異 言語 脱出 ゲーム。 【異言語脱出ゲーム】限りなく近く、果てしなく遠い 5ミリの恋物語

「異言語脱出ゲームonTV」耳が聴こえない人と聴こえる人が協力して謎を解く様子をご報告(エキサイトレビュー)

異 言語 脱出 ゲーム

聴覚障害者と、耳の聞こえる「聴者」が協力して挑戦する「脱出ゲーム」が注目を集めている。 発案したのは、ろう者の女性。 「ゲームの力で、色々な人とコミュニケーションを取ってみたい」という思いがこめられている。 4月中旬の土曜日、那覇市内の専門学校に次々と人が集まった。 校舎はこの日、聴覚障害者と聴者が3人ずつで一つのチームを作って挑戦する「異言語脱出ゲーム」の会場だった。 チームのメンバーはほとんどが初対面同士。 メモ用紙に名前を書いて自己紹介し、身ぶり手ぶりを使った会話がぎこちなく進む。 でも、ゲームが始まると、悠長なことはしていられない。 制限時間は60分。 「夜の海で秘宝を探す」という設定でクイズやパズルを解いて部屋を「脱出」し、会場の中から宝を見つけなければならない。 クイズやパズルは、「音声言語」の日本語だけ、あるいは「視覚言語」の手話だけでは、出題内容さえわからず、回答もできない。 正面に向かい合い大きくゆっくり口を動かす。 机に置かれたメモ用紙は、すぐにやりとりでいっぱいになった。 やりとりを重ねて謎を解いた時の喜びはひとしおだ。 千葉県から姉妹で参加した真坂奏衣(かなえ)さん(18)は「思っていたよりお互いの言いたいことは伝わりました!」。 ろう者で那覇市の阿原(あはら)祐子(さちこ)さん(48)は「与えられた条件は平等。 相手に伝えよう、思いを理解しようという気持ちで、成功できて感動した」と顔をほころばせた。 ゲームを考案した菊永ふみさん(33)も会場で参加者の様子を見守り、時折手話でヒントを出していた。 ろう者の菊永さんは大の脱出ゲーム好き。 4年ほど前、聴者と一緒に参加し、身ぶりでコミュニケーションをとりながら謎を解いた時、「私も役に立てたことがうれしかった」と振り返る。 都内の聴覚障害児入所施設「金町学園」に勤務する菊永さんは当時、スイス金融大手・UBSの社員と施設の子どもの交流会を担当していた。 社員と子どもが、手話を習う時間はやりとりをしても、昼食になるとすっと離れて座る様子が、気がかりだった。 目標に向けて一緒に協力する機会があれば、変わるのではないか。 脱出ゲームでの経験を園長に話すと「おもしろそうじゃない! やってみたら?」と返事が来た。 試作した問題を体験したUBS社員から助言を受けながら、「異言語脱出ゲーム」が生まれた。 構想当初から社内外向けのゲーム開催などに関わってきた、UBSのアジア太平洋地域の社会貢献活動責任者の堀久美子さん(44)は「障害のある人を、自分たちにはない力を持っていると考えてほしい。 ゲームは、それを知るための圧倒的な体験になる」と話す。 菊永さんは「ゲームをさらに広….

次の

【異言語脱出ゲーム】限りなく近く、果てしなく遠い 5ミリの恋物語

異 言語 脱出 ゲーム

『異言語脱出ゲーム』は、謎解きの要素に手話、筆談、音声などを組合せ、「伝え合う」ことを通じて脱出=成功を目指す、新しいスタイルの脱出ゲーム。 謎解きチームとして参加した芸人は、次長課長・河本準一、NON STYLE・井上裕介、尼神インター・誠子、尼神インター・渚、ガンバレルーヤ・よしこ、ガンバレルーヤ・まひろ6名が一人ずつ6チームに参加。 クイズの出題芸人として、ハリセンボン・箕輪はるか、しずる・村上純、しずる・池田一真、VTRにはガレッジセールのゴリが重要な役どころで出演した。 このゲームの特徴は、なんといってもろう者・難聴者と聴者が力を合わせないと謎が解けないところ。 海の上の設定で進んでいくストーリーは、言葉を発してはいけない。 手話を駆使して謎を解いていかなければ脱出ができない仕組みとなっている。 加えて、テレビでもおなじみの芸人がゲームを盛り上げ、普段見られない素の姿にも触れることができたようだ。 特に河本は、以前から手話を勉強しているといい、自らも手話を使いチームを引っ張っていた。 このゲームは、よしもとクリエーティブエージェンシーが、異言語脱出ゲームやワークショップを行っている一般社団法人「異言語Lab. 」とコラボレーションし、よしもと芸人が多数参加する特別バージョンの企画。

次の

異言語脱出ゲームで「異」を楽しむ世界を創ろう | 2020 and beyond

異 言語 脱出 ゲーム

2020年2月9日(日)に成城大学で開催され,大成功をおさめた(主催:人間文化研究機構 国立国語研究所,コンテンツ企画・提供:一般社団法人異言語Lab. 大変興味深い裏話となっていますので,ぜひ読んでみてくださいね。 051 - 人文知コミュニケーターにインタビュー!新永悠人(にいなが ゆうと)さん URL 登場する研究者 中川奈津子,山田真寛(言語変異研究領域) 新永悠人(人文知コミュニケーター [開催当時]) 写真でふり返る 方言版異言語脱出ゲーム「紡がれるもの~おじぃとおばぁと僕の物語~」 ポスターに導かれて会場に着くと,ここはハイビスカスの咲き乱れる南の島。 抽選で選ばれた参加者は4人ずつ10のグループに振り分けられており,みんなで力を合わせて謎を解いていきます。 さあ,始まりました。 このゲームのために作られたオリジナル映像には,「僕」そして島の青年と女性が登場します。 あの二人はもしかして昔のおじぃとおばぁ? ! なんとかふたりをくっつけないと,このままでは未来が変わって「僕」が消滅してしまう。 急いで謎を解き,現在に戻らなければ。 これは何を意味してる?どう解くんだろう? 今回の脱出ゲームは,三つの島の方言のしくみを理解しながら謎解きができるように工夫されています。 どのチームも初対面とは思えないチームワークで謎に挑んでいきます。 謎が解けたら急いで次の部屋へ。 提示した答えが正解なら門番が通してくれます。 方言を使った謎解きとは言うものの,出題パターンは様々なので一筋縄ではいきません。 解き方を考えるのもゲームの醍醐味です。 わからないことは島民に尋ねてもOK。 それぞれの島の方言で答えてくれますよ(あまー島民に扮しているのは新永先生。 あまー島のモデルは奄美大島です)。 このゲームの構成から運営までを手掛けた異言語Lab. の代表,菊永ふみさんです。 菊永さんは視覚言語(手話)を母語とするろう者です。 みなさん,だんだんと島の方言に慣れてきた様子です。 覚えた方言を使って積極的に質問をする参加者も。 よなー島民に扮した山田真寛先生からは,モデルとなった島の文化を体験できる演出もありました(よなー島は与那国島がモデルです)。 ラストスパート! 制限時間内に解き終わるように急いでください。 中央で応援しているのは,いしー島民に扮した中川奈津子先生(いしー島は石垣島がモデルです)。 みんな脱出できたかな? この日,成功したのは10チーム中4チームでした。 一緒にスマホで記念写真を撮って帰りましょう。 次回の企画があれば,ぜひみなさんも参加してくださいね。

次の