついた。 男は事件の冷酷さと惨忍さから死刑を宣告された。 しかし当然ながらこんな事で死んだ息子が報われる訳はないのである。 もし今俺が一つだけ願いが叶えられるなら、間違いなくこの犯人を生き返すだろう。 ん?なんでかって? 俺の息子が味わった痛みと同じ苦しみを与えて、この手であいつを殺してやるためさ。 投稿者 投稿日: カテゴリー 今日は楽しかったわ。 今まであまり楽しい事はなかった私。 けど偶然見つけた中華料理店に入ったら注文を取りに来たおばちゃんがこう言うのよ。 『地域応援の限定のサービスがあるのよ。 』 聞けばこの店から徒歩で20分以内に住んでるお客さんには普段の半額以下で食事ができると。 さらに一人暮らしで頑張ってる人には素敵なサービスがあると言う。 私にぴったりのこんなチャンス逃す手はない。 全て正直に告げ、身分証明書も確認してもらいいざ注文、 中華丼と餃子を頼むことしばし 注文した物の他に春巻と鳥の唐揚げが運ばれてきた。 驚いている私におばちゃんは。 『サービスよ、他に客もいないしゆっくり食べればいいよ。 』 と優しく言ってくれた。 料理はどれもおいしく自分でも驚くほど早く食べ終わってしまった。 サービスに甘えて長居は無用と席を立とうとするとおばちゃんが慌てたような驚いたような顔で 『あれまあもう食べちゃったのかい。 ちょっとこれでも飲んで待っててね、今お土産を作らせるからね』 と、お酒の用意をしてくれた。 しかもお土産ができるまでおばちゃんが酒の相手をしてくれ私の愚痴や悩みを優しく聞いてくれた。 いつの間にか涙を滲ませながら私は時間も忘れおばちゃんに話しを聞いて貰っていた。 気が付くともう閉店時間は過ぎていたのか厨房には誰もいなく、お土産はとっくに出来ていた様子。 好意に甘え過ぎた非礼を詫び、今度こそ席を立ち破格の会計を済まし、 こんなに楽しかったのは久しぶりだった旨とお礼を述べると 『実は今日で店仕舞いなの。 最後の最後にこんな嬉し事があるとはこちらこそありがとう。 』 と、おばちゃんは本当に嬉しそうに言ってくれた。 そう、今日は本当に楽しかった。 鍵のかかっていない玄関のドアを開けるまでは。 投稿者 投稿日: カテゴリー 数日前、夜中に24時間営業のスーパーに行ったら、ガランとした店内に、赤ん坊の泣き声が響き渡ってた。 夜中に赤ちゃん連れ出すとか、なに考えてんだよ、と声のする方を見たら、 若い男が危なっかしい手付きで赤ちゃんを抱いていて、今にも落としそうになっていた。 おいおいDQN親は抱っこのやり方も知らねーのかよ、と呆れた次の瞬間、 赤ちゃんの重心が、男の腕の外に移っていくのが、スローモーションの様に見えた。 まだ首も座ってない赤ん坊が、頭から落ちていく。 一気に血の気が引いた。 けど、間一髪で駆け寄った女性が、 赤ちゃんを男からひったくる様にして抱きとめ、 「なにしてんの!」とかなんとか叱りつけた。 そのバカ親はお礼も言わず、何を思ったのか 急に走って店を飛び出した。 一人で、赤ん坊を置き去りに。 女性も俺もポカーン。 女性の腕の中では、相変わらず赤ちゃんが大泣きしていた。 そして今日、その時の女性が事件の被害者として報道されていた。 犯人は今も逃走中で、警察はこれ以上の失態を避けるべく、俺を探しているという。 俺は震えを抑えながら電話を手にとった。 投稿者 投稿日: カテゴリー ああ、暑い。 前も後ろも右隣も、動かない車で景色が塞がれている。 もう夕方だろうか、燃えるような夕陽が差し込んでくる。 車内に閉じ込められてから、1時間は経つだろう。 ラジオを聴いていると、どうもこの辺りで車数台を巻き込む大きな事故があったらしい。 死人も出たみたいだが、その辺りの情報は隣りの車の男がやけに詳しかった。 携帯しているペットボトルから麦茶を飲む俺に、同じく隣で立ち往生している男が話しかけてきた。 ・・・なあ、ひどい汗だな。 今日は暑いのに、ツイてねぇな。 黙って暑さに耐えているよりは、誰かと話しているほうが気も紛れるだろう。 俺が事故の話題を振ると、その様子をまるで見ていたように事細かに語ってきた。 ・・・首がさ、取れかけてたンだってよ。 こうボキっと。 そうして天を仰ぐようにがくんと頭を倒してみせた。 どうやら玉突き事故を起こした車の持ち主のことらしい。 俺はまた、麦茶を飲んだ。 汗が噴きでる。 暑さのせいか? 適当に相槌を返しながら、俺は体にまとわりつくTシャツを引っ張っていた。 ふいに男のふざけた表情が、喜びの顔に変わる。 ・・・じゃ、お先に。 隣の車線がゆるゆると動き出し、坂道を登り始めた。 ああ、ここは坂道だったろうか。 俺の車線はまだか? いくら飲んでも飲み足りない。 妙に汗がベタついて嫌だ。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の