日暮里 パン 屋。 フェルツ【赤羽】 [パン] All About

東京バックハウス【日暮里】 [パン] All About

日暮里 パン 屋

JR西日暮里駅から徒歩3分ほど歩いたところにある、赤と白の扉が目印のパン屋さん『BOULANGERIE ianak!(ブーランジュリー イアナック)』。 小さなお店ですが、入ってみてびっくり!たくさんのパンがところ狭しと並び、多くのお客さんで賑わっていました。 地元に寄りそう、種類豊富なパン シェフ金井さんの地元ということから西日暮里の地にお店を構えて、地元密着型のパン屋さんとして親しまれて今年で10年を迎えます。 平日は地元のお客さんを中心に賑わい、週末には遠方からも多くのお客さんがいらっしゃるのだそう。 取材に訪れた際も、次から次へとお客さんが訪れていました。 お子様連れのお母さんから、おじいさんおばあさん、サラリーマンの方などその年齢は様々。 幅広い年代に親しまれているお店なのです。 「ブーランジュリーなんですが、あんぱんとかメロンパンとかおじいちゃんおばあちゃんやお子さんも食べていただけるものも揃えています。 当初は、バゲットやハードパンだけだったのですが、色んな方の声があって徐々に種類を増やしていったんです」と、マネージャーの小川さん。 現在はおよそ80種類という豊富なパンのラインナップがあるのも、そういった「お客様の声」を大切にしているからなんですね。 低温長時間発酵で作るもっちりのバゲット&クロワッサン おすすめは「バゲット」と「クロワッサン」。 長時間低温発酵で焼いているため、もっちり&しっかりとした食感が特徴。 実はフランスでも、この長時間低温発酵の「オーバーナイト法」によるパン作りが主流と言われています。 そんなこだわりの製法で作られるクロワッサンは、表面がパリっとしていて、それでいて中はしっとりもっちりとした食感。 噛むと口の中にバターの香りがふんわりと広がります。 ひとつのクロワッサンで違った食感が楽しめるのもおもしろいですよね。 毎日食べても飽きない角食パン 食パンの種類も豊富な『ianak! 』ですが、中でも人気なのは「角食パン」。 甘すぎず食べやすい味にすることで、毎日食べても飽きないパンとなっています。 「気取らず、普段使いしていただけるパン屋を目指している」からこその、定番のパンへのこだわりが伺えますね。 食パンの種類も豊富 店内には本当にたくさんの種類のパンが並び、どれもおいしそうで迷ってしまいます。 そんなときはまず、定番のバゲット、クロワッサン、食パンから選んでみると良いかもしれませんね。 カレーパンにパンドラ…個性豊かなパンたち 定番のパンの他にも人気メニューは多数。 最近、特に人気なのが「お豆とレンコンのカレーパン」。 テレビでも紹介されたこともあり、とても人気の商品。 取材中にもこのカレーパンを買っていくお客さんがたくさんいらっしゃいました。 中のカレーにはお豆がごろごろ入っています。 レンコンのシャキシャキとした食感にやみつきになりそう。 人気No. 1というのも納得です。 見た目もキュートなパンドラ こちらは甘い系のパンで人気の「パンドラ」。 ネーミングもおもしろいですが、なんといってもこのキューブ状のフォルムに目を奪われます。 切ってみると中にはチョコレートがたっぷり。 カスタードを練り込んだという生地はほのかに甘みがあり、チョコレートやナッツとの組み合わせが絶妙です。 表面が少しサックリとしていて軽い食感なので、ペロリと食べられちゃいます。 他にも、「フルーツライ」というライ麦の生地で作られた、ドライフルーツとナッツがぎっしりと入ったパンも人気なんだとか。 パンの他に焼き菓子もあります。 涼しい季節の方が焼き菓子のメニューは多いとのことですが、取材に訪れた5月はスコーンやフィナンシェがありました。 この時期は木・金・土・日でマフィンを焼いているんだそう。 季節ごとにマフィンのフルーツも変わるそうなので楽しみですね。 焼きたてパンの香り広がる店内 店内から見える厨房では次々にパンが焼き上がってきます。 「よく知っている方は、焼ける頃にいらっしゃって焼きたてを買っていかれたり、『次いつ焼けるの?』って言って、また来てくださったりします」と小川さん。 お客さんとの距離が近いからこそ会話が生まれ、またそこから新しいパン作りにもつながるという地域密着型ならではの接客が伺えます。 取材中にはたっぷり具材が目を引く焼きたてのタルティーヌと日替わりピザが焼き上がってきました。 焼きたての香りに誘われて、野菜がたっぷり乗った日替わりピザを購入。 焼いたことで甘みが増したパプリカとアスパラとズッキーニの旬の野菜のみずみずしさが絶品!ランチにもぴったりの1品です。 暑い季節におすすめ!パンの食べ方 これからの梅雨や夏の蒸し暑い時期におすすめのパンの食べ方があるということで、教えていただきました。 「暑い時期は、パンを冷やして食べるのもおいしいんです。 お店でも冷やしておいしい商品をいくつかご提案させていただいていて、デニッシュ系のパンは冷やしてケーキっぽくして食べていただくとおいしいんですよ。 その他、ピリッと辛いものを取り入れたパンなど、夏に食べたい食欲がそそるようなものをみんなで試行錯誤して作っています。 週末限定で週替わりのキッシュも焼いているんですが、夏はパイナップルを入れたり、次は焼肉を入れてみようか、などいろいろなメニューが登場するので、そちらも楽しみにしてもらえるとうれしいですね」。 