イオンカード 滞納。 イオンカード・エーシーエス債権管理回収|裁判所(支払督促・答弁書)一括請求‐秀都司法書士事務所(東京)

イオンカードの審査の時間にかかる時間は?審査が遅い6つ原因

イオンカード 滞納

イオンクレジットサービスから請求の電話や督促状がきてるんだけど、このままにしておくとどうなるの? 1日や2日の支払い遅れによる延滞なら大事にはなりません。 しかし、支払うことが出来ずに長期間滞納するようになると非常に危険です。 滞納した状態が61日以上続くと、信用情報に傷が付きブラックリストに載ってしまいます。 さらに、イオンクレジットサービスから訴えられて裁判になり差し押さえを受けてしまう恐れもあります。 このような事態を避けるために1ヶ月でも滞納していてすぐに返済が出来ないようであれば、借金問題の無料相談を利用してください。 無料相談窓口を利用することで、イオンクレジットサービスからの取り立てを止めることができ、裁判を止めることが出来るからです。 当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。 というのも、信頼性が確保されているだけでなく、専門家はこれまでに多くの人の問題を解決しているので、こちらの事情をわかっているからです。 少し詳しい人に相談するのと、これまで 10万件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか? 当サイトでは、 10万件以上の相談実績を持つみつば司法書士事務所をおすすめしています。 みつば司法書士事務所は、事情を理解しており法的にも秘密厳守で、誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。 お金が返せない人が専門家に相談するメリット イオンクレジットサービスのキャッシングローンやショッピングローンの支払いが延滞してしまい、すぐにお金が返せないという状況の人はよく読んでください。 数万程度の延滞で、再引き落とし日には間に合うという人は大丈夫ですが、 1ヶ月以内に返済出来ないような人はよく読んでください もし、借りているお金が20万未満の場合は専門家に相談する必要はありませんが、20万以上借りている場合や、イオンクレジットサービス以外でもローンを利用していて借金の合計金額が20万円以上の人は、専門家に相談することで大きなメリットがあります。 専門家に相談することで得られるメリット• 借金が減る• 取り立てが止まる• 完済日が明確になる• 家族や同僚などにバレるリスクが無くなる 司法書士などの専門家に相談すると、上記のようなメリットを得ることが出来ます。 専門家にお金のことで相談するということは普段の生活ではなかなかないため、心理的なハードルが高く感じてしまいます。 これは、誰でも感じることですが、実はあまり知られていませんが、日本では年間100万人以上の人が借金問題で相談していると言われています。 専門家に相談すると、国のお金の問題の救済措置の手続きを行い、あなたの借金やローンの減額や、利息の撤廃などの手続きを行ってくれます。 また、この手続きはイオンクレジットサービスなどのお金を貸した側と相談した専門家の間でやり取りが行われるため、あなたに連絡がいくことが一切無くなり家族や友人・同僚などへの借金バレの可能性が無くなります。 特に、借金が20万円以上あったり、イオンクレジットサービス以外のローンも利用していて多重債務化しているような状態が3ヶ月以上続いているようなら、一度相談窓口を利用してみることを強くおすすめします。 イオンクレジットサービスで滞納が続くと分割払いができなくなる イオンクレジットサービスのようなクレジットカードのショッピングローンやキャッシングローンを利用している人は、何度か分割払いを利用してきたと思います。 ここで気をつけなければいけないことが、滞納を繰り返すと分割払いが出来なくなります。 今後利用できなくなることもそうですが、恐ろしいことにこれまで分割で支払ってきたローンを一括で払わなければいけなくなります。 