ウエスカ 対 サラゴサ。 レアル・サラゴサ vs SDウエスカ 今シーズンの対戦成績

【香川真司所属】レアルサラゴサの放送(中継)予定と試合日程!

ウエスカ 対 サラゴサ

新型コロナウイルスとの闘いが落ち着きを見せ始めたスペインでは、新たな戦いが再始動しようとしている。 リーグ戦無期限延期から約2カ月後の5月23日、スペイン政府がついにリーグ戦再開にゴーサインを出した。 これにより久保建英(マジョルカ)、乾貴士(エイバル)がプレーする1部リーグ、香川真司(サラゴサ)、岡崎慎司(ウエスカ)、柴崎岳(デポルティボ)、山口瑠伊(エストレマドゥラ)がしのぎを削る2部リーグはともに6月半ば、約3カ月ぶりに再開されることが決定した。 この中で昨夏、21年6月30日までの2年契約でかつてより夢見た地スペインへやって来た香川について、来季サラゴサでのプレー続行が難しい状況にあるという報道が出ている。 サラゴサ入団時、ドルトムントやマンチェスター・ユナイテッドといった欧州の名門クラブでプレーした日本人「KAGAWA」の入団とあり、サラゴサ市民に手厚い歓迎を受けた。 序盤こそ実力を発揮しサポーターを魅了した香川だが、時間の経過とともに、フィジカル面の問題やパフォーマンスの低下、ソロが調子を上げたこと、冬にプアードやブルギが加入したことなどにより、徐々にスタメンの座を失っていった。 それでも3月にはビクトル・フェルナンデス監督の信頼を再び得て、新たなチャンスをもらったがうまく生かせず、新型コロナウイルスの感染拡大によるリーガ無期限延期を迎えることになった。 それまでの成績は2部リーグ23試合(先発18試合)出場、2得点1アシストとなっている。 ロックダウン(都市封鎖)の最中、香川の来季サラゴサ残留が困難、さらには米国やカタール移籍の可能性があると現地メディアが報道した。 退団理由に、期待されたようなパフォーマンスを見せられずスタメン落ちしていること、チームトップクラスの税込44万4000ユーロ(約5328万円)という高額な年俸を受け取っていることが挙げられている。 現地メディアは、サラゴサが1部に昇格できない場合、香川退団が濃厚であり、1部昇格を成し遂げた場合も、来季の年俸が3倍に跳ね上がる契約が存在するため、同様に残留が難しいと伝えている。 なぜならサラゴサは来季、1部に属した場合、サラリーキャップ(移籍金の減価償却費及び選手年俸)がわずか1800万ユーロ(約20億7000万円)に設定されると推測されているため、香川の高額な年俸はクラブにとって大きな負担となってしまう。 その一方、香川には残留に向けた大きなアドバンテージもある。 それは今年に入り最も輝いた試合が1部のクラブとの対戦となった国王杯のマジョルカ戦とレアル・マドリード戦だったこと。 特にレアル戦で香川は、0-4で敗れた中、欧州の強豪に所属していた時の姿をほうふつさせるハイパフォーマンスを披露し、両チームの中で最多5本のシュートを打ち、チームで最も評価された選手となっていた。 これにより香川について、スペースが少なく肉弾戦を求められる2部のサッカーよりも、1部でプレーする方が輝けるという意見が出ている。 これは1部に昇格した場合、香川がサラゴサでプレーを続けるための重要なファクターになるはずだ。 香川の戦場となるスペイン2部リーグは22クラブで構成され、全42節を戦うため、1部に比べ長丁場でタフな戦いを強いられる。 1部に昇格できるのは3クラブ。 そのうち上位2クラブが自動昇格し、3~6位はホームアンドアウェー形式の昇格プレーオフを戦う。 3位と6位、4位と5位が準決勝で対戦し、勝ち抜いた2クラブで決勝戦を戦い、昇格最後のひと枠を勝ち取る。 日本人所属クラブの現在の順位を見てみると、香川のサラゴサは勝ち点55で1部自動昇格圏内の2位につけている。 首位カディスとの勝ち点差はわずか1、3位アルメリアとの勝ち点差は5となっている。 岡崎のウエスカは勝ち点50で1部昇格プレーオフ圏内の4位。 自動昇格圏内の2位サラゴサとの勝ち点差は5、プレーオフ圏外の7位ミランデスとの勝ち点差は8。 柴崎のデポルティボは勝ち点35で19位、山口のエストレマドゥラは勝ち点31で21位と、ともに3部降格圏内の4枠の中に入っている。 降格圏外の18位アルバセテの勝ち点はデポルティボと同じ35である。 