焼きたてもおいしいパンですが、冷やしてデザート感覚で食べられるのは新しくておもしろいですね。 パン屋さんのかき氷!? 季節によってパンの具材も変わる『ianak! 』ですが、夏になるとアイスパンやかき氷の販売が始まるのだとか。 「お客様の声が一番大事」だと語るマネージャーの小川さん 「暑くなってきたらそろそろはじめようかな〜という感じでかき氷の販売が始まります。 パン屋さんが作るかき氷なので、上に自家製のラスクをのせているんです。 夕方、お買い物帰りのお母さんとお子さんが食べながら帰ったりしてくれ、すごく喜んでいただいています」と教えてくれました。 パン屋さんでかき氷やアイスとはなかなか珍しいコラボレーションですね。 お客さんの声を何よりも大切にしている『ianak! 季節や日によってパンのラインナップが変わるので、常連さんも来るたび楽しみがあるのだとか。 種類豊富なパンの中から、あなたのお気に入りを見つけてみてはいかがですか?• (ブーランジュリー イアナック)• 住所:東京都荒川区西日暮里4-22-11()• 電話:03-3822-0015• 営業時間:8:30〜19:00(パンがなくなり次第閉店)•

次の

【日暮里】富士山の溶岩で焼くパン屋さん「明富夢(あとむ)」感想

日暮里 パン 屋

現時点とは異なる可能性がございますのでご了承ください。 そんな幅広い魅力にあふれたパーラー江古田。 外からはあまり・・ ショーケースに並ぶのは、バリッと小気味いい音が聞こえてきそうな焼立てのバゲットや、ツヤのあるクロワッサン・・ パンやお菓子に力を入れるカフェが増えてきました。 ・・・というよりも、もしかしたら、ベーカリーやパティスリーのイートインスペースが・・ 元町の商店街から坂を上って歩くこと数分、右手に戦後から長い歴史を誇るダンスホール・・ 鎌倉散策の折にはぜひ立ち寄りたい浄妙寺。 その境内の高台に2000年春、石窯ガーデンテラスは・・ 中野の街で愛され続け、今年で10年目を迎える「ブーランジェリー ルボワ」。 そう言われるほど、パン好きの間で人気のお店がこちら・・ コーヒーとサンドイッチがおいしいと評判の「麹町カフェ」のパン工場として誕生したのが、この「ファクトリー」。 洒落たコンクリート造りの店内に・・ リニューアルして生まれた「アトレ吉祥寺」の2階に、新しく「ブーランジェリー ラ・テール」をオープン・・ 洒落たブーランジェリーブームの陰で、最近はちょっと肩身の狭そうななつかし系のたちが堂々と・・ 池尻大橋の駅近く、商店街の中にあるかわいらしいパン屋さん。 ドアを開けるとおしゃれなスチールラックに・・ 丸の内ブリックスクエアにオープン。 フランス、ポワトゥー・シャラント地方のA. Cバター「エシレ」の専門店です・・ 流行の発信地、東京・代官山。 ひっそりと佇むパン屋さんを発見しました・・ シェフを務めるのは、パナデリアの石窯パン教室の講師としてもお世話になったデリアン・エマニュエル氏。 そう、あの・・ オーナーシェフの須藤秀男さんは、「タイユバン ロブション」や「ブルディガラ」や「ペルティエ」などで・・ 伊勢原の名店「ブノワトン」。 そのの跡地に、ブノワトンと高橋シェフの想いを引き継いで・・ かわいらしい店名のイメージをいい意味で裏切ってくれるのは、シックで洒落た店構え・・ 温泉の町、湯河原で評判のブレッド&サーカス。 オープンしてからもう12年目を迎えたというのに、その人気は衰えることを知らない・・ 猫のロゴマークは、今も健在。 お店の前にある木の看板に描かれた猫は、訪れる人をやさしく迎えてくれます・・ 潮風が気持ちいい海沿いの街、逗子。 そんな逗子の閑静な住宅地に、知る人ぞ知るブーランジェリーが・・ さいたま市南区の静かな住宅街の中にある「パン工房 風見鶏」は、地元の人ばかりではなく、パン好きなら一度は・・ 朝霞駅のそばにオープンした「ブーランジェリー アーブル」は、木のぬくもりを感じさせるかわいらしいお店です・・ ちょっと憧れの海の町、館山のおいしいパン屋さん「スルジェ」。 シェフの加瀬陽一さんは・・ シックでさり気ない店構え。 中で個展でも開催しているのでは・・・と思うような・・ 北海道・札幌で人気のブーランジェリー「パン オ トラディショネル」が、東京・渋谷の西武渋谷店内にオープンしました・・ 国産小麦と天然酵母を使ったパン屋さんの草分け的存在でもある町田の「ピッコリーノ」。 今までは・・ なんと、あの白金台の同じ場所で、以前のままの金麦の姿で、再開してくれたのです。 伊藤シェフも気分新たに・・ ビゴの店での修業に加え、料理人やパティシエの経験を持つ竹内シェフだから、どんなジャンルもお手のもの。 シェフの自由な感性・・ 港区高輪。 落ち着いた雰囲気のこの街にオープンしたお店、ブーランジェリー セイジ アサクラ。 対面式のカウンターに並べられたパンは、どれも素朴且つ清楚な佇まい。 西荻窪の町にぴったりのパン屋さん。 お昼前でもたくさんのお客様が。 おめあてのパンの焼き上がり時間をチェックして訪れてみて。 1周年を迎えたヒンメル。 今回はドイツパン以外のものを中心にご紹介。 三軒茶屋「ブーランジェリーボヌール」の2号店が、梅屋敷にオープン。 若かりし頃、パンの神様、レイモン・カルベル師匠から教わった味を大切に、シェフ、都井隆輝さんが今も変わらぬ味を・・ パンド コナが、今年、改装しました。 お店のすぐそばにはタロー屋畑があり、ラズベリーやブラックベリー、ルバーブなどが元気よく育って・・ 桜並木をまっすぐ歩くこと25分。 