お隣 の 天使 様 に いつの間に か 駄目 人間 に され てい た 件。 お隣の天使様コミカライズ&続刊決定!|佐伯さんの活動報告

「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」特設サイト|GA文庫

お隣 の 天使 様 に いつの間に か 駄目 人間 に され てい た 件

お隣の天使様にいつの間にか 駄目人間にされていた件 著:佐伯さん/カバーイラスト:はねこと 口絵・本文イラスト:和武はざの 定価:600円(+税) もどかしく、焦れったい。 特に関わり合いのなかった二人だが、雨の中ずぶ濡れになった彼女に傘を貸したことから、不思議な交流が始まった。 自堕落な一人暮らしを送る周を見かねて、食事をつくり、部屋を掃除し、なにかと世話を焼く真昼。 家族の繋がりに飢え、次第に心を開いて甘えるようになる真昼と、彼女からの好意に自信を持ちきれない周。 素直でないながらも二人は少しずつ距離を縮めていく…… 「小説家になろう」で絶大な支持を集める、素っ気なくも可愛い隣人との甘く焦れったい恋の物語。 お隣の天使様にいつの間にか 駄目人間にされていた件2 著:佐伯さん/イラスト:はねこと 定価:630円(+税) もどかしくも、着実に。 関わりのなかった二人だが、ふとしたきっかけから交流が始まり、食事をともにするようになっていった。 年越しを一緒に過ごし、初詣に赴き、バレンタインの煩わしさを受け流していく日々。 不器用ながらも温かい周の態度、周の両親や友人との関わりのなかで、冷え切っていた真昼の心は少しずつ溶かされつつあった……。 WEBにて絶大な支持を集める、可愛らしい隣人との甘く焦れったい恋の物語。

次の

GA文庫『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』PV

お隣 の 天使 様 に いつの間に か 駄目 人間 に され てい た 件

Millefeuille 部屋が隣というだけでそれまで接点の無かったルックス・成績・性格完璧美少女が、ふとしたキッカケから世話を焼かれる関係になり、少しずつ距離が縮まっていく話。 すごくスローテンポながら、それがいい。 繊細かつ悶死するような愛らしい描写も相まって退屈とは無縁の出来だ。 雰囲気的にはファミ通文庫の某作家さんの作品に似ている気もするが、唐突に惚れられる話でも無く、互いに積極的でも無く、しかし着実に仲が深まり互いに意識し出す様がより好みであった。 しかもクラスでは完璧美少女を演じているのに、自分にだけはそれ以外の表情を見せてくれるなど、最高のご褒美では無いか!今時絶滅危惧種な2人ではないかと思わないでも無いが、小説の中だけでも夢があってよろしい。 好感度MAXだ。 匿名希望*何某 イラストがイイ。 ヒロインの真昼がとにかくかわいい。 内容は日常モノで、ストーリーに大きな起伏はないし、他に目を引く要素も見当たらなかった。 そして、ズボラでやさしいだけの主人公に面白味がない。 「~だが、~だった」といった地の文が多くみられ、とにかくワンテンポ遅らせるような文体が鬱陶しくて退屈です。 45ページ目の「本当に的確に当たっていた」とか、文章がちょっとおかしい部分もあったり。 セリフで言ったことと同じ内容を地の文で繰り返すことが多いし、地の文の内容も同じように繰り返すことがあるのでリズムが非常に悪く感じました。 あと、真昼がなぜ公園のブランコでずぶ濡れでいたのかの理由は、この一冊ではわからないのが消化不良。 恋愛・青春モノとしては物足りなくて、続きが気にならない。 なので、過度な期待はせずに、移動中とか待ち時間の暇なときに読むのがイイと思います。 あと、タイトルが微妙にしっくりこない。 主人公最初からダメ人間だったろ……。

次の

GA文庫『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』PV

お隣 の 天使 様 に いつの間に か 駄目 人間 に され てい た 件

お隣の天使様にいつの間にか 駄目人間にされていた件 著:佐伯さん/カバーイラスト:はねこと 口絵・本文イラスト:和武はざの 定価:600円(+税) もどかしく、焦れったい。 特に関わり合いのなかった二人だが、雨の中ずぶ濡れになった彼女に傘を貸したことから、不思議な交流が始まった。 自堕落な一人暮らしを送る周を見かねて、食事をつくり、部屋を掃除し、なにかと世話を焼く真昼。 家族の繋がりに飢え、次第に心を開いて甘えるようになる真昼と、彼女からの好意に自信を持ちきれない周。 素直でないながらも二人は少しずつ距離を縮めていく…… 「小説家になろう」で絶大な支持を集める、素っ気なくも可愛い隣人との甘く焦れったい恋の物語。 お隣の天使様にいつの間にか 駄目人間にされていた件2 著:佐伯さん/イラスト:はねこと 定価:630円(+税) もどかしくも、着実に。 関わりのなかった二人だが、ふとしたきっかけから交流が始まり、食事をともにするようになっていった。 年越しを一緒に過ごし、初詣に赴き、バレンタインの煩わしさを受け流していく日々。 不器用ながらも温かい周の態度、周の両親や友人との関わりのなかで、冷え切っていた真昼の心は少しずつ溶かされつつあった……。 WEBにて絶大な支持を集める、可愛らしい隣人との甘く焦れったい恋の物語。

次の