引越し 比較 料金。 引越しで冷蔵庫だけの運搬料金目安。料金を安く抑えるコツは?

費用が安い引越し料金満足度ランキング

引越し 比較 料金

料金目安 プラン名 区分 詳細 日通 1. 8万円~ 単身パックS 単身パック 荷物量に応じたS・Mの2サイズ 2万円~ 単身パックL 単身パック 要見積 単身パック当日便 単身プラン 近距離限定のトラックチャータープラン ヤマト 1. 5万円~ ミニ引越しプラン 単身プラン 標準的なチャータープラン 佐川 2. 1万円~ カーゴプラン 単身パック 標準的なBOX輸送プラン 3. ただ荷物量さえ少なければ何人家族でも利用可能です。 要は荷物がそれぞれBOXやトラック内のスペースに収まればOK。 また、表の相場はあくまで参考目安で、 利用者それぞれの引越し条件次第で大きく料金が変動します。 なので、比較的安い日通にしたってヤマトにしたって「 この業者の単身パックが安い!」ということは言えないんですね。 つまり、予定日(時期)、引越し先(距離)といった条件次第で各社料金が異なるため、自分の条件で見積もりを出してもらって比較して初めて安い単身パックが分かります。 単身パックの予約は埋まりやすい! 単身パック(BOXタイプ)での引越しを希望するなら 見積もり予約は早めにとっておくのがおすすめ。 というのも、単身パックは他の利用者のボックスと一緒に1トラックで輸送するので、他の予約との都合を考えてトラックを走らせる必要があります。 そのため、利用者1名にトラック1台貸切りの通常プランと比べて、業者側のスケジュール調整ががむずかしいので希望日での予約が取りづらいんですね。 加えて単身パック自体が人気のサービスなので、そもそも予約が埋まりやすい。 特に土日・月末月初・3月4月に引越し予定があるなら尚の事。 なるべく早く、予約に空きがある業者の単身パックを一括見積もりで探して比較、最安値の見積もりを出しておくことが肝心! 単身パックと単身プランの違いは意外と知られてない 一人で引越しをする場合にまず思い浮かぶのが「引越し単身パック」と「引越し単身プラン」この2つ。 パッと聞いただけで同じ意味だと捉えがちですが、両者は全然別物です。 料金も違ってくるし、運べる荷物の量も変わってきます。 この違いを簡単にまとめてみました。 単身パック 単身プラン 荷物 少ない 多い 料金 安い 高い ダンボール 有料 無料 単身パック:ボックスで輸送する カーゴ(コンテナボックス)に入りきる荷物の量の引越しが対象。 引越し業者が他の輸送荷物と混載して運べるため、その分料金が安くなります。 「単身パック」という名称は日通の商標登録となっているため、他の引越し業者、例えばヤマト運輸なら「ヤマト単身引越しサービス」など独自のプラン名を使っています。 BOXの図を見てもらえば分かるように、本当に荷物が少ない人だけが使えるサービスプラン。 単身プラン:トラックをチャーターして輸送する 単身パックでは入り切らない荷物量の人が使う一人向けの引越しプラン。 ただ、「単身」とついているだけで基本的にはトラックを1台チャーターするため、他の引越しと同等の扱い。 単身パックと違って、ダンボールが無料になったり、荷造りをしてくれたりするサービスも付いています。 つまり基本的には通常の引越しプランとそれほど大きな差はないということになります。 両者のメリットデメリットと選び方 両者の違いを知っておくことで、予算や手間、荷物量などに応じて、あらかじめ自分はどちらのプランなのかをざっくり把握した上で引越し業者と相談できます。 単身パックのデメリット:荷物量とダンボール調達 一覧にある通り、一番の違いは荷物量による料金の違い。 単身パックは距離数に対する料金がそれほど左右されないため、最安値料金で引越しできます。 1BOXで入り切るなら断然単身パックにしたほうが安く済みます。 ただし、これが単身パックのデメリットにもなり得ます。 