羽鳥慎一 離婚。 羽鳥慎一の年収7億で自宅の家は豪邸!ケチで腹黒いディズニー年パス事件!電話癖がうざい!

人気アナウンサー・羽鳥慎一の離婚原因って?再婚の情報については?

羽鳥慎一 離婚

プロフィール 名前:羽鳥 慎一(はとり しんいち) 本名:羽鳥 慎一(はとり しんいち) 生年月日:1971年3月24日(45歳) 出身地:埼玉県 血液型:A型 所属:株式会社テイクオフ ・1994年:日本テレビに入社する。 ・1996年:一般女性と結婚する。 ・2011年:日本テレビを退社する。 フリーアナウンサーになる。 ・2012年:一般女性と離婚する。 ・2014年:脚本家の渡辺千穂と結婚する。 羽鳥慎一が嫌いと言われる理由がヤバイ!? 羽鳥慎一さんは、若い頃から日テレのアナウンサーの中でも好感度の高いアナウンサーとして知られていましたよね。 「ズームイン朝」で長年MCを務めるなどしていて、様々な番組で活躍していました。 そんな羽鳥さんなのですが、嫌いと言われていて、その理由が話題になっているそうです。 では、羽鳥さんが嫌いと言われる理由とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、羽鳥さんはかつては好感度の高いアナウンサーだったのですが、最近は腹黒そうなところが見え隠れしたり、うさんくさそうということから嫌いと言われているそうです。 また、アナウンサーにもかかわらず原稿読みがあまり上手くないことや、コメントが嫌味に感じることなどから嫌いと言われてしまっているのだとか。 さらに、このように羽鳥さんが嫌いと言われるようになったのは、日テレを退社してフリーアナウンサーとなり、「モーニングショー」のMCを務めるようになったからとも言われているそうです。 スポンサーリンク 「モーニングショー」は羽鳥さんが日テレを退社して、すぐに始まった冠番組なのですが、以前から左がかった番組のために視聴者からあまり評判が良くないのだとか。 なので、「モーニングショー」の司会を始めてから羽鳥さんは嫌われてしまうようになったとも言えそうです。 さらに羽鳥さんは、真面目で几帳面な性格をしているそうなのですが、それにもかかわらず不倫をしていたとも噂されていて、そうしたことでも好感度がかなり下がってしまったそうです。 なので、これらの理由が合わさって羽鳥さんは嫌いと言われているそうなのですが、羽鳥さんが嫌いと言われる理由がヤバイですよね。 同じく朝の時間帯に番組を持っている小倉智昭さんや加藤浩次さんに比べると好感度は高いと言われているものの、徐々に羽鳥さんのことを苦手に感じる人が多くなってきているとのことで、今後の羽鳥さんにはそういう意味でも注目していきたいですね。 スポンサーリンク 羽鳥慎一が離婚して再婚するまでの驚きの経緯とは!? 羽鳥さんは結婚、離婚を経験し、再婚したことが知られていますよね。 羽鳥さんが突然、離婚を発表した時には大きな話題となりました。 そんな羽鳥さんなのですが、離婚して再婚するまでの経緯について注目が集まっているそうです。 では、羽鳥さんが離婚して再婚するまでの経緯とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、羽鳥さんは1996年にアロマセラピストの冬子さんという女性と結婚をしているのですが、2012年に離婚をしています。 羽鳥さんは離婚時には冬子さんに慰謝料を払い、住んでいた家も出て行くなどしたのだとか。 さらに、当時中学生だった長女の親権も冬子さんが持ち、羽鳥さんは離婚で全てを失ってしまったそうです。 このように羽鳥さんが離婚をするようになったのは、フリーアナウンサーになって多忙になったことに加えて、冬子さんもアロマセラピストとして仕事が忙しくなったことからすれ違いが多くなったためと言われているのだとか。 ただ、そのように言われているものの、実は羽鳥さんは束縛がかなり激しいタイプで、そうした羽鳥さんの束縛に冬子さんが耐え切れずに離婚をしたということも言われているそうです。 羽鳥さんは、冬子さんの携帯をいつもチェックしていて、携帯のロックなども絶対にさせなかったのだとか。 また、羽鳥さんは冬子さんにクレジットカードも使わせずに、食品などの買い物をした時にはレシートをもらって、その分だけお金を渡すようにしていたそうです。 なので、羽鳥さんは冬子さんについて普段の行動はもちろん、お金についても管理が厳しかったのだとか。 