すると、おとぎ話に出てきそうな可愛いお店が。 自家製酵母と国産小麦でおなじみのパン屋さんパン屋さん。 のどかな田舎道にひっそりと佇む「iipan」は、よーく気をつけていないと見逃してしまいそうなほど・・ パナデリアの石窯パン教室の講師としてお世話になったパオロ・アッジョ氏。 そんなパオロ氏が、いよいよ夢を実現・・ 店舗の雰囲気は、まるでタイムスリップしてしまったかのような雰囲気!木の棚や木箱に並んでいるパンも、どこかほっこりとして懐かしい感じがします。 ルヴァンで修業された奥田シェフが作るパンのお店。 「ラ・テール」が、三宿の本店からちょっぴり離れた世田谷公園前に新店舗をオープンしました。 下町情緒あふれる街並みに、しっくり溶け込む小さなパン屋さん。 リニューアルオープン。 新しくシェフブーランジェとして迎えられた樋熊康行さんも意欲満々。 場所は赤坂アークヒルズの向かい側。 創業はなんと1948年(昭和23年)。 青山由香さんが心を込めて作るパンが、ご主人のケーキと一緒に仲良くお店を彩ります。 その評判は口コミで近隣に広がり、朝8時のオープンと同時に続々とお客様が集まって・・ 早稲田のパン屋さん、と聞いてピンときた方はかなりの通。 実は、15年ほど前に・・ 新しいパン屋激戦区になりつつある大岡山に、2008年1月にオープンしたかわいいパン屋さん。 ドイツ・デュッセルドルフで修業していたシェフによる本格的なドイツパンからベーグルまでという、幅広いラインナップが楽しめるお店。 立川市で人気の「ベーカリーカフェ ムッシュ イワン」の姉妹店。 赤坂の新スポットにフランスの有名ブーランジェが初進出。 シェフ・ブーランジェを務める小川さんは、西荻窪の「ムッシュソレイユ」で修業し、フランスでも腕を磨いたという本格派。 「パンステージ プロローグ」、その次なるステージ「パンステージ エピソード」が町田にオープンしました。 ランチやおやつだけでなく、ディナーやギフトなど様々なシーンに活躍してくれそうなブーランジェリー。 「ブノワトン」高橋幸夫シェフの意志を継ぐお店。 シェフ島田さんは舞浜シェラトンや、飛騨高山の「トランブルー」でも腕を磨いたという実力の持ち主。 神奈川県で採れた小麦を自家製粉して使う、人気のベーカリー。 「ムッシュ・ソレイユ」「ブルトン」「パリ・セヴェイユ」のあの福士さんが満を持してオープンした自身のお店。 福島シェフが、この仕事を楽しんでいる理由のひとつには「お客様との対話の楽しさ」があるそうです。 那須にある、予約必須のパン屋さん。 国産小麦と天然酵母で作るナチュラルなおいしさが魅力のパン屋さん。 訪れる前には、人気のブログチェックも忘れずに! 東京なのに都心とは違う空気と時間が流れる場所。 パンはどれも国産小麦と天然酵母で作られ、野菜も有機農法で作られています。 「カイザー」出身のシェフによる、自家製天然酵母のバゲットからお惣菜パンまで。 シェフの秋元英樹さんは、若干30歳の若さで「ペルティエ」や、「ユーハイム・ディー・マイスター」でスーシェフの経験を持つ実力の持ち主。 ドイツパンのマイナスイメージを一気に払拭してくれるような、おいしいドイツパンのお店に出会いました! 「アルトファゴス」でシェフを務めた望月哲二さんのお店です。 京王井の頭線「駒場東大前」からすぐの場所にオープンした、ハード系からヴィエノワズリ、ケーキまで揃うお店。 西荻窪の「ムッシュ・ソレイユ」の姉妹店。 「ダンディゾン」に続き、淺野正己氏がプロデュースする待望の新店。 パンの国という店名だけあって、パンはもとより、パンのまわりのもの、どんなパンのお友達も揃うお店です。 ブラッセリー、ブーランジェリー、パティスリー・・・3つが揃えば怖いものなし!という感じのお店。 金、土、日の3日間のみの営業。 粉はほとんどが岩手県の国産小麦「こゆき」。 ここでしか出逢えないパンばかりのお店! 愛の神「キューピッド」を冠するのもうなずける、魅力的なパンでいっぱいのブーランジュ。 70メートルほど場所を移し、まったく新しく生まれ変わってオープンしました。 オムレツやサラダなどの料理と共に、パイニイのバラエティ豊かなパンを思う存分に味わうことができます。。 「VIRON」出身の堀内篤さんのお店。 シェフを務めるのは、代官山「マディ」で腕を振るっていた塩塚雅也さん アーリーアメリカンという感じのかわいらしいカントリー風の雰囲気。 そこで、お気に入りのパンを選ぶのはとても楽しそう。 パンの街、つくば市においてもまっさきに名前のあがるお店。 100%穀物と水だけで作られたこだわりのあこ天然酵母を使ったパン屋さん。 「実は、ヴィエノワズリー専門の店にしようと考えたこともあったんですよ」と、シェフの國島さんが言うとおり、ヴィエノワズリーの名店でもあるのです! キラキラとおいしそうな顔で焼きあがったバゲット、繊細な表情のクロワッサン。 どれも心惹かれるものばかり。 あの志賀勝栄シェフが満を持して独立! ムッシュソレイユやユーハイム、ペルティエなどで経験を積んだ池田知嘉子シェフのお店。 あのイタリアンレストラン「ダノイ」のパン屋さん。 徹底的に素材にこだわり続けているパン屋。 それが、目黒区八雲にあるSORA。 食材への強いこだわりが感じられる、本田修一シェフが腕をふるうブティック。 パティスリーだけでなく、本格的なパンも魅力の注目店。 溶岩窯で焼くパンが並ぶ、三鷹で大人気のブーランジェリー。 製パン界の大物シェフ小倉孝樹さんが満を持して独立! 開店前からひとり、またひとりと列ができ始めるお店。 