工事 揺れ。 JR東海のリニア工事で、家の揺れ、振動に夜も眠れず、被害にあっており...

TMD/AMDによる建物の振動対策

工事 揺れ

この階段は柱の存在しない「片持ちタイプ」と言われる鉄骨階段です。 外部鉄骨が独立して建っておらず建物側から固定されている状態をいいます。 30年という築年数が経って老朽化したことによって建物との緊結強度が落ちて、結果的に階段自体に「揺れ」が生じます。 鉄骨階段の補教方法: 片持ちでグラグラ揺れるのは入居者様も心配です。 そこで「揺れを軽減する補強の鉄骨柱を増設する工事」を行います。 既存の鉄骨階段はそのまま利用できるので、入居者様への負担は最低限になります。 そして、階段の外側に新たな補強柱を通すことで揺れを軽減します。 この補強工事のミソは、 鉄骨階段への重量負担を半分以上に抑えたことです。 この工事の相場費用について: 鉄骨の腐食ダメージの具合や工事条件がまちまちであるため、工事費用も現場ごとに異なります(現場調査が必要です)。 「片持ちの鉄骨階段」とは「建物にくっついた階段」 補強工事前の鉄骨階段の様子。 踊り場を支える柱がないのがわかりますか? このタイプの階段を「片持ち階段」といいます。 階段自体が独立した構造ではなく、いわば「建物にくっついた状態」で作られた階段です。 見た目はすっきり見えますが、地震などの災害時は、建物との揺れ(モーメント)との違いが生じて、だんだんと強度がギクシャクしてきます。 結果、 何度かの震災を経験した片持ち階段はグラグラしてくるのです。 補強鉄柱を増設して「グラグラ」を軽減します 片持ち階段の経年劣化によって生まれる「揺れ(グラグラ)」を軽減するため、補強鉄柱を増設します。 上記はそのイメージ画像。 赤い太線が増設する補強鉄柱のイメージ線。 踊り場に接する鉄柱を増設して鉄骨階段の両脇から支えます。 ではこの補強工事の流れを下記にご紹介します。 片持ち階段補強その1「基礎工事」 新しく柱を建てる部分に「墨(すみ)」をつけます。 墨とは印(しるし)のようなものです。 「 ここに鉄柱を新しく建てますよ」というガイドラインです。 鉄骨工事や基礎工事の基点になります。 「墨(ガイドライン)」に沿って地面を掘削します。 基礎工事がいよいよスタート。 地面の掘削が終わりました。 この穴の中に補強鉄柱のベースとなる「 根元(=アンカーセット)」を埋設します。 ところで、断面で見でいただくとわかるように、コンクリートの厚さは皆さんが思った以上に薄いのではないでしょうか。 だいたい10cmくらいですかね。 コンクリート層の下は土です。 補強鉄柱のアンカーセットがこちら。 アンカーセットは主に鉄筋で作られており、てっぺんのボルト部分だけが顔を出すように埋設されます。 アンカーセットが埋まった穴にモルタルを流し込んでいきます。 アンカーセットのボルトの部分だけがモルタルから顔を出すように埋めます。 いよいよここに増設する補強柱を建てていきますよ。 片持ち階段補強その2「補強柱工事」 いよいよ既存の踊り場を支える補強柱を建てる工程。 工場で製作した補鉄強柱とアンカーセットは写真のようにボルト固定されます。 補強柱は、階段の踊り場に溶接固定した補強プレートとボルトで緊結されます。 補強柱同士もボルト固定して組み上げます。 クレーンで吊りあげつつ組立て。 これで既存の踊り場は補強柱の強度を得て、グラグラする揺れを軽減させます。 昇り降りの安心感が全く違います。 そして、実際にオーナー様にも昇り降りを確認してもらいました。 「ああ・・全然ちがう。 良かった!」と感激してもらえました。 私たちも嬉しくなる瞬間です。 片持ち階段を救う補強柱で「揺れ」を軽減できた 補強柱の増設は無事終了。 この補強工事によって、揺れモーメントの違いが生じやすい「片持ち階段」のグラグラが軽減された格好 入居様もオーナー様もひと安心。 これからも鉄骨階段は現役の強度を維持して安全に使用できます。 経年の強度ダウンでグラグラする片持ち階段でも、後からの補強工事で対応可能です。 オーナー様、専門の私たち鉄工所にお任せください。