しかも、イオンクレジットサービス側は裁判所を通してこの一括請求を行って来るので逃げることは出来ません。 更に信用情報に傷がつくため、イオンクレジットサービス以外のカードでも分割払いが出来なくなります。 残高不足で口座振替が出来ずに延滞した場合はどうなる? 一般的に起こりがちな延滞理由として1番よく聞くのが、残高不足が原因で口座振替日に引き落とし出来なかったというものです。 」 上記のような内容で連絡を受けます。 引き落としができなかった期間分の、遅延損害金という延滞の違約金を支払うことになりますが、数十~数百円程度の違約金なので大した痛手にはなりません。 また、後ほど詳しく書きますがこの段階なら信用情報などへの影響はないため、支払うことが出来るなら支払うことをおすすめします。 もし、すぐにでも支払いが出来るようならイオンクレジットサービスからの連絡に、振込用の口座やコンビニ支払い用の用紙も来ているはずなので、再振替日を待たずに支払うことも可能です。 ただし、もし再振替日になっても支払うことが出来ない場合は滞納状態になり、様々なデメリットを受けることになります。 イオンクレジットサービスで滞納すると最終的に裁判になる イオンクレジットサービスで未払いで支払いが遅れていると「滞納」という扱いを受けます。 「滞納」の扱いは1日でも支払い遅れが起こると滞納とみなされることになりますが、滞納期間によって徐々に扱いが変化しデメリットも増えてきます。 具体的に、下記のようなデメリットが生じてくるため、それぞれ説明していきます。 取り立てが始まる• イオンクレジットサービスの遅延損害金について• 信用情報に傷がつく• イオンクレジットサービスの契約が強制解約される• イオンクレジットサービスから一括請求を受ける• 裁判所に訴えられる• 裁判所を経由して差し押さえを受ける 上記のような状態になると、普通に生活していた時の状況に戻るのは難しく年単位で苦しことになるため、強制解約される前段階で対策していくことをおすすめします。 イオンクレジットサービスからの取り立ては滞納1ヶ月以内から始まる イオンクレジットサービスで延滞して、数日~1週間程度立つとイオンクレジットサービスからの取り立てが始まります。 「取り立て」と聞くとヤクザや暴力団による恐喝まがいな取り立てなどを想像するかもしれませんが、まっとうな企業の取り立てはハガキや封書などによる連絡や、電話などによる催促の連絡が「取り立て」に当たります。 そのため、自宅に取り立てに来たり、職場などに迷惑を掛けてくるようなことは行われません。 テレビや映画などで見るような取り立ては違法行為に該当するため、闇金融などはわかりませんが一般的な企業では行われることはありません。 そのため、恐ろしく感じることはありませんが 「危機感を持ちにくい」という難点があります。 ハガキや電話などによる取り立てだと、強引な取り立てとは違い生活状況に変化は起きないため一時的にこれまで通りに生活できてしまい、まだ大丈夫だと錯覚してしまいます。 また、ハガキや電話などの連絡は自分から無視したり、放置することが出来るため気がついたらマズい状況になっているという話も多く聞きます。 イオンクレジットサービスからの取り立ては、段階が変わっていっても基本的にハガキと電話が主な取り立て方法なので状況の変化に気づきにくいので注意が必要です。 イオンクレジットサービスの遅延損害金について イオンクレジットサービスの遅延損害金は、キャッシングローンとショッピングローンでそれぞれ違います。 キャッシングローンは年利20. ショッピングローンは年利14. 例えば、借入金額が10万円、遅延損害金年20. 注意しなければ行けない点は、 通常の年利とは別に追加請求されることです。 イオンクレジットサービスの年利は18. イオンクレジットサービスの滞納1ヶ月で利用停止になる可能性もある イオンクレジットサービスは延滞に関して厳しいため、たった1度の延滞であっても利用停止になることがあります。 この利用停止が何度も続くようであると、強制解約されることもあります。 この利用停止を受けるのは支払い期限が過ぎてから1週間後以降のことが多いです。 