ごめん 愛し てる キャスト。 ごめん、愛してる

韓国ドラマ 愛してる、泣かないで キャスト 相関図

ごめん 愛し てる キャスト

2017夏ドラマ「ごめん、愛してる」の日本版キャスト相関図・あらすじ、韓国版のネタバレ最終回結末に迫ります。 日本版キャストは主演の長瀬智也さんとヒロイン役で吉岡里帆さんが話題ですね。 「ごめん、愛してる」は韓国ドラマの日本版リメイクです。 母親に捨てられてた悲運を呪い愛を求める青年【律】 律に次第に惹かれていく純粋な女性【凜華】 母から溺愛された無邪気なアイドルピアニスト【サトル】 実の子である律がそばにいると気付かずサトルを溺愛する母【麗子】 律・凜華・サトルの男女関係 律・サトル・麗子の母子関係 2つの三角関係が交差する切ない愛の物語です。 日本版キャスト相関図・あらすじ、韓国版のネタバレ最終回結末に迫るので、ドラマ「ごめん、愛してる」を見る時間がなかったり、見るほど興味はないけどあらすじや、最終回の結末ネタバレは知っておきたいという人は参考になると思います。 血の気が多いが温かい性格。 ある事件で頭に致命的な負傷をしていつ死んでもおかしくない状態。 母に溺愛されるサトルに嫉妬し、凛華に惹かれる。 サトルのことを昔から好き。 孤独な律を助けたあげたい。 凛華の想いに気付かず、サックス奏者の古沢塔子を好き。 過去の影響で猜疑心が強い。 現在はサトルが全て。 ある秘密を抱えている。 麗子の秘密を握っている。 憎む・恨むといった感情がない。 律に興味津々。 サトルから結婚したいと思われている。 底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。 そんな暗澹とした日々を送っていた律は、 ひょんなことから一人の女性・三田凜華 吉岡里帆 を助ける。 後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。 ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。 せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、 母親・日向麗子 大竹しのぶ を探し当てる。 しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が 息子のサトル 坂口健太郎 に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。 裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。 そんな時、律は凜華と再会する。 凜華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた…。 tbs. ムヒョク 律 は母親に親孝行するため、5年間から金を貯めていた。 貧乏な生活は嫌で、金持ちのジェイソンを愛したという。 ムヒョク 律 はショックを受ける。 スタイリストのウンチェ 凛華 も同行している。 撮影が終わり、ウンチェ 凛華 だけが単独で帰国することになったが、ストリート・ギャングに金も旅券も全て奪われてしまった。 途方に暮れたいたウンチェ 凛華。 今度はムヒョク 律 が声をかけ、金目当てにウンチェ 凛華 ストリップバーに売り飛ばすことに。 しかし同じ韓国人なので気が咎めて、ウンチェ 凛華 を助けて、奪われた荷物を取り返してあげた。 結婚式当日。 たまらずムヒョク 律 は、結婚式場に乗り込んで元彼女ジヨンを連れ出すが、結局諦めてジヨンを式場に帰す。 ところがその時、銃を持った男がボスを狙っているを発見。 ボスと一緒にジヨンもいるため、助けようと無我夢中でムヒョク 律 が前に飛び込んだとき、頭を撃たれてしまった。 ゴシップ記者 加賀美修平 は本を出して世間をあっといわせるつもりだ。 ユン サトル は病床で、いきなりウンチェ 凛華 と結婚発表することを母親オドゥリ 日向麗子 に怒られる。 ジヨンは、ムヒョク 律 が死んだのかと心配していた。 金目当てにボスのジェイソンと結婚したのは間違いだと悟り、別れてきたという。 ジヨンは、ドイツに名医がいるから手術して助かろうとムヒョク 律 を説得して飛行機の手配をする。 家の前ではウンチェ 凛華 がずっと待っていたが、帰るよう言って、ムヒョク 律 はジョンと行ってしまう。 2人は見つめあい、何も話すことなく夜になった。 ウンチェ 凛華 は「あなたを愛している」と何度も告げる。 ムヒョク 律 はウンチェ 凛華 の父親に彼女を送り届け、二度と姿を現さないと誓って帰った。 ムヒョク 律 が帰宅するとユン サトル が「兄貴を待っていた」と待っていた。 ユン サトル は、母親オドゥリ 日向麗子 に復讐するため兄弟2人一緒に死のうと提案する。 そして、真実を明かす。 ユン サトル は養子だった。 オドゥリ 日向麗子 がムヒョク 律 のかわりに育てた。 