相続 税 計算機。 相続税計算方法|相続税率、基礎控除額からシュミレーションする方法

初心者でも分かる「相続税」の基本知識~基礎知識と計算方法~

相続 税 計算機

この記事の目次• 1.相続税の計算シミュレーションソフトの正しい使い方 相続税の額を知りたいと思って相続税の計算方法等を勉強しても、計算方法が複雑で理解できない方も多いと思います。 そういった時に3つの情報さえあれば相続税を簡易的に自動計算してくれるシミュレーションソフトというものが設置されているHPがたくさんあります。 この章では相続税の計算シミュレーションソフトの正しい使い方を紹介します。 相続税の計算シミュレーションがあるHPは複数ありますが、正しく使用するためには次の3つの情報が必要です。 (1)遺産総額 相続税の計算シミュレーションにより計算される相続税の額をより正確にするためには、 遺産総額の計算が最も重要となります。 具体例をみてみましょう。 【相続税計算シミュレーションがあるHPの紹介】 a. 新生銀行バージョン b. 税理士法人チェスターバージョン この2つの相続税計算シミュレーションの具体例のサイトのように、 遺産の詳細金額を入力するサイト(土地や預金等の項目ごと)と 遺産総額をまとめて入力する相続税計算シミュレーションがあります。 いずれの場合でも 各財産の相続税評価額を知っていることが前提です。 そして入力の際に問題となるのが土地の金額をいくらで入力するのかという点になると思います。 例えば預金が1億円あれば1億円と入力することは簡単ですが、土地の相続税評価額をすぐに入力することは難しいでしょう。 そんな時に簡単に相続税評価額の概算を求める方法があります。 それは土地の「 固定資産税評価額に1. 14倍をかける」ことで概算の土地の相続税評価額となります。 ただし正確な相続税評価額ではないため、正確な土地の相続税評価額を知りたい方は税理士に相談することをお勧めします。 なお建物は固定資産税評価額が相続税評価額となりますので、そのまま入力しましょう。 (2)法定相続人の人数 相続税計算シミュレーションを活用するためには法定相続人の人数が分からなければなりません。 下記の図で法定相続人を確認することができますので参考にしてください。 誰が法定相続人に該当するかどうかということは民法で決まっています。 下記の図で第1順位に該当する人から順番に該当者の有無を調べて、該当者がいなければ第2順位、第3順位をみていくというのがこの図の見方です。 さらに法定相続人について詳しく知りたい方は、相続人の範囲がすぐに分かる方法(簡単フローチャート付)の記事を確認してください。 (3)配偶者の有無と配偶者の相続割合 最後に、亡くなった人の配偶者がいるかどうかと配偶者が相続する割合が必要となります。 これは配偶者の税額軽減の特例といって、夫婦間で財産を相続する場合には 1億6000万円もしくは 法定相続分のどちらか高い方までが非課税になる大きな減税特例があるため配偶者の有無とその相続割合は相続税を試算するにあたっては非常に重要な情報となるのです。 参考:「」 2.実際に相続税計算シミュレーションを利用してみよう それでは上記の相続税計算シミュレーションソフトの使い方に基づいて実際に利用してみましょう。 ここではサンプル例として、本サイト運営者である税理士法人チェスターの相続税計算シミュレーションソフトを利用してみます(他のサイトでも原則、同様の相続税試算結果となります)。 まずがあるHPにアクセスします。 ここでは3つのサンプルを紹介しています。 前章で解説のとおり、配偶者の相続分については配偶者の税額軽減の特例がありますので相続税に大きな影響があります。 この中のどれにもあてはまらなければ通常の相続税計算シミュレーションでは相続税を計算することが難しいため、税理士に相談してください。 参考:「」 3.相続税計算シミュレーションの計算結果の注意点 相続税計算シミュレーションは簡単に相続税を知ることができる非常に便利なツールですが、計算結果についてはあくまで「 概算」であることに注意が必要です。 なぜなら相続税の対象となる土地、建物、その他の財産には税法で細かい専門的な評価方法が定められており、税理士でさえも相続税に不慣れだと財産評価に苦戦してしまいます。 特に土地の評価についてはこの記事では固定資産税評価を簡便的に1. 14倍する方法をお知らせしましたが、本来は財産評価基本通達というルールに沿って専門的な相続税評価を行う必要があります。 土地の評価額は大きくなることが多いので、相続税を少しでも節税して申告するためには土地を専門的に評価して減額していくことが重要となります。 またその他の財産でも相続税評価が時価よりも低くなるような計算方法が設定されているものもあるため、正確な相続税の額を知るためには相続税に強い税理士に相談に行くことが重要となります。 4.まとめ この記事では相続税の計算シミュレーションの使い方および注意点と、実際の利用方法を解説しましたので相続税の概算を知ることができたかと思います。 相続税の概算額を知った上で、将来の相続税対策やこれからの相続税申告のステップに進む参考にしてもらえればと思います。