スポンサーリンク また、羽鳥さんは、離婚をする前からモデルの女性と不倫をしていたとも言われているそうです。 羽鳥さんは「モーニングショー」が終わった後に、そのまま不倫していたモデルの女性のマンションに行っていたということが言われているそうなのですが、その不倫も離婚に大きな影響を与えていたのだとか。 なので、離婚時には羽鳥さんが慰謝料を支払って、家を手放したとも言われているそうです。 また、羽鳥さんは2014年に脚本家の渡辺千穂さんと再婚をしているのですが、実は渡辺さんとも不倫をしていたとも噂されているのだとか。 なので、羽鳥さんは結婚をしていながらモデルの女性と不倫をし、その関係が終わった後に渡辺さんと不倫をしていたとも言われているのだとか。 ただ、羽鳥さんと渡辺さんの出会いは2012年の8月のことなので、その時はすでに冬子さんと離婚をしていたようです。 これについてははっきりしたことがわかっていないのですが、その後、2014年の8月に羽鳥さんは渡辺さんと再婚をしているのだとか。 そして、そんな2人の馴れ初めは知人の食事会で初めて会い、何度も食事をするようになって交際に発展したそうです。 このように羽鳥さんは、渡辺さんと再婚するまでにこのような経緯があったそうなのですが、羽鳥さんが離婚して再婚するまでの驚きの経緯ですよね。 フリーアナウンサーになって「ニュースショー」の司会をするようになった頃から腹黒そうなところや、うさんくさそうなところがあると言われて、そうしたところが嫌いと言われてしまっている羽鳥さんなのですが、前妻の冬子さんにかなりの束縛をしていて、フリーになった後にモデルと不倫をして離婚し、さら脚本家の渡辺さんとの不倫をした後に再婚したと言われるなど離婚から再婚までの経緯が注目されたのですが、今後もそんな羽鳥さんには注目していきたいですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

羽鳥慎一アナ、渡辺千穂と再婚!元嫁・羽鳥冬子との離婚理由は浮気?前妻との結婚中に相手と不倫してたという噂(画像・Wikipediaプロフィールあり) : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

羽鳥慎一 離婚

好感度NO1の羽鳥慎一アナの離婚の真相は 2012年5月に羽鳥慎一アナは離婚しました。 理由は多忙による仕事のすれ違いだと発表されました。 しかし、慰謝料を支払い、親権もとられ、住んでいる家も出ていく形になった離婚に疑問に思った人も多かったようです。 円満離婚だと報じられていましたが、本当の離婚の真相は? 「昨日、離婚届けを提出させていただきました。 いろいろ話した結果、しっかり同意したというかこういう結果になりました」 2012年5月3日、羽鳥慎一アナが電撃離婚を発表した。 当時中学3年の長女の親権は元妻・冬子さんがもち、数年前に購入した都内のマンションからは羽鳥が一人で出ていくという。 羽鳥は2011年3月末で日テレを退社しフリーになった。 羽鳥自身は「フリー転身後に生活サイクルが大きく変わった」「局アナ時代より時間の制約が増えた」「すれ違いが生じ、夫婦の会話がなくなった」と離婚の理由を説明していた。 冬子さんは元全日空のキャビンアテンタント。 ここ数年はアロマテラピーインストラクターとして活躍し、2011年11月には著書・アロマテラピー使い切り・組み合わせ辞典を出版している。 「冬子さんは近所の公共施設などでよくアロマ教室を開いています」(近所の住民) 2012年5月2日、離婚届けを提出した日の午前中も、冬子さんは自宅近くでハンズフリー作りの講座を開催していた。 「慰謝料や娘さんの養育費についての話し合いはこれからのようですが、奥さんも自分の仕事をもっているぶん、気持ちにもゆとりがあるんでしょうね」(テレビ局関係者) ふたりの出会いは1993年秋。 日本テレビの入社試験の最終面接だった。 高校1年の時には芸能事務所のオーディションに合格し、NHK大河ドラマ・武田信玄に出演しています。 CMにも出演しています。 1989年にはシングルCDをリリースし、アイドルデビューもしている。 ふたりは日テレの最終面接まで残り、羽鳥は合格、冬子さんはこの年は女性採用がなかったので落選し、全日空に就職しCAになった。 