地元に溶け込んだパン屋さん。 曜日限定のパンもいくつかあるので、1週間通い続けても新しいパンに出会えます。 ポワラーヌ出身のデリアン・エマニュエルさんが手がける数々の本格的ハードパンやヴィエノワズリー! 料理とパンは切っても切れない存在。 そのことを強く感じさせてくれるお店。 店内に入った瞬間に日常を非日常に変えてくれるブーランジュリー。 「こんなパン屋さんが近所にあればいいのに…!」と思わずうなってしまうブーランジュリー。 気取らないけど、ちゃんとおいしい、そんな素敵なパン屋さん。 大地の恵みを受けた素材を活かし、石窯でじっくり焼き上げたパンの数々。 ドイツパンはもちろん、パリッと艶やかなバゲット類や、センスの良い惣菜パン、層の美しいデニッシュ系も見逃せません! 知る人ぞ知る名店。 やっぱりデニッシュっておいしいな、と実感してしまう罪なお店です。 ますます眠れない日々が・・?! さらに味わい深くリニューアルされたラインナップ。 秋のパンを中心にご紹介。 ロゴマークの下に書いてあるフランス語は「食う、飲む、遊ぶ」という意味だそう。 シェフの情熱が伝わってきます。 代官山のパティスリーマディ出身のシェフがつくる、優しい表情のヴィエノワズリたち。 食パンはもちろん、ハード系も大人気。 あの辻口シェフによるブーランジェリー。 ギフトのプレゼンテーションもすてきです。 デニッシュ特集! パン屋さんならではの食べ応えや、まるでお菓子屋さんのようなリッチなおいしさなど。 隠れ家的ブーランジュリー、オープン2年め。 サンバと富士山の溶岩窯から生み出される深い味わい。 「郊外にはおいしいパン屋さんが多い」という、パナデリアの持論を決定づけてしまうようなお店。 「どんなに遠くても毎週通いたい!」そう思わせる魅力のあるブノワトン、4回目の登場です。 素材選びや酵母作り、成形など、そのひとつひとつにこだわりが感じられるブーランジュリー。 新しい店舗が増え、さらにおいしさが広がりました! オープンして2年。 小ぶりのパンにぎゅっとつまったおいしさ。 タイの空気とおいしさ満載の、唯一無二のブーランジュリー。 根強いファンの多い江古田の名ブーランジェリー。 住と食、双方にこだわった味わい深いブーランジュリー。 小さなお店にあふれる、ていねいにつくられた天然酵母の雑穀パンたち。 パナデリア的「家の近くにほしいブーランジェリーランキング」にいつも入るお店です。 居心地がよくて立ち去りがたいお店。 パンもお店も、おいしそうな表情をしています。 粉が違う!かつてない旨みを実現したブーランジュリー。 ブロートハイム出身のシェフが焼く、目にもおいしいパンの数々。 湘南ムードあふれるかわいいパン屋さん。 迷う愉しみを教えてくれるお店。 3度目の登場です! 外壁の石窯が目印!ひとつひとつていねいにつくられたパン達に注目。 さいたま芸術劇場のすぐそばのお店。 香ばしくて主張のあるパンが揃っています。 石窯で焼くふんわり香ばしいパンが人気のお店。 ドンナママの焼きあげる、あたたかい味わいのパン。 ブノワトン出身のシェフが想いを込めて作るパン達。 おいしいパンと、それを楽しむあれこれが揃うお店。 2回めの登場です! 鎌倉・ベルグフェルドで修行したシェフのつくる、こだわりのパン。 軽井沢の、農事法人NOSUYの経営するブーランジュリー。 2003年10月にオープンした、本物志向のブーランジェ。 変わらぬ人気とあたたかさ。 和テイストを盛り込んだオリジナルのパンがたくさん! ハード系、ヴィエノワズリだけでなく、惣菜パンも充実しています。 人気のお菓子屋さんですが、ケーキだけでなく、パンもとても美味しいんです。 新松戸のご存知「パオ」が、移転・新規オープンしました! 南フランス風の開放的な雰囲気の一軒家レストランのパン部門が独立。 ハード系ドイツパンから惣菜パンまで幅広く、こだわりもあるお店。 一見、素朴でありながらも、並々ならぬセンスを感じさせるお店。 久我山駅から徒歩5分のところにあるお店。 幡ケ谷の住宅街にある、オシャレなお店。 久しぶりに訪れた天然酵母のパン屋さん「南部」。 酵母が少し変わり、品揃えが増え・・ 後藤さんのパンに対するパワーは、相変わらず健在でした。 ますます充実したテオブロマのヴィエノワズリ部門。 六本木ヒルズの中でも非常に人気のお店。 「デュヌラルテ」淺野正己氏プロデュースの店。 通販やチクテカフェでも購入していた、チクテベーカリーのパンのお店。 2003年5月、柴田 知実さんがシェフになり、新しく生まれ変わりました。 ハード系はもちろん、フレンチレストランのユイズィーヌならではのものも絶品。 もともと映画の宣伝マンだったという森山シェフが、2003年の4月にオープンしたばかりのパン屋さん。 親子2代でおいしいパン作りに頑張っているパン屋さん。 ビール酵母を作る新兵器を使ったパンの紹介。 2003年の2月にオープンした川辺清和シェフのお店。 阿佐ヶ谷の商店街にある、ウッディーなかわいらしいお店。 明大前に出来た本格的なハード系のパンを焼くお店。 ついに登場です。 粉の旨みがたまらない。 ランチやディナーも楽しめるお店。 知る人ぞ知る、パン業界の大御所、明石さんのお店。 シンプルで毎日食べても飽きの来ない実力派揃いです。 天然酵母パン初級者にもおすすめの食べやすいパンが種類豊富に揃ってます。 「ラ・テール洋菓子店」のブーランジェリー。 飾りパンの第一人者風間豊次さんの店。 美味しいケーキで有名な西洋銀座のパン。 東京大丸のなかのお店です。 