次の

No.4152 相続税の計算|国税庁

相続 税 計算機

1.財産を引き継ぐ2つの方法:「遺贈」と「相続」 被相続人の財産が相続人、または特定の第三者に引き継がれる方法として「 遺贈」と「 相続」の2つがあります。 これらは引き継ぐと言う点では同じですが、細かい法律上の違いがあります。 そこでまずは遺贈と相続の違いについてポイントを押さえながら説明します。 (1)法定相続人が包括的に引き継ぐ「相続」 まず、一般的によく知られている「 相続」から説明します。 相続とは、 被相続人の財産を包括的に、法定相続人が引き継ぐことです。 包括的にというのは、現預金や株式、建物・土地などのプラスの財産から、借金、未払いの料金などマイナスの財産まですべて含めて引き継ぐことをいいます。 また、財産を引き継ぐことができるのは民法で定められている法定相続人(配偶者、子、親、兄弟姉妹など)です。 法定相続人でない人(内縁の妻、認知されていない子、知人・友人など)は相続することができません。 財産の分け方について、遺言があれば基本的には遺言の指定に従い( 指定分割)、遺言がなければ、相続人全員で協議して( 協議分割)分けます。 財産に借金があり相続したくない人は、相続があったことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申請しての手続きをしなければなりません。 (2)遺言によって財産が引き継がれる「遺贈」 遺贈とは、 被相続人の財産を「遺言」によって特定の人物に無償で与えることを言います。 遺贈で財産をもらう人のことを「 受遺者」といいます。 「無償で与える」と記しましたが、贈与とは異なります。 「 贈与」とは、与える人/もらう人の両者が合意のうえで行う契約のことですが、遺贈は、被相続人の一方的な意思で財産を与えたい人に与えることができます。 遺贈の対象となる財産は全部でも良いし一部でも良く、遺言で自由に決めることができます(ただし、相続人のを侵害するとその分を返還するように求められる可能性はあります)。 また、特定の人物とは、相続人だけでなく、相続人以外の第三者を指定することもできます。 お世話になった方や、NPO団体など法人を指定することもできます。 遺贈として財産を受け取った場合に、相続財産全体が基礎控除額を上回れば、 相続税を支払う必要があります。 「贈与税」と勘違いをする人もいますが、遺贈は贈与ではなく、どちらかというと相続に近い性質のものですので、相続税がかかるのです。 また、被相続人にも譲渡所得税が発生する可能性もあります。 ) 被相続人が亡くなった時に、遺贈の対象となる人( 受遺者)は生存している必要があります。 受遺者が先に死亡していた場合は、遺贈は無効となります。 よって、受遺者の子へのは発生しません。 遺贈では、財産の指定の仕方によって「 包括遺贈」と「 特定遺贈」に分類することができます。 (i)包括遺贈 まず、 包括遺贈とは、財産全部または一部を割合で指定して遺贈することです。 遺言書には「相続太郎に全財産の4分の1を遺贈する」というように書かれます。 包括遺贈で財産を受ける人( 受遺者)は、相続人と同じ権利義務を持つことになります。 つまり、 包括的に遺贈されるので、プラスの財産だけでなくマイナス財産も引き継ぎます。 また、相続人と一緒に遺産分割協議に参加することになります。 もし、借金があって財産を引き継ぎたくない場合は、自分が包括遺贈を受けることを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申請して遺贈を放棄する必要があります。 3ヶ月以内に放棄をしないと、マイナス財産を含めて遺贈を承認したとみなれます。 (ii)特定遺贈 次に、 特定遺贈とは特定の財産、例えば土地や住宅などを指定して遺贈することです。 特定遺贈で財産を受ける人( 受遺者)は、いつでも自由に承認・放棄をすることができます。 遺贈の放棄の方法は特に定められておらず、「私は遺贈を放棄します」と意思表示をすれば良いとされています。 「相続させる」と「遺贈する」の言葉の違いではありますが、それだけでなく、相続手続きでは、いろいろな違いが生じます。 まず、相続後の不動産の所有権移転登記手続きでは、「遺贈する」遺言の場合は、他の相続人と共同で申請しなければならないのに対して、「相続させる」遺言の場合には、単独で申請することができます。 