ニトロ グリセリン 作用。 ダイナマイトとは? ニトログリセリンの欠点を解消したノーベルの工夫 | Tidbits

ニトログリセリンって爆弾の材料なのに、何で心臓病に効くの?

ニトロ グリセリン 作用

ニトロペン、ニトロダームTTS、ミオコールスプレー(ニトログリセリン)の作用機序 心臓は全身へ血液を送り届けることにより、酸素や栄養を供給します。 この心臓自体に血液を送り届ける血管も存在し、この血管を冠動脈と呼びます。 狭心症では、動脈硬化などによって冠動脈が細くなっています。 そのため、冠動脈を通して心筋細胞へ酸素や栄養が行き渡らず、胸に激痛を生じてしまいます。 そこで、これら狭心症の症状を改善する薬として ニトログリセリン(商品名:ニトロペン、ニトロダームTTS、ミオコールスプレー)が使用されます。 ニトログリセリンは 硝酸薬と呼ばれる種類の薬です。 ニトログリセリン(商品名:ニトロペン、ニトロダームTTS、ミオコールスプレー)の作用機序 血液が送られないと、酸素や栄養が不足してしまいます。 このように血液が足りていない状態を「虚血状態」と呼びます。 冠動脈が細くなることで心筋細胞が虚血状態に陥ると、前述の通り胸に痛みが生じます。 そこで、これら狭心症の症状を和らげるためには、細くなっている冠動脈を拡張させ、血流を改善させればよいことが分かります。 この時に使用される薬がニトログリセリン(商品名:ニトロペン、ニトロダームTTS、ミオコールスプレー)です。 ニトログリセリンは、 狭心症の発作(症状が急激に悪化している急性期の症状)を和らげるために用いられます。 また、皮膚からゆっくりと吸収させることで、狭心症の発作が起こらないようにコントロールすることもあります。 体内へ投与すると、ニトログリセリンは分解されて 一酸化窒素(NO)を放出します。 一酸化窒素(NO)は気体として知られていますが、この物質が細胞へ作用することにより、血管壁を弛緩させて血管拡張作用を示すことが知られています。 狭心症を発症している状態では、虚血状態によって危険な状態に陥っています。 ここにニトログリセリンを投与することで、虚血状態を速やかに改善させることができます。 このような作用機序により、狭心症を治療する薬がニトログリセリン(商品名:ニトロペン、ニトロダームTTS、ミオコールスプレー)です。 ニトログリセリン(商品名:ニトロペン、ニトロダームTTS、ミオコールスプレー)の特徴 薬の中でも、 ニトログリセリンは肝臓で代謝を受けやすい性質をもっています。 薬が腸から吸収されると、必ず肝臓を通過した後に全身の血液へと送り出されます。 そのため、口からニトログリセリンを投与しても、薬として効果を発揮することはありません。 そこで、肝臓を通過せずに血液中へ薬を届けるため、 舌の下から服用する舌下錠として用いるのです。 舌下に薬を含むことにより、急速にニトログリセリンが吸収されます。 ニトログリセリンが直接冠動脈に作用し、血管を拡張します。 これにより、 薬を投与後1~2分で効果を得ることができると言われています。 ただ、すぐに代謝されるために、薬の効果が続く時間は短いです。 そのため、狭心症の発作が起こったときの緊急薬として用います。 ニトログリセリンをスプレー剤として用いる場合、舌下錠と同様に口の中から薬の成分を吸収させることになります。 そのため、狭心症発作を改善させる薬として用いられます。 それに対して、貼付薬(貼り薬)としてニトログリセリンを用いる場合、 肝臓を通過せずに薬の有効成分をゆっくり溶け出させることにより、長時間にわたって作用させることができます。 したがって、貼り薬に限っていえば、狭心症の症状をコントロールするために用いられます。 このように、ニトログリセリンを利用した製剤には多くの剤形が存在します。 狭心症に対して、どのような治療を行いたいかによって、適した剤形を選んでいきます。 なお、ニトログリセリンは爆発することで有名ですが、薬として使用する量はごく微量であり、爆発しないための添加物も含まれています。 そのため、ニトログリセリン(商品名:ニトロペン、ニトロダームTTS、ミオコールスプレー)を使用することで爆発することはありません。 血管を拡張させる作用があるため、ニトログリセリンの副作用としては頭痛、脳貧血、血圧低下、熱感、潮紅などが知られています。 このような特徴により、心臓へ直接作用することによって血管を拡張させ、狭心症の症状を改善する薬がニトログリセリン(商品名:ニトロペン、ニトロダームTTS、ミオコールスプレー)です。