そして1996年1月に結婚した。 結婚し出産をしてからもCAの仕事は続けていたが、長女の受験が始まる2002年に退職した。 売れっ子アナの家庭を支えるため、一度は断たれた自らのキャリア。 子供が成長し、自分の時間を作れるようになり、アロマや健康管理士一般指導者の資格を取得するなどしても、どこかに心残りがあったのだろう。 一方で羽鳥はフリー転身を成功させ、活躍の舞台を広げていった。 「しかし、モーニングバードの視聴率が期待されたほど伸び悩みもあり、羽鳥は2ヶ月ほど経った頃から一時、激やせをしている。 この時に家に帰ってないという噂も聞こえ始めました。 」(テレビ局関係者) その後、夫婦はすれ違う生活の修復が難しい状況になっていった。 冬子さんの方は、2012年6月にもスキンケア関連の本を出版するそうだ。 女関係での離婚という声も多かったようですが、実際はふたりの仕事の多忙によるすれ違いで離婚になったようです。 離婚の理由は妻への激しい束縛と不倫だった!モデル女性とも浮気も 真面目なイメージがある羽鳥慎一アナですが、離婚の理由は多忙のため生活のスレ違いだと報じられましたが、真相はどうやら違うようです。 フライデーによると、羽鳥アナは妻への束縛が激しかったようです。 さらに、羽鳥アナはモデル女性との浮気もしていたようです。 羽鳥慎一アナの再婚秒読みが2013年4月23日に報じられた。 再婚相手は2012年8月に知り合い交際していたという、ドラマ・サキなどを手掛けた脚本家の渡辺千穂だ。 この報道を受け、モーニングバードの司会を務める羽鳥アナは、「書かれていることはすべて事実です」と認めたのだ。 羽鳥アナと言えば、2011年3月に日テレを退社しフリーになっても好きな男性アナ上位にランクインするほどの人気アナだ。 さらに私生活でも2012年の5月に16年間連れ添った冬子夫人と離婚している。 局アナ時代とは違って生活リズムのズレが生じたことが原因といわれているのだが・・・。 しかし、真相は違った。 ふたりを知る芸能関係者は語る。 「離婚の一番の原因は、羽鳥の冬子さんに対する厳しい束縛だったと聞いています。 冬子さんの携帯電話を細かくチェックし、ロックをかけることなんて許さなかった。 お金にも相当なもので、クレジットカードは使えず、食費に関してはレシート分の代金を渡すという徹底ぶり。 そんなことが積み重なって、冬子さんの心が離れていったそうです」 あるテレビ局関係者は、こんなことを話してくれた。 「実は羽鳥アナは離婚前から別の女性を交際していたと聞いています。 」 「あまり知られていませんが、離婚する1年ほど前に、人気モデルMと交際をしていたんです。 毎朝、モーニングバードが終わると、すぐに彼女のマンションに駆けつけていましたよ。 見かねた彼の符たっふも苦言を呈したみたいですが、聞き入れず周囲を困らせていたようです。 Mはその後、人気お笑いタレントと親密になったため羽鳥が振られる形で終わりました」 真面目なイメージの羽鳥とは思えない行動の数々だ。 さらに、もう1人別の不倫相手が現れる。 それが交際が報じられた千穂さんだ。 「今回の再婚報道を見て驚いたんですが、羽鳥さんはあの千穂さんという女性とは離婚する前から一緒にいましたよ。 離婚して3ヶ月後に知り合ったと報じられていますが、まったくの嘘です」(芸能プロ関係者) 近隣住民からは、1年以上前からふたりが手を繋いでいる所を目撃しているそうです。 離婚前から千穂さんのマンションに通い続けていたようです。 これらのことすべてが離婚の真相のようです。 さらに!羽鳥はイメージを壊さないように不倫の火消しに走っていた。 「今回、フライデーが取材しているのを知って、記事が出る前に各スポーツ紙に好意的に書かせるようリークをしているようです。 不倫の文字を書かれるのが怖かったのでしょう。 だから、各紙一斉に2012年8月に知り合ったなんて誘導されているんですよ」(芸能プロ関係者) クリーンなイメージとはかけはなれている実態でした。 フライデー記者がこの件について、突撃取材をしていますが、回答はしていませんでした。 そして、2014年8月に渡辺千穂と交際約2年で再婚しています。

次の

羽鳥慎一の学歴と経歴|出身大学高校や中学校小学校の偏差値

羽鳥慎一 離婚