皆さんにおなじみの竹内さんのお店。 無添加パンでおなじみの西荻窪「リスドォル・ミツ」の廣瀬満雄さんが、下井草にオープンしたお店。 2002年9月6日オープン。 パン・お菓子・お惣菜、どれもが充実しています。 ハード系から菓子パンまで、日本人が美味しいと思うパンを揃えている店。 自家製天然酵母のパンや、サクサクのクロワッサン、キッシュロレーヌなどが並ぶ、対面販売のパン屋さん。 日本人の心に温かいものを感じさせる花、「桜」そんな花の名前がついたこのパン屋さんは、やはり温かさいっぱいの雰囲気。 店内も外観も並んでいる商品もとても洗練されているお店。 3回目の登場です。 素直な美味しさで、パナテリアの心をつかんだ薫々堂、早速2回目の登場です。 2003年11月19日に開店したばかりの、横須賀のパン屋さん。 茅ヶ崎で人気のパン屋さん。 ブノワトン出身のシェフ、フランスの職人資格をお持ちの店主、ドイツで修業された女性職人の3人がそれぞれの持ち味をいかしたパンを作っています。 「パン・ペルデュ」という店名だった頃に一度ご紹介したお店。 お菓子屋さんの中でも、パンにも力を入れているお店として有名なレジオン。 デニッシュ類が非常に充実しています。 2回目の登場です。 以前にもご紹介した、美味しいパンがいっぱいの高橋幸夫さんのお店。 鎌倉の浄明寺の中にあるパン屋さん。 石窯の威力発揮という感じで、表面がパリッと中はふんわりした活きのいいパンに出会えます。 パンの種類が非常に多く惣菜パンも充実している柏のパン屋さん。 お客さん思いの『エンゼル』。 パンの数ばかりでなく、話題も豊富なお店。 厨房から出てくる焼きたてパンは、見ている先から売れていきます。 パンはフランスの本店と同じ契約農家で作られたカンレミという粉を輸入、19世紀当時に極力近い製法で作られます。 白神山地からの贈り物とも言える白神こだま酵母パン、自然のありがたみを感じながら是非試してみてはいかがでしょうか。 パン生地にはイーストフード、保存料、乳化剤等の添加物を加えずに、小さな子供にも安心して食べさせてあげられるパン作りをしています。 店内にはパンのほか、これまた美味しそうなケーキ、トゥレトゥールなどが揃っていて、この店にくれば、すべての食を満足させることができます。 外観のしゃれた雰囲気と、木目調の落ち着いた店内は、まるで、ヨーロッパのパン屋さん。 聖マリアンナ医科大学の入り口に1998年3月オープンしたお店です。 三角屋根の店舗はまるで西洋のお話にでてくるような可愛らしい造りです。 閑静な緑あふれる田園都市・あざみ野にあるパン屋さん。 店名についている「もあ」は=moreのことでより美味しく、より体に優しいをモットーにされています。 海のすぐ近く湘南山手に、2002年1月30日OPENしたばかりのパン屋さん。 なんくるとは沖縄の言葉で、「なんとかなるさ。 」という意味とのこと。 店内はおしゃれな雰囲気にまとめられ、まるでパリのブーランジェリーにいるかのような気分になります。 地元で採れたしゃこを使ったというパンや、八景あんぱんという和紙に包まれたパンなどがあります。 「テレビチャンピオン(2002. 10放送)カリカリふわふわパン屋さん選手権」に登場した、杉山隆シェフのお店。 山小屋風のパン屋さんは、まるでおとぎの国のピーターパンが現われそうな雰囲気。 2001年12月、松ヶ丘ニュータウンにオープン。 茨城県水戸市にある冨田さんのお店。 鮮やかな黄色と青の外観のかわいらしいお店。 素材にこだわったパンはどれもやさしい味でクセがなく、そのまま食べても、またお料理に合わせてもOKです。 モダンで可愛いらしいパン屋さん。 フレンチ系、食事系のパンが多く、それらはどれも本格派。 何故かホッとするような暖かさを感じさせてくれます。 ヤマト運輸とヤマト福祉財団(小倉昌男理事長)が設立・支援する株式会社「スワン」が経営する、障害者の自立支援の目的をもって事業を行っているパン屋さんです。 安全で美味しいパン作りをモットーに、店主の杉山さんご夫婦が・・ 若いご夫婦が開いたこのお店は、調理パンやデニッシュはもちろんハード系のパンも多く、小さいながらも品揃えは充実。 パリで人気のブーランジェリーの支店が、東京・高輪にオープンしました。 墨田区東向島にある下町のパン屋さん。 3年前に取材をさせていただいた『ルヴァン』。 久しぶりの取材をさせていただきました。 『ラ・ママン』の名前からもわかるように、「子供に安全なパンを…」というお母さんのやさしさが伝わってくるようなパンが楽しめます。 「ルヴァン」の甲田幹夫さんの元で修業していたという、山下秀雄さんのお店。 ホシノ天然酵母、国産南部小麦などを使ってパンを作っている「Kazy」。 浜田山にある隠れ家的な可愛いパン屋さん。 日暮里駅から歩くこと約5分、谷中銀座商店街にあるお店。 テレビなどでも時々拝見する廣瀬満雄さんのお店。 町田にある全種類天然酵母のパン屋さん。 こだわりのスペイン窯で焼き上げられたパンが並ぶ、人気のお店。 りんごをはじめ、ラ・フランスの酵母やサワー種をパンによって使い分けています。 ビゴ系列の藤森二郎氏が経営する3店目のお店。 「湘南ビール」の蔵元「熊澤酒造」の6代目当主が開いたお店。 第一印象はいかにも街のパン屋さんという感じ。 坂本幸三さんのお店。 以前、Patisserieとして取り上げさせて頂いた『レジオン』。 今回はBoulangerie として美味しいパンを紹介します。 湘南にある、真夏の明るさを感じさせる店。 