しかしオドゥリ 日向麗子 はムヒョク 律 が自分の息子だと知らない。 ユン サトル は、自分の居場所がなくなるのが怖くて言い出せなかったのだ。 ウンチェの父親はムヒョク 律 に秘密を話す。 ムヒョク 律 の父親には妻子がいた。 幼いムヒョク 律 と姉ソギョン 河合若菜 を捨てたのは、ウンチェの父親だった。 「未婚の母」だと罵られオドゥリ 日向麗子 の人生を台無しにしないのため、よかれと思ってしたことだった。 オドゥリ 日向麗子 は、生まれた子供が双子だったとは知らない。 しかも生まれてすぐ死んだと伝えてある。 ウンチェの父親は謝罪するが、こいつのせいでムヒョク 律 は母親を恨む人生を送ってしまった。 ムヒョク 律 はオドゥリ 日向麗子 に「メシを作ってください」と無理に頼む。 オドゥリ 日向麗子 は戸惑いながらも具なしのラーメンを作り、ムヒョク 律 は母親が作った食事を泣きながら食べる。 『生まれ変わったら母さんが自慢できる息子になります』と心に誓いながら。 ムヒョク 律 が帰ったあと、食器を洗うときオドゥリ 日向麗子 は自分でもわからず泣いてしまう。 姉ソギョン 河合若菜 のために残していた、マンションを買えるほどの大金。 しかし芸能記者は、ソギョン 河合若菜 に金を使うよう言い、自分は本を出して大金を得ると言った。 そのころ、ムヒョク 律 はウンチェ 凛華 に電話で「愛してる」だけ伝えた。 バイクをかっ飛ばすムヒョク 律。 鼻血がどんどん出てくる。 芸能記者は、やっぱり格好悪いから本を出すことをやめた。 オドゥリ 日向麗子 が子供を作った相手(ムヒョクの父)は、芸能記者の妹の旦那だった。 3年で旦那は戻ったが、重ねた心労で数年後に死んだ。 ユン サトル は復帰コンサートを開く。 観客席には、ウンチェ 凛華 のために席をとってある。 ウンチェ 凛華 は周囲にひとり旅に行くと伝えていた。 ウンチェ 凛華 は、オーストラリア(日本版だと韓国)に来て、ムヒョク 律 と出会った場所を歩きまわり、想い出に浸っていた。 そしてメルボルンにあるムヒョク 律 の眠る墓地へ。 『生きているのに孤独だった彼を放っておけませんでした。 一生で一度のわがままを 誰かのためでなく 自分の心に従います 罰は私が受けます ソ・ウンチェ』 墓のうえでウンチェ 凛華 は自殺した。 墓には「ごめん、愛してる」と刻まれている。

次の

ごめん、愛してる日本リメイク版のキャストは?画像付きで紹介!

ごめん 愛し てる キャスト

スポンサーリンク 日本版ドラマ「ごめん愛してる」の最終回(結末)までのあらすじ&ネタバレやキャスト、主題歌等をシェアさせていただきます。 また「ごめん、愛してる」を見逃してしまったりもう一度見たい場合に無料の見逃し配信で動画を視聴できる方法もご紹介いたします。 「ごめん、愛してる」は、動画配信サービスの「TSUTAYA TV」で配信されています。 「TSUTAYA TV」では「陸王」「監獄のお姫さま」「99.9 シーズン2」なども配信されています。 この「ごめん、愛してる」は2004年に韓国で放送されていたドラマで、韓国ではあの「冬のソナタ」を超える最高視聴率29. 母親に捨てられ不遇な運命の中で必死に生きてきた律(長瀬智也)がこの物語の主人公となります。 この律が運命の出会いを果たし、愛することや愛されることを知っていく・・という母親の愛や誰かの愛を求める男の切なくもいろんな愛の形が詰まった物語です。 彼は韓国の裏社会しか生きていく場所がなかったのです。 古沢塔子(大西礼芳) コンサートも終わってほっと一息がつき、凜華は街中を歩いていました。 この出会いがこの2人にとって大きく運命を変える出会いとなるのです。 凜華と律は2人で食事に行きました。 ここで凜華は自分が想いを寄せるサトルについて話をしました。 また律は自分の母親が日本にいることを話し、凜華は自分の母親が幼少の時に亡くなったことを話します。 律は途中で店の外に出ましたが、外では律の仲間たちが待っていました。 律は若い頃から寝床にしていた場所に凜華を連れて行ってここで一晩過ごし、そのまま凜華を開放してあげたのです。 ・・・ ある日、律は事件に巻き込まれてしまいます。 律はぺクランの誕生日パーティーに出席していましたが、ぺクランが銃で狙われたので律はとっさにぺクランをかばいました。 天才サックス奏者の古沢塔子とつきあうことになったのですがすぐにふられてしまったからです。 塔子は恋多き自由奔放な女性として有名でした。 そんな落ち込んでいたサトルを凜華は励ましてあげて、なんとかサトルは元気を取り戻したのです。 凜華は何年もサトルのマネージャー的な役割を果たしていたのです。 ・・・ 頭に致命的な傷を負ってしまった律は、自分が属していたマフィアから大金をもらって切られてしまいます。 こんな体では使い物にならないからです。 そんな状況の中、律は徐々に日本にいる母親に会いたい気持ちが募ってきました。 そして、律は最期にぜひ親孝行がしたい・・と願うようになります。 