インフルエンザ コロナ 致死 率。 コロナ致死率、全年齢で0.4%?米国疾病予防管理センター発表でわかった各国の過剰政策=In Deep

新型コロナの致死率は新型インフルの10倍 WHO見解

インフルエンザ コロナ 致死 率

[画像のクリックで拡大表示] 感染症が流行するたびに、こうした話題が持ち上がるのも無理はない。 衛生当局も一般市民も、公衆への総合的なリスクに基づいて自らの優先順位を決定する。 例えば、世界保健機関(WHO)は2月5日、流行発生からわずか1カ月余りの新型コロナウイルス対策に、6億7500万ドル(約740億円)を支出する計画を立ち上げたと発表し、加盟国に資金援助を要請した。 それに対して、2018年8月からアフリカ中央部で猛威を振るっているエボラ熱の対策費用に関しては、WHOが加盟国から集めた金額は、この3分の1ほどだ。 症状の重さや社会的・経済的な影響も勘案 こうした感染症の危険度を互いに比較するには、複雑な計算が必要だ。 感染のしやすさ、致死率、症状の重さ、地域の封鎖に伴う社会的・経済的な影響の大きさなどを勘案することになるからだ。 (参考記事: ) 単純に致死率を比較するだけでは、どれが最悪の感染症かを判断しがたい場合もある。 例えばインフルエンザは、従来型のものであれH1N1のような新型のものであれ、感染者は何百万人にも上りうるが、死亡に至る割合は比較的低く、そのうち0. 現時点で、新型コロナウイルスの感染者数はSARSを大きく上回っている。 致死率でいえばインフルエンザの20倍ほどということになる。 新型ウイルスの脅威は早期に終息するだろうと予測する科学者もいる一方、中東で2012年から流行が続いているMERSではそうなっていない。

次の

日本のコロナ致死率の低さを巡る「集団免疫新説」が政治的破壊力を持つ理由

インフルエンザ コロナ 致死 率

たぶんインフルと同程度です。 インフルはワクチン接種による予防、罹患した時の治療薬などがありますので大幅に致死率が下がっていて、日本国内での致死率は0. 001%程度だといわれています。 コロナウイルスは予防も治療薬もない状態で「いまのところ」致死率は中国国内で2. 2%ですので「いまのところ」インフルで予防法も治療薬もない状態と同じ程度とはいえます。 ただ「いまのところ」に「」をつけたのは「予防法も治療薬も無いウイルスは、突然変異で悪性化することがある」からです。 ちなみにインフルエンザの大流行としては、1918年のスペイン風邪があります。 スペイン風邪の致死率は2. 5%程度だったと推計されていて、コロナとほぼ同じ程度なのですが、実はスペイン風邪は2回大流行があり、特に2回目は悪性化して大量の死者をだしています。 なので、コロナウイルスも「いまのところ」は2. 2%程度ですが、今後もっと悪性化して致死率が上がる可能性もあり、特に武漢では致死率が上がって4. 06%になった、という情報もあります。 悪性化するには「いろんな人の体の中でウイルスが成長する」必要があり、罹患する人が多ければ多いほど悪性化の確率が上がるので、とにかく流行を抑える必要がある、といえます。

次の

【識者の眼】「新型コロナウイルス感染症はSARSに類似(2)─インフルエンザに比べはるかに重い疾患」菅谷憲夫|Web医事新報

インフルエンザ コロナ 致死 率

まず、2019年12月に中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスには「S型」「K型」「G型」の最低3つの型があることを発見した。 これらの型は、伝染性と病原性が異なるため、それぞれの国でどの型がどの程度流行したかによって、国ごとの感染の広がりや重症度、死者数が異なることになったという。 上久保氏らは、新型コロナウイルスとインフルエンザの競合による「ウイルス干渉」を数値化したrisk scoreの分布を分析した。 そして、日本のインフルエンザの流行曲線に起こる変化から新型コロナウイルスの日本への到来を確認した。 また、ウイルスの変異と世界への蔓延を検証。 さらに、新型コロナウイルス感染症の致死率を予測する方程式を作成した。 これは、仮説が述べられているのではなく、以下のように検証がなされているものである。 上久保氏らによる具体的な研究成果は、以下の通りである(なお、新型コロナウイルスの感染拡大と変異は「」で確認できる)。 さきがけとして日本に到来したS型(Sakigake)は、無症候性の多い弱毒ウイルスで、インフルエンザに対する干渉は弱く、19年12月23日の週にインフルエンザ流行曲線にわずかな偏向を残したにとどまった。 次に、S型から変異したK型(Kakeru)は、無症候性~軽症のウイルス。 中国で蔓延し、日本に到来してインフルエンザ流行曲線が大きく欠ける結果を20年1月13日に起こした。 続いて、ウイルスは武漢においてさらに変異して武漢G型(typeG、Global)となり、重度の肺炎を起こすため1月23日に武漢は閉鎖された。 また、中国・上海で変異したG型(欧米G型)は、まずイタリアに広がり、その後欧州全体と米国で大流行した。 一方、G型は日本にも到来したが、死亡者数が欧米諸国より2桁少ないレベルにとどまった。 なぜ、G型ウイルスによる日本の死亡者数は欧米と比べて少なかったのか。 上久保氏らはその理由として、日本政府が3月9日まで入国制限の対象地域を武漢に限っていたことを指摘する。 19年11月から20年2月28日の間の中国から日本への入国人数は、184万人と推定されている。 特に武漢では、閉鎖のアナウンスがなされる直前に500万人もが流出し、武漢から成田への直通便で9000人も日本に入国したという武漢市長の報告がある。 その結果、S型とK型の日本への流入・蔓延が続いていた。 そして、多くの日本人の間にS型・K型の集団免疫が成立した。 具体的には、K型の侵入に対して、体内のTリンパ球が反応して獲得する「細胞性免疫」がG型への罹患を防ぐため、日本人の死亡者が少なくなったと主張する。 また、日本と同じく中国人の大量流入があった韓国や台湾、香港、シンガポールなどでも同様の集団免疫獲得があったことで、死亡者が少なくなったと推測される。

次の