来歴 [ ] 小学生の時、埼玉県からに転居。 、 、 卒業。 高校時代は野球部所属 (中学はセカンド、高校ではアンダースローの投手、2年まではオーバースロー)。 後に2年連続でセ・リーグ首位打者を獲得する(当時)と対戦し、2打席連続三振を奪った。 エースとして夏の神奈川大会4回戦まで進出した実績がある。 [ ] 一浪を経て、卒業 後、に日本テレビ入社。 志望動機はの実況をしたかったためで、第一志望の放送局が日本テレビだった。 なお、同年に入社したのは、同じ早稲田大学のであり、佐野とはフリー転身後にフジテレビ『』(2015年2月8日放送)で共演を果たしている。 入社後はの実況等を経て『』(以下『ズムサタ』)、『』(以下『ズームイン!! 』)の総合司会、の朝のニュース枠『モーニングライブ』のキャスター(平日担当)、『』の総合司会などを担当し、に第30回テレビ部門大賞受賞。 同時期に上記でも述べた愛称の「 バード」と名付けられた。 これはズムサタのスポーツコーナー担当として就任間もないころにニックネームを募集したものの応募が少なかったことから初代総合司会であり先輩でもある福澤に「バードでいいんじゃない?」と名付けられ定着したものである。 以降、『』のなど、共演者からも愛称で呼ばれるようになり、フリー直後に担当した『』では番組タイトルに起用される。 放送の『』()に、(後述)の応援で、ズームインのキャラクターであるズーミンを連れてゲスト出演。 この出演について上司から「で(『』)が頑張ってるけどしっかりね」と言われたことや、ノーギャラ出演だったことを明かしている。 を以って日本テレビを退社し、フリーに転身。 当初、フリーになることは考えていなかったが、の記者会見で「40という人生の節目に、自分の可能性を試してみようと思い決断しました。 柔軟に、体力もあって、いろいろ動けるうちに挑戦してみようという思いがあります」とコメントした。 新人時代から番組に関わっており思い入れが強かった『ズームイン!! 』の終了が決まったことも、退社の理由の1つだった。 フリー転身表明直後に『』の総合司会に就任することが決定し、退社直後の起用は放送界の慣例を覆す異例の登板であると報道されたが、テレビ朝日社長のは会見で「日本テレビの会長(当時)をはじめ、関係者の寛大なご判断があった。 大変感謝しています」と日本テレビの理解が得られたためと述べた。 フリー転身後は『情報満載ライブショー モーニングバード! 局アナ時代から担当していた『』、『』にもフリーの立場で出演継続している。 これ以外にも『』など古巣・日本テレビの特別番組に多く起用されており、2011年10月からは『』にも起用された。 羽鳥の重要な番組での相次ぐ起用に日本テレビ内から不満の声もあるが、女性アナウンサーの流失や器用な男性アナウンサーが育成できていないため、やむを得ず羽鳥が起用されているとの報道がある。 調査による度「好きな男性アナウンサーランキング」では1位。 調査による「好きな男性アナウンサーランキング」では長年TBSのに次いで2位だったが、安住が殿堂入りした2010年には初の1位となった。 [ ] 2013年6月20日、前年を以って司会を退いたの後任として、『』の新司会者になる事が発表された。 現在(2016年7月時点)では、の番組の出演歴がない。 2013年9月、一人暮らしをしていた父親が、近くに住んでいた姉がたまたま数日連絡を取らなかった間に死亡したため、孤独死になったと公表している。 人物 [ ] 少年時代 [ ]• 中学(横浜市立境木中学校)・高校時代は、野球部に所属。 中学はセカンド、高校ではアンダースローの投手、2年まではオーバースローだった。 の野球部時代に、後に2年連続でを獲得する(当時)と対戦し、2打席連続三振を奪ったことがある。 ただし、その後の3打席で3安打を打たれた。 エースとして4回戦まで進出した実績がある。 私生活 [ ]• 1996年、元の一般人女性と結婚 、1年後に長女が誕生 したものの、に離婚した。 娘の親権は女性側が持った。 フリー転身により羽鳥が多忙になったことによって家族と過ごす時間が減り、妻がアロマセラピーインストラクターとしての仕事が軌道に乗りはじめたことで、互いの仕事を優先することとなった。 娘は母が仕事をすることに理解を示しており、離婚についても「父親(羽鳥)と会えなくなる訳ではない」と反対はしていなかったとのこと。 2012年8月にテイクオフ社長主催の会食で知り合い同年11月頃よりと交際、2013年4月23日放送の『モーニングバード! 