例えば日通単身パックは荷物に上限はないけど、1BOXで入り切らない分は 追加料金が必要になるため、宅配便を使って別送するなどの方法も検討する必要が出てきます。 ダンボール数箱分くらいなら数千円で収まるので、基準となる荷物の絶対量が決め手に。 またダンボールは有料か自分で手配する必要も。 単身プランのデメリット:長距離引越し費用が高い これに対して、単身プランなら荷物量は気にせずダンボールも基本無料サービス。 荷運び、荷解きなどのオプションを付ければ手間や労力を気にせず引越し業者に全部任せてのんびり引越しを行うことも可能に。 ただ、その分料金は上がるし、 距離数が増えれば増えるほど更に割増になっていくのが最大のデメリット。 近距離の場合なら各社格安プランを打ち出していますが、長距離になるとやはりどうしてもそれなりの料金が掛かってきます。 単身引越しが安いのは単身パック?単身プラン?相場比較 単身パック 単身プラン 相場 約1. 5~4万円 約3~10万円 単身パックは他の荷物との混載輸送になるため、市内、県内を出て100kmとか300kmなど距離数が伸びても約3万円以内に収まることが多くなります。 これに対して単身プランはよほど荷物量が多くない限りは、距離数が一番大きく関わってくるため、それに応じて料金も変動します。 単身パックはボックス単位での料金となるため、仮に2BOXになった場合と単身プランと比較してどちらが安いのか?を判断しなければならず、業者によってこの料金は変わってきます。 どちらがいいのかは、荷物量、移動距離、サービスプラン(ダンボールや荷解き、清掃、廃棄処分など)の希望の有無で自分がどうしたいのかによって、また業者ごとにも変わるため、一概に定義付けはできません。 単身パックは全引越しプランの中で最安値になるので、どうしても安く済ませたい!という場合は、 荷物を売却したり処分したりしながら減らしていくしか方法はないと言えます。 ワンポイント アドバイス 引越し業者はたくさんあって、さらに「単身パック」「単身プラン」、さらには「単身サービス」「シングルプラン」「ミニ引越し」などプラン名が多すぎ。 価格はどこが安いのか、どのプランがいいのかを見極めるのは困難の極みです。 そんな場合は荷物量や移動距離、オプションまで含めた希望条件を踏まえて一括見積もりで一度に比較したほうが素早く分かるためおすすめ。 特定の荷物がある場合は利用できない これらを運んでもらうのは無理! 単身パックのBOXはどこの業者でも大きさがほぼ決まっています。 つまり、入り切らない荷物がある時点で使用は不可。 例えばベッド。 折りたためるものであれば大丈夫ですが、ベッドは大体170cm以上になりますよね。 また3ドアの冷蔵庫もギリギリ行けるかいけないか、ピアノや大型家具や家電がある時点で難しくなります。 ちなみに、原付きバイクなどエンジンが付いている乗り物、高価な美術品や有価証券、またペットも運んでもらうことはできません。 【料金事例付】単身パックを使った人の口コミ評判 普通でした• 引越し料金 41,000円• 引越し時期 7月• 引越し距離 同市内 引っ越し先が近場だったので、本来は自分達でできる距離でしたが、冷蔵庫、洗濯機がファミリー用のため、引っ越し業者にお願いすることにしました。 できるだけ費用を抑えたくて3件ほど電話しましたが、費用はさほど差がなかったため、対応の良さから日本通運を選びました。 しかし、単身パックだと電化製品が一人暮らし用だと思われていたようで10リットルの洗濯機、300リットル以上の冷蔵庫をみて、業者の方々に「まじかよ」というような発言をされたこと。 電話対応もよく、見積もりにスタッフが訪問して運搬物を確認するためにメモなどもしていたのに作業スタッフに引き継ぎされていなかったのか、そのスタッフの心情なのかはわかりませんが、聞こえてきてしまったのは非常に残念でした。 投稿日時:2019年04月25日 03:50 やや不満でした• 引越し時期 11月• しかし、運び出しは三人だったのに引越先に到着後のスタッフは1人で、家電とかがなかなか運べなかった。 