遺贈された財産が他人から借りている土地や建物の場合で、「遺贈する」遺言の場合は、オーナーの承諾が必要になりますが、「相続させる」遺言の場合には、オーナーの承諾は必要ありません。 また、遺贈された不動産が農地で登記変更するとき、「遺贈する」遺言の場合は、農業委員会の許可が必要になりますが、「相続させる」遺言の場合には、許可は必要ありません。 よって、 財産を与えたい相手が相続人であれば、「相続させる」と遺言書に書いたほうが相続手続きが楽になります。 相続人以外の第三者に与えたいときは、相続させることはできませんので、「遺贈する」と書くことになります。 3.相続税の計算方法 遺贈でも相続でも、相続財産総額が基礎控除額を上回れば相続税がかかります。 ただし、遺贈の場合の相続税額は、相続の場合よりも通常多くなります。 なお、ここでは、法定相続人以外の親戚や第三者に遺贈する場合を「遺贈」として相続税について述べます。 法定相続人に遺贈することもありますが、その場合は、通常の相続と同じ計算になります。 (1)遺贈の相続税を計算する手順 遺贈の場合、相続税は通常、次の通りに計算します。 (2)「相続税額の2割加算」がされる人とは? 遺贈によって 「相続税額の2割加算」がされる人は、 配偶者を除く被相続人の一親等以外の人です。 つまり、一般的には、民法上で定める法定相続人以外と考えると良いでしょう。 具体的には次のような人です。 ・被相続人の兄弟姉妹 ・被相続人の甥や姪 ・代襲相続人になっていない孫 ・その他、遺贈で指定される第三者 これら二等親以上離れる人が、相続または遺贈を受ける場合には、「相続税額の2割加算」が適用されます。 相続税額が2割加算される理由ですが、本来、財産を引き継ぐはずの法定相続人でない人が財産を引き継ぎ、残された人の生活を保障するという意味合いが薄れますので、より多くの相続税をかけようというものです。 よって、遺贈を受ける法定相続人でない人は、基礎控除額の計算では人数としてカウントされず、基礎控除額を加算することはできません。 4.特別控除 相続税は一般的にその額が高額になるケースや、親族間の財産移動が多いため、相続税の特別控除が多く設けられています。 それらの特別控除が遺贈の場合(法定相続人以外)にも当てはまるのかどうか一つずつ見ていきます。 (1)小規模住宅等の特例 被相続人から住居用宅地や、貸付事業用宅地を相続した場合、要件を満たせば相続税額を減額できます。 これを「 小規模住宅等の特例」と言います。 そして遺贈であっても、要件さえ満たせば小規模住宅等の特例を適用可能です。 なぜなら、この特例では「被相続人の親族」が対象者になっているからです。 つまり、相続人以外でも特例を受けられる可能性があります。 【参照】 (2)死亡保険金・死亡退職金の非課税枠 被相続人が亡くなった場合に、生命保険等に加入していれば遺族は死亡保険金を受け取れます。 同様に、被相続人が受け取るはずだった退職金を、遺族は死亡退職金として受け取れます。 これらの死亡保険金・死亡退職金には非課税枠が設けられていますが、その金額は「 法定相続人1人当たり500万円」です。 つまり、遺贈で保険金等を引き継いだ人には適用することができません。 しかし、これらは遺贈の場合は適用できません。 なぜなら、法定相続人であることが条件だからです。 【参照】 (4)生前贈与加算による贈与税額控除 生前贈与加算は、被相続人から生前贈与を受けた財産も相続税の対象となる制度です。 対象となる期間は相続開始日から3年さかのぼった期間までです。 相続開始日から3年以内に生前贈与を受けた財産をいったん相続財産全体にプラスし、相続税額を計算します。 そのうえで、この期間中に贈与税を納めている場合、その贈与税額は相続税額から控除されます。 この贈与税額控除は、遺贈の場合も適用されます。 (5)相次相続控除 相次相続控除は相続開始前の10年以内に、被相続人が相続税を納税している場合、一部の税額を控除できる制度です。 この控除額は相続税額や、財産価額等によって変わります。 ただし、この相次相続控除は遺贈では適用できません。 なぜなら、適用するためには「相続人であること」が要件に定められているからです。 (6)遺贈と相続の特例控除制度のまとめ 遺贈と相続のそれぞれの場合の、特例や控除制度をまとめます。 それぞれ、固定資産税評価額を基に計算され、一般的には次のような税率です。