そして、律は日本に帰国して自分を捨てた母親を探し始めました。 そんな中、律は幼少の頃、お世話になっていた児童養護施設を訪れます。 そこで小さい頃、同じ施設で一緒にいた河合若菜(池脇千鶴)と再会しました。 黒川龍臣(山路和弘) 黒川は自分の息子のことについて加賀美に聞きましたが、加賀美は「あなたの息子は父親のことも母親のことも知らずに虫けらのように過ごしていますよ」と答えたのです。 この黒川はいったい何者なのでしょうか? そしてこのゴシップ記者の加賀美は何か裏でたくらんでいるような感じです。 加賀美はこの後、律を尾行し始めます。 すると律はすぐに加賀美が自分を尾行していることに気づき、加賀美に問い詰めました。 「なんで俺を尾行してんだよ!」と。 するとなんとこの家に凜華がいました! 律はそのまま家に入り込んで、とうとう母親の日向麗子(大竹しのぶ)と再会を果たすことができたのです 日向麗子(大竹しのぶ) ようやく自分の母親を見つけた律。 しかし、実際に目にした自分の母親の姿と、自分の中で今まで思い描いてきた母親像は似てもにつかないものだったのです。 律は、自分の母親は貧しさゆえにやむおえず自分を捨てたと思っていました。 ところが、実際の母親は、今の自分の息子のサトルを溺愛していたのです。 裕福でとても幸せそうにしている母親とサトルの姿に愕然とした律。 しかし頭に致命傷を負ってしまい、死ぬ前に一度は親孝行がしたいと決意し、ようやく母親の麗子(大竹しのぶ)を探し出した律。 しかし母親の麗子は息子のサトル(坂口健太郎)を溺愛していて、裕福な暮らしを謳歌している姿を見て愕然としました。 律は、自分の母親は何らかの理由で仕方なしに自分を捨てざるを得なかったと信じていたからです。 そんな律にジャーナリストの加賀美(六角精児)はある秘密を明かします。 その秘密とは、律の父親が誰か?ということと、母親の麗子がなぜ律を捨てたのかの理由です。 ・・・ 律の父親は黒川龍臣(山路和弘)。 有名な指揮者でした。 そして結婚していた黒川は母親の麗子と愛人関係になったのですが、その時に律を身ごもったのです。 黒川は麗子の元にいくと約束したのですがそんな約束は守られることはありませんでした。 麗子は当時、世界で活躍していた一流ピアニストだったので、このスキャンダルが世に出るとまずかったので律を捨てたのです。 ・・・ この話を律に打ち明けた加賀美は律を捨てた非道な母親への復讐を促しました。 しかし律はそんな話にすぐにはのりませんでした。 なぜ加賀美はそのようなことをするのでしょうか? そんな中、律と同じ児童養護施設で育った河合若菜(池脇千鶴)は道路の脇でホットドッグを売っていました。 律はそんな若菜を偶然見かけて若菜を手伝ってあげました。 そして律が目を離している隙にある1人の怪しい男性が近寄ってきて「200円のホットドッグをくれ」と言って2200円を若菜に渡しました。 その後、すぐに若菜はその男性に連れられていきました。 純粋すぎる若菜は知らない人のことでも素直に聞いてしまうのです・・ 若菜は息子の河合魚(大智)と一緒に住んでいましたが、律はしばらく若菜のところに居候させてもらうことにしたのです。 ・・・ そんな中、凜華(吉岡里帆)は律に仕事を紹介しました。 その仕事とは、サトルの運転手です。 凜華は頻繁に日向家に現れる律を気にしていました。 そして凜華はソウルで律に助けてもらったので、その恩を返そうとしていたのです。 凜華は律が不思議な人物だと思いつつも感謝していたんですね。 この後、律はいったん家に戻り、この仕事を紹介してもらうために自分の履歴書を書きました。 そしてその履歴書の名前の欄には「岡崎りゅう」と記載したのです。 ほんとうは「律」ですが母親の麗子に捨てられたという憤りから「律」という名前を名乗りたくなかったのです。 ・・・ そして律は改めて麗子がいる家に赴きます。 そして凜華に案内されて母親の麗子と再び対峙することになりました。 この仕事を紹介してもらうために面接をするためです。 律は麗子に履歴書を渡しました。 運転手って人の命を預かる大事な仕事なのよ!」 「大事なサトルをあんたみたいなチンピラに預けられるわけないじゃないの!」 と言ったのです・・ その言葉を聞いた律は「クソババア」と言ってその場をすぐに立ち去りました。 一時的に母親の麗子に対してこころを開こうとしていたもののやはり冷たい仕打ちを受けてしまう律。 憤りと自分を捨てた麗子への怒りが頂点に達した律は、この後、ジャーナリストの加賀美にすぐに電話をして「俺の母親のこと何でも書いてくれ」と言いました。 加賀美は「よし!日向麗子のスキャンダルだ」と言って麗子が身ごもった律のことについて週刊誌に売り込むことにしたのです。 ・・・ サトルは天才サックス奏者の古沢塔子(大西礼芳)と共にCMに出演することになりました。 サトルは塔子のことが好きなのでこのオファーをすぐに承諾したのです。 この日、サトルはCM撮影のために現場に行く必要があり、足が必要でした。 