信用情報に傷がつく イオンクレジットサービスで3か月以上滞納すると、信用情報に事故情報に登録されてしまいます。 イオンクレジットサービスは、CICというクレジット系の個人信用情報機関と提携しています。 CICでは3か月以上の滞納はブラックリストとして登録され、滞納した金額を完済し終わってから5年間はブラックリストとしてデータが保存されます。 この延滞情報は、支払い金額に関係なく登録されるのでたとえ借りた金額が少額だとしても、支払いが遅れないように注意する必要があります。 ブラックリストという言葉は現在では使われておらず、これに代わる言葉が事故情報という言葉です。 金融事故を起こした人のリストに登録されるというと、わかりやすいかもしれません。 イオンクレジットサービスは信用情報機関の会員であり、CICというクレジットカード会社全般が登録している信用情報機関と、消費者金融系のJICCという個人信用情報機関と会員データを共有しています。 つまり、事故情報が登録されるとすべてのクレジットカード会社、消費者金融に共有されるので利用することができなくなります。 その結果、今後クレジットカードのショッピングローンやキャッシングローンが使えるだけでなく、自動車ローンや住宅ローンも使えなくなります。 また、カードが使えなくなるということは、光熱費や携帯料金などの各種サービスの支払いも利用できなくなるということです。 人によっては支払の方法が一気に変わるので苦労することも多くなるはずです。 イオンクレジットサービスの契約が強制解約される 他のクレジットカードでも同様ですが、滞納期間が61日以上を超えたり、複数回に渡って延滞を繰り返すと強制解約される恐れがあります。 滞納するような人は、いつ踏み倒しをされるかわからないため、仮に返済してくれたとしても将来的に滞納をする可能性があるからです。 滞納するたびに取り立てのハガキや電話などの手間が増え、そういった連絡を何度も無視する人だということが事前に分かっている場合は自社に対するデメリットが大きいため、利用を断るということです。 このとき強制解約されてしまうと、まず一生イオンクレジットサービスでローンを組むことはできなくなります。 また、滞納したことや強制解約されたことは信用情報機関に共有されるため、他社のクレジットカードの利用や銀行からの住宅ローンや自動車ローンなども利用できなくなります。 イオンクレジットサービスの更新月に強制解約もありえる 61日以上滞納しておらず、信用情報機関に共有されないからといって油断して、何度も滞納を繰り返していても強制解約もあり得ます。 数週間程度でも滞納が当たり前のような常習化した滞納をすると、更新月にイオンクレジットサービスの社内記録をもとにしたイオンクレジットサービス内の信用情報から、強制解約をした方が良いと判断される恐れもあります。 このとき、信用情報機関に共有されるわけではないため他のカードは利用できますが、イオンクレジットサービスは今後一切使うことはできなくなるというデメリットが生じます。 イオンクレジットサービスの滞納3ヶ月目以降に一括請求を受ける 滞納が61日以上続くと、強制解約を受けてそれで終わりという訳にはいきません。 イオンクレジットサービス側も支払いを待つだけでなく確実に返済してもらおうと動き始めます。 具体的には、裁判所を通した法的手続きによる取り立ての準備に入ります。 今までは支払いを促す督促状や催告状などといったハガキや電話での連絡による取り立てだけでしたが、今度は一括請求の予告通知や法的手続きの予告通知などが送られてくるようになります。 中には、法律事務所からあなたの自宅宛に法的手続きの予告通知が届く、ということを経験したことがあるかもしれません。 通知は、あくまでイオンクレジットサービス側からの通知なのでこの時点では「まだ」法的な効力は持ちません。 しかし、これらは近い将来法的効力を持った訴訟を起こすという、イオンクレジットサービスからの警告文なので危機感を保つ必要があります。 