年賀状 辞退。 虚礼廃止の年賀状やお中元での使い方|企業における虚礼廃止の具体例

年賀状をやめるタイミングや失礼にならない挨拶文と文例をご紹介

年賀状 辞退

スポンサーリンク そもそも年賀状辞退ハガキはどういう相手に送る? 少し前から話題になっている『終活年賀状』 年賀状辞退の旨を記載して、年賀状のやり取りをやめる人が増えてきているということ。 ですがこういう年賀状辞退をわざわざ伝えるのって、少し抵抗がある方もいると思うんですね。 年賀状を出し合っている人の中には、お世話になった人もいればそうでない人もいる。 まったく親しくないのに、始めてしまったからなんとなくずっと続いているっていう人もいるんですよね。 年賀状辞退のハガキを出す相手について、明確なマナーがあるわけではありません。 そのため、どんな相手に対しても、送ってもいいし送らなくてもいい。 結局は、自分が相手にどのように接していきたいかということに左右されると思うんですね。 チェック 年賀状をなぜやめる? ・高齢のため ・筆不精のため いろいろと理由はあるかと思いますが、「あの人には出すけどこの人には辞退」ということはできるだけ避けて。 つながりが全くない場合は良いかもしれませんが、どこから話がもれてしまうとも限りません。 出す相手を取捨選択する場合は、慎重に行うようにしてください。 年賀状辞退ハガキを送るかどうかは相手によって変わる? 相手によって変わることもあれば、年齢によっても変わりますし、どのような関係を続けていきたいかにもよります。 もちろん今までやり取りを続けていたのだから、年賀状辞退ハガキを出すほうが丁寧ではあります。 ですが、出す辞退ハガキを減らしたいと思っている場合は、相手によって対応を変えてもいいかなと思います。 まったく親しくなく年賀状のみのやり取りだけ 年賀状の中にはときどきある、ある年から急に年賀状が途切れるパターン。 そういうのは、まるで親しくなく年賀状のやり取りだけが続いているという場合が多いのではないでしょうか。 ・出さないようにする ・相手方から届いたら送り返すを繰り返す 徐々に消滅していく…というのは、よくあるケースではあります。 ですが、年賀状辞退のハガキを送る目的は、すっきりときれいな形で年賀状をやめること。 1年だけでは、すべての方に気持ちが伝わらない場合もありますが、このような自然消滅型は意にそぐわない部分もあるかもしれません。 本当に縁が薄く、辞退のハガキを送るのさえはばかられるような関係の方以外は、きっちりと挨拶をしたほうが気持ちよく終われるのではないでしょうか。 疎遠になりたいわけではないがそれほど親しくない人 こういう方には、ぜひ年賀状辞退のハガキを送りましょう。 もし何か近況に変化があった場合は、お知らせできるようにしておくといいかもしれませんね。 親しい人 親しい人なのであれば、電話やメールなどでその旨を伝えてもいいかもしれません。 年始の挨拶を直接言うこともできるでしょうし、気軽に電話をしてもいいですよね。 親しくしているのであれば、年賀状を辞退することに対して嫌な受け取り方はしないはず。 年賀状辞退を出す時期はいつ? さて、まず気になるのが「年賀状を辞退する旨を記載したハガキをいつ出すのか?」ということ。 これには2パターンあって、 スポンサーリンク 今年の年賀状から辞退する場合のハガキを出す時期 「今年」という言い方はおかしいかもしれませんが、「その年の年末に出す年賀状から辞退する」という場合。 そのときは、相手方が年賀状の準備を始める前に伝えておきます。 早めに用意する人がいることも考えて、12月初旬くらいに届くように出すのがベスト。 場合によっては、11月下旬に届いても問題ないかなと思います。 ただこの時期の辞退ハガキに関しては賛否両論があり、 「このハガキを書けるくらいなんだから、年賀状だって書けるんじゃないの?」という方も。 それも一理あるんですが、この時期に辞退ハガキを出すと、相手方の年賀状の手間が減るというメリットも。 考え方次第ですね。 今年限りで年賀状を辞退する場合 今年の年賀状を最後に、来年からの年賀状を辞退しようと思っている場合は、一般的な年賀状と同じく年始に届くように送ります。 ・末尾に今後の年賀状辞退の旨を記載する ・今までの感謝の意を伝える ・年賀状辞退の理由は差しさわりのないものにする ・今後の付き合いについても記載する 今までやり取りを続けていたほどの相手ですから、積極的に縁を切りたいと思っているわけではないはず。 できるだけ相手に失礼がないように、今後も付き合いを続けていきたい旨も記載するといいかなと思います。 年賀状辞退の文例 毎年いただいておりました年始のご挨拶ですが、高齢になり衰えを感じるようになりました。 誠に勝手ではありますが、今年をもちまして新年の挨拶状を最後とさせていただきます。 今後も変わらぬお付き合いのほどをお願いするとともに、皆さまのご健勝をお祈りいたします。 長年にわたり、心のこもった賀状をいただきありがとうございました。 私事ではありますが、ここ数年は忙しく、年賀状をしたためることができなくなってまいりました。 誠に勝手ではありますが、どなた様にも新年の挨拶状は今年限りにさせていただいております。 年賀状を辞退する一般的な理由として ・高齢のため ・寄る年波には勝てず ・視力低下のため ・仕事が忙しく ・体力の衰えを感じ など。 『誠に勝手ながら、新年の挨拶状は今年限りとさせていただきます。 』 『今後は年賀状を控えさせていただこうと思っております。 非礼を深くお詫びいたします。 』 『誠に勝手ではございますが、本年をもちまして年始の挨拶状は失礼させていただきたいと思います。 』 今までの付き合いと今後の付き合いについての文言。 『長きにわたりお付き合いいただきありがとうございました。 』 『今後も変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。 』 続いて、締めの言葉に。 『皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。 』 まとめ 年賀状を辞退するハガキは、相手に失礼な気がして出しにくいと感じる方もいるはず。 ですが最後だからこそ、丁寧にお礼をお詫びを伝えたいものです。 年賀状の辞退は高齢者だけではなく、現役世代の方にも増えてきているとききます。 最後まで礼儀を尽くすことで、自分の気持ちもすっきりするのではないでしょうか。 4人家族、2人の娘をもつ転妻主婦。 人付き合い苦手。 コミュ障。 主婦スキル低め。 転妻の知恵や行った場所や食べたものなどを書いています。 詳しくはこちらからお願いします。 272• 157• 152• 4 最近の投稿•

