八千代 町 殺人。 八千代町

八千代町

八千代 町 殺人

事件の概要 9月2日、茨木県八千代町の高齢者夫婦が刃物で襲われ夫が死亡、妻も刺し逃走後逮捕された事件です。 先月24日未明、茨城県八千代町の住宅で無職の大里功さん(76)が胸などを刺されて死亡、妻の裕子さん(73)が重傷を負った事件で、グエン容疑者は裕子さんに対する殺人未遂の疑いで2日に逮捕されました。 現場には凶器とみられる包丁が落ちていましたが、その後の捜査関係者への取材で、事件前日の午後5時ごろに、グエン容疑者が近くのホームセンターで包丁を買う様子が防犯カメラに映っていたことが新たにわかりました。 捜査関係者によりますと、取り調べに対して、グエン容疑者は包丁を買ったことを認める一方で、裕子さんへの殺人未遂容疑については否認しているということです。 また、グエン容疑者は普段、大里さんの家の近くの畑で農作業をしていたということで、警察はグエン容疑者と大里さん夫婦の接点についても捜査を進めています。 スポンサーリンク グエン・ディン・ハイの笑みの顔画像 身柄を検察に送られる際カメラに気付くと一瞬浮かべた謎の笑みは何だったのでしょう。 凶悪な殺人容疑者は、どんな心境をしている21歳なのか。 グエン容疑者を知る人は、 「おとなしくて、そんなような人じゃないと思った。 勤務態度に問題は? 問題ない」 「 最近も畑に? 行ってたよ。 トマト作ってるから。 一生懸命やってたよ。 いつもと変わらず? 変わらず」 と話したという。 実習先の農家関係者によると、グエン容疑者と夫婦との接点について心当たりがないと話しているということです。 動機は? 計画的な怨恨を感じられる強い殺意の動機とは何だったのでしょうか。 「包丁は買ったが、自転車で家に帰る途中になくした」と事件前日、包丁を買った事は認めているものの、殺人未遂についてはまだ否定しているとの事です。 ハイ容疑者の宿舎は、大里さん宅から歩いて30分の約2キロ離れた他のベトナム人農業実習生ら数人と生活していた。 周りが畑が沢山あるので、すれ違いなどの多少の顔見知りだった可能性もあります。 ですが大里さんは無職で雇用主ではないので、金銭トラブルは考えにくい。 事実、金品を物色した形跡はなかったとの事です。 容疑者の在留期間は、11月27日までの1年間だったという。 日本に来る前までは技術を習得し稼いで帰国する夢を見て来日したと推測できます。 9ヵ月間で思い描いていた期待と現実との違いに、絶望するような何かあったのかも知れません。 なぜ大里さんに怨恨を向けたのかは、まだ捜査中ですので、詳細が分かり次第追記します。 スポンサーリンク 茨城県は外国人実習生受け入れNO. 1 外国人技能実習制度は、主に開発途上国の労働者を一定期間日本で受け入れ、技術や知識を学んでもらい、本国の発展に生かしてもらうことを目的としています。 当初1993年に制度化されました。 本来は「国際協力・貢献」のための制度です。 ですが現在では、日本の労働者不足を補うための制度という側面は否めません。 「仕事がきつい」「お金がもらえない」「もう帰りたい」等と外国人技能実習生が、期待とは違う厳しい現実に苦しむ実習生が相次いでいるという。 外国人実習生を受け入れた事業所では、長時間労働などの法令違反があったことが数多く報告されています。 茨城県は外国人実習生が日本一で就労者の30%が外国人 東南アジア だという。 親日国のベトナムだが、生活習慣も違いゴミの出し方など苦情などもあるという事です。 追記:9月5日 部屋に残された足の指紋がグエン・ディン・ハイと一致 その後の捜査関係者への取材で、現場に残された足の指紋にあたる足紋の一部が、グエン容疑者のものと一致していたことが新たに分かった。 警察は、グエン容疑者が靴を脱いで侵入し、大里さん夫婦を襲ったとみて動機の解明を進めている。 夏だから靴下をはかずにいた!? 逮捕されたても尚容疑をなぜ否認しているのかは、ベトナムに毎夜電話していた母親の顔を思い浮かべていたのかも知れません。 動かない証拠が出た以上は、動機についての供述はもうすぐ出ると思われます。 次男の証言によると、殺害された功さんは自分の4畳半の寝室で倒れて、重傷を負った裕子さんは縁側で倒れていた。 功さんの部屋の窓が網戸だけの状態で、他はすべて施錠してあったという事です。 次男はずっと気が動転している状態だったという。 関連記事 事件現場はここ 茨木県八千代町平塚 周囲は田園に囲まれたのどかそうな地域で、近隣住民は不審者など見かけた事がないという。 大里功さん宅には約15年前に盗みに入られた事があったのに、それ以降も窓の鍵をかけず、網戸の状態で寝ていた。 まさか凶悪事件が起きるワケが無いと、田舎ではカギを掛けない家が沢山ありそうです。 ネットの反応 ・ こういう事件は増えるだろうなぁ…。 日本に来てみたものの期待したほど稼げるわけじゃなく,周りの日本人は楽に暮らしているように見えたりするし。 ・ 受入企業の対応を注視したい。 ・ いきなり若い男に襲われたら太刀打ちできないよな ・ 実習生は闇が深いからなぁ? ・ 親日なのに、残念です。 ・ 日本に来れば、手に職がつく・稼げる… 日本人ですら日本で働くのは厳しい事なのに何らかの幻想があって来日してくるのかね より引用 スポンサーリンク.