梱包交代して頂いた食器が割れていた。 見積り段階でおまけしてくれると言っていたガスコンロや不要物の処理代が最終的に三万円ほど加算されていたのでおかしいが、スタッフに言っても確認してもらえない。 投稿日時:2019年04月25日 18:55 やや不満でした• 引越し料金 70,000円• 引越し時期 6月• あとは、自分の希望日時に融通をきかせることができれば、業者が引っ越しと引っ越しの合間での実施を了解したら少しだけど値引きしてもらえる。 しかし、自分では荷物は少ないと感じても、見積もりをしてもらうと単身パックでは厳しいのでプラン変更や一部の荷物処分を前提にされる。 単身パックの決め手はやっぱり荷物量。 これが8割以上の鍵を握ってると言っても良いですね。 ボックスに入れば格安、少しでも入り切らなければ通常便に… あとは距離数でも変動する場合があるので、やっぱりしっかりと見積もりを各社から取った上でどこにするのか決めたほうが無難です。 単身引越し費用が確実に安くなるおすすめの方法5つ! 単身で引っ越しする場合は「1人なんだし安くしてよ!」と業者に言いたいところですが、何もしなければ安くは収まりません。 値段を安くする方法を知っておくだけで、事前準備もできますので、管理人もよく使うおすすめの方法についてまとめておきます。 【1】安くなる時期を知っておく 引越しの超繁忙期は3月と4月。 年が明ける前に前倒しで引越しをする人も多いため、12月も相場料金は上がってきます。 それに比べて1月、6月、7月、11月は全体的に引越し件数が下がる傾向にあります。 月は選べないよ…という場合は、月末月初はせめて避けましょう。 特に月末は中旬と比べて1. 5~2倍に料金が跳ね上がる場合があり、これを知らなかった管理人は3万円台で済む引越しが8万円になったことがありかなりショックでした… 時期は特に大事と心得ておいてください! 【2】思い切って捨てるものは捨てる モノってなかなか捨てられないけど、バッサリ捨てて新調したほうが引越し料金と比べて安くなる場合もあります。 どうしても引越し料金に目が行きがちですが、捨てるものは捨ててしまったほうが結果安くつくことも。 断捨離する意味も含めて気分良くバーンと行くのはおすすめです。 【3】荷造り、荷解きは余裕を持って事前に行う 管理人も一度だけ使ったことがありますが、荷造り、荷解きを業者にお願いする おまかせパックなど使うと物凄く楽なので使いたくなっちゃうのですが、 これだけで2万円とか取られます。 あと、見積もりはできるだけ早めに取ってください。 引っ越し直前だと確実に料金は上がります。 【5】各業者の見積もり金額で値下げ交渉 【4】の相見積もりで出た「一番安い見積もり金額」を値下げ交渉の材料にします。 具体的にどういうことかっていうと 「この金額より安ければ考えるんですけどね~…」と他の業者に掛け合ってみると 「わかりました!もう少し頑張りますのでうちで!」って感じでどんどん安くなっていきます。 まとめ:少量の荷物を安く送るには1社の単身パックにこだわらない 単身パックはとどのつまり、 ボックスに荷物積めるだけ積んで運ぶから割安!という混載便サービス。 …たしかにお得感あるし、安さにも納得できますよね。 でも一定額じゃない。 そこが肝心なんです。 引越し料金は、その時その時、あらゆる要因で相場が変動します。 それはどの引越し業者の単身パックでも一緒。 「少量の荷物だし、~社の単身パックが一番安いはず!」 っていう考えは大きな誤解なんです。 つまり一旦、~社の単身パックを本命としておいて、できるだけ多くの業者の見積もりと比較してみてください。 見積もり比較した結果 一番安いのは 他社の通常プランかもしれないし、 ~社の単身パックかも。 いずれにせよ、見積もり比較さえやっておけば あなたが運びたい荷物量を一番安く運んでくれる引越し業者に必ず出会えます。 SUUMO引越し.