次の

相続税計算シミュレーション【2020年版】|相続税はいくら納めるの?

相続 税 計算機

相続財産には プラスの財産だけでなく債務等の マイナスの財産も含まれてきます。 債務や葬儀費用は、マイナスの財産として相続財産の額から控除することができます。 墓地や墓石、仏壇、仏具等は相続税の非課税財産です。 また、 被相続人が亡くなる前3年以内に贈与された財産、また生前に 相続時精算課税制度を活用して贈与を行った財産については、相続財産に含めて相続税を計算しなければなりません。 路線とは道路のことで、路線に面する標準的な宅地の1㎡あたり1,000円単位の評価額が、国税庁によって定められています。 路線価に土地の面積をかけて土地の価格を計算。 路線価は、毎年7月ごろに国税庁が公表する路線価図で確認することができます。 土地所在地近辺の詳細な地図が表示されると思いますので、あなたの土地の「300C」といったように記載されている数字と記号をチェックしましょう。 路線価図にある「300C」の「300」が路線価で、1㎡あたり1000円単位で記載されているので、この場合の路線価は300千円。 つまり1㎡=30万円という意味で、100㎡で3000万円が路線価評価額となります。 この路線価を基に土地の地形や近隣の状況に応じた補正を行って最終的な土地の評価額を求めていきます。 たぶん3000万円・4000万円もしないだろうから、「ざっくり計算する方法はないの?」と思われる方のために、その方法をご紹介しましょう。 まず、直近の「固定資産税の課税明細書」を手元にご用意ください。 市区町村により様式が若干ちがうのですが、「価格(評価額)」と書いてある欄があると思います。 その位置に書いてある金額が、固定資産税評価額と言われるものです。 そして、土地に関する様々な金額については一般的に次のような比率に近づくことが多いです。 このグラフの比率を概算に使用します。 相続税の税率と相続税計算過程 シミュレーションで自動計算されている相続税率についてみていきます。 下記税率表をみてください。 相続税の課税標準となる課税遺産総額(遺産の総額ー基礎控除)に応じて税率が定められており、相続税は相続財産が多いほど税率が高くなる累進課税となっています。 シミュレーションで算出された相続税は、各 相続人の法定相続分に相当する課税遺産額にそれぞれの税率を乗じて計算した 相続税の総額となります。 そこから、個々の財産についての特別な補正を加えるなどして最終的な相続税評価額を算出していきます。 受け取った保険金額から非課税額を差し引いた金額が生命保険の評価額となります。 受取保険金から非課税額を控除後の金額 具体的な相続財産の評価については「」の記事をご参照ください。

次の