現時点(5月30日)で2部リーグ再開の明確な日程は出ていないが、昨年12月に人種差別問題で延期された第20節Rバリェカノ対アルバセテが、6月12日に先陣を切って開催される予定である。 そして6月14日の週末に第32節が行われ、7月19日の週末に第42節が開催されてレギュラーシーズンを終えることになる。 その後、8月2日の週末に1部昇格プレーオフがスタートする。 香川は来季、チームの1部昇格の有無にかかわらず、難しい状況に置かれていると伝えられている。 しかし残り11節でネガティブな現状をひっくり返す時間と実力は十分にある。 香川とサラゴサ、「生き残り」と「昇格」を賭けた戦いがもう間もなく再始動する。 【高橋智行】(ニッカンスポーツ・コム/サッカーコラム「スペイン発サッカー紀行」) photo• 海外サッカー 本田圭佑ら再開に抗議の横断幕、監督ベンチ入りせず []• スペイン [6月29日 18:12]• スペイン [6月29日 16:36]• ブンデス [6月29日 11:46]• プレミア [6月29日 11:34]• ブンデス [6月29日 10:59]• ブンデス [6月29日 10:55]• プレミア [6月29日 10:46]• スペイン [6月29日 10:08]• セリエA [6月29日 9:51]• 海外サッカー [6月29日 9:13]• セリエA 吉田麻也入った直後に失点 冨安との日本人対決黒星 []• セリエA [6月29日 9:51]• セリエA [6月29日 5:52]• セリエA [6月27日 7:29]• セリエA [6月26日 13:49]• セリエA [6月25日 12:42]• セリエA [6月25日 8:56]• セリエA [6月25日 7:15]• セリエA [6月23日 18:00]• セリエA [6月23日 11:23]• セリエA [6月23日 8:47]• セリエA [6月23日 8:34]• セリエA [6月22日 9:57]• セリエA [6月22日 9:56]• セリエA [6月21日 8:47]• セリエA [6月20日 12:32]• ブンデス 遠藤航「ブンデス1部への挑戦、今から楽しみです」 []• ブンデス [6月29日 11:46]• ブンデス [6月29日 10:59]• ブンデス [6月29日 10:55]• ブンデス [6月29日 7:30]• ブンデス [6月29日 0:26]• ブンデス [6月28日 9:04]• ブンデス [6月28日 9:01]• ブンデス [6月28日 9:01]• ブンデス [6月28日 8:53]• ブンデス [6月28日 8:00]• ブンデス [6月28日 7:58]• ブンデス [6月28日 0:23]• ブンデス [6月22日 13:46]• ブンデス [6月22日 10:53]• ブンデス [6月22日 10:08]• プレミア モウリーニョ監督がルーカスバスケス獲得を希望 []• プレミア [6月29日 11:34]• プレミア [6月29日 10:46]• プレミア [6月28日 10:35]• プレミア [6月27日 11:59]• プレミア [6月27日 10:01]• プレミア [6月27日 7:37]• プレミア [6月26日 18:00]• プレミア [6月26日 17:11]• プレミア [6月26日 11:43]• プレミア [6月26日 11:04]• プレミア [6月26日 10:37]• プレミア [6月26日 10:36]• プレミア [6月26日 9:17]• プレミア [6月26日 9:16]• プレミア [6月26日 8:48]• スペイン スペイン2部で香川と岡崎の「シンジ対決」再び実現 []• スペイン [6月29日 18:12]• スペイン [6月29日 16:36]• スペイン [6月29日 10:08]• スペイン [6月29日 7:20]• スペイン [6月29日 5:53]• スペイン [6月28日 19:46]• スペイン [6月28日 12:43]• スペイン [6月28日 11:51]• スペイン [6月28日 10:00]• スペイン [6月27日 23:27]• スペイン [6月27日 23:08]• スペイン [6月27日 18:14]• スペイン [6月27日 11:05]• スペイン [6月26日 21:24]• スペイン [6月26日 21:15]•