次の

安全で安心できる住宅にするための耐震補強工事|新日本リフォーム

工事 揺れ

もくじ• 解体工事の苦情でよくあるクレーム ある住宅の解体工事を行っているところで、交通整理をしている警備員さんの話です。 解体工事をしている向かいのマンションの住民より『重機の騒音がうるさくて、夜勤の仕事をしてる主人が眠れない、警察署へ通報する』とのクレームがはいりました。 その後パトカーが来て、警察官は、クレームを言って来たマンションの住民の部屋へ行ったまま、工事現場へは来ませんでした。 解体工事の現場の監督の話によると、このような騒音や振動に関する苦情は、よくある出来事だとのことです。 警察は話を聞いて、現場へは来ますが、特別問題無しと判断したら、そのまま帰ります。 苦情を言った住民に対しては、騒音、振動に関する怒りはわかるが、法的に工事をストップさせるのは無理と説明しているそうです。 重機の騒音等で、過去に工事そのものがストップさせられた例は、ありますか? 引用: いろいろな事情があると思いますが、解体工事をしているときには、どうしても解体工事の騒音や振動は出てしまいます。 このケースにもあるように、警察などに連絡する場合は、基本的には警察が現場を確認し、問題があるかないかを確認するようです。 そして、問題がない場合は、法的に工事をとめることはできないとお伝えすることが多いようです。 解体工事で警察や役所が動くケース 重機の騒音等で、過去に工事そのものがストップさせられた例は、どれくらいの状況なのでしょうか。 実際に工事がストップしたケースをみてみましょう。 当時住んでいたアパート 第一種低層住居専用地域 の斜向かいで、朝5時から一般住宅の建設工事が始まったことがありました。 早朝工事1日目は木材に釘を打つ作業だったので、法的に工事を止めることが出来ませんので町内会長にお任せ。 町内会長が常識的な時間から作業を始めて欲しいと頼みましたが、工事業者は作業を止めることなく続けていました。 町内の方で警察に電話をされた方がいた様ですが、警察は現地まで来なかったと思います。 翌日は朝5時からコンクリートミキサー車とコンプレッサーが現場で動き出し、コンクリート打設作業等が始まったので警察に電話をしました。 騒音規制法違反(特定建設作業)が行われていると伝えると、数分で警察が来て作業を止めてくれましたよ。 その後工事は土日をはさんで5日程度止まり、工事元受け会社、下請け会社の社長、建て主さんが揃って周辺の家一軒一軒に謝罪して回っていました。 警察ざたになり区役所等からも相当絞られた様子でしたね。 質問主さんの仕事場である解体工事現場も、法で定められている「作業の種類」かつ「機器の出力が一定以上」であれば、85dB以上の騒音を発生させていたら法的に危ないですよ 引用: さすがに朝5時から騒音があると厳しいですよね・・・。 騒音については、各自治体の中で騒音の規制基準が設けられていることが多いようです。 横浜市の例をみてみましょう。 大気・音環境課では、騒音の苦情のうち、法律などで規制されている工場、事業 場、建設現場など事業活動から発生する騒音については、音の大きさを調査し、改善指導を行っています。 地域や時間帯、音源の種類に応じた基準によって、作業方法や設備の改善を提示しているようです。 騒音対策は大きく分けると、以下の4種類に分類されています。 