』の冒頭で交際を公表。 約2年の交際期間を経て2014年8月18日に渡辺と結婚。 2016年1月末に女児が誕生。 渡辺が2016年下期のNHK『』の脚本を担当、の『べっぴんさん』本放送のに『モーニングショー』があり、とは「夫婦対決」と取り上げた。 日本テレビ時代の年収は1,000万円程度だった。 現在は、日テレ時代の年収の10倍以上を得ている。 フリー転身後に応じた(2011年発売)のインタビューにおいて、日本テレビ『』(自身が2代目男性司会者を務めた『ズームイン!! SUPER! 』の後継番組)をよく視聴していることや後輩で同番組メインキャスターであるにアドバイスをしていることを明かした。 同期であるに対し、「自分がフリーになる時は1番最初に藤井に伝える」と述べていたが、結果的にこの約束は破ることとなり、藤井はこのことに傷ついていると話している。 アナウンサー同期でフジテレビに入社したにかつて好意を持っており、日テレの社員食堂のカードを買う暗証番号は最後まで「0526」(木佐の誕生日にかけたもの)にしていた。 なお、木佐本人にも暗証番号の件は伝えたが、本人は苦笑いだったとのこと。 趣味・嗜好など [ ]• 嫌いな食べ物は。 酒が好きで、かなりのでもあり、早めに帰宅した際は昼間から飲むこともある。 だが、それが祟って、2010年にになったことがある。 酒豪である反面、嫌いでもある。 しかし、声については数年に一度、全く出なくなる時がある。 の十八番は「」。 その他にもやもよく歌う。 羽鳥自身、嵐ファンでもある。 [ ]• (2013年解散)の「」のジャケット写真とミュージックビデオに起用されて以来彼らの大ファンになり、ライブコンサートにはほぼ毎回参加していた。 [ ]• 私服に関しては、長袖がファッションポイントと話したことがある。 出演 [ ] テレビ [ ] 現在 [ ] レギュラー• (1998年10月 - 、) - 局アナ時代より• 『』の進行役として出演• (2008年2月25日 - 、日本テレビ) - 司会、局アナ時代より• (2015年9月28日 - 、) - 総合司会 単発• (2009年 - 、日本テレビ) - 局アナ時代より• (2011年・第34回 - 、)- 司会・実況担当• (2011年 - 、日本テレビ) - 総合司会• (2013年以降、制作・・・・・など) - 総合司会• (2013年 - 、日本テレビ) - 司会 過去 [ ] 日本テレビ時代• (1996年9月30日 - 1998年3月29日) - スポーツキャスター・ニュースリーダー• (2002年10月1日 - 2004年9月29日) - 司会• (2005年4月28日 - 2006年6月22日) - レギュラー• - 福留、福澤休養時の代理総合司会など• スポーツコーナー担当(1996年4月6日 - 1998年8月29日)• 総合司会(1998年9月5日 - 2003年2月1日)• (2003年2月3日 - 2011年3月31日) - 総合司会• (2001年10月4日 - 2002年6月27日)• 74回 小田原中継所実況• 75回 戸塚中継所実況• 76回 小田原中継所実況• 77回 鶴見中継所実況• 78回 戸塚中継所実況• 79回 3号車(中継車)実況• 80回 鶴見中継所実況• 2002年8月10日の巨人対戦ではのプロ入り初のを実況している。 (2006年10月16日 - 2007年6月18日)• (第19回 - 第27回・第42回・第43回〈最終回〉) - 司会• (2007年10月15日 - 2008年9月8日) - リポーター兼コメンテーター• (2010年) - 、と共に司会 フリー転向後• (2011年5月14日、) - 自身が担当した『』シリーズの初代司会者であり、日本テレビのアナウンサーとしても先輩であるが担当している番組ではあるが、徳光が休暇を取る上で直々に羽鳥にオファーして実現した。 