ラーメン きか ん ぼう。 “カラシビ”味噌ラーメンをほぼ完ペキに再現、「鬼金棒」コラボカップ麺は名作か?

【実食】ファミマ 鬼金棒(きかんぼう) カラシビ味噌らー麺 カップ麺 2018

ラーメン きか ん ぼう

「鬼に金棒」と書いて「きかんぼう」と読ませるこの店は、あの名店の店長が独立出店。 限定などでも名作・奇作を産み出してきた創作能力抜群のセンス。 中でもは、記憶に残る名作だと思う。 しかし、自分の店を構えるとなるとまずは基本の味が大事。 「麺屋武蔵」グループ出身の店はベースに「麺屋武蔵」時代の味を継承することが多いが、こちらは違った。 味噌ラーメンで、しかもピリ辛でシビれる「カラシビ」という名称を提案。 唐辛子の辛さと山椒のシビレ具合がねじれた太麺に絡んですこぶる心地よい。 入口上の鬼のオブジェが印象に残る。 店内はカウンターのみでラーメン屋さんらしい。 注文のたびに鍋で作り上げる熱々スープに炒めたシャキシャキもやし、チャーシュー、ヤングコーンが揃って身も心もホット。 流れる汗が満足度合いをも示している。 ちなみにヤングコーンは店名の「金棒」をイメージした具材。

