手作り プリーツ マスク 作り方。 夏用手作りマスクのおすすめの生地はなに?型紙や作り方は違うの?

簡単!プリーツ入りガーゼマスクの作り方

手作り プリーツ マスク 作り方

マスクの裏地がはみ出さないように作るには 型紙を表地用、裏地用共通にして作っていますが、作り立てはきっちりと綺麗にできていても、洗ったりアイロンをかけたりしてマスクを使い込んでくると裏地のほうが伸びてきてはみ出してくることってありませんか? 裏地と表地を同じ生地でつくっていたらあまり問題ないかもしれませんが、表地は濃い目の生地で、裏地は白いガーゼで作っていると白いガーゼが少し見えてくるようになるとあまり美しくないですよね。 そんなマスクの型崩れを防ぐための裏技として、表の生地のカットが終わったら、型紙を裏地用に細工します。 図のように青い線で型紙を切り落として、残った白い部分だけを裏地用の型紙として使います。 横方向の3cm切り落としたのは、マスクの紐を通す穴を作るときに三つ折りの端を少しでも薄くするためにカットしています。 縦方向1cmを切り落としたのが今回のポイントで、裏地のほうが1cm短いから表地と裏地のつなぎ目が裏地側に引っ張られるんです。 裏地を短くした場合、表地と裏地の長さに差があるから、つなぎ目が裏地側に回ってきた結果、右側の下の図のように裏地が控えられた出来上がりになります。 マスクの縦方向は若干小さくなりますが、プリーツマスクはタックをとっているぶん大き目に作ってあるので、気になるほどの差はありませんでした。 実際のマスクの裏側はこんな感じです。 裏から見て上下の表地が少し回り込んでるのがわかりますでしょうか。 テクノロートの幅よりも少し広めの幅になるように縫うとスムーズにワイヤーをいれることができます。 縫い代が1cmだと縫いづらい場合は、生地を切るときに縫い代を多めにとるか、縫い合わせる時に縫い代を多めにして縫ってください。 この平行の2本線のあいだにテクノロートをいれます。 マスクを表に返したあとにテクノロートの下側にステッチをいれる場合もあります。 いれなくても特にズレないので私はいれていません。 もし、テクノロートが短いのしかなくて、中心部分だけに使う場合はズレないように縦方向に5㎜くらい縫い留めておくといいと思います。 ティッシュをはさめる快適プリーツマスク私はまだ花粉症デビューはしていないはずだけれど、やはり花粉が多い日は鼻炎もちなのでなかなか辛いです。 (これって、花粉症なのかな?)マスクの中で鼻がズルズルなってくると不快だし、すぐに取り換えたくなるけれど外出中などそんなにたくさんの予備マスクがあるわけじゃないときにティッシュを挟みます。 鼻炎がひどくない日でも、化粧をしてでかけるときなど、マスクの内側に口紅がつくのがイヤでそんなときもティッシュを挟んでいました。 しばらくするとティッシュがずれてきて、マスクの下の方にたまってしまうとさらに不快なのでどうやったら快適になるかをかんがえたところ、挟めるようにすればいいやん!と思いついて作ってみました。 ティッシュを4分の1くらいに折って、上側に挟みます。 ティッシュの下側をマスクの下側に挿し込みます。 プリーツを開くとこんな感じになります。 プリーツなのでそれほど口に密着はしませんが、口紅が直接マスクにつかないのは快適です。 ティッシュが汚れたらとりかえればいいし。 そんなこともあり、このポケットティッシュを入れられるマスクケースも開発しました。 めっちゃ便利です。 ティッシュ、口紅、予備マスクをいれられて、使用済みマスクを入れる場所もあります。 形としては裏地がこのように3分割されています。 端はガーゼだとボロボロになってきてしまうので、ロックミシンで始末しています。 パーツと処理するところが多いので、普通のプリーツマスクを作るよりだいぶ手間がかかるので、販売するかどうかと、もし販売するとしたら価格をどうするかについて検討しているところです。 もうひとつこのマスクのいい使い方があって、喉が痛い時や寝る時に、湿らせたティッシュやコットンを真ん中の裏側に入れておくと濡れマスクになるんです! 乾燥しやすいのでこの使い方も気に入っています。 このマスクの作り方で表地を吸汗速乾のスポーツニット生地で作ってみました。 これもすごく快適。 もしこれからの季節もマスクが手離せなくて、ガーゼのマスクだと暑くなってくる場合はこういうポリエステル生地を使うのはいいかもしれません。 マスクを作っている間に生地の端がボロボロになりにくい対策 洋裁初心者さんから質問があり、手ぬぐいでマスクを作っていると生地を裁断した端がつくっているうちにボロボロになってきてしまうとのことで、解決法を考えてみました。 手ぬぐいやガーゼなど、織りが甘いというかふんわり織ってできている生地はどうしても端がほつれやすいです。 ある程度洋裁に慣れている人なら生地の端をさわりすぎず、ほつれる前に縫ってしまえるので問題ないのですが、試行錯誤しているうちにボロボロになってきてしまいますよね。 裁断する道具はハサミよりもロータリーカッターのほうがおすすめです。