凜華の父親で麗子のマネージャーをしている三田恒夫(中村梅雀)が普段は運転をしていましたが、この時は都合が悪かったのです。 ですので急遽、律が運転手としてサトルと凜華を現場に連れて行くことになったのです。 現場ではサックス奏者の塔子もスタンバイしていてCM撮影は順調に進みました。 その後、あるハプニングが起きます。 現場に俳優の島田がやってきました。 島田はドラマの撮影で近くに来ていたのですが、塔子に言い寄ってきたのです。 あまりにも塔子に対して馴れ馴れしく誘ってくる島田を見たサトルは業を煮やして、島田を追い返そうとしました。 行動が大胆ですね。 塔子は2人の熱を冷まそうとしたんですね。 サトルは塔子が湖に落ちてしまった!!と思って、塔子を助けるためにすぐに湖に飛び込んだのですが、そんなサトルもなんと溺れそうになってしまいます。 律はすぐに湖に飛び込んで2人を助けました。 サトルは発作を起こし、急遽、近くの病院に入院することになりました。 その後、サトルのことを聞いた麗子は大慌てでサトルが入院した病院にかけつけたのです。 事の経緯を聞いた麗子は律に「助けてくれてありがとう」と感謝しました。 麗子は律のことに対してあまりいい印象を持っていなかったのですが、愛するサトルを助けてくれた恩だけは感じていたのです。 その後、サトルは回復してすぐに退院することができました。 その後、サトルは律を誘って自分の部屋で「一緒にゲームをしよう」と言ってゲームをしながらいろんな話をしたのです。 サトルは律を兄のように感じているのかもしれませんね。 ・・・ サックス奏者の古沢塔子がサトルの家にやってきました。 サトルのお見舞いにきたのです。 ちょうど凜華が塔子を迎えたのですが、塔子が「わたし泳げるのになんでサトルは飛び込んだんだろうね」とあっけらかんと言ったので凜華は怒って言いました。 「サトルは心臓が弱いんです。 激しい運動をしちゃいけないのに、サトルはあなたのことを真剣に思っているからあなたのために飛び込んだんですよ!」 「そのためにサトルは発作を起こしたんですよ!」 「あなたにとってサトルは遊び友達のうちの1人なんでしょ?だったらもうサトルを振り回さないで!中途半端にお見舞いになんか来ないで!!」 と言って凜華は塔子を追い返そうとしました。 するとその時にサトルがやってきて「なんで追い返そうとなんかするの!」と言って凜華を叱りました。 そしてこの様子を凜華が偶然目にしてしまいます。 凜華はすぐにその場を離れて、ショックのために涙を流したのです・・ 凜華はサトルに何年も付き人として付き添ってきてサトルに深い想いを寄せていたのです。 ・・・ 後日、なんと麗子が律に直接電話をしてきました。 麗子は「あなたに話があるの」と言ったのです。 律はすぐに麗子はの元に行きます。 麗子は律に「あなた韓国の暴力団にいたんでしょ?」とぶっきらぼうに言いました。 そして麗子はさらに話を続けます。 「ほんとうはあなたを雇いたくないけど、サトルを湖で助けてくれたから気持ちが変わったの」 「世の中は物騒でしょ?海外にも行くし何かあったらサトルを身を呈して守ってほしいの」 「あなたはサトルのボディーガードにもなれると思って・・」 その話を聞いていた律はポケットの中にある麗子の指輪を出そうとしたのですが・・ 結局、踏みとどまります。 この指輪は律が赤ん坊の頃、捨てられた時に律と一緒に置かれていた麗子のサファイアの指輪です。 律は幼い頃から肌身離さずずっとこの指輪を持っていたのです。 この後、律は正式にサトルの運転手兼ボディーガードとして雇われることになったのです。 ・・・ 律はこの後、家を出て外を歩いていましたが偶然、凜華と会いました。 そして2人は屋台で飲んだのです。 「やっぱりわたしはサトルが好きなの。。 だからわたしはあきらめた」と・・ そしてここで飲んでいる時に律は偶然、麗子のサファイアの指輪を落としてしまいます。 その指輪を見た凜華はヒモにその指輪を通して、律の首にかけてあげました。 その後、凜華は酔いつぶれて寝てしまったのです・・zzz そんな凜華を律はおぶって送っていきました。 凜華の家まで行く途中で、律は自分の母親の麗子の家の前まで来ていったん足を止めます。 するとその時に凜華の父親の三田恒夫が家に帰る途中で、偶然、律と自分の娘の凜華に気づいたのです。 そんな2人の様子を見ていた凜華の父親の三田恒夫(中村梅雀)は不安になっていました。 というのも、日向麗子(大竹しのぶ)に頼まれてサファイアの指輪と赤ん坊の頃の律を捨てたのは、他でもない恒夫だったからです。 麗子への復讐に来ている人物を麗子や自分の娘のそばに置いておく訳にはいかないからです。 しかし、麗子はそんな恒夫の進言を聞き入れることはしなかったのです。 ・・・ 有名な指揮者の黒川龍臣(山路和弘)が亡くなりました。 麗子はその昔、黒川と愛人関係になっていてこどもを身ごもりました。 その子供が律だったのです。 ・・・ ゴシップ記者の加賀美修平(六角精児)は黒川から頼まれていました。 「子供のことは世間には公表しないでほしい」と。 