次の

殺人

八千代 町 殺人

事件の概要 9月23日未明、同町の住宅に住む小林光則さん(48)と妻の美和さん(50)が首や顔を切られ、殺害された事件です。 家は1階、2階ともに無施錠だったことから、犯人は易々と侵入できたと思われる。 小林さん夫婦は2階で寝ていたところを鋭利な刃物のようなもので襲われた。 次女の証言では催涙スプレーも使われたようだ。 現場近くには犯人が使用したと思われる血痕がついたスリッパが捨てられ、家族以外の人物の足跡も見つかっている。 室内は物色した形跡がなく、最初から家族を狙った犯行だと推測されている。 子供たちは『怖くて動けなかった』と話している」(社会部記者) 小林さん一家は約10年前、埼玉県内から境町に引っ越してきたという。 「この家はもともとお母さん(美和さん)のご実家。 お爺さんが亡くなって、『お婆さん一人だと大変だから』ってこっちに越してきた。 子供たちは元気によく外で遊び回っていました。 お兄ちゃんは野球が好きでチームにも入っていた。 大学生のお姉ちゃんはおとなしい感じの子で、地元の高校を卒業して、今では県外の大学まで車と電車を乗り継いで通っていた。 最近は彼氏ができたようで、近所で姿を見かけたこともありました。 お婆さんは最近体調を悪くなさったようで、病院に入られたそうです」(近隣住民) スポンサーリンク 殺害状況が酷似している大里功さん夫妻殺傷との共通点 先月8月24日、茨城県八千代町の住宅で大里功さん(76)が殺害され、妻の裕子さん(73)が刺されて重傷を負った事件がありました。 親子で暮らしていた高齢者夫婦を突然刃物で襲った事件で、殺害状況が類似している内容です。 * 茨城県の自然豊かな中の一軒家 * 周囲は畑などが多く近隣住民は農業を営む環境 * 被害者は農業をしていない * 就寝中を襲う * 凶器に準備した刃物を使用 * 強い殺意の計画的犯行 * 致命的な一撃必殺の首や胸などを狙う深い刺し傷 * 初めから怨恨と思われる強い殺意 * 目出し帽や帽子にマスクなどで顔を隠す * 言葉を発しなかった * 部屋に侵入したのは足音を刺せない為か土足ではなかった * 金品など荒らされた形跡がない * 近隣住民の評判は被害者が恨みを買う様な人ではない * 別棟・別の階にいる家族は襲われてない 類似点の多い手口の犯行でした。 今回小林さん宅の家の周辺には大きな木々があり、平日にたくさんの車が駐車していたとしても釣り堀客の車もあり不審車両があってもなかなか気付かない。 以前この辺りで空き巣や盗難事件などもあったようで物騒だと言われていますが、内容が違い殺人目的という犯行です。 スポンサーリンク 犯人はベトナム人? 大里さん夫婦を襲い犯行現場の足跡が一致した起訴されたグエン・ディン・ハイは茨木県八千代町トマト畑で働いていました。 今回の事件の堺町はレタスの発祥の地として茨城県のレタス生産量は全国第2位となっている しかし、農業後継者が少なくなり高齢化が進み露地野菜は栽培や収穫に手間がかかり、人手不足は長年の課題となっているのが現実です。 外国人技能習性に受け入れNO. 