相談:建設工事および解体工事に伴う建設機械や作業の音がうるさい 対策: 音源対策 -低騒音型の建設機械を使用する -作業方法を改善する (建設機械の操作を丁寧に行う等) -作業時間を改善する (早朝や夜間の作業を避け、連続作業を控える) 外部対策 -防音シート、防音パネルを設置する その他 -説明会を実施し、近隣の方へ作業内容や工期についての理解を求める -法律、条例に基づく各種標識を設置し、週間工程表や工事責任者、連絡先を明示する -騒音計を設置し、その値を随時住民が確認できるようにする ちなみに地域に応じて、時間とどれくらいの騒音までは大丈夫なのかが、「横浜市生活環境の保全等に関する条例」により、騒音の規制基準が定められています(条例第 31 条、規則第 38 条、別表第 13)。 規制基準は時間帯、用途地域ごとに以下のとおり定められています。 出所: 地域ごとに騒音の規制基準が設けられているところが多いと思いますので、調べたい時には、検索欄に、「解体工事 条例 地域名 騒音」などと入れると、その地域ごとの規制基準を知ることができます。 騒音の苦情件数の割合 主な騒音の発生源として、建設や解体等の工事、工場・事業場の機械設備音、飲食店の音響機器等があります。 また、自動車、鉄道、航空機等の交通機関騒音や日常生活に伴って発生する生活騒音などもあります。 横浜市における騒音苦情件数は、毎年 400 件前後の騒音の苦情が寄せられているそうです。 そのうち、建設作業 解体、土木、建設 に関する苦情の割合が、やはり大きな割合を占めています。 続いて、航空機、設備機器等、資材・残土置場、飲食店等音響機器、工場、道路、 鉄道と続きます。 出所: 騒音の内容や割合は、地域によって異なると思いますが、まずは規制の基準を調べてみて、騒音がどれくらいのレベルなのかを調べてみるのもよいかもしれません。 解体工事の騒音を図ってみる 騒音や振動がどれくらいのレベルかを測るのに、騒音計や振動計を使うことができます。 ちなみに横浜市では、公害防止等を目的に騒音計・振動計の貸出をしています。 貸出には、予約が必要となり、電話(または窓口)で申し込むことができます。 貸出期間は1週間以内となっており、料金は無料です。 貸出手続は、以下の手順になっています。 1.電話(窓口)で予約の申込みをし、 「騒音計・振動計の貸出予約をしたい」と伝える。 希望する測定機器の種類(騒音計・振動計)、住所、事業所名、名前、電話番号を伝える。 2.貸出可能の連絡がくるので、 電話で連絡を受けた後はすみやかに窓口に出向く。 日数が過ぎると、貸出期間の短縮や予約解除などのケースもあるとのこと。 3.窓口にて貸出(本人確認書類(運転免許証、健康保険被保険者証等)を持参する。 ) 4.期限までに窓口に返却する。 解体工事の苦情を避けるためにできること 騒音に関し国が定める法令等は、最近 10 年余りの間に大きく変化してきました。 1999 年 4 月には「環境基本法」、 6 月には「環境影響評価法(環境アセスメント法)」が、また 2000 年 4 月には「騒音規制法」が次々と改訂ないし新設されました。 こうした改訂や見直しは、私達の快適な生活環境の実現のためばかりではなく、益々世界的となる環境保全への取り組みやグローバル化する製品等の商取引で使用される騒音評価値に対し、国際規格との整合をはかってゆく必要性から求められてきたものです。 このような背景もあり、解体工事の騒音や振動なども、以前よりも敏感になっていることは容易に想像できます。 ですから、解体工事を行なう際には、事前に挨拶や工事についての説明を行っておくとよいでしょう。 何かあったときに連絡を・・・と名刺1枚、タオル1本の挨拶があるだけで、近隣の方たちの対応も変わってくるでしょう。 