このことを加賀美は黒川の葬儀を外から見ていた律に言いました。 「子供のことよりも自分の名声を大事にしていたんだよ」と・・ その後、加賀美は恒夫にも近づき「俺は黒川龍臣と日向麗子の関係を知っている」と言いました。 というのも、サトルは塔子と一緒にCM撮影をしていたのですが、撮影の合間に塔子に言い寄ってきた俳優の島田とサトルがちょっとしたもみ合いになりました。 この時に塔子は2人の熱を冷まさせようとして自ら湖に飛び込みました。 しかしサトルは塔子が足を踏み外して湖に落ちてしまったと勘違いして、サトルは塔子を助けるために湖に飛び込んだのです。 このために心臓が弱いサトルは発作を起こして入院したのですが、塔子は自分のために命の危険を犯してまで湖に飛び込んでくれたサトルに対してこころを動かされます。 そして、塔子の気持ちもサトルに向いて、2人はいい感じで上手くいきそうな雰囲気になったのです。 律はサトルと麗子、そして塔子を車でレストランまで送りました。 過去のその人のゴシップがいつでも検索できる」と言いました。 続いて麗子はサトルに向かって「報われない恋をしている人って心が擦り切れてしまうの。 わたしはあなたのために言ってあげてるの」と言って塔子とのつきあいをやめさせようとしたのです。 するとなんとこの場にゴシップ記者の加賀美が登場しました! そしてサトルと塔子がつきあっているかどうかを確認したのですが塔子も麗子も「違う」とはっきり答えたのです。 しかし加賀美はこりずにさらにつっこみました。 今度は麗子のことについて・・ 過去に麗子が指揮者の黒川と不倫関係にあったことについて問い詰めたのです。 麗子は追い詰められてしまったのですがそんな様子を奥で見ていた律が立ち上がりました。 加賀美が警察に通報したからです。 その言葉を聞いたサトルは気持ちをしっかりと整理して麗子の所まで行きました。 サトルは麗子に言いました。 「塔子とのことをちゃんとお母さんに認めてもらいたい。 ぼくはお母さんよりも塔子のことをもっともっとよく知っているよ」と強い意思で伝えたのです。 そして「リュウさんをクビにしたんだって?」とサトルは麗子に詰め寄ります。 「リュウさんはお母さんが震えていたから、お母さんのためにあんなことをしたんだよ!お母さんを守るためにしたんだよ!」 「リュウさんをクビにするならぼくは家を出ていくからね。 ぼくはお母さんが好きだけど人を肩書きや見た目で判断することころは好きじゃない!」と言ったのです。 このことばを聞いた麗子はショックでしたが、かわいい息子のサトルから言われたので麗子は律のクビを取り消しにしたのです。 ・・・ その後、律は警察を出所したのですが凜華が待っていました。 凜華は律に言いました。 「わたし、サトルの付き人やめようと思うの。 今まではサトルにはわたしがいなきゃいけないと思っていたけど、サトルはもう1人でも生きていけそうだなと思って」と自分の決意を言ったのです。 そして凜華は「今後もサトルのことをお願いね」と律に言って、サトルのボディーガードと運転手のクビを免れたことを伝えたのです。 その後、律はなんと凜華に「頼みがある。 膝枕してくれ」と言って膝枕してもらいました。 そして「子守唄うたってくれ」と凜華にお願いして子守唄を歌ってもらったのです。 律は子供の頃から満たされなかった母親の愛情をすこしでも体験したかったのでしょうね。。 すると律は涙を流したのです。 幼少の頃からずっと求めていた母親への愛情が胸に迫ってきたんでしょうね。 というのも、律は麗子に母親としての愛情と憎悪の両方を感じていたのですが、自分を捨てて自分を見下してることについて憤りを感じていました。 ですので律は麗子のそばにいていつか自分が息子だと気づいたときの驚いた顔を必ず見てやる!と決意していたのです。 そんな律の思いを三田凜華(吉岡里帆)の父である恒夫(中村梅雀)が微妙に気づいていました。 律が純粋にサトルのボディーガードや運転手として仕事をしているのではないと恒夫は怪しんでいたのです。 凜華はそんなサトルたちの姿を見るのが辛くなっていました。 そして凜華はサトルをあきらめようとして、サトルの付き人を辞めてなんとアメリカに留学しようと考え始めていたのです。 たしかに好きな人のそばにいるといつまでもその想いをズルズル引きずってしまいますからね。 そんなある日、凜華はサトルに「わたし付き人辞めさせてもらおうと思ってるの」と話しました。 するとサトルは「なんで?演奏の前に僕が緊張するの知ってるでしょ?」 「僕は凜華がそばにいてくれないとダメなんだよ」と不安を口にしたのです。 ちょうどこの時にサトルは演奏をしないといけなかったので凜華は「大丈夫だよ。 」と言っていつものように励ましたのです。 この時、凜華はサトルを安心させるためにサトルを抱きしめてあげたのですが、ゴシップ記者の加賀美修平(六角精児)がこっそりと2人の写真を撮っていたのです。 ・・・ 律がサトルと凜華を待っているとそこにサックス奏者の古沢塔子(大西礼芳)がきました。 