次の

レアル・サラゴサ vs SDウエスカ 今シーズンの対戦成績

ウエスカ 対 サラゴサ

日程 日本時間 6月30日 火 4:45~ サラゴサーウエスカ 会場:エスタディオ・デ・ラ・ロマレーダ 試合の見どころ 2位レアル・サラゴサと4位ウエスカのアラゴン・ダービー。 両チームにとって勝ち点差6で行われるこの一戦は、自動昇格へ向けて重要な試合になりますが、今節首位カディスが敗れたため、 サラゴサは勝てば首位浮上となります。 香川選手はシーズン中盤、怪我の影響でコンディション調整に苦しみましたが、リーグ再開後は見事なゴラッソを決めるなど好調を維持しており、チームをさらに勢いづける活躍を見せることはできるのでしょうか。 一方、昇格プレーオフ圏内にいるウエスカは、この一戦に勝てば自動昇格圏がグッと近づいてきます。 前節、カディス戦でゴールを決めた岡崎選手は2戦連発となるのでしょうか。 【セグンダ第36節】レアルサラゴサVSウエスカの日程 サラゴサVSウエスカの 一戦は地上波やCS、DAZN、Youtubeなどで放送予定がありません。 WOWOWの 独占放送です。 さらに リーガ1部のバルセロナ、レアル、アトレティコ、エイバル、マジョルカの試合も毎節放送予定です。 ですが、現在は視聴方法も多様化しており、BSアンテナを設置しなくても 「WOWOWメンバーズオンデマンド」を利用すれば スマホ・パソコン・タブレットで、いつでも・どこでも視聴可能です! WOWOWメンバーズオンデマンドではWOWOWの3つのチャンネルを同時にネットで配信するため、 ラ・リーガ1部・2部の放送試合を全てスマホ・パソコン・タブレットで楽しめます。 画質もテレビ放送と同じくらい高画質!。 HDMIケーブルでパソコンとテレビを繋げば、オンデマンドの映像をテレビに映すことも可能です。 また、メンバーズオンデマンドは 見逃し配信の機能があり、 ライブ放送で見れなかった試合を後から楽しむことができます。 見たい試合を選択して、 視聴するだけです。 メンバーズオンデマンドはWOWOWと契約していれば、誰でも利用することができます。 カードの裏面に記入されている20桁の数字を記入します。 ステップ4 入力内容の確認画面に行くので間違っていないか確認して、「申し込む」をクリック これで登録完了です! リーガの試合を楽しみましょう! 解約方法 解約する場合はWOWOW公式サイトにログインし、「My WOWOW」から解約の申し込みをクリック。 「解約を申し込む」をクリックして簡単な手続きを行えば退会が完了します。 WOWOWで独占放送• WOWOWではリーガ1部5試合 バルセロナ・レアル・アトレティコ・エイバル・マジョルカ 、リーガ2部3試合 サラゴサ・デポルティーボ・ウエスカ を毎節放送 この一戦は昇格争いの行方も占う重要な一戦なので、いつも以上に激しいダービーマッチになるでしょう。 その中で、香川選手と岡崎選手がどんなプレーを見せるのか非常に楽しみですね。