そして、事前に作業方法や作業時間の音源対策や、防音シート、防音パネルを設置するなどの外部対策とともに、法律、条例に基づく各種標識を設置し、週間工程表や工事責任者、連絡先を明示したり、騒音計を設置し、その値を随時住民が確認できるようにすると良いでしょう。 まとめ 解体工事の騒音や振動の苦情を避ける方法について見てきました。 解体工事の苦情は、警察などに連絡する場合は、基本的には警察が現場を確認し、問題があるかないかを確認することがあります。 問題がない場合は、法的に工事をとめることはできないとお伝えすることが多いようです。 騒音の規制基準を超えている場合などの問題がある場合には、警察や行政が動くこともあります。 その地域によって騒音の大きさ、時間などの規制基準などが設けられていますので、解体工事を行なう際には、ぜひその規制基準を確認しておいてください。 また、騒音に関し国が定める法令等は、最近 10 年余りの間に大きく変化しており、騒音に対する意識も強まってきています。 ですから、解体工事を行なう際には、事前に挨拶や工事についての説明を行っておくとよいでしょう。 事前に作業方法や作業時間の音源対策や、防音シート、防音パネルを設置するなどの外部対策とともに、法律、条例に基づく各種標識を設置し、週間工程表や工事責任者、連絡先を明示したり、騒音計を設置し、その値を随時住民が確認できるようにすると、地域の人たちにも安心してもらうことができます。 相場より安い解体費用で工事を行うためのポイント! 近隣の解体業者が最も安いとは限りません。 少し離れたエリアの解体業者のほうが安くなる場合もあります。 実例の見積書です。 同じ工事内容で50万円以上の金額差が出ています。 こちらは、廃材の処分費用で金額差が出た例です。 この他にも、解体業者ごとの得意分野や施工日程などでも金額差が出ることがあります。 (社)あんしん解体業者認定協会では、解体業界の透明化を目指し、お施主様と優良な解体業者様が適切に出会えるよう、無料の見積比較サービス「解体無料見積ガイド」を運営しています。 「解体無料見積ガイド」では、全国14,000社ある解体業者のうち、当協会独自の厳正な審査基準をクリアした約1,000社の解体業者のみ登録。 完全無料で最大6社に現地調査と見積を依頼できます。 過去7万5千件以上の解体工事データベースを使って、お客様に適した解体業者を絞り込み。 さらに工事時期を踏まえて個別に各業者に聞き取り調査を行うことで、近隣の業者はもちろん、少し離れたエリアも含めて、お客様に最適な業者をご紹介することが可能です。 解体業者から無理な売り込みは一切なし、見積取得後のお断り連絡も代行。 無駄な費用を支払うことなく、最も安く、かつ安心の解体工事をご希望の方はどうぞご活用ください。 工事時期を先延ばしにしていたら解体費用と税額負担が増額してしまった• 「安くてイイ業者」のはずが、悪徳業者だった…自分も不法投棄の処罰を受けた• 工事後1ヶ月以内に書類の提出を忘れ罰せられてしまった• 安さに惹かれて依頼したらずさんな工事で土地の価格が下がってしまった• 近隣住民からの苦情で工事が中断し、新築工事に間に合わなくなってしまった 「ちゃんと解体業者を選んだ」はずだった方が、結果的に大損してしまうケースは珍しくありません。 最悪の場合、解体業者や近隣住民とのトラブルが訴訟にまで及ぶこともあり、解体後の新築や売却、土地活用等の命運を分けてしまいます。 一生に一度の解体工事で大損しないために、この「解体工事で失敗しないための手順書」を是非お役立てください。