次の

東京の激辛ラーメンを厳選!見た目から激辛すぎる、辛さが癖になる5杯

ラーメン きか ん ぼう

鬼金棒 神田店 舞台となる鬼金棒。 僕が通うのは神田にある店舗です。 どうでしょう、この堂々とした店構え。 そもそも鬼金棒(きかんぼう)なんて一見さんが読めるはずありません。 僕も最初の頃は『おにかなぼう』って読んでました。 その名の通り、店内の至る所に鬼をモチーフにした飾り付けが施されていて、気分はまるで地獄で食事をしているかのような雰囲気です。 目の前の調理場からは野菜を炒める時の炎が地獄さながらの様子を演出しています。 鬼金棒のカラシビ味噌ラーメン 鬼金棒を代表するラーメンは『 カラシビ味噌ラーメン』です。 カラシビとは何ぞや?と思うでしょうが、『カラ=辛さ』『シビ=シビレ』を意味しています。 そう、鬼金棒の味噌ラーメンは唐辛子の辛さと山椒のシビレを同時に味わうことができるのが一番の特徴なんです。 辛さとシビレはラーメンを注文するときにお好みで選ぶことができます。 抜き〜増しまでは無料で調整できますが、鬼増しと呼ばれる最高レベルはそれぞれ100円の割増料金がかかります。 今でこそ辛さに加えて山椒を効かせたラーメンや食べ物が多く聞かれるようになりましたが、鬼金棒のカラシビ味噌ラーメンはそのパイオニア的存在ともいえます。 鬼金棒神田店は開店直後でない限り、いつ行ってもだいたい行列が出来ています。 30分前後は並ぶであろうことを覚悟しておきましょう。 カラシビ味噌ラーメン こいつが噂のカラシビ味噌ラーメンです。 モヤシ増し(有料)、辛さ普通のシビレ増しで注文しました。 僕がいつも食べるのは辛さ普通のシビレ増しです。 これ以上辛くしてしまうと舌がヒリヒリ痛むだけで、肝心の味がわからなくなってしまいます。 山椒のシビレはちょっと物足りないかな?と思いつつ、適度なシビレ感を楽しむことができるレベルです。 明らかに赤色が増えていることがわかります。 程よい辛さが好きな人は『辛さ普通』が一番食べやすいはず。 麺は中太でスープによく絡みます。 唐辛子の辛さは知っていても、山椒のシビレも一緒に楽しめるラーメンというのは未知の感覚かもしれません。 一口食べると口の中に山椒独特の香りがふわりと広がり、数口食べるとだんだん舌先がシビレてくるのがわかるでしょう。 個人的におすすめな食べ方として、 ラーメンを食べ終えるまで水を口にしないことです。 山椒で舌の感覚が麻痺した状態で水を飲むとあら不思議。 ただの水が 砂糖水のように甘く感じるんです! この摩訶不思議な体験をぜひとも味わってもらいたいと思います。 辛さ抜き、シビレ抜きでも楽しめる鬼金棒 鬼金棒のラーメンは味噌ラーメンがベースです。 そこに辛さとシビレのトッピングがプラスされ、鬼金棒独自のセールスポイントとして売っているわけ。 ところが鬼金棒の味噌ラーメンは『辛さ抜き、シビレ抜き』で余計なトッピングを抜いた純粋な味噌ラーメンとしても非常にレベルの高い一杯といえます。 濃厚でコクのある味噌スープは今まで食べてきたどんな味噌ラーメンよりもおいしく、食べる者を魅了する味わいがあります。 厚さがあり、ホロリと崩れるチャーシューにシャキシャキのモヤシ、さらにヤングコーンのコリッとした食感は一度食べると必ず病みつきになります。 いわゆる『抜き抜き(怪しい言葉じゃありません、念のため』で注文するお客さんは少ないかもしれませんが、ぜひ試してほしいオススメの食べ方です。 シビレの鬼増し(有料)は後悔するのでオススメしない 鬼金棒に30回以上は通っている僕はいつも『辛さ普通、シビレ増し』で注文していました。 辛さは十分満足ですが、ここは100円払ってさらにレベルの高い シビレ鬼増しを注文してみることにしました。 なんでしょう、人って辛さとかシビレを一度経験してしまうとバカになってしまい、どんどん強度を上げていってしまうものなんですね・・・。 僕としたことが、シビレ鬼増しの写真を撮り忘れてしまったのでネットで拝借してきました。 どうです、表面を覆い尽くさんばかりの茶色い山椒、山椒、山椒! これが鬼増しです。 ラーメンが目の前に届いた瞬間から山椒の強い香りが漂います。 鬼増しを注文すると容器が黒色で運ばれてきます。 力強さを感じさせますよね・・・。 さて、かねてから楽しみにしていたシビレ鬼増しですが、ぜひ興味がある人は試してほしいと思う一方で、 僕は今後シビレ鬼増しを注文することはないと思うことをここにお伝えしておきます。 舌、口、くちびるが麻痺する 従来の『シビレ増し』から格段にレベルアップしたシビレが襲いかかります。 食べ始めて2口目には『シビレ増し』を完食した時に感じる、舌先がピリピリとシビレるレベルにあっという間に到達します。 3口目以降から舌先から中央、そして舌全体に広がり、舌だけでは足りなくなって口の中全体がシビレ始めます。 半分を食べる頃にはくちびるにまでシビレが伝染し、まるで 微弱な電流が絶えず口の中に流れ続けているかのよう。 炭酸の泡をもっと小さくしたものが口の中のあらゆる箇所でずっと弾け続けている感覚というとわかりやすいでしょう。 ラーメンの味がわからない 先にも書いたように、僕は辛さとシビレを完全に抜いた状態でも鬼金棒のラーメンは大好きです。 辛さとシビレを楽しむ一方で、ラーメンそのものの味も楽しむために鬼金棒に通っています。 ところがシビレ鬼増しをすると味覚が一時的に破壊されてしまうため、ラーメンの味すらわからなくなります。 純粋にラーメンの味を楽しみたい人に鬼増しはオススメできません。 香草が苦手な人は気分が悪くなる 山椒が大量に集まるとかなり強い香りを放ちます。 シビレ増しまでの山椒は『いい香り』で済みましたが、鬼増しレベルで山椒が集まると いい香りを通り越して 気分が悪いレベルです。 僕はパクチーやセロリなど、独特な香りを持つ香草が苦手です。 無理したら水で流し込むことはできますが、自分から食べることはまずありません。 僕と同じように香草が苦手な人だと、大量の山椒が降り掛かった鬼増しの香りはキツイかもしれません。 水を飲んだ時の甘さはカスタードクリーム級 カラシビ味噌ラーメンの楽しみ方は、 ラーメンを完食した後の水です。 シビレが口全体に広がっているため、カスタードクリームのようにまろやかでコクのある甘みが広がります。 ところがあくまでも水は水。 甘みだけが残り、香りはゼロというなんとも不思議な感覚に包まれます。 一度は行きたい鬼金棒 鬼増しは興味がある人はぜひ試してみて下さい。 僕はなんとか完食しましたが、やっぱりシビレ増しのレベルで今後も楽しみたいと思っています。 鬼金棒のカラシビ味噌ラーメンには中毒性があります。 こうやって記事を書いている間にもすでに鬼金棒に行きたい願望が沸々と沸き起こっています。 行列で待たされることはほぼ必至なので、時間に余裕を持って行きたいですね。 鬼金棒(きかんぼう)神田店 [月~土・祝] 11:00~21:30 L. O [日] 11:00~16:00 L.