次の

ウエスカとサラゴサの間の距離

ウエスカ 対 サラゴサ

サードカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ レアル・サラゴサSAD( Real Zaragoza, S. スペイン語発音: )は、・に本拠地を置くクラブチーム。 に所属している。 1932年3月18日に設立され、それ以来ほとんどの期間を(1部)で過ごしている。 創設以来の勝ち点を合計したでは9位に位置する。 プリメーラ・ディビシオンでの優勝経験はないが、では6度(6位)の優勝回数を誇る。 欧州カップ戦では(の前身)、で1度ずつ優勝している。 伝統的にホームゲームでは白いシャツとソックス、のパンツを着用し、アウェーゲームでは黒色と黄色のユニフォームを着用する。 ホームスタジアムはであり、34,596人を収容する。 歴史 [ ] サラゴサ市にはイベリアSCとレアル・サラゴサCDという2つのクラブが存在していた。 激しいライバル関係にあった両クラブは1932年に財政難に陥り、「マリア様の奇跡」と呼ばれる合併をして新しいチーム、サラゴサが設立された。 に参戦していたが、によって発展を妨げられた。 1951年にチーム名をレアル・サラゴサに変更した。 1957年9月8日、最初のスタジアムであるトーレロを離れ、現在のスタジアムであるに移った。 黄金時代 [ ] 1960-61シーズンを始まりとして、レアル・サラゴサは黄金時代に足を踏み入れた。 リーグ優勝こそできなかったが、1960-61シーズンから1968-69シーズンまでの8シーズンは3位、4位、5位、4位、3位、4位、5位、5位とすべて5位以内に入った。 1961-62シーズンにはが30試合で25得点を挙げ、(得点王)のタイトルを獲得した。 1963-64シーズンにはで初優勝し、同シーズンには(の前身)でも優勝した。 攻撃陣には、、、、などがおり、守備陣にはやなどの名選手がいた。 コパ・デル・レイでは1962-63シーズンから4シーズン連続で決勝に進出し、1965-66シーズンには2度目の優勝を飾ったが、次のタイトルは1980年代半ばまで持ち越された。 70年代から20世紀末 [ ] 1970年代からの30年間は浮き沈みの激しい時期であった。 1970年代初頭には再びリーグ優勝に近付き、1973-74シーズンには3位、1974-75シーズンには2位となったが、最終節に敗れてにタイトルを明け渡している。 1977-78シーズンにはセグンダ・ディビシオンのプレーも経験したが、1985-86シーズンには3度目のコパ・デル・レイ優勝を果たした。 1990-91シーズンは良くないシーズンであり、昇降格プレーオフ圏内でシーズンを終えたが、とのプレーオフはファーストレグが0-0、セカンドレグが5-2となり、プリメーラ・ディビシオン残留を果たした。 1992-93シーズンはコパ・デル・レイで準優勝し、1993-94シーズンには4度目の優勝を飾った。 1994-95シーズンのではやなどヨーロッパの強豪を撃破し、パリので行われた決勝ではと対戦した。 90分を終えて1-1と決着がつかず、延長戦にもつれ込んだが、ハーフウェイラインをわずかに過ぎた場所からが撃ったハーフボレーシュートがを超えてネットに突き刺さり、延長終了間際にレアル・サラゴサが優勝を決めた。 21世紀 [ ] 2000-01シーズンにはコパ・デル・レイ決勝でを3-1で破って5度目の優勝を果たした。 2001-02シーズンには最下位でセグンダ・ディビシオンに降格したが、1シーズンでプリメーラ・ディビシオンに再昇格を果たした。 2006年5月後半、アガピト・イグレシアスはアルフォンソ・ソランから会長の座を受け継ぎ、スペインやヨーロッパでもっとも強いチームのひとつを作り上げることを約束した。 2006年夏には中盤の補強として移籍金1100万ユーロでを獲得した。 2006-07シーズンは攻撃サッカーの信奉者である監督の下、アイマール、、、などの攻撃陣がアウェーゲームでも攻撃的なサッカーを展開し、は3位となる23得点を挙げた。 6位という成績で出場権を獲得した。 2006-07シーズンからほとんど選手の変更はなかったにもかかわらず、2007-08シーズンはクラブの歴史でもっとも失望の残るシーズンとなった。 UEFAカップでは1回戦で敗退し、ダレッサンドロの造反などもあって、2008年を迎える頃にはリーグ戦でも順位を下げた。 2008年1月、求心力が低下した監督は解任され、、、と、1シーズンに3度も監督が代わる混乱ぶりであった。 最終節を迎えるまでにアウェーゲームで勝ち点8を獲得したのみで、最終節の戦は勝利が必須だったが、の2得点もおよばず2-3で敗れ、18位でセグンダ・ディビシオン降格となった。 2008年夏には智将監督を招聘し、チーム編成などに大きな権限を与えたが、アイマール、、、、D・ミリート、など攻守に多くの選手がチームを去った。 