次の

夏に快適!涼しいプリーツマスクの作り方とおすすめ布7選|印刷対応の型紙つき (1/3)

手作り プリーツ マスク 作り方

子供用布マスクの簡単な作り方1段階目は、「生地布をカットして縫い合わせる」ということです。 具体的な手作りの簡単な作り方については以下の通りです。 布生地の端を縫っていく際には、表地を上にした方が生地がずれてくる心配がなく縫いやすいのでおすすめです。 子供用布マスクの簡単な作り方1段階目:生地布をカットして縫い合わせるまでの流れ• 表地となる布を縦横17cmにカットし、中の生地のを縦17cm、横15cmの大きさにカットする。 表生地に中の生地を乗せて、端を1cmで縫っていく。 端の位置が変わらないように気をつけながら縫い、最後まで縫ったら返し縫いをする。 反対側も左右同じように1cmで縫っていく。 なお、この記事では、子供用サイズの布マスクの簡単な作り方をご紹介していますが、以下の記事では、大人用サイズの布マスクの作り方が紹介されています。 お子様用のマスクと合わせてご自身の布マスクも作りたいとお考えの方は、こちらの記事もご覧になってみてはいかがでしょうか。 子供用布マスクの簡単な作り方2段階目は、「生地布を完成させる」ということです。 具体的な作り方は以下の通りです。 折り目をつけて布生地を曲げる際には、均等になるように生地を曲げると綺麗に仕上げることができておすすめですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 また、子供用布マスク全体に2mmステッチをかけていく際には、縫っている最中に布マスクの生地がずれてこないように生地を押さえ、ゆっくり作業をするのがポイントです。 子供用布マスクの簡単な作り方2段階目:生地布を完成させるまでの流れ• 両面の生地を表の方に肩倒しして、縫いしろのみにアイロンをかける。 両面を真ん中で折り目をつけて、そこに向かってくるっと表の方に肩倒しをして生地を曲げる。 両面の折り曲げたところに軽くアイロンを当てる。 縫い端を隠すために、全部表にくるっとひっくり返す。 表地全体にステッチを2mmステッチをかけていく。 2段階目で生地布を完成させていますので、最後にこの過程を終えれば完成となります。 具体的な作り方は以下の通りです。 マスク用のゴムをゴム通しに通す際には、隙間を開けておくと通しやすくておすすめです。 また、ゴムを固結びする際には、手作りの簡単布マスクのゴムの長さはお子様の顔に合わせて調整すると良いでしょう。 一般的に販売されているキッズ用布マスクのゴムの長さは52cmとなっていますので、参考にしてみてくださいね。 子供用布マスクの簡単な作り方3段階目:ゴムを通すまでの流れ• マスク用のゴムをゴム通しに通し、マスクの穴の部分にゴムを通す。 ゴムを固結びする。 ゴムの結び目をマスクの中に隠す。 本格的にガーゼ布を使ってマスクを作る場合には、先に下準備としてダブルガーゼの形を整える作業があります。 具体的な作り方については以下の通りとなっています。 なお、縫いしろにアイロンをかけて生地を表に返す際には、縫い合わせた部分が内側に入るようようにするとより綺麗な仕上がりになっておすすめです。 子供用ガーゼマスクの簡単な作り方1段階目:ダブルガーゼ生地の下準備の流れ• ダブルガーゼを縦36cm、横18cmの大きさにカットする。 ダブルガーゼを2つ折りにし、端から1cm部分を縫っていく。 縫いしろを割って軽くアイロンをかけ、生地を表に返す。 全体をアイロンがけする。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 なお、右端から1. 5cm部分を縫っていく作業を行う場合には、生地が重なって厚みがあるので、丁寧に縫うのがポイントです。 また、マスクの穴にゴムを通していく時には、マスクゴムについているゴム通しを使ってゴムをゴム通しに通すとスムーズに作業を行うことができておすすめです。 子供用ガーゼマスクの簡単な作り方2段階目:ダブルガーゼ生地を仕上げてゴムを通すまでの流れ• 生地を11cmで三つ折りにしていき、3cm程度残す。 その3cmの部分を別に三つ折りにする。 右端から1. 5cmくらいのところを縫っていく。 反対側も、端から1. 5cmくらいのところを縦に縫う。 マスクの穴にゴムを通していく。 ゴムの端を結び、マスクの両側にゴムをつけたら、結び目を生地の中に隠していく。 立体マスクの簡単な作り方1段階目は、「表布を完成させる」ということです。 具体的な作り方は以下の通りですので、参考にしてみてくださいね。 上の部分と下の部分を縫い合わせる際には、洗濯バサミやマチ針などを使ってずれないようにすると綺麗な仕上がりにすることができておすすめです。 立体マスクの簡単な作り方1段階目:表布を完成させるまでの流れ• 型紙に合わせてカットした布を、ガーゼを中心に置く。 上の部分と下の部分をそれぞれ縫いしろ1cmのところで縫い合わせる。 布を表に戻して、全体をアイロンがけする。 アイロンをかけたら、今度は反対も同様に折り曲げてアイロンをかける。 具体的な作り方は以下の通りです。 