そしてなんと塔子は律にキスをしたのです。 「わたしストライクゾーンが広いのよね」と言ったのですが律は「おまえバカじゃないか?」と一蹴したのです。 こんなゴシップ記事が出るなんて・・ 凜華はこれ以上サトルのそばにいるとサトルに迷惑をかけてしまう・・ と考えて、これをきっかけに凜華はサトルの付き人を辞める!と決意してサトルの母親の麗子に言ったのです。 麗子は凜華の思い通りにさせてあげることにしたのですが、麗子は知っていました。 凜華がサトルのことを好きだったのを。 サトルは全然そのことに気がついていなかったし、そんな気持ちもなかったので凜華がつらい思いをしている・・ということも麗子は気づいていたのです。 ・・・ そんな中、律は韓国で負った致命傷の後遺症が徐々に出てきていました。 自分の命はそんなに長くはない・・ ということを律は改めて感じはじめていたのです。 そして律は凜華がサトルの付き人を辞めてアメリカに渡ろうとしていることについて気になっていました。 凜華はサトルと麗子に別れを告げてから、律に車で空港まで送ってもらったのです。 空港までの車中で律と凜華はいろいろと話をしました。 その話の中で律は凜華に言いました。 「俺は勝負を途中で諦める奴がきらいだ。 負けると分かっていても最後まで戦う奴が好きだ」 「・・というか奴(サトル)はおまえがいなくなると知って明らかに動揺している。 もしかしたらこれって一発逆転があるかもな」と。 凜華は「もっとマシな言い方ないの?アメリカに行くんだからもっと励ましてくれるとか・・。 もしかしてわたしがいなくなるとさみしいの?」と律に言いましたが「そうだよ。 おまえがいないとさみしいよ」と律は答えたのです。 凜華は「ちょっと待ってよ。 1回キスしたくらいでいい気にならないでよ!わたしはサトルが好きなんだから!」と言い返しました。 そうこうしているうちに車は空港につきました。 律は救急車を拒否したのです。 凜華は律を家に連れて行き、しばらく寝かしてあげました。 そのうち凜華も律と一緒に寝入ってしまいますzzz 夜になり、若菜(池脇千鶴)と息子の魚(大智)が家に帰ってきました。 律は凜華を若菜と魚に紹介してあげます。 そして既に夜も遅かったので凜華はこの家に泊まることにしたのです。 スポンサーリンク 翌朝、凜華は律の家を出ました。 そしてそのまま空港に1人で行こうとしていたのですが、途中で凜華は若菜を見かけます。 若菜が屋台でホットドッグを売っている姿を見て足を止めたのです。 すると怪しい男性が若菜の元にやって来て「また売ってくれよ」と若菜に言い寄っている姿を凜華は見たのですぐに若菜の元に駆け寄りました。 アメリカに行ったと思っていたのにまだ日本にいるのですから。。 「おい! ボケチン、おまえ何してんだ?」と律は凜華に聞いたのですが、凜華は事の経緯を律に説明したのです。 そして凜華は律に話しました。 「わたし、ここにいたら若菜さんのお役に立てるかな?と思ったんだけど、やっぱりこれって甘えかな?やっぱり私アメリカに行くべきだよね」と言いました。 すると律は「アメリカに行くな!しばらくここにいろ!韓国でおまえに会ったのは偶然だが、また日本でおまえに会ったのは「運命だ」」と言ったのです。 しかし律はすぐに言い直しました。 「じょ、冗談だよ!でも・・3ヶ月だけ、3ヶ月だけここにタダでいさせてやるよ」と律は言ったのです。 実は・・・ 律は韓国に電話をしていました。 律の病状を見ていた病院の担当医に連絡をして確認していたのです。 自分がいったいどのくらいの期間生きられるのかを。 その韓国の担当医は答えました。 その期間は「3ヶ月」だと・・・ ・・・ 第4話のあらすじ&ネタバレは以上となります。 脚本はイ・ギョンギさんが書いたものです。 2004年に韓国でこのドラマが放送された際、最高視聴率29. 前回は2002年に放送されたドラマ「First Love」の主題歌「SAKURAドロップス」ですのでほんとうに久し振りですね。 <長瀬智也さん> 「20年ぶりのラブストーリーになるのですが、これまでやらなかったということは、そこまでラブストーリーに興味がなかったんだと思うんです。 「ラブなんか」とちょっと否定していた自分もいたかもしれませんが、今は素直に「自分がラブストーリーと向き合うならどうなるのか」という思いでやりたいです。 これまで積み重ねてきたものも踏まえて、自分にしか出来ないキャラクター、ラブストーリーになったらいいんじゃないかなと思います。 共演者には若い方が多いので、どういう空気感になったりするのか楽しみ。 いいケミストリーになるんじゃないかなというポジティブな気持ちしかないです。 大竹しのぶさんとの共演は20年ぶり。 当時も自分のくだらない話を優しい笑顔で聞いてくれたり、大きい優しさに包まれていた記憶があるので、またそれに浸れたらなと思います。 今回の役を通してその気持ちを素直に受け取って演じようと思っています。 きっと見たことのないラブストーリーになるので、ぜひ期待してみてもらえたらと思います。 