恋のシンクロ率(2011年12月25日、) - 司会• 日テレ系音楽の祭典 音楽のちから2012(2012年3月7日) - 司会• (2012年4月6日 - 2015年3月27日、日本テレビ) - 司会• (2011年4月4日 - 2015年9月25日、テレビ朝日) - 総合司会• (2015年4月12日 - 2015年9月27日、日本テレビ) - 店長• (2015年10月18日 - 2017年12月24日、日本テレビ) - 常連客• (2016年4月11日 - 2017年9月25日、テレビ朝日) - 司会• (2013年10月10日 - 2018年9月13日、日本テレビ) - 司会• (2019年1月28日 - 12月2日、) - 司会 テレビドラマ [ ]• 第6話(2007年5月23日、日本テレビ) - 客A 役• (2013年4月 - 、) - 長谷川好吉 役• 第10話(2015年1月1日、テレビ朝日) - リポーター 役• 第7話(2017年5月18日、日本テレビ)- 「バスキア」の社員役• 第6期・第3話(2019年10月31日、テレビ朝日) - もんじゃ焼き屋で大門未知子(演:)の隣に座った常連客役でと共にゲスト出演 アニメ [ ]• 第8話(2012年3月25日、朝日放送〈現:〉) - カメオ出演 映画 [ ]• 巌流島-GANRYUJIMA-(2003年) - 侍役• (2004年) - TVレポーター役• (2005年) - アナウンサー役• (2005年) - 通行人役• (2007年) - 新聞記者役• (2009年) - アナウンサー役• (2009年) - アナウンサー役• (2009年) - カメオ出演• (2009年) - カメオ出演• (2010年) - 魚屋の主人役• (2010年) - カメオ出演• (2017年) - 大会アナウンサー 役 劇場アニメ [ ]• (2003年) - 実況アナウンサー役• (2008年) - アナウンサー役• (2009年) - アナウンサー役・池沢佳主馬父役• (2010年) - 郵便配達員役• (2012年) - ヒマワリ星のアナウンサー・ハトリシン役• (2019年) ミュージック・ビデオ [ ]• - 雑誌 [ ]• TV Japan (2007年 - 2010年、隔月連載) CD [ ]• オリジナル・サウンドトラック( 2010年4月)リコーダー演奏による「由佳理と笛」収録 DVD [ ]• ズームしか知らないファンモンのすべて〜目の前には未来が待っている〜 脚注 [ ]• TVでた蔵. テレビ朝日 2016年4月6日. 2020年6月21日閲覧。 ,ORICON STYLE,2009年12月30日• 2011年2月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年2月23日閲覧。 『』2011年9月8日号• 2014年4月4日• ORICON STYLE. 2013年4月23日. 2016年11月2日閲覧。 日刊スポーツ 2014年11月9日• ORICON STYLE. 2014年11月10日. 2016年11月2日閲覧。 SANSPO. COM. 2016年4月7日. 2016年4月7日閲覧。 - デイリースポーツ 2016年1月13日• 2016年1月24日 - - 毎日新聞 2016年1月14日• 2014年5月9・16日号• しかし桝自身は直近の先輩には相談しづらいとのことで羽鳥の前任の福澤朗に相談している。 ,goo• ,デイリースポーツ,2015年2月8日• ,スポーツニッポン,2016年10月2日• com 2013年7月10日. 2015年4月18日閲覧。 2010年11月27日. 2015年4月18日閲覧。 2011年9月6日. 2015年4月18日閲覧。 2013年10月21日. 2015年4月18日閲覧。 gooテレビ 2013年5月8日. 2015年4月18日閲覧。 ORICON NEWS 2019年1月21日. 2019年1月21日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 2013年4月11日. 2013年4月11日閲覧。 modelpress. 2017年5月12日閲覧。 2019年11月1日. 2020年2月14日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年8月31日. 2016年8月31日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月23日閲覧。 『天気の子』映画パンフレット スタッフロールページより 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の