週刊 文春 オンライン。 週刊文春

黒川検事長が今月、産経記者や朝日社員と「賭けマージャン」か…週刊文春報道 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

週刊 文春 オンライン

関連記事• 鳥山明氏の『DRAGON BALL(ドラゴンボール)』の担当編集者だったマシリトこと鳥嶋和彦氏はかつて、同作のビデオゲームを開発していたバンダイに対して、数億円の予算を投じたゲーム開発をいったん中止させた。 それはいったいなぜなのか。 そしてそのとき、ゲーム会社と原作元の間にはどのような考え方の違いがあったのか。 2020年4月1日より健康増進法の一部を改正する法律が全面施行される。 これにより、飲食店やオフィスなど多くの場所が原則屋内禁煙になり、喫煙環境が大きく変わることが見込まれる。 飲食店やたばこ業界が対応に追われるなか、喫煙環境の変化を好機と捉える動きも出てきた。 フィリップモリスジャパンは、加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」専用のたばこスティック「マールボロ・ヒートスティック・ブライト・メンソール」を3月16日に発売した。 『ドラゴンボール』の担当編集者だったマシリトはかつて、同作のビデオゲームを開発していたバンダイのプロデューサーに対して、数億円の予算を投じたそのゲーム開発をいったん中止させるという、強烈なダメ出しをした。 ゲーム会社と原作元の間にはどのような考え方の違いがあったのか。 「クソゲーを生む悪循環」をいかにして断ち切ったのか?• 『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長・鳥嶋和彦さんだ。 『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さんをライターからゲームの世界に送り出すなど、「伝説」を残してきた鳥嶋さんだが、入社当時は漫画を一切読んだことがなく『ジャンプ』も大嫌いだった。 自分のやりたくない仕事で、いかにして結果を出してきたのか。 日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を3回に分けてお届けする中編。 なぜ滝沢秀明はジャニー喜多川の「後継者」となれたのか? その理由に迫る。 『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長である鳥嶋和彦さんだ。 今回は『ドラゴンボール』がいかにして生まれたのかをお届けする。 コミケの初代代表である原田央男氏がリードする形で、文化学園大学の学生からの質問に直接答えた。 ジャンプ「伝説の編集長」マシリトこと鳥嶋和彦氏、人気スマホゲーム「FGO」の誕生に関わったマーケター小沼竜太氏、電ファミニコゲーマー編集長TAITAIこと平信一氏が『ドラゴンボール』のような作品をいかに見つけ、生み出していくかを語った。 ジャンプ「伝説の編集長」マシリトこと鳥嶋和彦氏、人気スマホゲーム「FGO」の誕生に関わったマーケター小沼竜太氏、電ファミニコゲーマー編集長TAITAIこと平信一氏が才能を育てる極意を語った。 『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長である鳥嶋和彦さんだ。 今回は白泉社の社長としていかなる人材育成をしてきたのかを聞き、鳥嶋さんの組織論に迫った。 平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。 ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。 平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。 ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。 ひろゆきはなぜ「日本の未来」を憂うのか?• ホリエモンはなぜ「子宮頸がんワクチン」を推進しているのだろうか。 その裏には、政治に翻弄された「守れるはずの命」があった。 ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」が運営元であるドワンゴから独立するというニュースは話題になった。 日本でも指折りのゲーム報道媒体として親しまれてきた同サイトだが、Webメディアとしてどうマネタイズできるかを模索している。 ゲームニュースの一線に身を置き続けてきた平信一氏に、描くメディアの未来像について直撃した。