ドライブついでに立ち寄りたい駐車場完備の湘南にあるお店。 東急東横線・反町駅の近くにあるお店。 パンとケーキの両方を扱っています。 平塚の駅からバスで10分少々、駅からはちょっと離れた住宅街にあるお店。 「上食」のパンではなく「常食」の、いつ食べても飽きないパン作りをしているという池田さんのお店。 富士山の熔岩で作った石窯を使って焼き上げられたパンが、お店の棚を彩っています。 パンの種類が豊富で、なんと約250種類にもおよぶパンがあるそうです。 オーガニック食品店などで取り扱うザクセンのパン。 根津のレストラン「マヌビッシュ」が、パン専門の「アトリエ・ド・マヌビッシュ」をオープンさせました。 イタリアンレストランとカフェを併設した銀座のお店。 素材にこだわり、国産小麦やオーガニック認定済みの材料を使用しています。 「代官山アドレス」の1Fにあるお店。 イートインスペースもあります。 パン屋さんのコンサルタント業でも有名な広瀬満雄さんのお店。 世界18カ国を周ってパン作りの修業を行ったというシェフのお店。 ケーキ売り場とパン売り場、そしてイートインできるオープンエアのカフェがあります。 隅章シェフが新江古田にオープンした、カフェを併設したお店。 すべて星野天然酵母と国産小麦を使用しているパン屋さん。 体も心もうんと元気になれる、オーガニックの美味しいパンの店。 パンの情報誌にはほとんど紹介されていない、都営三田線千石のお店。 バラエティに富んだあんぱんがたくさんあるお店。 食パン、ロールパン、バンズの3種類だけというこだわりのお店。 地域に密着している西浅草のお店。 JR巣鴨駅から歩いてすぐのところにあるお店。 清水忠明シェフが、フレンチレストランとパン屋さんを昨年11月にオープンしました。 ナンブ小麦を使用した天然酵母パンのお店。 神宮前の商店街にある国産小麦と天然酵母を使用したパン屋さん。 東京自由が丘の中でも、さらにおしゃれなスポット「メープルファーム」の中にあるお店。 本格的なドイツパンや自家製天然酵母のフランスパンなどが楽しめるお店。 「今以上に手間暇惜しまないパン創りを心がけたい」という、オーナー高橋さんのお店。 相変わらずの大人気店、「ベッカライ徳多朗」のお店紹介第2弾。 JR鶴見駅から歩いて5分。 商店街の中にあり、地元に根ざしたお店。 フランス料理店のオーナーシェフだった村上貞弘氏が、料理にあう自家製パンを作ったのがこのお店の始まり。 女性だけで焼き上げるパンとお菓子は素材にこだわり、丁寧に作りあげられた愛情たっぷりの品々。 富士山の溶岩を使用した石窯で焼き上げられたパンを求めて、たくさんの人が訪れます。 東戸塚の商店街にある、行列のできるパン屋さん。 欧風パンが人気のレストランYASHIMA。 川崎市武蔵新城にある地元の人達に人気のパン屋さん。 横浜は桜木町の「ワールドポーターズ」にあるベーカリー&レストラン。 埼玉県川口市にある地元に根ざしたパン屋さん。 1930年オープンの老舗。 現在中心になってパン作りをしているのは4代目の田中知さん。 ロイヤルパークホテルの中のベーカリー。 原材料はできるだけ安全で生産者の確かなものだけを使っているという、自家製天然酵母パンの店。 フランス料理の名料理人・ポールボキューズにパン作りの手ほどきを受けたパンがならんでいるパンブティック。 東京・赤坂にあるドイツ菓子・ドイツパンのお店。 恵比寿のレストラン「タイユバン・ロブション」のベーカリー部門。 京王線桜上水にある「焼きたて 手づくり 無添加」のお店。 週2日だけOPENのパン屋さん。 主食としてのフランスパンを中心に、チーズやパテ、ジャムなども。 4年前に日吉の商店街にオープンした大地の実は、町の素朴なパン屋さんという感じ。 横浜の金沢自然公園の近くにあるお店。 横浜は元町にあるパン屋さん。 カフェが併設されている横浜のお店。 田園都市線あざみ野駅からバスで15分のお店。 パンをのせた可愛らしい女の子が目印。 ホリデーイン横浜直営のお店。 神奈川県マイカル本牧の本牧通りに面した、ガラス張りの明るく目立つお店。 海辺の町、葉山にある白い壁に青い屋根のおしゃれなパン屋さん。 材料は安全なものを使い、合成保存料は使わないという、埼玉県北本市にある小さなパン屋さん。 ヨーロッパの伝統的な天然酵母を独自に研究して、パンを作っているお店。 太陽マークの看板が目印の、目黒区五本木のお店。 静かな武蔵野台の住宅街の一角にあるパン屋さん。 アレルギーの人でも安心して食べられる健康パンの店。 かわいらしい飾りパンで有名なハナコウジ。 巣鴨と千石のほぼ中間辺りにある、「医食同源」が信条のパン屋さん。 大きなスペイン製石窯から焼きあがるパンが人気のブランジェ浅野屋。 レストランにも出している新宿のお店。 雑誌やテレビにも、よく名前の挙がる人気のパン屋さん。 東京下町、浜町のドイツパンの店。 都内有名レストランやホテルにパンを卸しているパン屋さん。 オフィスビルの建ち並ぶ通りの中で、お洒落な雰囲気の店構えが一際目立つパン屋さん。 神戸の本店で修業されたご主人がその製法を忠実に守っています。 行列のできるレストランの一角にあるお店 ドイツパンで有名。 飽きのこない味は食事をひきたてます。 粉、水、塩、酵母を基本に添加物を一切使わない、予約の注文販売のみのお店。 鎌倉にある、自家製天然酵母パンの店。 ライ麦を使ったドイツパンや、全粒粉を使ったものなど健康そうなパンがいっぱい。 新百合ヶ丘にある人気のパン屋さん。 