イオンクレジットサービスから訴えられて裁判になる イオンクレジットサービスからの訴訟の警告を意味する通知を無視すると、今度は裁判所から配達証明や内容証明付きの郵便で送られてきます。 これは滞納が長期化した場合や、支払いの約束が守られない場合に行われる督促方法です。 このときの送付元は裁判所からになっていれば、もう追い詰められている状況だと思ってください。 3ヶ月以上滞納が続く人が送付の対象になり、送付される前に督促電話に出て、いつなら支払うことができるのかを説明しておく必要があります。 また、イオンクレジットサービスから電話に一度も出ないで放っておいたり、電話での態度が悪かった場合は、滞納している期間が短くてもこういった内容の書類が送られて来る場合もあります。 裁判所を経由して差し押さえを受ける 裁判所から一括請求の通知が届いて、2週間以内に返済することができなければそのまま裁判になってしまいます。 この裁判の目的は、イオンクレジットサービス側が裁判所に不当な請求ではないことを認めてもらい、法的な強制力をもって支払わせるための裁判で、司法機関に取り立てを認めてもらうことが目的です。 このとき、裁判で戦ったとしても滞納している側に非があるため答弁や異議申し立てを行っても、勝つことはできないと考えてください。 なお、裁判に負けて払うことが確定したとき、その時点で全額返済することができなければ財産が差し押さえられることになります。 この差し押さえの対象は、• 自宅や土地• 車やバイクなどの価値の認められる乗り物• 債権などの手形• 価値のある貴金属や宝飾品• 銀行の預金• 毎月の会社からの給料 などが、差し押さえさえの対象になります。 特に生活に大きく影響を受けるのが、給料の差し押さえです。 差し押さえを受けることになってしまうと裁判所から会社に連絡が行くことになってしまうため、職場の人に借金をしていることがバレてしまいます。 差し押さえを受けるていることがバレてしまうと、その職場に居づらくなりやめてしまうという話もよく聞きます。 そのため、これまで通りの生活をすることは難しいと言わざる得ないと考えてください。 リボ払いに変えるのは危険 滞納するのであればリボ払いに変更し遅れずに支払っていく対処法があります。 ただし、リボ払いの裏はカード会社が儲かるような仕組みになっており、長期的な目線で見ると支払う金額が多くなってしまいます。 金利の上限に関する法律が改正されてから、消費者金融やクレジットカード会社が金利で設けることが難しくなりました。 その時の特効薬として出てきたのがリボ払いという、毎月一定額のみ支払えば良くなる代わりに高い金利で長期的に支払っていくという仕組みです。 結局はカード会社が儲かるため、テレビCMなどでリボ払いの宣伝をしているのです。 そのため、リボ払いでその場しのぎをすることはおすすめしません。 すぐに返済できないなら「債務整理」という方法もある 「結局、どうすればいのかわからない」といって頭を抱えてしまうかもしれませんが、国の制度にこういった人を救うための債務整理という手続きがあります。 この手続を行えば、たとえ一括請求の通知が来ていても、あなたの今の収入に合わせた分割払いの金額で返済出来るようになります。 さらに、手続きをすれば今後の金利が0%になるため、確実に借金を返済していくことができます。 また、手続きをすると翌日から取り立てが行われることがなくなり、さらに交渉次第で借金の減額も望むことができます。 この手続きは借金問題の専門家に相談することで手続きを開始することができます。 家族にばれないで返済できる 債務整理をするときによく聞く悩みが、借金をしていることが家族や職場など周りの人にばれないかという不安をの声をよく聞きます。 結論から言うと、自己破産をすることがなければ、家族にバレることはほぼありません。 債務整理の手続きにはいくつか種類があり、仕事もしておらず、財産も無いことが裁判所から認められてしまった場合のみ自己破産が適用されます。 カード利用者の借金の場合は自己破産が適用されることは殆どないため、ほぼありません。 