パソコン の 画面 スクショ。 知ってて良かった!PC画面をスクショするいろんな方法【Windows向け】

Excelにパソコン画面のスクショを張りつけたい! 3つの方法からあなたの便利なやり方で

パソコン の 画面 スクショ

最近は本当にIT関係、パソコン関係の専門用語がこの世の中に多く飛び交っていますね。 「ウィンドウ」「コピーアンドペイスト「クリック」「コピー」など聞きなれたカタカナ用語から「スクリーンショット」「ドラッグアンドドロップ」「インサート」「アニメーション」などパソコンを使ったことがない人なら知らない言葉まであります。 これらの言葉は比較的若い人、またはパソコンを何年も使っていて結構詳しい人にとっては常識的な言葉で、当たり前に日々使っている用語かもしれません。 しかしながら、あなたにとっての常識は決して他人の常識とは限らないということですね。 ちょっと年配の方ならこのような用語を知らない人も結構いると思います。 さらに最近では「コピペ」「スクショ」など日本独特の略した形も飛びかっているので、さらに年配の人たちはこのような専門用語についていけないというのです。 確かにそうですね。 この「スクショ」というのはそのいい例です。 これは元々「スクリーンショット」という名前でした。 日本人が勝手に短くした用語なので外国で「スクリーンショット」と言って通じたとしても「スクショ」と言っては通じないでしょう。 この点、気をつけておいてください。 スクリーンショットとはその名の通り、スクリーン、つまりパソコンの画面をショットすることです。 でもショットとは何でしょうね。 これは写真を撮る、画像としてその映像を撮るということなんです。 話をまとめますと、スクショはパソコン上の画面を写真に撮って保存するということなんです。 このやり方をこらちの記事では紹介していきます。 知っているときっと役立つことがありますし、これができると便利なので覚えておくことをお勧めします。 このスクリーンショット、つまりスクショをするのには、まず print screenキーを捜さないといけません。 これは通常あなたのお使いのキーボードにあるボタンです。 探してみてください。 ありませんか。 普通はこちらの写真のような場所にありますが、多少場所が違うせよ、よくよく見ると右のほうにprint screenと書かれたキーが見つかると思います。 もし外国で購入したパソコンだったら、違う言語でキーボード上に書かれている可能性もあります。 例えばスペイン語のキーボードだったらimpr pantと書かれているかもしれません。 またノートパソコンを使っているのか、ディスクトップのパソコンを使っているのかでもキーの位置が多少違うかもしれませんが必ずどのキーボードにもあると思うので探してみてください。 また小さいキーボードやノートパソコンの場合、PrtScという風に省略形で書かれていることもあります。 画像:www. sony. jp ではそれを試しにWord文書に 貼り付けてみましょう。 いつもやっている通りにWordの文書を開いてください。 そしてそこに貼り付け、つまりペーストしたら、ほら?どうでしょう。 さきほど撮った写真がそこに貼り付けられたのではないでしょうか。 これで成功です。 もう1つ技を教えておきましょう。 そこで貼り付け作業をする時、「コントロールキーとvのキー」を同時に押すと貼り付けができるんですよ。 これをショートカットと言います。 こうしたら簡単に、また片手でできますね。 効率もいいし、便利な技の1つなので覚えておくといいでしょう。 しかしながらそれでもうまく張り付けられないという人もいることでしょう。 それはうまくショットを撮れていないということです。 パソコンの種類によってはprint screenキーだけではうまく写真が撮れないパソコンもあります。 その方は今度はファンクションキー(つまりfnと書かれているキー)とprint screenキーを同時に押してみてください。 これでうまく撮れるはずです。 貼り付け場所.

次の

【プリントスクリーン(prtsc)】Windowsパソコンの画面をコピーするスクショの方法【まとめ】

パソコン の 画面 スクショ

「通販サイトの気になる商品画像を保存したい」「PCゲームなどでめったに見られない瞬間の画像をすぐに保存したい」PCを使用しているとPC画面のスクリーンショット(以下、スクショ)をしたいと思う機会が意外と多くありませんか? PCでのスクショは、スマホのスクショとは異なりいろいろな方法があります。 ワンボタンでPC画面をすべてスクショする方法、範囲を指定してスクショする方法など、ユーザーによって使い分けることも可能です。 今回はWindowsPCでおこなえるいろいろなスクショの方法や、Windows10に搭載してるスクショツールを紹介していきます。 紹介する際に使用するOSはWindows10で、2017年春に配信されたCreators updateを適用しています。 キーボードの「Windowsキー」+「prt scキー」 キーボード左下の「Windowsキー」と「prt sc」を同時に押すとPC画面全体をスクショすることが可能です。 瞬時にスクショが可能な便利な操作ですが、デスクトップ全体をスクショしてしまう為、デュアルモニターだと横長の画像として保存されてしまう点がデメリットです。 内部的にコピーされるだけなので「prt scキー」を押しただけではスクショの保存はされていません。 保存するには「prt scキー」を押した後、Windowsに標準インストールされている「ペイント」を立ち上げ、「ctrlキー」+「Vキー」を押して貼りつけてから保存します。 Creators updateでインストールされた「ペイント3D」でも同様の操作が可能です。 「prt scキー」がなくてもOK!「Windowsキー」+「Shiftキー」+「Sキー」 ノートPCの機種によって「prt scキー」がないキーボードの場合でも使用することができるスクショの方法です。 「Windowsキー」+「Shiftキー」+「Sキー」を押すと画面がうっすら白くなり「+」が表示され、指定した範囲をクリップボードにコピーすることができます。 コピーした画像は「ペイント」を立ち上げ「ctrlキー」+「Vキー」で貼りつけることができます。 キーを3つ同時押ししないといけませんが、必要な部分だけをスクショすることが可能なので、慣れると非常に便利なショートカットキーです。 「prt scキー」を押した時と同様に「ペイント」などの画像編集ソフトを立ち上げる必要があり、瞬時に保存することができないという点がデメリットです。 Windowsに標準搭載されている『Snipping Tool』を使用 Windows7以降のOSには、『Snipping Tool』という直感的に使用することができるスタンダードなスクショツールがインストールされています。 四角で切り取ることはもちろん、マウス操作で自由形式に切り取ってスクショすることも可能です。 ペンやマーカーなどを使用して簡単な画像編集、電子メールでサッとスクショした画像を送信することもできます。 「遅延」をクリックすると「待ち時間なし」から5秒までセルフタイマーのような設定をすることも可能です。

次の

パソコンのスクリーンショットの保存先はどこだ?

パソコン の 画面 スクショ

画面のスクリーンショットは、キーボードの[Print Screen]キーを押すだけ!• 画像ファイルとして保存するには「ペイント」を起動し、貼り付け作業が必要• 作業中ウィンドウのみ撮影したい場合は、[Alt]キーを押しながら[Print Screen]キーを押す 友人にパソコンの操作方法を質問されたとき、操作画面のスクリーンショットがあると重宝します。 また、トラブルが発生したとき、画面のスクリーンショットを撮っておけば、原因究明の手助けになりますよね。 今回の記事ではWindowsでのスクリーンショットのやり方を画像付きで分かりやすく解説していきます。 <目次>• (別記事)• (別記事)• (別記事) PCデスクトップのスクリーンショットを撮る Windowsのスクリーンショットは、キーボードの[Print Screen]キーを押すだけで簡単に撮ることができます(「Prnt Scrn」や「Prt Sc」など、略されている場合もあります)。 パソコンの画面左下にある[スタート]ボタンから、ペイントを起動します。

次の