次の

心臓発作を起した人が、ニトログリセリンを服用すると発作が...

ニトロ グリセリン 作用

重篤な低血圧又は心原性ショックのある患者[血管拡張作用によりさらに血圧を低下させ症状を悪化させるおそれがある。 ] 閉塞隅角緑内障のある患者[眼圧を上昇させるおそれがある。 ] 頭部外傷又は脳出血のある患者[頭蓋内圧を上昇させるおそれがある。 ] 高度な貧血のある患者[血圧低下により貧血症状(めまい、立ちくらみ等)を悪化させるおそれがある。 ] 硝酸・亜硝酸エステル系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者 ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤(シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、タダラフィル)又はグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤(リオシグアト)を投与中の患者[本剤とこれらの薬剤との併用により降圧作用が増強され、過度に血圧を低下させることがある。 (「重要な基本的注意」及び「相互作用」の項参照)] 効能・効果及び用法・用量 本剤の投与に際しては、症状及び経過を十分に観察し、狭心症発作が増悪するなど効果が認められない場合には他の療法に切り替えること。 硝酸・亜硝酸エステル系薬剤を使用中の患者で、急に投与を中止したとき症状が悪化した症例が報告されているので、休薬を要する場合には他剤との併用下で徐々に投与量を減じること。 また、患者に医師の指示なしに使用を中止しないよう注意すること。 過度の血圧低下が起こった場合には、本剤を除去し、下肢の挙上あるいは昇圧剤の投与等適切な処置を行うこと。 起立性低血圧を起こすことがあるので注意すること。 本剤投与開始時には他の硝酸・亜硝酸エステル系薬剤と同様に血管拡張作用による頭痛等の副作用を起こすことがある。 このような場合には鎮痛剤を投与するか、減量又は投与中止するなど適切な処置を行うこと。 また、これらの副作用のために注意力、集中力、反射運動能力等の低下が起こることがあるので、このような場合には、自動車の運転等の危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること。 本剤とホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤(シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、タダラフィル)又はグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤(リオシグアト)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を低下させることがあるので、本剤投与前にこれらの薬剤を服用していないことを十分確認すること。 また、本剤投与中及び投与後においてこれらの薬剤を服用しないよう十分注意すること。 本剤の貼付により皮膚症状を起こすことがあるので、このような場合には貼付部位を変更し、非ステロイド性抗炎症剤軟膏又はステロイド軟膏等を投与するか、投与中止するなど適切な処置を行うこと。 相互作用 ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤 シルデナフィルクエン酸塩 バイアグラ レバチオ バルデナフィル塩酸塩水和物 レビトラ タダラフィル シアリス アドシルカ ザルティア 併用により、降圧作用を増強することがある。 本剤はcGMPの産生を促進し、一方、ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤はcGMPの分解を抑制することから、両剤の併用によりcGMPの増大を介する本剤の降圧作用が増強する。 グアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤 リオシグアト アデムパス 併用により、降圧作用を増強することがある。 本剤とグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤は、ともにcGMPの産生を促進することから、両剤の併用によりcGMPの増大を介する本剤の降圧作用が増強する。 併用注意 ニトログリセリンテープ27mg「トーワ」と標準製剤を、クロスオーバー法によりそれぞれ1枚(ニトログリセリンとして27mg)健康成人男子(n=38)の胸部に24時間経皮投与して血漿中未変化体濃度を測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について90%信頼区間法にて統計解析を行った結果、log 0. 80 〜log 1. 25 の範囲内であり、両剤の生物学的同等性が確認された。 55 465. 756 6. 66986 11. 43774 標準製剤(経皮吸収型製剤、27mg) 6341. 50 416. 553 5. 02711 11. ,n=38)*MRT:平均血中滞留時間 血漿中濃度並びにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。 有効成分に関する理化学的知見 改訂履歴 2014年8月 改訂 第11版 2017年12月 改訂(販売名の変更) 第12版 文献請求先 主要文献(社内資料を含む)は下記にご請求下さい。 東和薬品株式会社 571-8580 大阪府門真市新橋町2番11号 0120-108-932 06-6900-9108 お問い合わせ先 主要文献(社内資料を含む)は下記にご請求下さい。 東和薬品株式会社 571-8580 大阪府門真市新橋町2番11号 0120-108-932 06-6900-9108 業態及び業者名等 製造販売元 東和薬品株式会社 大阪府門真市新橋町2番11号 提携 MYLAN TECHNOLOGIES INC.