なお、三つ折りにして全体を縫い合わせる際には、手縫いでも良いのですがミシンを使うのがおすすめです。 また、この際、押さえた縫い目が隠れるようにすると良いでしょう。 立体マスクの簡単な作り方2段階目:裏布も完成させてゴムを通す• プリーツをよせて裏側にする。 プリーツを押さえて、左右の端から1cmの部分をそれぞれ縫い合わせる。 三つ折りにして全体を縫い合わせる。 100均などで販売されているマスクゴムとゴム通しを使って、ゴムをゴム通しに通す。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 なお、このプリーツマスクの作り方では、基本の布にダブルガーゼを使用していますが、100均のセリアには、特にキュートな柄のダブルガーゼが販売されていておすすめです。 プリーツマスクの簡単な作り方1段階目:プリーツマスク生地の下準備の流れ• ダブルガーゼを2枚用意して、1枚を縦が28cm、横が11cmにカットし、もう一枚を、縦が10cm、横が5cmになるようにカットする。 ダブルガーゼを半分に折って上から1cmの部分を一度縫う。 ダブルガーゼをひっくり返して、生地の分かれ目のところにアイロンをかける。 アイロンを当てたら、ダブルガーゼを半分に折って、中心から1. 5cmのところに印をつける。 反対側も同様に、中心から1. 5cmのところに印をつける。 具体的な作り方は以下の通りです。 幅が1cmのところで折り返してアイロンを当てる際には、折り目がつくようにするのがポイントとなっています。 また、アイロンを当てた後に、1cmのところを折り返すという作業がありますが、この作業の後に3cm幅で1cmずつの折り返しが完成している状態になっているか確認するようにしてください。 プリーツマスクの簡単な作り方2段階目:表のプリーツマスク生地を完成させる• 5cmの印をつけたところを返して、アイロンをかける。 幅が1cmのところで折り返して、アイロンを当て、反対側も同様にアイロンを当てる。 アイロンを当てたら、1cmのところを折り返す。 ダブルガーゼを表に返して、小さいダブルガーゼを中心に当て、両サイドが1cmずつ出るくらいのところを縫っていく。 生地を倒して、アイロンをかけていく。 ひっくり返して、両脇を1cmずつ織り込んでアイロンをかけていく。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 以下の作り方の中で、端にアイロンをかけて生地を内側に倒す作業を行う場面がありますが、この時ミシン目に沿って折り目を合わせるとスムーズに作業を行うことができておすすめです。 プリーツマスクの簡単な作り方3段階目:プリーツマスクを完成させる• 反対側も表のガーゼ布と同じようにアイロンをかけていく。 端を1cm倒して、アイロンをかけ、生地を内側に倒す。 全体をアイロンがけし、折り目の部分を縫っていく。 両サイドを本返し縫いし、反対側も同様に縫うが、反対側は返し縫いはしない。 全体のアイロンがけを行い、マスクゴムをゴム通しを使って通していく。 ゴムの両側を通せば完成! プリーツマスクを作る際に、最後に両サイドを本返し縫いをするとお伝えしましたが、以下の記事では、本返し縫いや本返し縫いと似た半返し縫いの縫い方が紹介されています。 普段ハンドメイドをされないという方や、ミシンを使われないという方はこちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。 上手なハンドメイドマスクのコツ1つ目は、「全体がずれないようにゆっくり作業する」ということです。 縫っている途中に全体が少しでもずれ、それに気づかず作業を進めてしまった場合でも、仕上がりに差が出てしまいます。 このため、特に立体マスクなどの全体を縫っていく場合や、表の縫い目が見える面を縫っていく際には、洗濯バサミやマチ針、ダブルクリップなどで留めておくと布がずれるのを防ぐことができておすすめです。 マチ針がある場合でも、留めたい範囲が広い場合には洗濯バサミなどを使うと良いでしょう。 早く仕上げることよりも、布やガーゼなどの生地全体がずれないようにゆっくり作業をすることに重点を置いて手作りマスクを作ってみてくださいね。 これは、ガーゼ布は、生地が柔らかくてよれやすいためです。 本返し縫いをしなくても、作業中にもしよれてしまった場合には、優しくガーゼ布を伸ばすようにすると、ガーゼ布に負担をかけることなく綺麗に伸ばすことができます。 今回は、子供用ガーゼマスク、立体マスク、プリーツマスクの手作りの簡単な作り方をご紹介した際にダブルガーゼを使用しています。 このため、これらの3種類のマスクを手作りする際には、マスクの両方の面の返し縫いをしないように注意してください。 ところで、マスクをして寝ることで、お肌の乾燥対策などの美容効果があることをご存知でしょうか。 以下の記事では、寝るときにマスクをすることのメリットとデメリットが紹介されています。 日中だけでなく、マスクは寝るときにも役立ちますので、興味のある方はこちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。

