イラン 対 カンボジア。 本田圭佑のカンボジアが歴史的大敗…イラン戦の14失点はワースト記録大幅更新

イラン、女性ファンの観戦許可を表明。本田圭佑率いるカンボジア戦から

イラン 対 カンボジア

カンボジア代表の実質的監督を務める元日本代表MF本田圭佑が、アジア予選での大敗後に選手たちにスピーチしていたことが明かされた。 本田の有料メルマガ『CHANGE THE WORLD』でその内容が公開されている。 FIFAランキング169位のカンボジア代表は、10日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)2次予選の第3戦で、同23位でアジア最上位のイラン代表と対戦。 敵地での一戦、カンボジアは何度もゴールネットを揺らされ、最終的に14-0というカンボジア史上最多失点での大敗を強いられた。 多くの海外メディアも結果に注目した試合から一夜明け、本田は自身の『ツイッター』で、「誤魔化したような戦いをして失点を減らすよりも、現在地を全員が認識してから改善していく方が実は近道なんです。 強がりと思われるかもしれないけど、事実やから」と投稿。 敗戦をポジティブに受け止めていたが、試合直後の時点で選手に対しても同じように説いていたことが明かされている。 編集部のおすすめ• イランに14-0で敗れた試合直後、本田は選手たちに対して、「誤解しないでほしいのは、4-0、5-0で抑える選択肢を選ぶこともできた。 だけど、それでは何もならない。 将来のためにならない。 だから、14点を失ったが自分たちの現在地を知るためにはよかった」と、真っ向からぶつかって現時点の力を把握できたことが大事だと主張。 「プレイするときどのようにミスをするのかを知れたし、シチュエーションによってはそれぞれ少し自信があることもわかった。 でも、サッカーは90分たたかわないといけない。 前にも言ったようにプロフェッショナルであれ」 「イランはカンボジアより大きく強い。 カンボジアのリーグより強いリーグで戦っている。 どうすればそこに近づけるのか。 答えはプロフェッショナルであること」 さらに、「この試合を忘れないで、その気持がきみたちを強くする。 この気持を強く持ち続けたものが成功する。 悪い結果がでたとき、この経験が自分を強くするといつも自分に言い聞かせている。 それが今日だ」と選手たちに語った本田。 「結果に失望しないで。 失望するとしたら、なぜボールを失ってしまったのかに失望するべき」と、しっかりと本質を捉えて前進していくことの重要性を説いた。 なお、カンボジアは、アジア2次予選グループCで3試合を終えて1分け2敗の勝ち点1で最下位。 15日には、ホームでイラク代表と対戦する。

次の

カンボジア代表 vs イラン代表 今シーズンの対戦成績

イラン 対 カンボジア

2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選のイラン代表対カンボジア代表戦が現地時間10日に行われ、ホームのイランが14-0で勝利を収めました。 カンボジア代表にとってはワースト記録を大幅に更新する史上最悪の敗戦となりました。 今回のイランとカンボジアの対戦を男性の他、3500人の女性が初めて、スタジアムで観戦しました。 女性サポーターも応援 テヘランのアーザーディー・スタジアムで イランは前半5分に先制点を奪うと、次々とゴールを重ねて前半だけで7得点。 後半もゴールラッシュは止まらず、さらに7点を加えてリードを広げ、最終的に14点の大差で試合を終えました。 カンボジア代表は、前回のロシアワールドカップ・アジア2次予選で日本代表と同じグループで予選を戦い、8戦全敗で終えていました。 ですが、本田圭佑氏が実質的監督となった今回は、初戦の香港戦に引き分けて2次予選初の勝ち点1を獲得。 続くバーレーン戦でも終盤までスコアレスで粘って惜敗する健闘を見せていました。 本田氏はイランへと向かう前に、「彼らから次のレベルを学ぶことができると思う」とツイッターに投稿。 アジア屈指の強豪イランを相手に敵地で結果を出すことは難しいにせよ、チームの成長に繋がる戦いが期待されていましたが、あまりにも手厳しいレッスンとなってしまいました。 本田圭佑氏 『FOXスポーツ』アジア版によれば、「14-0」というスコアはカンボジアにとって史上最多得点差での敗戦。 1995年のインドネシア戦に10-0で敗れたのがこれまでのワースト記録でしたが、その失点数を4点も上回りました。 一方、イランにとっても歴史に残る大勝のひとつではあるものの、最多得点記録更新とはなりませんでした。 2000年に行われたグアム戦(2002年ワールドカップ予選)では「19-0」、1997年に行われたモルディブ戦(1998年ワールドカップ予選)では「17-0」の勝利を記録しています。 イランは、香港、カンボジア、バーレーン、イラクと同じCグループでアジア2次予選を戦います。

次の

本田圭佑率いるカンボジアが記録的大敗。強豪イランに挑んだ試合は「14

イラン 対 カンボジア

女性ファンも入場したイランのアザディ・スタジアム【写真:Getty Images】 2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選のイラン代表対カンボジア代表戦が現地時間10日に行われ、ホームのイランが14-0で勝利を収めた。 カンボジア代表にとってはワースト記録を大幅に更新する史上最悪の敗戦となった。 約3500人の女性ファンの後押しも得たイラン代表は、スコアの上でも歴史に残る試合を演じてみせた。 イランは前半5分に先制点を奪うと、次々とゴールを重ねて前半だけで7得点。 後半もゴールラッシュは止まらず、さらに7点を加えてリードを広げ、最終的に14点の大差で試合を終えた。 前回のロシアワールドカップのアジア2次予選では、カンボジアは日本代表とも同居したグループを8戦全敗で終えていた。 だが本田圭佑が実質的監督となった今回は、初戦の香港戦に引き分けて2次予選初の勝ち点1を獲得。 続くバーレーン戦でも終盤までスコアレスで粘って惜敗する健闘を見せていた。 本田はイランへと向かう前に、「彼らから次のレベルを学ぶことができると思う」とツイッターで投稿。 アジア屈指の強豪であるイランを相手に敵地で結果を出すことは難しいとしても、チームの成長に繋がる戦いが期待されたが、あまりにも手厳しいレッスンとなってしまった。 『FOXスポーツ』アジア版によれば、「14-0」というスコアはカンボジアにとって史上最多得点差での敗戦。 1995年のインドネシア戦に10-0で敗れたのがこれまでのワースト記録だったが、その失点数を4点も上回った。 一方、イランにとっても歴史に残る大勝のひとつではあるが、最多得点記録ではない。 2000年に行われたグアム戦(2002年ワールドカップ予選)では「19-0」、1997年に行われたモルディブ戦(1998年ワールドカップ予選)では「17-0」の勝利を記録したこともある。 【了】.

次の