株価 9501。 東京電力ホールディングス(株)【9501】:信用残の時系列推移

9501の株価とチャート — TSE:9501 — TradingView

株価 9501

無茶な売買推奨をする金融関係者の投資情報に従っても、安定的に大儲けする事は出来ない。 カモられて、お金を取られて、ついでに大損するだけ。 それよりも個人投資家の強みを、最大限に発揮するのが王道だろう。 年に1回程度、訪れる大チャンス期に投資するだけで、株価予想の数十倍の利益を得る事が可能だ。 東京電力で儲けるポイント• ギャンブルに近い株価予想情報を、信じてはいけない。 株価が高値園にある時に投資すると、想像を絶する損失を出す事になる。 長期的なトレンドを確認しながら、チャンスを待とう。 リスクを背負って資金を投じる時は、かならず損切りを考慮するべし。 バブル的な高値であり、決して投資してはならない。 (2015年10月11日更新) 東京電力の株価予想を信じても、儲からない 多くのプロ達と同じ土俵で勝負をする必要がある株式投資の世界では、金融関係者の提供する株価予想情報を信じたくなるものです。 ですが、それで本当に大儲けできるのでしょうか? 結論を述べると、そんなのは無理です。 むしろ個人投資家として強みを発揮して、勝負するべきでしょうね。 具体的に株価予想の内容を、精査してみる事にしましょう。 黒岩氏による下記5日間の株価予想も、見てみましょう。 更なる高値更新を期待して「買」推奨しています。 予想が当って 30万円の投資額で、利益は5万円です。 株価の上昇が急激すぎて、 ここから暴落したら壮絶な損失になるところでした。 本当に勝算が高かったのか疑問です。 行為そのものですからね。 このような株価予想を信じて売買を繰り返すと、を出す事になるでしょう。 多くの株価予想を見ていると、高値園で買推奨する事が本当に多いです。 損切りが出来ない投資初心者が手を出すと、大損する羽目になりかねません。 また業績が良いからと無茶な短期売買を推奨しがちです。 な相場の世界なのにです。 そもそも金融関係者はあなたの事を、お金を貢いでくれるカモの投資家と思っています。 そのような人から投資情報を得る事が、間違いです。 個人投資家の強みを最大に生かせば、年に1回の売買でも大きく儲ける事が可能です。 本当にチャンスがある時にだけ、資金を投入するべきです。 扱いやすい銘柄と戦略を活用すれば、意外と簡単なのです。 、のような投資戦略を参考にすると良いでしょう。 株価が高値園であり、投資すると大損する可能性が高い 項目 内容 コメント 企業名(銘柄コード) 東京電力(9501) 上場市場 東証1部 業種 電気・ガス業 株価 839円 単元株数と最低購入単価 100株:8万3,900円 時価総額 1兆3,482億円 資本金 1兆4,009億円 発行済株式数 1億6,070万株 浮動株数 2,040万株 利益剰余金 1,525億円 有利子負債 6兆7,471億円 保有者比率 外国 11. では東京電力のチャートを具体的に見て、投資判断を考えてみましょう。 結論から述べると現状は高値園なので、絶対に投資しないです。 赤印エリアはバブル的な株価ですから、初心者が手をだすと、間違いなく大損する事になります。 長期的なトレンドを確認すると、上昇トレンドを形成している事には驚きです。 ですが株価が、高くなり過ぎています。 大儲けを狙うのであれば、青印付近まで下落した場合でしょう。 長期的な上昇が続く前提で、リスクを取るという事です。 リスクを取った際には、上昇トレンドが崩れる黄色印で損切りするべきですね。 なお上述したような投資スタンスで、2014年10月頃(300円)に投資して、半年後の2015年4月頃(500円)に売却したとしても、 30万円の投資額に対して20万円の利益となります。 年に1回訪れる大チャンス時にリスクを取る方が、株価予想に従うよりも大儲けできます。 ただし個別銘柄としてのリスクは、かなり高いと感じます。 長い年月に渡って原子力発電所の復興が必要で、いつ何時、何が起きる本当に分かりません。 仮にこのまま表面上の利益水準が回復してきて株価が上昇してきても、有事の際には下記のような暴落が一瞬で置きます。 個別銘柄のリスクを排除して、市場好調期に大儲けしたいのであれば、を活用する戦略もお勧めです。 不安が無い戦略と銘柄を利用すると良いでしょうね。 なお市場全体が停滞している時期には、多くの銘柄がクソ株化して儲けるのが難しくなります。 そのような時期には、を賢く活用すると利益につながります。 2015年11月時点で管理人がチェックした電気・ガス業 銘柄.

次の

9501の株価とチャート — TSE:9501 — TradingView

株価 9501

, , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• 高値の推移は 405-390 切り下げ 安値の推移は 341-338 切り下げ 高値切り下げ安値切り下げの下降トレンド。 昨年11月から75日移動平均線を超えられずに下落しています。 321円の安値のあとは341円と安値を切り上げましたが、次の安値は338円と切り下げ。 これでトレンドレスから下降トレンドに戻っています。 338円からは75日移動平均線を試しに来ています。 ここで75日移動平均線を超えることができれば長く続いた下降トレンドから上昇トレンドに転換する可能性が高くなります。 過去20年間のデータからのアノマリーでは、超短期で下となっています。 6月3日から2営業日の株価は20年で3勝14敗 敗率85% このことから75日移動平均線をすぐに超えるのではなく、2日程度もたつくか、一度反落する可能...

次の

東京電力ホールディングス(東電HD)【9501】株の基本情報|株探(かぶたん)

株価 9501

なぜ東電の株価は下がるのか? 東京電力の株価が下がる原因として考えられるのは、廃炉や事故処理にかかる莫大なお金が負担になっていると考えられていることが原因だと思われます。 原発は2019年7月8日現在では、7基稼働しており、それ以外は停止や審査などにより動いていません。 原子力発電所の再稼働だけでも厳しい状態におかれており、今後は脱原発による新しいエネルギー戦略をとることが求められています。 今後も、原発に関する情報があまりよくない場合は、株価も上がりにくいと考えられます。 良い情報が出てこない 東京電力の株価が下がっている原因に、良い情報が入ってこないということもあると思われます。 株価が上がる要因には良い材料が必要ですが、東京電力の場合、良い材料があまりありません。 こうした場合、投資家にとって良い材料がなく、株価の上がらない銘柄はさっさと損切りすることになるため、株価がズルズルと下がっているのではないか?と考えることができます。 投資家にとって、良い材料がなく、上がらないというのは、保有するには厳しい状態であることは変わりません。 今後も、株価の動きがあまり良くなければ、ズルズルと下がることは十分にあり得ると思います。 株価はまた上がるのか? 東電の株価が上がるためには良い材料が不可欠です。 東京電力の経営状況は、事故後、徐々に改善しているので、そこは特に問題はないと考えています。 また、良い決算が出ても株価が上がるとは限らないので、今後どうなるかは雰囲気次第と言っても過言ではありません。 正直言って、良い雰囲気になれば上がってくると思いますが、あまり良い雰囲気ではないから停滞していると感じています。 もはや、雰囲気で株価は動いているのかもしれませんね。 そんじゃ、また明日。

次の