次の

年賀状辞退はがきを出す時期と文例は?相手を不快にさせないマナーとは

年賀状 辞退

自分が勤めている会社で年賀状の虚礼廃止が通達されたら、社内外問わず年賀状を送る必要がないので安心してください。 マナーとして出したい人もいるかもしれませんが、同じく虚礼廃止を受けている人に贈った場合、相手に気を使わせてしまうこともよく考えてくださいね。 年賀状を送る人の心理として、「これから一年もよろしくお願いします」という気持ちが込められていると考えられますが、会社で虚礼廃止にした場合、「年賀状を送ってくださらなくても、これからお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 」という気持ちが込められていると考えられるので、そう考えると素敵なことのようにも思えます。 虚礼廃止とは、形だけの儀礼をやめる、ということなので、現代人にとってやりやすい形の一つなのでは、と思います。 初めに述べたとおり、虚礼廃止とは、気持ちのこもっていないうわべだけの習慣を廃止することですが、果たしてそれは本当にいいことなのでしょうか?確かに、年賀状を会社の人、取引先の人全員にもれなく送っていたら、膨大な量になりますし、負担は半端ありません。 年賀状はそもそも廃れつつある習慣なので、あまり問題ないのかもしれません。 お歳暮、お中元はそれこそ取引先の人にいちいち送っていたら金銭的な負担が膨れ上がります。 しかし、お歳暮、お中元を贈る、という習慣は今までずっと続いてきた大事な習慣の一つではないのでしょうか。 また、バレンタインデー、ホワイトデーの贈り物などが虚礼廃止されるケースもありますが、それって少し寂しいですよね。 男子諸君も、女性からのプレゼントを期待していることが多いでしょう。 気持ちを込めて、普段のお礼をする、というきもちならば続いてもいい習慣だと思います。 お葬式、お通夜に誰も来ない、なんてことになったら、言うまでもなく悲しいですよね。

次の

「終活年賀状」の例文50種類!失礼のない文面&書き方【年代別】

年賀状 辞退

年賀状は今年で終わりに 高齢を理由にする場合の注意事項 年賀状を辞退する場合、一般的には相手に通知するよりも自然消滅させる方が無難なのですが、高齢を理由に辞退したい場合は一筆書く人が多いです。 その辞退をするタイミングとしては、相手が年賀状を書く前段階である11月から12月初に、喪中はがきと同じように挨拶状を出すのが良いという見解があります。 この理由は、年賀状は新年のお祝いの挨拶なので新年早々相手に気の重くなる話題を出さないという配慮なのです。 ですが、現状では年賀状で高齢を理由に来年以降辞退する旨を書くという人が多く、これは他の理由と異なり高齢というのは相手も事情を理解しやすいことがあるようです。 実際に私も過去何通か年賀状での辞退内容をいただいたことがありますし相手の年齢も状況も納得でき違和感がありませんでした。 年賀状に書く際には次の3項目に注意しましょう。 1 高齢のため辞退する旨を明確に記載する ここできちんと書いていないと病気になったのでは?と色々心配されます。 相手にあらぬ心配をかけないように。 2 全員に対して辞退することが伝わるようにする 受け取った相手が「私だけ!?」と誤解しないための対策です。 「どなた様にも」と入れる方法もありますし、それ以外では、「高齢で年賀状を書くことが難しい」という内容を書く方法もあります。 3 今後の断絶ではない旨を書く 高齢で筆を持つのが辛いため「年賀状だけ」を断つのであり、電話などで今後もやりとりしたい、という心積もりであることを伝える。 親しい場合は「今後はお電話やメールでお付き合いできれば幸いです」 今後会う機会がない場合は「皆様のご繁栄をお祈りします」などの言葉が良いでしょう。 この場合、本人が書くことができないため、娘や息子が代筆という形になります。 また、年賀状で代筆となると新年早々相手が心配してしまうため、特に病気などの場合は寒中見舞いの形で年賀状をいただいた方に対して送るほうが良いでしょう。 その際、病気の詳細を書くと心配してお見舞いが届く可能性もあるため、あまり体調については触れない方が良いです。 今年は年頭のご挨拶を失礼いたしましたことお詫びいたします。 実は、父(母)は昨年末より病気療養中でお手紙を差し上げられない状態です。 お知らせが遅くなり申し訳ございませんが、どうぞお許しください。 まだまだ寒い日が続きますが、お体をご自愛下さいますようお祈り申し上げます。

次の