次の

鬼金棒(きかんぼう)「カラシビつけ麺 ダブル鬼増し」: 3姉妹激辛行脚#9

ラーメン きか ん ぼう

ラーメンとか ぶらいあんってどんなお店? 静岡市駿河区池田、東静岡駅から徒歩10分程の南幹線沿いにあるとんこつラーメンのお店。 元々はでびっとラーメンがあった場所が、でびっと閉店後ぶらいあんとなりました。 横浜家系や、ガーリックとんこつ、豚めし等、こってりメニューが豊富な豚好きにはたまらないお店。 濃厚な豚骨系がメインですが、昔ながらの中華そばもありますよ。 汗をかく力仕事をしている人に求められそうなメニュー構成です。 ラーメンとかぶらいあんの店舗情報 ラーメンとかぶらいあんのメニュー 人気の横浜家系をいただきました! 店名 ラーメンとか ぶらいあん 住所 静岡県静岡市駿河区池田166-3 TEL 054-298-7600 営業時間 11:00〜23:00(L. ) 駐車場について 有料駐車場となっていますが、ラーメンとかぶらいあんを利用すると90分無料チケットがもらえますので、安心して利用してください。 駐車場は南幹線に面しているので、非常に交通量が多いです。 注意して駐車してくださいね。 ラーメンとかぶらいあんのメニュー ぶらいあんさんは食券制です。 入り口を入ると目の前に券売機があるので、こちらで購入しましょう。 しかしながら、とにかくメニューの多さに驚きますね!券売機のボタンは多いし、店内にもメニューのポップがたくさん貼られています。 仕込みが大変そうだなぁーと、いらぬ心配をしちゃいます。 初来店の人は、何を頼めばいいか迷っちゃうかも!? ラーメン 横浜家系 730円 GTP(ガリトンペッパー) 720円 とんこつ 680円 中華そば 680円 つけそば 680円 煮干トン 750円 台湾ラーメン 720円 台湾まぜそば 750円 しお中華 680円 トッピング のり 100円 味たま 100円 キムチ 100円 高菜 100円 メンマ 100円 ねぎ 100円 チャーシュー 250円 ガリガリガーリック 100円 サイドメニュー ハラミめし 380円 ハラミめし 大 580円 豚めし 380円 スタミナにんにく豚めし 380円 チャーシューめし 250円 ギョーザ 350円 唐揚げ 350円 麻婆豆腐 500円 店名に「ラーメンとか」と入る通り、ラーメン以外のメニューも豊富で、選ぶ楽しさがありますね!期間限定のメニューもあるので、常連さんを飽きさせません! 人気の横浜家系ラーメンをいただきます! 横浜家系ラーメン(730円) オススメのメニューを店員さんに聞いたところ、「どれも美味しいですが、最近は横浜家系がよく出ますよ!」とのことで、ぶらいあんの横浜家系をオーダー!にんにく乗せてOKか問われたので、もちろんですよ!と答えます。 具材はチャーシュー、ほうれん草、のり、ねぎ、にんにくといった構成。 ねぎ好きとしては、ねぎが少量だったのが少し残念。 替え玉を想定しての味付けなのか、若干塩味が強い気がします。 ただ豚の臭みはなく、とっても飲みやすい味で美味しいスープです! 麺は中太の平打ちです。 オーダー時に麺の硬さを聞かれたので、普通でお願いしましたが、この茹で加減が最高でした。 芯に一本歯ごたえが残っていて、プツンという気持ちのいい噛み応え。 平打ちなのもすすりやすくてGOODです! そしてこのチャーシューが激ウマです!脂少なめなお肉で、プリンとした歯ごたえが最高に美味しいです!家系ラーメンにとってチャーシューの美味さは非常に重要なので、こういうチャーシューが乗っていると嬉しくなっちゃいます。 おもてなしもしっかり!気配りが行き届いたお店です 男性が好きそうな豚メインのお店ではありますが、女性のお客様への気配りも忘れてはいません。 紙エプロンやヘアゴムの用意もありますので、必要な方はお気軽に店員さんへ声をかけてください。 卓上アイテムも、ごま・にんにく・一味唐辛子・紅生姜・コショウとバッチリ揃っています。 昨今問題になっている新型コロナウイルスの影響で、にんにくが高騰していると思われますが、ラーメンのトッピングのみならず、卓上にもこうして刻みにんにくを置いくれているなんて、なんてお客さん思いのお店なんでしょう! 店員さんの対応もとっても良くて、居心地のいいお店でした!ラーメンやサイドメニューも豊富にあるので、また来店して色々なメニューを試してみたいですね!.

次の