次の

簡単!プリーツ入りガーゼマスクの作り方

手作り プリーツ マスク 作り方

制作のポイントとこれまでのプリーツマスクとの違い• 作りやすさにこだわった寸法を出していますが、1つ作って自分に合ったサイズにご自由にアレンジして下さい。 ジュニアサイズは仕上がりの縦サイズはレディースと同じですが、使用する生地量が違うためプリーツの広がりが控えめです。 これまで公開したプリーツマスクと ゴム通し布のサイズを変更しました。 5㎝で縫って下さい。 必要なゴムの長さについては、個人差や使用するゴムによっても変わりますので記載しておりません。 販売用などの制作時には長めに用意し結ばずに販売されることをおすすめ致します。 キッズサイズ(園児向け) ジュニアサイズ(小中学生向け) レディースサイズ(中学生~女性向け) メンズサイズ(大きめ女性~男性向け) 作り方 作り方はこれまでご紹介しているプリーツマスクの作り方を参考にして下さい。 今回ゴム通し布の横幅は5センチから6. 5センチへサイズを変更しました。 ) 下記作り方ページではゴム通し布を少し内側にずらしていますが、今回のは生地端にぴったり合わせて1. 5センチで縫って下さい。 5センチの4つ折り計算+厚み分を0. 5センチ加えて6. 5センチとしていますが使用する生地の厚みなどでお好みで変更して下さい。

次の