イオンクレジットサービスのようなクレジットカードの借金は、任意整理という手続きを行うことが殆どで、この手続きは専門家とイオンクレジットサービス側でやり取りする手続きなので、イオンクレジットサービス側からあなた自身を含めて、自宅や勤務先に連絡をすることはありません。 そのため、自分から債務整理をしているということを漏らさない限り家族や職場などの身の回りの人にバレるということはありません。 債務整理をすべき借金額 債務整理をする場合、専門家が手続きをするときに費用がかかります。 つまり、数万円や10万円程度の借金で債務整理の手続きをしてしまうと、費用のほうが高くなってしまうことがあります。 そのため、借金の総額が20万円以上の場合は債務整理を考えても良いでしょう。 借金額によって多少の上下はありますが、返済できない状態が続く人は金利を0%にして返済していく方法や、借金の減額を狙って手続きをするほうが無難です。 もし、心理的なハードルが高くなかなか借金の相談できないという人向けに、専門家の前に知識のある相談員に事前に話ができる窓口を用意している専門家もいます。 また、相談自体は何度でも無料で受け付けている専門家もいるため、試しに相談してみることをおすすめします。 日本には、年間で100万人以上の方が借金の相談をしており、債務整理の手続きをしているという話があります。 借金問題で悩んでいる人はあなただけではありません。 相談先の専門家も、借金問題の解決に慣れているため、あなたがどうして良いかわからない状態でもどうすれば良いかの答えを持っていることが多いです。 このページを最後まで読んでいる人が、借金から開放された生活に戻って救われることを願っています。 当サイトでは、減額制度を利用するなら国家資格を持った専門家の無料診断をおすすめしています。 というのも、信頼性が確保されているだけでなく、専門家はこれまでに多くの人の問題を解決しているので、こちらの事情をわかっているからです。 少し詳しい人に相談するのと、これまで 10万件以上の診断をしている専門家、どちらが頼りになるでしょうか? 当サイトでは、 10万件以上の相談実績を持つみつば司法書士事務所をおすすめしています。 みつば司法書士事務所は、事情を理解しており法的にも秘密厳守で、誰にも知られずにいくら減額できそうかを教えてくれます。

次の

クレジットカードの滞納は信用情報に直結!延滞した場合の対処法|クレジットカードの三井住友VISAカード

イオンカード 滞納

イオンカード滞納したら訴えられた件。 クレジットカードのイオンカード滞納したまま二年以上連絡しなかったら、先日ついに訴えられましたw 請求金額はイオンカードで滞納している約132万円+貼用印紙額金1万2千円の約133万円です。 イオンカードの訴状は訴訟代理人 「駿河台法律事務所」の弁護士三名の名前で届きました。 駿河台法律事務所とは、イオンカード滞納している債務者に、イオンカードに代わって督促している法律事務所です。 イオンカード滞納したら送られてきた訴状の画像です イオンカード滞納が長期間になりイオンカードが利用停止・強制解約されても滞納を続けると、イオングループの債権回収会社である 「エー・シー・エス債権管理回収」に督促が委託されるんですが、それでも滞納を続けると、今度はこの駿河台法律事務所が担当になります。 当裁判所に出頭する期日及び場所は下記の通り定められましたから、同期日に出頭してください。 なお、訴状は送達しますから、答弁書を作成し、期日の一週間前までに2部 1部はコピーでかまいません。 ただし2部とも押印してください。 提出してください。 あなたが、答弁書を提出せず、期日に出頭しない場合、相手方の言い分どおりの判決が出て、あなたの給料や財産の差し押さえ等をされることがありますので、ご注意ください。 簡易裁判所には、民間から選ばれた司法委員が、意見をのべたり、質問をしたり、話し合いによる解決をうながす手続きもあります。 手続きにつきわからない点は、上記の裁判所書記官にお尋ねください。 それで出頭日の一週間前までに答弁書を作成しろと。 答弁書は書類の送達場所の届け出、受取人の届け出、請求を認めるかどうか、自分の言い分、話し合いによる和解を希望するかなどを書いて提出します。 