次の

解体工事は近隣へのトラブルが多い?損害賠償保険を理解しよう|生活110番ニュース

工事 揺れ

解体工事で揺れるのは、正直なところ「仕方がない」部分もあります。 とは言え、自宅が揺れるというのは、近隣住民にとってはとても不安な事でしょう。 「このまま家が壊れてしまうのでは」と心配に思う人もいるかと思います。 ほとんどの場合には、解体工事で揺れる事による影響はありません。 ただし、大きなビルやマンション解体、隣家との距離が著しく近い場合には注意が必要です。 実際、外壁にヒビが入ってしまったり、家が傾いたりなどの影響が出た例がない訳ではありません。 では、実際に、どのようあな作業で振動による影響が出るのでしょうか。 どんな作業で影響が出るの? 解体工事で行われる作業には様々なものが挙げられます。 中でも、家が揺れる程の影響が出るのは大きな重機を使用する作業です。 また、地盤の掘削など、地中を深く掘るような作業でも大きな振動が発生すると考えられます。 ですから、工事の途中で地中埋設物などが見つかった際には、一度振動の大きさについて、業者に確認してみると良いでしょう。 解体工事の揺れに関する法律はあるの? 解体工事の振動に関しては、環境省が「振動規制法」という法律で様々な規定をしています。 「振動規制法」とは、生活環境を保全し、国民の健康の保護に資する事を目的に作られました。 建設工事の中で行われる作業のうち、著しく振動を発生させるものに関して規制をしています。 振動の大きさはもちろん、工事の作業時間帯や日数、曜日などについても取り決めがされているのです。 ちなみに、振動規制法で定められている振動の大きさは「75db デシベル 」となっています。 「デシベル」と言われても、いまいちよく分からない方もいますよね。 具体的な例を挙げますと、90デシベルがカラオケボックスの室内や犬の鳴き声。 80デシベルは地下鉄の車内やピアノの音ほどの騒音や振動だと言われています。 75dbの基準を守って解体工事を行っていれば、家が揺れる事があっても影響はほとんどないと考えられます。 解体工事の揺れで隣家とトラブルにならないためには? もしも近所で解体工事を行っていて、自分の家が揺れるとなれば心配になる人もいるでしょう。 建設工事のクレームの中でも「振動」に関する物は多いようです。 また、家が揺れるという事だけでなく、「家にヒビが入った」「家が傾いた」などのクレームは放ってはおけません。 このようなトラブルを防ぐには、どうしたら良いのでしょうか。 事前に家屋調査を行う 隣家が近い場合や、地面を掘り起こす予定がある場合には、家が揺れる可能性があります。 後から損害を被ったと言われても、それが本当に解体工事によるものなのかどうかは分かりません。 中には、もとから家にあったヒビや傷を、解体工事によるものだと勘違いする人もいます。 このようなトラブルを防ぐために有効なのが「家屋調査」です。 家屋調査とは、建設工事などの前に近隣の建物の現状を把握しておくための調査。 後にクレームなどがあった際に、工事との因果関係を証明する事が出来るのです。 専門の調査員が実際に建物を調べ、写真等も撮ってくれます。 いざという時にとても役に立ちますから、心配な人は多少費用がかかってもやっておくと良いでしょう。 事前の挨拶でしっかりと説明をしよう 家が揺れる事に関してのクレームやトラブルを防ぐには、事前の挨拶は欠かせません。 騒音や振動が発生する事を、しっかりと伝えましょう。 また、解体工事業者と一緒に伺い、家が揺れる事があっても大丈夫だと言う事を説明してもらうのも効果的です。 解体工事は業者選びが重要 解体工事では、信頼出来る業者選びも重要なポイントです。 数ある解体業者の中には、不当な追加請求や不法投棄などの犯罪行為を行ういわゆる「悪徳業者」も存在します。 そのような業者は、振動規制法などの法律を守らず工事を行う可能性もあります。 近隣からの「家が揺れる」と言ったクレームの原因にもなりかねませんから、注意が必要なのです。 信頼出来る解体業者を選ぶには、事前に複数の業者から見積りを取る事がポイント。 見積りの費用や内容を見比べる事で、より優良で自分に合った業者を選ぶ事が出来るでしょう。 とは言え、幾つもの業者に足を運んだりアポを取ったりするのは大変です。 そこでオススメなのが、「一括見積りサイト」などを利用する事。 ネットで簡単に最大3社までの見積を取る事が出来ます。 また、このようなサイトでは事前の審査で業者をふるいにかけていますから、悪徳業者にあたるリスクを減らせるのも、オススメのポイントなのです。 解体工事と家が揺れるまとめ.

次の