次の

格安引越しを料金と口コミで比較!

引越し 比較 料金

もちろん赤帽車1台で積み込める荷物量が前提。 これは市内など近距離の相場になるので、県外に出たり長距離になってくるとどんどん料金は上がります。 最低ラインの値段と思っておいてください。 赤帽の料金設定は、「距離制運賃料金」と「時間制運賃料金」がありますが、引越しの料金設定は別途見積りになり、実際の引越し距離と荷物の量を踏まえた見積もりを取らなければ正確な料金は出せません。 ただ、赤帽の場合は 通常の引越し業者のプランや単身パックなどのプランに比べて、より距離数が金額に反映してくる点に注意。 要するに 長距離になればなるほどグングン料金は上がっていきます。 時間毎・距離毎・人数増で高くなる料金システム 赤帽を使って長距離引越しするなら、普通の引越し業者に依頼をするほうがはるかに安く済みますので、同一市内や隣接県など近距離引越しの場合にのみ検討余地があります。 ちなみに支払い方法は基本現金になりますが、会社によってはクレジットカードを用意している場合もあります。 ただしダブルベッドはギリギリですね。 大型家具や大型電化製品があっても運ぶことは可能ですが、例えば洗濯機や冷蔵庫、エアコン、自転車、マットレスやタンスなど大型荷物が複数となった場合は収納することが当然難しくなります。 赤帽でももちろん引越しは受けてもらえますが、ほとんどの場合単身者または荷物が少ない場合ということに。 料金的には10枚あたり2,000円~4,000円くらいが相場料金。 荷造り梱包についても基本的には自分自身で行う必要があります。 ただし大型荷物で梱包ができない場合は赤帽スタッフが行ってくれるのが一般的。 赤帽スタッフは基本1台につき一人なので、一人で荷造りが難しい場合は追加料金で増員するか、自分自身で手伝う必要があります。 荷運びについても、ダンボールなどの小物については自身で手伝うことも必要になるケースがあります。 また、不用品や廃棄する粗大ゴミなどについては、自分で処分する必要がありますが、有料で回収してくれる業者もいます。 料金については他引越し業者とほぼ同様。 赤帽で引越しした人の口コミ評判 近距離引越しをしたときに赤帽を利用しました。 もともと赤帽が安いことは知っていたので、大手引越し会社と料金を比較することもなく、赤帽1本でお願いしました! 距離にして約15km、一人暮らしの 荷物少なめの引越しでしたので、料金も 5,000円程度で済み、すごく安く引越すことができて満足しています。 (あくまでも私の場合の料金なので、必ずご自身で見積もりはとってくださいね!) 重たい荷物は、赤帽のドライバーさんが運んでくれましたが、小さなダンボールや小物を運ぶのは私もお手伝いしました。 荷物を傷つけられたり、紛失されたりすることなく引越しの作業自体はスムーズに終わったと思います。 ですが、やはり大手の引越し会社さんに比べれば全体的にラフなイメージで、近所のおじさんに引越しを手伝ってもらってるといった感じ。 その変わり、こちらの希望や要望も受け入れてもらえることが多く融通の利く印象でした。 依頼する赤帽によっても、サービスに差はあると思いますが、実際に利用した赤帽はドライバーさんも好印象で、 とにかく値段が安かったので機会があればまた利用してもいいかな、と思っています。 長距離引越しの場合は引っ越し会社と比べて料金が上がる• 運べる荷物の量が決まっている• 荷造りやダンボールなど自分で準備、実施することが多い• ドライバー1人のため、積荷や設置を手伝う必要あり• 万が一の補償額が引っ越し業者と比べて上限が低い場合がある• 同地域で赤帽業者はたくさんいるため、相見積もりが難しい 最大のメリットは 一般的な引越し相場よりも断然安くなる可能性が高いということ。 ただし荷物量が少なくて距離が短く、そして単身の場合のみ、と捉えておいたほうが良いでしょう。 結構面倒な点として、そもそものスタッフが一人なので荷運びを手伝う必要がどうしても出てきます。 もし手伝うのが嫌な場合はもう一人おっちゃんを確保しなければならず、その分料金は上がることに。 また、移動には同乗させてもらえるところが多いですが、ドライバーはほぼ男性のため女性利用者にとってやや不安なところです。 むしろ、女性の場合は荷運びの手伝いとかを考えると、赤帽はそもそも選択肢に入れないほうが良いかもしれませんね。 赤帽か?それとも引越社か?選び方の基準 目安として、距離も短くかつ荷物量が少ないのに赤帽の見積もりが2万円を超えてくるような場合は、一般引越し業者の方が安くなる可能性が高くなることを覚えておくと良いでしょう。