まぁどんな言い訳してもイオンカードを滞納している事実は変わらないので勝てませんし、言いたいことも無いので借金踏み倒しマンの場合は欠席します。 あちこちから訴えられていてどこに債務名義とられたかわからない状態なので、正直今回訴状が届いた感想は「あれ?イオンカードってまだ訴えてなかったんだ」という感じでした。 関連記事: 滞納している借金について和解希望の方は欠席しないようにしましょう。 欠席したら原告の借金取りは被告の財産差し押さえをする権利を得ることになります。 関連記事: イオンカード訴状の当事者目録 イオンカード訴状の当事者目録画像です。 原告はイオンカードを発行しているイオンクレジットサービス株式会社の代表取締役、訴訟代理人が駿河台法律事務所、被告は私、借金踏み倒しマンです。 請求の趣旨 イオンカードの訴状に載っている請求の趣旨画像です。 被告は原告に対し、金132万円の金員を支払え。 132万も持ってません 2. 訴訟費用は被告の負担とする。 なんでやねん との判決並びに仮執行の宣言を求める。 裁判所に支払えって命令されてもない袖は振れないんですよね。 請求の原因 カードキャッシングについて 被告は、カードを利用して訴外イオン銀行から一定の利用限度額の範囲内で繰り返し金銭の借り入れできるが、借入金の支払いを一回でも遅滞した場合には、期限の利益を喪失する。 個別の借り入れに係る利息は年18. 他にも長文でいろいろ書いてましたが要するに 金払えってことですね。 イオンカード滞納すると五割引の和解案が届く 借金踏み倒しマンの場合、和解することなく訴状が届くことになりましたが、イオンカード滞納していると借金総額を三割引きしてあげるからはよ払えという和解案が届きます。 それでも払わなかったら、五割引きならドヤァと太っ腹な和解案を送ってきてくれます。 この和解の案内はイオンカードを長期滞納している方全員に送っているようです。 イオンカード以外のクレジットカード会社は利息カットとかしょーもない和解案しか送ってこなかったので、イオンカードの和解案は「五割引…ゴクリ…」と一瞬悩みましたがイオンカードだけ和解しても残り14社ありますから無意味なので和解しませんでした。 そもそも五割引されても約70万円払わなきゃいけないわけで、借金踏み倒しマンはそんなお金用意できませんw イオンカードと和解希望の方は五割引で和解も有りかもしれませんね。 関連記事: 関連記事: ちなみにイオンカード滞納すると督促電話鳴らす時間長くてしつこいですw 関連記事: まとめ イオンカード滞納するとガチで訴えられます。 滞納中に電話を無視していると訴えられるのが早まり強制執行・差し押さえで無理やり財産を持っていかれる恐れがありますので、借金返済が難しい場合は借金問題解決の専門家に相談して解決することをお勧めします。 弁護士、司法書士に相談して借金を清算することは法律で認められている正当な権利です。

次の

イオンクレジットサービスの滞納は危険!?電話や督促状の対処法

イオンカード 滞納

全国のイオンをはじめとする系列店舗でのお買い物に便利な「イオンカード」。 毎月20日・30日の「お客様感謝デー」には、5%オフになるキャンペーンも実施されるため、普段からイオンカードが手放せない方は少なくないでしょう。 しかしお得なあまり、 つい買い物をしすぎてしまい支払えなくなった場合はどうなってしまうのでしょうか。 この記事では、「 イオンカードの返済を滞納してしまった場合、どんな影響があるのか」「 どう対処すべきか」について、くわしくご説明します。 イオンカードの場合、うっかりしていて支払日に入金を忘れていた場合であれば、• 引き落とし口座をイオン銀行に指定していれば、自動で再振替される• 暮らしのマネーサイトなどから振り込み口座を確認して入金 すれば問題はありません。 支払いができない場合の対処法は以下のとおりです。 