2008-09シーズン開幕から数試合は成績が芳しくなかったが、しり上がりに調子を上げ、後半戦には16戦無敗という記録を作った。 との最終節を残し、1シーズンでのプリメーラ・ディビシオン復帰を果たした。 2011-12シーズンは開幕から不調が続き、シーズンの半分近くを最下位で過ごした。 一時は降格候補筆頭と見られていたが、残り12試合で8勝1分3敗、勝ち点25を積み上げ、最終的には勝ち点43の16位として残留を果たした。 2011年6月8日、倒産法に基づく法的整理を申請した。 2012年6月、アガピトは会長を退任。 更に2012-13シーズンは、プリメーラ最下位に終わり、セグンダに降格。 以降は下部リーグでの闘いを強いられている。 2019年8月、・を獲得したことが話題となった。 ライバルと親交 [ ] レアル・サラゴサがダービーマッチとみなしているのはとの対戦である。 それぞれ隣り合うとで最も規模の大きなサッカークラブであり、CAオサスナの本拠地であるとサラゴサは145kmの距離にあり、両者の対戦の際には多くのサポーターがアウェースタジアムに駆けつける。 との対戦はアラゴン・ダービーと呼ばれる。 仲の良いダービーマッチであるのか、思想が激しくぶつかり合うダービーマッチであるのかは意見が分かれるところであり、もっともな理由で判断が分かれている。 両者が同じディビジョンに所属したのはわずか2シーズン(直近は2008-09シーズン)しかないし、試合の外では良好なビジネス関係を築き、過去に多くの選手が両クラブの間で移籍しているからである。 レアル・サラゴサはとも良好な関係を築いている。 これはCDヌマンシアの本拠地であるとサラゴサが比較的近いことも関係していると思われる。 [ ] タイトル [ ] エスタディオ・デ・ラ・ロマレーダ 国内タイトル [ ]• : 1回• 1977-78• : 6回• 1963-64, 1965-66, 1985-86, 1993-94, 2000-01, 2003-04• : 1回• 2004 国際タイトル [ ]• : 1回• 58シーズン• 23シーズン• 4シーズン 記録 [ ] 最多試合出場者 [ ] 試合数 名前 期間 473試合 1990-2003 471試合 1963-1977 382試合 1962-1971 最多時間出場者 [ ] 出場時間 名前 期間 33,480分 1990-2003 29,042分 1963-1977 26,984分 1981-1990 最多得点者 [ ] 得点数 名前 期間 117得点 1959-1970 113得点 1957-1964 112得点 1977-1982 個人タイトル受賞者 [ ]• 1961-62シーズン : 24得点 その他 [ ]• プリメーラ・ディビシオン最高位 : 2位 1974-75シーズン• : 9位• 1シーズン最多得点者 : 28得点• 外国人最多試合出場者 : 239試合• 最多退場者 : 18回 , 8回 , 6回• ホームでの最大得点差勝利 : 1978-79シーズン 戦 8-1 , 1987-88シーズン 戦 8-1• アウェーでの最大得点差勝利 : 1960-61シーズン 戦 7-2• ホームでの最大得点差敗北 : 1987-88シーズン 戦 1-7 , 2011-12シーズン レアル・マドリード戦 0-6• アウェーでの最大得点差敗北 : 1951-52シーズン 戦 1-10 現所属メンバー [ ] 2020年3月2日現在 No. Pos. 選手名 1 2 3 5 6 7 8 9 10 11 12 13 No. Pos. 選手名 14 15 16 17 18 20 21 22 23 26 27 -- 歴代監督 [ ]• 2005-2007, 2008-2010• 2005-2008• 2005-2008• 2007-2009• 2009-2011• 2010 エンブレム [ ] 1932年の合併時、エンブレムは赤い盾の中にサラゴサ市の紋章であるの獅子がある図案を採用した。 1951年、チーム名に「レアル」が加わった事に伴い、盾の上に王冠のデザインが追加され、何度かのマイナーチェンジはあるが基本的にこのエンブレムが使われている。 2007年にチーム創立75周年を記念して獅子の絵柄が変更されたがには不評だった。 そこで2011年6月からソシオ加入者への人気投票を開始した。 9月の締め切り時、総ソシオ23309人中7739人が投票し、6961人が以前のデザインを支持した。 そのため暫定的に元のエンブレムに戻す事になったが、シーズン中だったためユニフォームは変更できなかった。 ただし投票したソシオ数が少なかったため、2012-13シーズン開幕前まで再投票が行われる事になったが、ここでも旧エンブレムの支持が高い。 脚注 [ ].

次の