次の

週刊文春の東洋経済オンラインへの「誤爆」にみる砲弾の劣化

週刊 文春 オンライン

週刊文春ミステリーベスト10(しゅうかんぶんしゅんミステリーベストテン)は、発行の『』年末発売号で発表される、の。 末に開始された。 毎年の秀逸なを選定するアンケートを実施し、そのランキングを発表する。 年を翌年表記にしている『』や『』と異なり、『週刊文春』のランキングでは年が当年表記になっている。 たとえば『週刊文春』の「2010ミステリーベスト10」(2010年12月9日号掲載)は2010年度(2009年11月 - 2010年10月)の書籍を対象としたランキングであり、『このミステリーがすごい! 2011年版』や『2011 本格ミステリ・ベスト10』と対応している。 アンケート回答者および回答者数 [ ] 当初はの会員のみにアンケートをとっていたが、1984年版よりアンケート枠が広げられ、その他の書評家や雑誌記者も加わった。 2002年版からは書店員も投票に加わっている。 これにともなって誌上で示されるキャッチコピーは以下のように変遷している。 1977-1994年版:「日本推理作家協会全会員(に)アンケート」• 1995-2002年版:「日本推理作家協会全会員(、)ミステリー通大アンケート」• 2003-2005年版:「日本推理作家協会員、ミステリー通、全国有力書店員が選ぶ! 2006-2011年版:「全国のミステリー通、書店員が選ぶ! 」 (括弧内の文字・記号は、ある場合とない場合がある) アンケートの回答者数は1999年版で初めて示された(以下でランキングとともに示す)。 日本の年度別ミステリーランキングの中では週刊文春のランキングがもっとも回答者数が多い。 部門 [ ] 最初の6年間は日本の作品と翻訳作品とを分けていなかったが、1983年版より「国内部門」と「海外部門」の2つに分けてアンケートをとっている。 を受賞して日本国内で出版された『死がお待ちかね』()および『死のフェニーチェ劇場』(ドナ・M・レオン)は翻訳作品だが、国内部門で扱われている。 対象となる書籍およびランキング掲載時期 [ ] 対象となる書籍の発行日の変遷は以下のとおりである。 2000年版:前年12月1日 - 当年11月30日• 2001年版:前年12月1日 - 当年11月15日• 2002-2005年版:前年11月16日 - 当年11月15日• 2006年版:前年11月16日 - 当年10月31日• 2007年版以降:前年11月1日 - 当年10月31日 2007年版以降は『』や『』と同じく、前年11月から当年10月の発行書籍が対象となっている。 対象となる期間が前倒しになったことでランキング掲載時期も当初より数週間早くなっている。 1999年以前については対象となる期間が誌上で示されていない。 『このミステリーがすごい! 1994年版』(1993年12月)に掲載された匿名座談会では、週刊文春のミステリーランキングの対象期間は前年12月1日から当年11月25日であり、11月26日から30日までは「どちらの年度にも入らない空白の五日間」だとされている。 集計方法 [ ] 1991年版以降は、回答者それぞれがトップ5を選び、それを1位が5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点で集計している。 それ以前については誌上で集計方法が示されていない。 各作品の得点が示されるようになったのも1991年版からである。 2005年版より、自作への投票は無効とされた。 順位の発表 [ ] 何位まで発表されるかは年度によってばらつきがある。 1977-1982年版:ベスト10および「次点」を発表• 1983-1990年版:ベスト10のみ発表• 1991-1997年版:ベスト10および「次点」を発表• 1998年版:ベスト15を発表• 1999-2001年版:ベスト30を発表• 2002年版:ベスト15を発表• 2003-2005年版:ベスト10および「次点」を発表• 2006-2009年版:ベスト10のみ発表• 2010・2011年版:ベスト20を発表 インタビュー記事の掲載 [ ] 2005年版以降、国内部門1位の作者へのインタビューの掲載が恒例となっている。 また2010年版以降は海外部門1位の作者のコメントも掲載されている。 各年の結果 [ ] 1970年代 [ ] 海外部門• 羊たちの沈黙(トマス・ハリス)• (ウンベルト・エーコ)• シャドー81()• 検屍官(パトリシア・コーンウェル)• (ジェフリー・アーチャー)• 警察署長(スチュアート・ウッズ)• クリスマスのフロスト()• 死の蔵書()• (スティーヴン・キング)• (トム・クランシー)• 少年時代() ロウフィールド館の惨劇(ルース・レンデル)• (スティーヴン・キング)• ホッグ連続殺人()• 八百万の死にざま()• () フリッカー、あるいは映画の魔()• (スティーヴン・キング) 関連書籍 [ ]• 東西ミステリーベスト100 (文藝春秋編、文春文庫、1986年12月)• 傑作ミステリーベスト10 20世紀総集完全保存版 (週刊文春編集部編、文春文庫PLUS、2001年5月) 関連項目 [ ]• (1990年 選/1995年 選)• ミステリーのランキング• - 早川書房• - 講談社• - 南雲堂• - 東京創元社• 外部リンク [ ]• - 2000年以降の結果を掲載.