1の茨城県ですが、毎月給料を払う為に収穫時期が限られている果物では採算が合わず、年間何度も収穫できる葉物野菜に切り替えているようです。 特に需要が多い東京にその日の内に配送する為夜明け前から収穫をはじめるのだとか。 鮮度が重視されるスピード出荷を担う人手をベトナム人など東南アジアの農業実習生が欠かせないのだそう。 起訴されたグエン・ディン・ハイ容疑者の認否は明らかにされておらず動機については報道されていないのですが、酷似した今回の犯行も農業実習性のベトナム人の仮説も成り立つのではないでしょうか。 小林さん宅を怪しまれず様子をうかがう事ができる釣り堀センターが道を挟んだ隣にあります。 スポンサーリンク 釣り堀センターは美和さんの両親が かつて営んでいた 家の隣にある釣り堀センターが、美和さんの両親が以前鯉の釣堀と金魚の養殖を営んでいたという。 働き者で評判のよい夫婦の一軒家は、雑木林と田畑に囲まれている。 一見、地元住民しか知らなそうな田んぼの脇を走る農道の奥に小林家はポツリとある。 美和さんの両親は、かつて鯉の釣堀と金魚の養殖を営んでいた。 現場の目の前にも地元で人気の大きな釣堀があり、県外からも多くの釣り客が訪れ、土日は100人を越えるという。 小林光則さんと美和さんは共働きで子供達の為に一生懸命まじめに働いていたという。 この釣り堀センターの所有権は現在どのようになっているか分かりませんが、外国人実習生から見たら裕福に見えたのかも知れません。 事件現場はここ すぐ傍の利根川を挟んだ西側は、千葉県野田市になり埼玉県とも隣接する境界の場所で周りは田畑が多い平地です。 事件のあった小林さんの宅地は、高い木が茂り森の中の一軒家のようで中の様子は見えにくい状況です。 釣り堀の向こう側にある木々の中に小林さん宅がある。 桟橋からの釣りができる兎谷津へら鮒センターは東側に大池と西側に小池の2つの池でへら釣をする人には知られていて、土日は大勢の釣り人が訪れるという スポット。 釣りをしながら移動し小林さん宅の家族の出入りなどの様子を怪しまれず 、堂々と伺い知る事ができるのではないでしょうか。 ネットの反応 茨城県一家殺害事件 隣に釣り堀するところがあるので釣り堀しに来た人の可能性が高い 釣り堀しに来た時、親しくなって家族なんかの情報を得てた可能性がある 隣のうちまで300mということからあまり周りとの付き合いはなかった可能性がある 抜け道を知っている人、あるいは犬と親しい人か? — music332y music332y 茨城県猿島郡境町若林で殺人事件、小林光則さん 48 と小林美和さん 50 夫妻が刺されて死亡。 お金があるような家には見えないな〜、物盗りではなさそう。 家の間取りを知ってるみたいだし、家に入れたことがある人物が犯人なんじゃないの? スリッパ、足跡、スプレーって用意周到だな。 子供が可哀想。 お金があるような家には見えないな〜、物盗りではなさそう。 家の間取りを知ってるみたいだし、家に入れたことがある人物が犯人なんじゃないの? スリッパ、足跡、スプレーって用意周到だな。 子供が可哀想。

