モクロー 進化。 御三家ポケモン モクロー・ニャビー・アシマリ

ポケモンの一覧 (722

モクロー 進化

モクロー&アローラナッシーGX HP 270 草タイプ たねポケモン【TAG TEAM】 ワザ (無)スーパーグロウ 自分の場の草ポケモン1匹から進化するカードを、自分の山札から1枚選び、そのポケモンにのせて進化させる。 進化後が1進化なら、続けて2進化を1枚選び進化させる。 そして山札を切る。 草草無 やすらぎハリケーン 150 このポケモンのHPを「30」回復する。 [対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。 ] 特別なルール TAG TEAMがきぜつしたとき、相手はサイドを3枚とる。 構築がたねポケモンに偏重しがちなタッグチームデッキにおいてワザ「スーパーグロウ」でポケモンを進化させる異色な存在。 をはじめとした2進化の強力なポケモンを育てることができる点が強力。 2進化ポケモンとともに1進化ポケモンを採用する必要がある。 サポート寄りの異色のタッグチーム! 構築がたねポケモンに偏重しがちなタッグチームデッキにおいてワザ「スーパーグロウ」でポケモンを進化させる異色な存在。 他の草タッグチームGX 単体性能はセレビィ&フシギバナGXやフェローチェ&マッシブーンGXにはやや劣るため、こちらはサポート力で差別化をすることになるだろう。 単体性能が低いわけではない 草草無 やすらぎハリケーン 150 このポケモンのHPを「30」回復する。 [対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。 ] しかしモクロー&アローラナッシーGXのワザの性能も決して低いわけではなく、GXワザ・通常技ともに主力として戦うこともできる万能なポケモン。 スーパーグロウ対応の草タイプ2進化ポケモン ワザ (無)スーパーグロウ 自分の場の草ポケモン1匹から進化するカードを、自分の山札から1枚選び、そのポケモンにのせて進化させる。 進化後が1進化なら、続けて2進化を1枚選び進化させる。 そして山札を切る。 スーパーグロウは今回収録のアマージョや、強力なたねポケモンメタカードであるを安定して育てることができる。 ジュナイパーGXなどとの相性も良いだろう。 欠点はスーパーグロウのために多くの2進化デッキで採用枚数が絞られる進化途中の1進化ポケモンを採用しないといけないところ。 デッキの枠を取られがちになる。 その分、ふしぎなアメの採用枚数を削るなどして調整しよう。 モクロー&アローラナッシーGXの1進化ポケモンについて 基本的にモクローナッシーで1進化ポケモンに進化させる場合、その進化ポケモンが技を使えるタイミングは通常の進化と同じであるため2進化ポケモンと比べるとメリットは薄い。 しかし、たねポケモンの間の低HPを晒さないこと、スーパーグロウがエネルギー無しで使用出来ることから最初にエネルギーをつけれること等は大きなメリット。 ベンチにいる間にエネルギーを付けた状態で相手ターンを生き残れる可能性も高くなるため一考の余地がある。 イワパレス ハッサムGX 同弾収録のイワパレスやハッサムGX等が候補となるか。 スカイレジェンド収録カードリスト.

次の

モクロー

モクロー 進化

ジュナイパー やばねポケモン ぜんこくNo. 724 アローラNo. USUM 003 アローラNo. SM 003 高さ 1. 6m 重さ• 6kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Decidueye タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 17で『モクロー』から進化• 34で『フクスロー』から進化 共通の入手方法• 2018年3月9日〜10月31日に『ポケモンバンク』にサンムーン・ウルトラサンムーンからアクセスすると、隠れ特性『えんかく』のジュナイパーをもらえる イベント配布• 進化・タマゴで入手 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 5倍になる。 自分が場を離れると効果は消える。 自分が場を離れると効果は消える。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代しても効果は続く。 最大102。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 第6世代は沼地の時は『どろばくだん』、雪原の時は『こおりのいぶき』 技. 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 ただし、『なまけ』『バトルスイッチ』など一部の固有な特性の場合は失敗する。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 また、威力が150になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。

次の

ポケモンの一覧 (722

モクロー 進化

モクロー くさばねポケモン ぜんこくNo. 722 アローラNo. USUM 001 アローラNo. SM 001 高さ 0. 3m 重さ• 5kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Rowlet タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 17で『モクロー』から進化• 34で『フクスロー』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• 最初のポケモン 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 5倍になる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代しても効果は続く。 最大102。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 第6世代は沼地の時は『どろばくだん』、雪原の時は『こおりのいぶき』 技. 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 ただし、『なまけ』『バトルスイッチ』など一部の固有な特性の場合は失敗する。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 また、威力が150になる。

次の