次の

週刊文春デジタル:週刊文春デジタル(週刊文春デジタル)

週刊 文春 オンライン

関連記事• 鳥山明氏の『DRAGON BALL(ドラゴンボール)』の担当編集者だったマシリトこと鳥嶋和彦氏はかつて、同作のビデオゲームを開発していたバンダイに対して、数億円の予算を投じたゲーム開発をいったん中止させた。 それはいったいなぜなのか。 そしてそのとき、ゲーム会社と原作元の間にはどのような考え方の違いがあったのか。 2020年4月1日より健康増進法の一部を改正する法律が全面施行される。 これにより、飲食店やオフィスなど多くの場所が原則屋内禁煙になり、喫煙環境が大きく変わることが見込まれる。 飲食店やたばこ業界が対応に追われるなか、喫煙環境の変化を好機と捉える動きも出てきた。 フィリップモリスジャパンは、加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」専用のたばこスティック「マールボロ・ヒートスティック・ブライト・メンソール」を3月16日に発売した。 『ドラゴンボール』の担当編集者だったマシリトはかつて、同作のビデオゲームを開発していたバンダイのプロデューサーに対して、数億円の予算を投じたそのゲーム開発をいったん中止させるという、強烈なダメ出しをした。 ゲーム会社と原作元の間にはどのような考え方の違いがあったのか。 「クソゲーを生む悪循環」をいかにして断ち切ったのか?• 『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長・鳥嶋和彦さんだ。 『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さんをライターからゲームの世界に送り出すなど、「伝説」を残してきた鳥嶋さんだが、入社当時は漫画を一切読んだことがなく『ジャンプ』も大嫌いだった。 自分のやりたくない仕事で、いかにして結果を出してきたのか。 日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を3回に分けてお届けする中編。 なぜ滝沢秀明はジャニー喜多川の「後継者」となれたのか? その理由に迫る。 『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長である鳥嶋和彦さんだ。 今回は『ドラゴンボール』がいかにして生まれたのかをお届けする。 コミケの初代代表である原田央男氏がリードする形で、文化学園大学の学生からの質問に直接答えた。 ジャンプ「伝説の編集長」マシリトこと鳥嶋和彦氏、人気スマホゲーム「FGO」の誕生に関わったマーケター小沼竜太氏、電ファミニコゲーマー編集長TAITAIこと平信一氏が『ドラゴンボール』のような作品をいかに見つけ、生み出していくかを語った。 ジャンプ「伝説の編集長」マシリトこと鳥嶋和彦氏、人気スマホゲーム「FGO」の誕生に関わったマーケター小沼竜太氏、電ファミニコゲーマー編集長TAITAIこと平信一氏が才能を育てる極意を語った。 『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長である鳥嶋和彦さんだ。 今回は白泉社の社長としていかなる人材育成をしてきたのかを聞き、鳥嶋さんの組織論に迫った。 平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。 ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。 平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。 ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。 ひろゆきはなぜ「日本の未来」を憂うのか?• ホリエモンはなぜ「子宮頸がんワクチン」を推進しているのだろうか。 その裏には、政治に翻弄された「守れるはずの命」があった。 ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」が運営元であるドワンゴから独立するというニュースは話題になった。 日本でも指折りのゲーム報道媒体として親しまれてきた同サイトだが、Webメディアとしてどうマネタイズできるかを模索している。 ゲームニュースの一線に身を置き続けてきた平信一氏に、描くメディアの未来像について直撃した。

次の