支払日前であれば、リボ払いや分割払いに変更する• 支払日を過ぎた場合はカード会社に相談• どうしても払えない場合は、弁護士や司法書士に相談する 目次• イオンカードを滞納した場合に発生するリスク イオンカードを滞納するとどうなる? イオンカードの返済を滞納してしまった場合、具体的にどんなことが起こるのでしょうか?滞納を放置していると、カード会社の対応は以下のように進んでいきます。 滞納期間 発生するリスク 引き落とし日(毎月2日)に支払いができなかった場合、 翌日からカードの利用が停止される。 指定された支払日に返済が間に合わない場合、翌日から延滞損害金が発生する カード会社から 電話もしくはハガキ(支払通知書)で督促が行われる。 クレジットカードの契約が 強制解約され、ブラックリストに掲載される 内容証明で一括請求の通知書が届く。 最終的に 裁判になり財産が 強制執行による差し押さえになる 1. 【翌日~3日】支払日に間に合わなくてカードが利用停止に… イオンカードの利用請求は、「毎月10日締め、翌月2日支払い」という少し珍しいスケジュールになっています。 指定口座の残高を確認してなかったり、振り込みを忘れていたりといった理由で支払日に返済が間に合わなかった場合、支払日の翌日から利用停止になります。 イオンカードは、支払日翌日の毎月3日~5日が平日で、指定口座がイオン銀行である場合に限り、自動で再振替(引き落とし)が行われる仕組みになっています。 ただし、指定口座がイオン銀行以外の金融機関の場合は、再振替(引き落とし)は行われません。 イオンカードから届く支払通知書を確認するか、もしくはやから振り込み口座を確認して、入金しましょう。 なお、自動振替で返済できれば 支払いから3~5日後にはカードも再開できます。 貯めたポイントなどにも一切影響がないため、これまで通りカードの使用が可能です。 【翌日〜滞納解消まで】「遅延損害金」とは? 督促状に記載された期日に支払いが間に合わなかった場合、この翌日から「遅延損害金」が発生します。 これはレンタルショップなどで返却日を過ぎてしまった場合に請求される「延滞金」のようなものです。 利用残高に上乗せして請求されるため、日ごとに支払わなくてはならない金額が増えていきます。 遅延損害金は以下の計算式で求められます。 ショッピングの場合:年率14. キャッシングの場合:年率20% ですので、たとえばショッピングで15万円の支払いを30日間滞納してしまったとすると、1,800円の遅延損害金を追加で請求されることになります。 【1週間〜】催促の電話やハガキを無視すると家族や会社にバレる可能性も... 自動振替で支払いができなかった場合、カードの請求会社から電話や書面で支払いを催促されます。 この段階でも指定された期日までに支払いができれば、返済金額が増えるなどといった大きな問題に発展することはありません。 しかし 支払いのめどが立たずに督促を無視していると、自宅や勤務先に電話がかかってきたり、訪問されたりします。 そうなると支払いを滞納していることが、家族にバレてしまう可能性が高くなります。 【1〜2ヶ月】強制解約と同時期にブラックリストに掲載 イオンカードの場合、返済を滞納してから 約2ヵ月が経過すると、クレジットカードを強制解約されます。 もちろんイオンカードで貯めたポイントもすべて無効になってしまいます。 ブラックリストに掲載されている5年ほどの間は新しくクレジットカードを発行したり、キャッシングを利用したりすることができません。 また車や家などを購入する際のローンも利用できなくなります。 【2ヶ月〜】一括返済の通知が届く さらに返済の滞納が続くと、 一括返済の通知が届きます。 文字どおり、 リボ払いや分割払いの残高、そしてここまでに発生した遅延損害金など全額を一括で支払うように請求されてしまいます。 しかもすでにブラックリストに掲載されているため、他の金融機関からお金を借りて返済に充てることも難しいでしょう。 なお、この時点ですでにカード会社へのあなたの借金は、イオンカードから「エー・シー・エス債権管理回収株式会社」という債権回収業者に引き継がれているケースが多く、通知書も同社から届く可能性があります。 債権回収業者とは? 国の認可を受けたれっきとした業者で、借金を回収する専門の業者。 