ポルシェ マカン ターボ。 ポルシェ・マカン ターボ パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 “パフォーマンス”に異議あり

【ポルシェ・マカン】女性も気になるSUV!最新情報チェック!|シンプルの法則

ポルシェ マカン ターボ

スポンサーリンク ポルシェのマカンの評判は?(良い点、悪い点) ポルシェのマカンの大きな特徴は、SUVとは思えないほどのスポーツ性能(舗装された路面において)がある点です。 SUVはとれも見た目はパワフルに見える反面、実は大した速度は出ません。 それよりも、悪路(雨や雪といった天候によるコンディションも含む)を走れる性能に特化している車だと言っていいですが、このマカンは2リッターのベーシックモデルでも約時速230キロでの走行が可能となっています。 また、全モデル共通で+オートマチックシフトのみの構成だという点も意欲的です。 多少のパワーの差こそありますが、どのモデルでもこれといった運転技術を必要とせず、SUVが初めてだという人でも安心して運転できるでしょう。 ただし、2リッターツインターボのグレードでも約700万円、3. 6リッターツインターボになると約1100万円という車両価格は、SUVとしては高いと言わざるを得ません。 パワートレインは全然違いますが、日本におけるライバル車のC-HRは約240万円からのラインナップとなっているので、この価格差をどう見るかです。 舗装路面におけるスポーツ性能まで求めるなら、間違いなくこのマカンがおすすめですが、SUVとしてはかなり高額な車なのも間違いありません。 スポンサーリンク ポルシェ マカンの口コミ評判は? ポルシェのマカンを購入した人からの口コミを紹介します。 マカンの口コミ評判1 すごいパワーです! 正直なところ、SUVは見掛けだけの車だと思っていたところがありましたが、このマカンは全く違い、並のスポーツカー以上の性能があります。 それでいて車高が高いので安定感があり、高速道路の走行も全く問題ありません。 普段使いにも向いている車でとても満足しています。 (30代・会社員) マカンの口コミ評判2 日本車からの乗り換えです 以前は日本車のスポーツタイプに乗っていましたが、SUVへの乗り換えにこの車を選びました。 見掛けからカッコイイ点はさすがポルシェで、性能も言うことは何もありません。 少し無理をしましたが、購入してよかったと思っています。 (40代・自営業) マカンの口コミ評判3 ここまでは必要ありませんでした この上のカイエンを狙っていましたが、そこまでは手が出ないので諦めていたところに登場したこのマカンに飛び付きました。 ですが、これでも私にはオーバースペック気味です。 日本車のSUVのように1. 5リッタークラスがあってもよかったのではと思います。 維持費を考えると、あまり長く所持していられないかも知れません。 (50代・会社員) マカンの口コミ評判まとめ ポルシェのマカンは、同社のカイエンよりは下という扱いとは言え、それでも約700万円からのラインアップです。 それだけの価値がある車なのは間違いありませんが、そこまでのスペックを求めない人には持て余してしまう可能性が高いので注意してください。 スポンサーリンク.

次の

ポルシェのマカンの評判や口コミはどう?ターボのパフォーマンスがすごい?!

ポルシェ マカン ターボ

新型マカンターボの2. 9リッターエンジンで採用されているセンターターボレイアウトは、ポルシェカイエンとパナメーラにて、すでに搭載されている。 2つのターボチャージャーは、シリンダーのV気筒の内側に配置されている。 冷却されたエグゾーストマニホールドは効率的な燃焼のためにシリンダーヘッドに統合されている。 燃焼室とターボチャージャー間の短い排気経路によって、迅速なパワーアップと特にダイレクトなレスポンスが可能になった。 エンジンの最高出力は、先代モデルの3. 6リッター6気筒ターボエンジンを29kW(40PS)上回り、1800-5600rpmで550N・mの最大トルクを発生する。 7速PDKデュアルクラッチトランスミッションとポルシェトラクションマネージメント(PTM)4WDによってこのトルクが地面に伝えられる。 燃料消費量は9. ポルシェサーフェスコーテッドブレーキによって最適化されたシャシー 新型マカンターボには優れたドライビングダイナミクスに合わせて、ポルシェサーフェスコーテッドブレーキ(PSCB)が標準装備されている。 またハイグロスのブレーキディスクとホワイトに塗装されたブレーキキャリパーが特徴のPSCBは、他の全てのマカンモデルでもオプションで装着可能だ。 最適化されたローリングピストンと新しいショックアブソーバーの油圧システムを備えたオプションの車高調節式エアサスペンションやポルシェトルクベクトリングプラス(PTVプラス)、およびポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)を装備することで、ダイナミクスをさらに高めることができる。 フロントターボエプロンとリアのダブルウイングによるユニークなデザイン 新型マカンターボの内装は、スムースレザー仕上げのレザートリム、18way電動調整機能とコンポートメモリパッケージを備えたアダプティブスポーツシートが標準装備される。 またアルカンターラルーフライニングとブラッシュアルミニウムインテリアパッケージによってハイクオリティのインテリアが強調されている。 さらに911由来のヒーター付GTスポーツステアリングホイールが、オプションとして用意されている。 また完全にネットワーク化された標準装備の10. 9インチフルHDタッチスクリーン搭載ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)は14個のスピーカーと665Wの出力を備えたBOSEサラウンドサウンドシステムに接続されている。 リアルタイム交通情報とスマートなボイスコントロールによるオンラインナビゲーションもここに含まれる。 その他の標準機能として、Porsche ConnectにはLTEテレフォンモジュール、外部SIMカード用スロット、Wi-Fiホットスポット、多数のPorsche Connectサービスが付属する。 さらにオプション装備には室内の空気質を改善するイオナイザー、アダプティブクルーズコントロールを含む新しいトラフィックジャムアシストも用意されている。

次の

【試乗】ポルシェ マカン ターボは新エンジン搭載でさらに進化。痛快な走りが心地良い

ポルシェ マカン ターボ

基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の