」 <吉岡里帆さん> 「この度TBSの『ごめん、愛してる』にて初めて連続ドラマのヒロインを務めさせて頂きます。 思ってもいなかった大きなお役に緊張と責任を感じております。 原作はセンシティブでヒリヒリと痛い愛の物語です。 素晴らしい共演者、制作チームの方々と丁寧に作品と向き合っていけたらと思っております。 」 <坂口健太郎さん> 「日向サトルを演じさせていただきます、坂口健太郎です。 サトルは一見、屈託のない姿で人々を魅了しますが、どこか悲しく、寂しそうな印象も受けました。 まずは彼を知って、自分に重ねて、サトルにとっての愛の形、姿を見せられるように精一杯お芝居をしたいと思います。 」 <池脇千鶴さん> 「Q. 14年ぶりの民放連続ドラマ出演で難しい役に挑戦されますが、この作品に出演しようと思った決め手は? このドラマのお話自体、普遍的な愛の話で、いいなと思ったんです。 私の一人よがりの感覚ではなく、今観る人たちにとってはとても新しく響くかなと。 いろいろな広がり、可能性をこのドラマに感じました。 そのなかで若菜という役をいただいて、悩みました。 悩みましたけど、プロデューサーに説得されました 笑。 「ぜひ!」と熱心に言っていただいて「じゃあ、一緒に頑張ってみようかな」と私も思って。 背中を押されたので決めた、という感じです。 視聴者へのメッセージ A. (民放の連続ドラマは)久しぶりですし、新鮮な気持ちで楽しもうという気持ちでやっています。 ドラマを観る方は、主人公や恋愛する4人の男女に思いを入れることができると思うけれど、私の役柄は理解しにくい部分もあるかもしれません。 広い心で観て、ドラマ全部をまるごとただ楽しんでいただければと思います。 」 <大竹しのぶさん> 「久し振りのTBSドラマ、20年振りの長瀬さん、そして夢中で観ていた「ごめん、愛してる」に出演することが決まり、今からワクワクしています。 スタッフ、キャストの皆さんと共に楽しく、そして誇れるドラマになるようワンカット、ワンカット、一生懸命演じていきたいと思っています。 次週が待ち遠しい、そんなドラマが作れたらいいなぁー。 頑張ります。 」 <イ・スヒョクさん> 「Q. 今回のドラマ出演の感想をお聞かせください A. 初めて日本のドラマに出るのですが、韓国語で演技を出来るので(言葉の問題がなく)ラッキーでした。 また、韓国でとても有名な作品のリメイクを演じる事が出来て光栄に思います。 韓国でもとても話題になる思うので、いい演技を見せたい、頑張りたいという気持ちがありました。 主演である長瀬さんと頑張って力を合わせて、いい演技を通していいドラマになるよう頑張りたいと思います。 初対面となる長瀬さんの印象は? A. 韓国で「マイボスマイヒーロー」などの作品やCMなども見たことがあり、とても有名な方だと知っていました。 とても気さくに接してくれてとても嬉しかったです。 ですから、韓国のロケでは私がおもてなししたいです。 イ・スヒョクさんが演じるぺクランにとって、律はどういう存在なのでしょうか? A. 組織の中では上下関係だと思いますが、ぺクランから見た律は家族のような人。 ぺクランは律を慕っています。 ぺクランは寂しい人物なのかもしれません。 ですから、律の存在が心のよりどころなのではないかと解釈しています。 ガンアクションや泣くシーンなど幅広い演技を求められました A. アクションは何でもできます。 また、泣くような感情を込めるシーンも好きです。 感情を込めるシーンはもっと上手くなりたいですね。 アクションはすでに上手いです(笑)本当は、自信のあるアクションをもっとお見せしたかったです。 視聴者のみなさんへメッセージを A. これまで韓国であまり演じる事のなかった男らしい(マフィアの後継者)役を演じられて、とても楽しかったし感謝しています。 韓国ではとても有名な誰でも知っているドラマなので、韓国でそうだったように、日本でもヒットしてもらえるといいなと思います。 「TSUTAYA TV」では「陸王」「監獄のお姫さま」「99.9 シーズン2」なども配信されています。 この30日間の無料キャンペーン期間中にサービスを解約すればもちろん料金は一切かかりません。 1.動画見放題プラン 月額933円 パソコン、スマホ、タブレットなどから動画を視聴できるサービスです。 ドラマから映画まで幅広いジャンルの約8000タイトルが見放題となります。 新作や準新作は見放題の対象外で動画ポイントを使って見る必要があります。 このプランに入っていると毎月、1080ポイント(1080円分)が プレゼントされますので新作が約2本分無料で視聴できます。 2.定額レンタル8プラン 月額1865円 ツタヤのDVDとCDの宅配レンタルサービスです。 いわゆるTSUTAYAディスカスです。 3.動画見放題&定額レンタル8プラン 月額2417円 上記の「1」「2」のサービスがセットになったお得なサービスです。

次の

ごめん、愛してるキャストの韓国人とは?相関図と画像も!