次の

医療用医薬品 : ニトログリセリン

ニトロ グリセリン 作用

4 北海道大学循環器内科 講師 甲谷哲郎 Q. ニトログリセリンに副作用はないか 70歳男性。 最近、朝の散歩中にときどき胸部不快感を感じるので、念のため近くの病院で診察を受けたところ、狭心症の疑いがあるので詳しい検査が必要と言われました。 その日は、とりあえず胸痛が起きた時に服用するようにとニトログリセリンという錠剤を渡されました。 その時は、気が動転してよく聞けなかったのですが、この爆弾のような名前の薬は、どのような薬なのでしょうか。 副作用が心配なのでまだ使っていません。 説明をお願いします。 頭痛も・・。 服用すると心臓に栄養を与える冠動脈が広がり、血液の流れが良くなり、その結果心筋虚血が改善し、胸痛が消失して行きます。 胸痛発作の時には、速く効かせるために舌の下で溶かし、胃腸からではなく、口腔内から直接血管に入り、より速く心臓に到達するようにする訳です。 従って、硝酸薬は狭心症を持つ方には極めて大事な薬で、常に身の回りに置いておくことが必要となります。 発作の際にはためらわず舌下してください。 通常、2〜3分で発作は消失します。 また、決まった動作で発作が出る人は、その動作をする前に予め舌下あるいは服用しておくと発作の予防になります。 なお、ニトログリセリンは揮発しやすいので、瓶に入ったものは一度封をあけると長くても2〜3ヵ月で交換した方がよいでしよう。 舌の下にいれて「ぴりっ」とこないものは古くて効果が少ないものと判断してください。 最近は、長期保存できるように1錠ずつ密封された錠剤が使われることが多くなっています。 また、より即効性のスプレーもよく使われています。 舌下錠は、口が乾いているときには溶けにくいこともありますが、この点、口腔内に噴霧するスプレーは使いやすいかもしれません。 ただし1回の噴霧が1錠相当となっていますので、なんとなく「シユーシユー」と繰り返してしまい、使い過ぎることが多いので注意してください。 硝酸薬の副作用は、まず頭痛です。 軽いものですと何回か使っているうちに慣れて頭痛が起こらなくなることもあります。 次に、ニトログリセリンは全身の血管も開きますので、時に血圧が下がり過ぎてしまうことがあります。 とくにアルコールを飲んでいる時には注意しましょう。 血圧が低下したときには、横になり足の方を少し高くして休んでください。 しばらくすると回復します。 最後に、疑問に思うことは、遠慮なく担当医に質問し、自分の症状と薬の必要性などを十分理解することが大切です。 とく薬は効果もありますが、ご心配されているように副作用も合わせ持つことが多いので、十分に納得してから飲むことが重要です。

次の