次の

殺人

八千代 町 殺人

事件の概要 9月2日、茨木県八千代町の高齢者夫婦が刃物で襲われ夫が死亡、妻も刺し逃走後逮捕された事件です。 先月24日未明、茨城県八千代町の住宅で無職の大里功さん(76)が胸などを刺されて死亡、妻の裕子さん(73)が重傷を負った事件で、グエン容疑者は裕子さんに対する殺人未遂の疑いで2日に逮捕されました。 現場には凶器とみられる包丁が落ちていましたが、その後の捜査関係者への取材で、事件前日の午後5時ごろに、グエン容疑者が近くのホームセンターで包丁を買う様子が防犯カメラに映っていたことが新たにわかりました。 捜査関係者によりますと、取り調べに対して、グエン容疑者は包丁を買ったことを認める一方で、裕子さんへの殺人未遂容疑については否認しているということです。 また、グエン容疑者は普段、大里さんの家の近くの畑で農作業をしていたということで、警察はグエン容疑者と大里さん夫婦の接点についても捜査を進めています。 スポンサーリンク グエン・ディン・ハイの笑みの顔画像 身柄を検察に送られる際カメラに気付くと一瞬浮かべた謎の笑みは何だったのでしょう。 凶悪な殺人容疑者は、どんな心境をしている21歳なのか。 グエン容疑者を知る人は、 「おとなしくて、そんなような人じゃないと思った。 勤務態度に問題は? 問題ない」 「 最近も畑に? 行ってたよ。 トマト作ってるから。 一生懸命やってたよ。 いつもと変わらず? 変わらず」 と話したという。 実習先の農家関係者によると、グエン容疑者と夫婦との接点について心当たりがないと話しているということです。 動機は? 計画的な怨恨を感じられる強い殺意の動機とは何だったのでしょうか。 「包丁は買ったが、自転車で家に帰る途中になくした」と事件前日、包丁を買った事は認めているものの、殺人未遂についてはまだ否定しているとの事です。 ハイ容疑者の宿舎は、大里さん宅から歩いて30分の約2キロ離れた他のベトナム人農業実習生ら数人と生活していた。 周りが畑が沢山あるので、すれ違いなどの多少の顔見知りだった可能性もあります。 ですが大里さんは無職で雇用主ではないので、金銭トラブルは考えにくい。 事実、金品を物色した形跡はなかったとの事です。 容疑者の在留期間は、11月27日までの1年間だったという。 日本に来る前までは技術を習得し稼いで帰国する夢を見て来日したと推測できます。 9ヵ月間で思い描いていた期待と現実との違いに、絶望するような何かあったのかも知れません。 なぜ大里さんに怨恨を向けたのかは、まだ捜査中ですので、詳細が分かり次第追記します。 スポンサーリンク 茨城県は外国人実習生受け入れNO. 1 外国人技能実習制度は、主に開発途上国の労働者を一定期間日本で受け入れ、技術や知識を学んでもらい、本国の発展に生かしてもらうことを目的としています。 当初1993年に制度化されました。 本来は「国際協力・貢献」のための制度です。 ですが現在では、日本の労働者不足を補うための制度という側面は否めません。 「仕事がきつい」「お金がもらえない」「もう帰りたい」等と外国人技能実習生が、期待とは違う厳しい現実に苦しむ実習生が相次いでいるという。 外国人実習生を受け入れた事業所では、長時間労働などの法令違反があったことが数多く報告されています。 茨城県は外国人実習生が日本一で就労者の30%が外国人 東南アジア だという。 親日国のベトナムだが、生活習慣も違いゴミの出し方など苦情などもあるという事です。 追記:9月5日 部屋に残された足の指紋がグエン・ディン・ハイと一致 その後の捜査関係者への取材で、現場に残された足の指紋にあたる足紋の一部が、グエン容疑者のものと一致していたことが新たに分かった。 警察は、グエン容疑者が靴を脱いで侵入し、大里さん夫婦を襲ったとみて動機の解明を進めている。 夏だから靴下をはかずにいた!? 逮捕されたても尚容疑をなぜ否認しているのかは、ベトナムに毎夜電話していた母親の顔を思い浮かべていたのかも知れません。 動かない証拠が出た以上は、動機についての供述はもうすぐ出ると思われます。 次男の証言によると、殺害された功さんは自分の4畳半の寝室で倒れて、重傷を負った裕子さんは縁側で倒れていた。 功さんの部屋の窓が網戸だけの状態で、他はすべて施錠してあったという事です。 次男はずっと気が動転している状態だったという。 関連記事 事件現場はここ 茨木県八千代町平塚 周囲は田園に囲まれたのどかそうな地域で、近隣住民は不審者など見かけた事がないという。 大里功さん宅には約15年前に盗みに入られた事があったのに、それ以降も窓の鍵をかけず、網戸の状態で寝ていた。 まさか凶悪事件が起きるワケが無いと、田舎ではカギを掛けない家が沢山ありそうです。 ネットの反応 ・ こういう事件は増えるだろうなぁ…。 日本に来てみたものの期待したほど稼げるわけじゃなく,周りの日本人は楽に暮らしているように見えたりするし。 ・ 受入企業の対応を注視したい。 ・ いきなり若い男に襲われたら太刀打ちできないよな ・ 実習生は闇が深いからなぁ? ・ 親日なのに、残念です。 ・ 日本に来れば、手に職がつく・稼げる… 日本人ですら日本で働くのは厳しい事なのに何らかの幻想があって来日してくるのかね より引用 スポンサーリンク.

次の