次の

引越し費用の相場と総額料金の目安

引越し 比較 料金

引越しは通常期と繁忙期により金額が大きく異なります。 ここでは距離毎の人数別、間取り別の料金相場をご紹介します。 口コミデータから料金相場を算出していますので、それぞれご自身に合った条件の相場を参考にして、見積もり・予約をしてください。 2人~の家族になると通常期でも平均10万円~になり、特に200km~の距離がある引越しでは平均15万円を超えます。 一方で、200km未満の場合は人数に関わらず10万円を切る傾向があります。 距離は15km未満の同市区町村間の引越しは、200km~遠距離の料金に比べ約半分の料金になります。 間取り別では、1R~1LDKの引越し料金相場の平均は約5万7千円。 3R~の平均10万8千円の約半分の料金になります。 2R~の間取りで200km~の遠距離の場合は10万円を超えていきます。 距離は15km未満の同市区町村間の引越しに比べ、500km~遠距離の約半分の料金になります。 引越しをする人数が増えたり、間取りが広くなると荷物量が増え、料金が必然高くなります。 また、距離が遠くなるほど金額が高くなるのは、引越し料金の内訳にある『運賃』が高くなるためです。 通常期は総じて繁忙期に比べ料金は安くなります。 その理由は、引越しをする人が少ない分、予約が取りやすく、引越し業者のトラックや人員の調整がつきやすいためです。 2人家族~で別の都道府県へ引越しをする場合は最低でも13万円~必要となるようです。 繁忙期の場合、通常期と比べ料金相場の平均は単身で+約1万円、2人家族で+約3万円、3人家族で+約5万円、4人家族で+約7万円になります。 間取り別では、1R~1LDKの引越し料金相場の平均は約6万5千円。 2R~で平均11万3千円~の金額となります。 距離では、単身であれば距離に関わらず10万円以内、2人家族~の場合は同都道府県内でも10万円~になる場合が多いです。 500km~の遠距離になると、最大で30万円~必要となる場合も。 繁忙期は通常期と逆で引越しをする人が増えます。 その分トラックや人員の調整がつきにくくなり、料金が高くなります。 繁忙期の2月・3月・4月は就職・転勤や学校などの入学時期に当たるため転居する人が増えますが、もし時期を調整できれば繁忙期は避けたいものです。 見積もりを取った社数や訪問見積もりの有無により、実際の引越し料金がどれぐらい変わる傾向があるのか見ていきましょう。 見積もり比較社数別の引越し料金 社数 1社のみ 2社 3社 4社 5社~ 単身 - - 48,426円 - 32,518円 家族 162,980円 73,262円 66,774円 63,132円 49,979円 見積もり社数別では、3社と5社~の比較データがあります。 3社に比べ5社~から見積もりを取る方が単身の場合は約1万6千円安くなっています。 家族の場合はその傾向が顕著で、1社のみなら約16万円、5社~だと約5万円と3倍程度の開きがあります。 この傾向から、複数の引越し業者に見積もりを取れば取るほど引越し料金を安く抑えることができそうです。 見積もり社数を増やすとその分、やり取りの時間が必要で、過剰に電話がかかってくるケースもあるため、ご自身の都合に合わせて社数を調整する必要があります。 訪問見積もり有無の引越し料金 有無 訪問あり 訪問なし 単身 55,035円 32,354円 家族 78,583円 38,037円 引越しの見積もり依頼をすると、特に家族の引越しの場合、荷物量の正確な把握のため家まで営業担当が来て訪問見積もりを受けるケースが一般的です。 訪問見積もりを受けた場合、単身で約5万5千円。 訪問なしに比べ約2万3千円も高くなっています。 家族の場合、訪問見積もりがあると約7万8千円、訪問なしだと約3万8千円で約4万円も高くなっています。 通常訪問なしの場合はメールや電話での荷物量のヒアリングにより金額が決定します。 実際の荷物を見ていない分、余裕をもった料金設定がされ高額になるイメージがありますが、訪問を受けない方が安くなる傾向がありました。 ただ、家族の引越しの場合は、訪問見積もりがほとんどの引越し業者から求められます。 引越し料金は、現在のお住まいから引越し先までの移動距離や、荷物の量、時期によって大きく変わってきます。 まず、相場を知る前にどんな要素で料金が決まるのかを押さえましょう。 引越料金は、大きく分けて、次の4つの要素で構成されます。 言葉だけでもなんとなくわかるかもしれませんが、ここはきちんと理解をしておきましょう。 運賃 移動距離が短い場合は時間、長い場合は距離で計算され、休日や早朝・深夜の場合割増料金がかかります。 法律により上限金額が定められいるので、一定の金額以上が請求されることはありません。 実費 ダンボールやガムテープ等の梱包資材料金に加え、一番大きな金額となるのが引越しスタッフの人件費です。 荷物が多ければそれだけ運ぶ人数が必要になり、料金が高くなるというわけです。 車両留置料 事前に依頼者側で駐車場の手配等ができなかった場合で運送トラックを長時間駐車した際に請求されます。 オプション 通常では行わない特別な作業に対して発生する料金のことです。 どんなものがあるのか、以下が参考になります。 引っ越し料金の相場は、個々の条件によってさまざまです。 以下の料金はあくまで参考程度としておき、まずは引越し会社にお見積もりの依頼をするのがお薦めです。 同じ条件でも会社によっては、料金が安い場合があるので、複数の会社にお問合せすると良いでしょう。 運賃 移動距離または時間、積載量で費用が変わります。 移動距離が100km以下であれば時間、それを超える場合は移動距離となります。 4時間以内で1トン:10,000円〜20,000円程 4時間以内で2トン:15,000円〜25,000円程• 8時間以内で1トン:20,000円〜30,000円程 8時間以内で2トン:25,000円〜35,000円程• 150km迄で1トン:25,000円〜40,000円程 150km迄で2トン:30,000円〜45,000円程• 200km迄で1トン:30,000円〜45,000円程 200km迄で2トン:35,000円〜50,000円程 実費 人件費は人数(作業量に応じて増減)と時間で変わります。 一般的に一人当たり8時間以内ですと10,000円〜15,000円程かかります。 作業量の目安として間取り毎の作業人員をご紹介します。 1DK:運転手1名、作業者1名の計2名• 2DK:運転手1名、作業者2名の計3名• 3DK:運転手1名、作業者3名の計4名• 4DK:運転手1名、作業者4名の計5名•

次の