ごめん 愛し てる キャスト

見出し• ドラマ『ごめん、愛してる』ロケ地&撮影場所、エキストラ募集情報 ドラマの舞台になるロケ地や長瀬智也、吉岡里帆、坂口健太郎らの撮影目撃情報、エキストラ募集情報などを知りたい方はこちらをCheck! ドラマ『ごめん、愛してる』のあらすじ&原作 幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律 長瀬智也。 底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。 そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凛華 吉岡里帆 を助ける。 後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。 ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。 せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子 大竹しのぶ を探し当てる。 しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル 坂口健太郎 に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。 裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。 そんな時、律は凛華と再会する。 凛華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた…。 これまで誰にも愛されなかった悲運を呪い、それゆえに、愛を求める律。 彼が内側に秘める孤独と人としての温かさに触れ、だんだん律に惹かれていく凛華。 母の愛を一身に受け陽の当たる道を歩み、律の苦悩を知らずに屈託なく生きるサトル。 そして、かつて自分が産んだ子供がそばにいることに気づかずサトルを溺愛する麗子。 (公式ホームページから引用) 人がはじめて人間関係を知るのは両親であり、とくに幼少期における母親との関係性は人間性の形成において非常に重要だと言われています。 幼少期に母親からの愛情を十分に受けて育った子どもは、自己肯定感があり人を愛することができます。 しかし、母親から十分に愛されなかった子どもは自己否定的になり、人を愛することができないと言われています。 ある運命的な出会いにより、愛される喜びをはじめて知り、愛することの喜びをはじめて知るという 純度100%のラブストーリー。 スポンサードリンク 原作は2004年に韓国で放送されたドラマ 原作は2004年に韓国で制作された『ごめん、愛してる』。 チャ・ムヒョク( 차무혁)主演、ヒロインにソン・ウンチェ(송은채)が出演し、あの 『冬のソナタ』を超える視聴率29. 2%を記録する大ヒット作品です。 日本でもテレビ東京で日本語吹き替え版が放送。 さらに、中国で映画化、タイでもテレビドラマ化されました。 韓国の原作はDVD化されており、 Amazonや楽天でも絶賛評価を連発しています。 今回のリメイク版ドラマ化を機に一度観ておきたいものですね。 <> 三田凛華/吉岡里帆 他人のために自己犠牲をいとわない純粋で愛情深い女性。 <> <> <> <> 日向サトル/坂口健太郎 元ピアニストの母親の英才教育を受けて育ち、卓越した演奏技術とルックスで、今では老若問わず女性に絶大な人気を誇るアイドルピアニスト。 <> <> <> <> <> <> <> 日向麗子/大竹しのぶ アーティスティックな元一流ピアニストだったが、その後に挫折を経験。 現役時代は世界で活躍してきたことから、プライドが高く周囲を振り回す傾向にあるものの、サトルに対しては自分の持ちうるすべての愛情を注ぎ、甘やかしている。 <> 古沢塔子/大西礼芳 サトルが夢中になる個性的な天才サックス奏者。 恋に奔放で自分の思うまま自由に生きる。 【大西礼芳】• 1990年6月29日生まれ• 三重県伊勢市出身• 代表作に映画『爛れる/Becomes Sore』、『かなわぬ恋』、ドラマ『べっぴんさん』、『フランケインシュタインの恋』など <> <> 加賀美修平/六角精児 律の出生の秘密を知るゴシップ記者。 加賀美はある理由から麗子を憎んでおり、彼女を不幸にしたいと律に近づく。 【六角精児】• 1962年6月24日生まれ• 兵庫県高砂市出身• 血液型はO型• 代表作にドラマ『純情きらり』、『名古屋行き最終列車』、『三人兄弟』、『不機嫌な果実』など <> <> 河合若菜/池脇千鶴 律と同じ児童養護施設で育つ。 高次脳機能障害を抱えている。 【池脇千鶴】• 1981年11月21日生まれ• 大阪府出身• 血液型はO型• 代表作にドラマ『ほんまもん』、『風林火山』、『タイトロープの女』、映画『音符と昆布』など <> 三田恒夫/中村梅雀 麗子のマネージャーで凜華の父。 麗子を崇拝していて、彼女の幸せのためなら手を汚すことも厭わない。 【中村梅雀】• 1955年12月12日生まれ• 東京都武蔵野市出身• 血液型はAB型• 代表作にドラマ『八代将軍吉宗』、『毛利元就』、『葵 徳川三代』、映画『釣りバカ日誌』など <> <> <> <> ぺクラン/イ・スヒョク 韓国マフィアの跡取り息子。 律(長瀬智也)を兄のように慕っている。 生まれたばかりで親に捨てられ、養護施設からある夫婦の養子となった律は養父母の赴任先の韓国・ソウルで家出。 それ以来、韓国の裏社会で生きてきた。 律はぺクランの父が経営するカジノの用心棒であり、ぺクランにとっては唯一心を許せる存在。 【 イ・スヒョク】• 1988年5月31日生まれ• 韓国ソウル特別市出身• 血液型はAB型 河合魚/大智 黒川龍臣/山路和弘 立花さと子/草村礼子 追加キャストは随時更新していきます。 『ごめん、愛してる』の相関図 『ごめん、愛してる』のスタッフ情報 主題歌:宇多田ヒカル「Forevermore」 脚本:浅野妙子(代表作に朝ドラ『純情きらり』、ドラマ『ラブジェネレーション』、『神様、もう少しだけ』、映画『今日、恋を始めます』など) 最後に 長瀬智也、吉岡里帆、坂口健太郎、大竹しのぶら豪華キャストが楽しみな『ごめん、愛してる』。 とくに連続ドラマの初ヒロインに抜擢された吉岡里帆の演技に注目ですね。

次の