鎌倉にあるドイツパンとドイツ菓子の専門店。 店内のカフェでもパンが食べられる、横浜たまプラーザのパン屋さん。 現在は、「ベルコリーヌ」という店名になりました。 横浜・クイーンズイースト内のお店。 現在は「玉川高島屋」専門店街B1に移転しました。 国産小麦と玄米の天然酵母で作られたパンは、モチモチッとしたなつかしい食感。 住宅地にある人気のパン屋さん。 モスグリーンのシックな外観。 フランスパンはもちろんベーグル、食材なども。 こだわり職人で取り上げた竹内さんのお店。 住宅街にあるこのお店は、緑と黄色の太陽の看板が目印。 国産小麦と果物から自家培養した天然酵母で独特のパンを作る、降矢夫妻のお店。 個性的で楽しいパンが並ぶお店 たまプラーザの住宅地、お客さんがひっきりなしにやってきます。 丁寧に手間暇かけて作られたパンが・・ タイ語? インドネシア語? そんな疑問を感じた人は、逆さから読んでみて。 そんなパンたちに出会えるのがここ「パンデパン」です。 「食を通じてヨーロッパの文化を取り入れ、お客様に感動と安全、楽しさを提供できる店」がコンセプトという人気店。 北海道のおいしいパン屋さんといって真っ先に名前が挙がる「アンシャンテ」。 シェフ自身の名前に由来する店名が可愛らしい、北欧の小さなパン屋さんを思わるブーランジェリー。 あのタイユバン・ロブションのシェフを務めた竹内哲也さんが2003年5月にオープンしたお店。 北海道でとれる小麦、「はるゆたか」を使用して焼き上げたパンが、種類豊富に並んでいます。 北海道のドイツパン屋のなかでも草分け的存在です。 北海道は旭川にあるお店。 かわいらしい猫の看板が出迎えてくれます。 北海道スペシャルという北海道ならではの素材を生かしたパンも並んでいます。 食事パンが充実していて、フランス系のパンやドイツ系のパンが並んでいます。 とても良心的で暖かい対面販売のお店。 山梨県・小淵沢のさわやかなイメージにぴったりのパン屋さん。 2008年3月末に長野県小諸にオープンした香色、古民家風だけどどこかモダン。 ベーカリーの既成概念を覆すようなスタイルの店。 パンの種類がたった3つしか・・ 営業時間が19時までとなっているにもかかわらず、午後にはパンがすべて売り切れてしまう、大人気のパン屋さん。 前回はハード系中心だったので、今回はヴィエノワズリをご紹介。 スペイン窯で焼きあげるパンが魅力。 どんな人が来ても、ぴったりのパンが迎えてくれる。 そんな温かみにあふれたブーランジュリー。 自然と向き合いながらゆっくりと丁寧に作っているブーランジュリー、2回目の登場です。 パン生地にストレスをかけず、自然な状態のまま焼き上げることにこだわっているベーカリー。 「ブノワトン」や「パン ド コナ」で修業を積んだ経験もあるシェフ。 店内のインテリアも必見! ライ麦パンの深い味わいの底にある、シェフの大きな志。 ちょっと変わった店名はシェフの名前に由来。 パンも味わい深いものばかり。 あの玉村豊男さんのこだわりのパンとワイン、お料理を絶好のロケーションでいただけるお店です。 自家培養酵母と有機栽培の材料、おいしい水を使った滋味のあるパン達。 くいしんぼうなパン好きのためのとっておきの場所。 平成16年6月6日にオープンした、ルヴァンの信州上田店。 おいしい水と風がさらなるおいしさをうみだします。 米どころ金沢の、シンプルで食べやすい日々のパン。 飛騨高山の隠れた人気ブーランジュリー。 「医食同源」を掲げたこだわりのブーランジュリー。 有機無農薬の素材を使い、添加物を加えず、自然酵母で発酵させたパン作りを目指しています。 ドイツで2年を過ごした店主が、生まれ育った甲府に2002年4月に出した店。 溶岩を使った石窯?! 粉にもこだわりをみせる、地元密着型の名店です。 沼津駅から御用邸公園へ向かって車を走らせること約10分、焼きたてのパンが待っているお店 パンの研究所でパンを化学的に研究してきた経験をお持ちの3代目のご主人、田中秀樹さんのお店。 産地直送の野菜や、身体が喜ぶ安心できる食品などを扱うお店の一角にあります。 長年ホテルオークラのベーカリーで腕を振るっていたシェフが、2000年にオープンしたお店。 神戸シェフのパンとお菓子のお店。 パン屋のシンボル、ブレッツェルの看板が目印の本格ドイツパンとドイツ菓子の店。 パンのほかに焼き菓子や、バター、ジャム、スープなどが並べられて、パンのある食卓がすぐに用意できそうです。 名古屋の東部、住宅地として人気の高い天白区の植田駅前の通りにあるお店。 たくさんの種類のパンが並び、菓子パン類のクリームやペーストは自家製という、名古屋の人気店。 2000年4月にオープンしたパンとフランス菓子のお店。 八ヶ岳の水で作られたパンを求めて来るお客様で、小さな店内はいつも賑わっています。 目の前には緑いっぱいの牧場が広がり、自然のなかでパンを楽しめます。 シンプルで素朴な味わいのあるパンからは、手作りのやさしさが伝わってきます。 素材にこだわったパンやお菓子が楽しめます。 100%自家製天然酵母で作られている山梨県のパン屋さん。 地粉を使ったロティのパンは、噛みしめるほどに味わい深く旨味があります。 天然酵母を使用し石窯で焼き上げたパンは、味わい深く仕上がっています。 乗鞍岳の麓で、国内産の小麦、山ぶどうの天然酵母を使い、手作りの石窯で焼き上げています。 天然酵母を使用した無添加のぶどうパンが人気。 小淵沢の先にあるこのお店は、レストランに併設されています。 標高1320mのところにあるパン屋さん。 