サービサーとも呼ばれている。 【3ヶ月〜】最終的には裁判になり財産が差し押さえられる 一括返済に応じられなければ、最終的に裁判にまで発展する可能性があります。 裁判所の強制執行によって、自宅や家、預貯金などの 大切な財産が差し押さえられてしまうのです。 ここまで事態が悪化してしまうと、もはや家族に黙っておくことはできないと考えましょう。 また給与が差し押さえられてしまった場合は、必ず会社にも知られてしまうことになります。 最悪の場合は自己破産を選択するしかなく、しかも家族や会社からの信用を失う可能性があり、生活がガラッと一変してしまうリスクも高まります。 強制執行による差し押さえについてはの記事で詳しく解説しています。 イオンカードの支払いを滞納した場合の対処法 ここでは「どうしてもお金が工面できず、支払えそうにない……」というときの対処法を、具体的にご紹介します。 タイミングによって有効な手段は異なりますが、以下を参考にして、なるべく早急に対策を講じるようにしましょう。 支払日前にわかっている場合は応急処置としてリボ払いに変更 すでに引き落としがされる以前に返済が難しいことが分かっている場合は、 支払い方法を「リボ払い」に変更しましょう。 リボ払いは利用残高が複数回にわけて請求される仕組みで、ひと月あたりの支払い額を抑えることが可能です。 イオンカードの場合、支払い方法の変更締切日は「支払日の前月20日」となっています。 イオンカードのリボ払いサービスには、次の3種類が用意されています。 明細指定リボ 利用明細1件単位で「リボ払い」へ変更できるサービス 期間指定リボ 1ヵ月単位の期間指定で「リボ払い」へ変更できるサービス 全リボ その後のすべての支払いを「リボ払い」へ変更できるサービス ただし、リボ払いの変更受付期間を過ぎた支払いに関しては、支払い方法の変更はできません。 あくまで、受付期間までであれば有効な対策であることを覚えておきましょう。 なお、リボ払いは急な出費が発生した場合に便利なサービスですが、そのぶん返済意識が薄れて、次々と新たな買い物に手を出しやすいといえます。 また返済期間に応じて手数料も発生します。 イオンカードでは一回払いから分割払いに変更することはできませんのでくれぐれも注意が必要です。 うっかり忘れていた場合やすぐに支払える場合はイオンカードに電話で相談 カード支払日を忘れていたり、1週間程度の滞納ですむ場合は「どうしよう」と悩むより先に、クレジットカード会社に連絡しましょう。 そこで次回の支払いが難しい旨を正直に話し、支払い期限の延長などを相談してみることをおすすめします。 この時点でカード会社の担当者から怒られることはありません。 むしろ 誠実に対応していれば、支払い条件の交渉にもきちんと応じてもらえる可能性が高いので、落ち着いてカード会社に連絡しましょう。 滞納が続いていても支払えない場合は弁護士・司法書士に相談 どうしても支払いが難しい場合は、弁護士や司法書士に相談して「債務整理」という方法があります。 とは、借金を減額・免除するための手続きで、以下の3種類があります。 貸金業者などの債権者と直接交渉して「返済期間の延長」や「利息カット」月々の返済額を軽くする手続き。 裁判所を介さず自由な交渉が可能なため、デメリットも少ない。 裁判所の許可を得て、借金残高を原則5分の1に減額する手続き。 自宅など財産は失わないが、安定した収入が必要。 裁判所の許可を得てすべての借金をゼロにする手続き。 財産を失う、職業に制限がかかるなどデメリットも大きい。 債務整理をすると「ブラックリストに掲載される」という代償はありますが、請求会社からの督促をとめられるだけでなく、事前に相談すれば家族にバレないように水面下で手続きを進めることも可能です。 家や車などの財産が差し押さえられる事態も防げるため、得られるメリットは大きいといえるでしょう。 一度、専門家に相談してみることをおすすめします。 この記事のまとめ イオンカードの支払いができないときの対処法は以下のとおりです。 早期解決に向けて一歩を踏み出してみませんか?.

次の