フランス製の石床の窯で焼いたフランスパンがおすすめ。 岐阜県にある、おしゃれな山小屋風のお店。 イタリア・ミラノで人気のパン屋「ガルバニャーティ」の日本1号店。 名古屋にある人気のパン屋さん。 でも店名だけじゃなく・・ 京都で安心・新鮮・こだわりの自然食品を扱うお店「HELP」の直営店として、1998年にオープンし・・ 京都・平野神社といえば、桜の季節に訪ねてみたい場所。 そんな平野神社のそばに・・ 宇治市の住宅街に立つ小さなお店には、近所の常連さんがちょこちょこ訪ねにくる姿も。 金閣寺から竜安寺にむかって「きぬかけの路」を下っていく途中。 いかにも地域に根ざしたパン屋さん。 でも、パンを食べてみたら、心が「はっ」とする味わいでびっくり。 あの「パンデュース」が2008年5月にオープンさせたブーランジェリーダイニング。 どこをとっても可愛さ満点のお店。 魅力的なパンを作っているのは、女性シェフの高木恵美さん。 まだ品揃えは少ないですが、焼き菓子もおいしそう。 パン屋激戦区において、個性溢れるパンで注目を集めるブーランジュリー。 シェフの松尾清史さんが、ご自身の故郷にということで作ったお店。 シェフの岩永さんはパリの「メゾン・カイザー」で修業を積んだという方。 わざわざこのお店を目指して来るというお客さんも多いお店です。 和と洋がセンスよく交じり合った空間。 ヴィエノワズリーの種類の多さにも圧倒されます。 元町から北野へと続くトアロードで、道行く人の足を止める新入りベーカリー。 右京区の「プロヴァンス クラシック」が、シェフのブルターニュでの修業後、生まれ変わって北大路にオープン。 京都市上京区にある人気のブーランジェリー。 フランスらしさがありながら、どこか優しさを感じるパンばかり。 ベーカリーにカフェが併設されています。 ここで選んだパンを隣のカフェで食べることができるのもうれしい! コム・シノワの西川功晃氏のプロデュース。 氏の片腕・米山雅彦シェフによる、パン屋さんの底力を味わえるお店。 ハード系はもちろん、果物を使ったデニッシュも充実のラインナップがある、可愛らしいお店。 力強くユニークな、ここだけのパンが並ぶブーランジュリー。 「収穫」という名前をもつ、自家製フルーツやお米から酵母を作っているパン店。 たっぷり愛情をそそがれた楽健寺酵母でつくられたパン。 選びきれない!魅力あふれるパンの数々。 大きな薪窯で焼きあげられる、オリジナリティあふれるパン達。 フランスのビストロを彷彿とさせるブーランジュリー。 関西のパン好きで知らない人はいないであろうコム・シノワ。 ひとつひとつ心をこめて無添加のパンを作りつづけている店。 大阪、北新地にある、こだわりのパン屋さん。 体にいいパン屋さん。 うさぎのマークの黄色い看板が目印。 脱サラした松永さんが奥さんと始めた小さなパン屋さん。 スペインの石窯で焼いたパンは通をうならせる味わい。 今も路面電車が走る阿倍野筋の商店街にあるこじんまりとしたパン屋さん。 美味しいパン屋さんが多い神戸にあって、長年人気を保っているベーカリー。 神戸でパン屋さんといえば、はずせないのがここフロイン堂。 阪急神戸線三宮駅近くのパン屋さん。 バラエティに富んだ品揃え。 中でも豊富なデニッシュパンは・・。 最近、リニューアル・オープンした「たんあん」。 うれしいイートインコーナーもできました。 線御影駅近くのパン屋さん。 フランスの料理学校として有名な「ル・コルドン・ブルー」の出しているお店。 96種類ものパンがある京都のパン屋さん。 名前は「ブーランジェリー レスト」 鳥越製粉でフランスパンの粉を研究・指導していたウイヨー・アンドレがオーナーのお店。 お菓子やチョコレートでも名高い「ジェラール・ミュロ」のパンの紹介。 以前にもご紹介させていただいた草柳さんのお店。 自家製の天然酵母、スペインの石窯、石臼で挽いた小麦粉を使用・・と随所にこだわりが感じられます。 ホテル「グランド・ハイアット・福岡」にあるこの店は、ワインとともにパンが並ぶオシャレな空間。。 「柔らかく美味しい水が出るのでこの場所を選んだ」という森山敏弘さんのお店。 「キャナルシティ博多」に隣接した、小さなパン屋さん。 パンとケーキ、両方のマイスターの資格を持っているアドルフ・サイラーさんのお店。 人参、じゃがいもなどの野菜や果物を使って自家製天然酵母をおこしているお店。 ここから見えるイルドレ(レ島)は・・ にぎやかなアレジア通り。 その中でもひときわ目立っているのが、ここ「ドミニク・サブロン」です・・ シェフのピエール・ティユ氏は2004年の「パリで最も優れたバゲット・コンクール」で最年少優勝を果たした実力派・・ お菓子好きなら、ノルマンディーのルーアンと聞けば、すぐにミルリトンが浮かぶはず。 そう、ルーアンのミルリトンは・・ リヨン駅近くのブーランジェリー「Jacques Bazin」は、パリのブーランジェリーガイドブックにも必ず登場する有名店。 パリの19区にある、女性シェフが腕をふるう小さなブーランジェリー。 わずか26歳という若さでMOFを取得したブーランジェのお店。 地元の人々に愛される、バリのベーカリー。

次の

フェルツ【赤羽】 [パン] All About

日暮里 パン 屋

おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】美容・癒し・健康情報を探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の