うどんこ病 重曹 濃度。 うどん粉病の対処方法(スプレーや酢、重曹でOK)|【簡単】家庭菜園の始め方と初心者におすすめグッズ

雑草対策に重曹水!? 作り方や撒き方

うどんこ病 重曹 濃度

常温で白色の粉末です。 重曹は農作物や人畜及び水産動植物に害を及ぼす恐れがないことが明らかなものとして安全性が認められた特定農薬(特定防除資材)です。 有機栽培においてウドンコ病等を防除するために使用します。 ・食品添加物としても使用できるくらい人体に対して安全である。 ・pHはややアルカリ性ですが、ほとんど中性。 ・吸湿性があります。 ・ウドンコ病の予防として散布します(特定防除資材として認められています。 ) ・除草、抑草効果があります。 ・研磨効果や鹸化効果があるため洗剤や洗剤の代用として茶渋落し、換気扇などの油汚れ・焦落としに使用されたりします。 ・そのほか脱臭(肉・魚臭さ、靴箱の脱臭)、歯磨き、うがい剤、入浴剤などによく使われます。 ・特に天然温泉はこの重曹成分で重曹泉となり炭酸ガスが血行をよくすることで知られています。 1%程度に薄めたものを10アール当たり100〜500リットル散布。 この作用を利用することで雑草の繁茂を抑制することができます。 《対象雑草》 一年生雑草、多年生雑草、蔓性の多年生雑草等への枯草効果があります。 ・茶渋取りには重曹に水を加えペースト状にしたものでこすりとるように使用します。 ・油汚れには、直接粉をふりかけ、スポンジ等でこすり洗いします。 ・鍋の焦げ付きには水カップ一杯(約200cc)の水に重曹を大匙一杯加え煮立たせて焦げを浮かしてからこすり磨きます。

次の

除草には重曹が有効!正しい使い方や取り扱い時の注意点|芝刈り・草刈り(草取り)・草むしりでお困りなら600円/坪から|草刈り110番

うどんこ病 重曹 濃度

うどん粉病がカボチャの葉に発生 葉の表面に白い粉がかけられたようになっていますが、これがうどん粉病です。 カビの一種です。 ヘアリーベッチが繁茂しているので株の風通しが悪く、湿度が滞留してしまったことでカビが発生したものだと考えられます。 例えるなら梅雨時期に発生するお風呂場のカビと同じで、カビ菌はジメジメした環境が大好きなのですね。 さらにまた、ヘアリーベッチの繁茂でカボチャの葉に日光が届かず、カボチャ自身の抵抗力が落ちていたことも原因だろうと考えています。 人間も同じで、栄養不足になると抵抗力が落ちて風邪を引いたり蕁麻疹が出たりしますよね。 葉の裏側のほうが症状は重く、白い菌糸がみっちりはびこっています。 黄色く見える丸い物体はナナホシテントウの羽化したての成虫か、またはキイロテントウの成虫です。 うどん粉病を直接的に退治するため重曹を使用 うどん粉病を防除するための農薬は存在します。 しかし無農薬で栽培してゆきたいので、今回は重曹水の葉面散布という方法を選択します。 以前に購入した食品用の重曹が家に余っていたので、これを水道水で500倍に希釈してスプレーで噴霧するという方法。 ちなみに500倍希釈とは、500ml 500g の水道水に対して重曹パウダーを1g溶かした液体のこと。 このグラムベースの考え方で合っていますよね?? 重曹スプレーを10日ほど継続した結果、変化ほぼなし 重曹水の噴霧を10日ほどおこないました。 最初は500倍希釈だったものを最終的には250倍にまで濃度を高めて実施しましたが、うどん粉病が回復することはありませんでした。 しかし病気が広がってゆくことも無かったので、予防という観点からは重曹水スプレーは効果があるのかも知れません。 関係法令勉強します。 その後うどん粉病に対しておこなったこと 重曹水が効かなかったことで、次におこなった事は株の通気性を高めること。 株の周囲に繁茂したヘアリーベッチを手で鎮圧し、株に風が当たるようにしました。 次に、弱って黄色くなった葉の切除もおこないました。 葉緑素が抜けて黄色くなった葉は光合成がおこなえないので、残しておいても株に負担をかけるだけでしょうからね。 黄色く弱々しい葉。 縁は茶色く枯れかけています。 黄色い葉を裏返すと、うどん粉病の菌糸がみっちり生えて全体的にふわふわと白っぽく見えることが確認できます。 カビだって必死に生きているのです。 うどん粉病発生原因の考察 今回はなぜカボチャにうどんこ病が発生したのか、巡らせた考えをまとめてみましょう。 株の風通しが悪く、湿度が滞留してしまったこと。 カボチャの光合成が十分ではなく、カボチャ自身の抵抗力が落ちていたこと。 ヘアリーベッチによる土壌中の窒素固定化によって、カボチャが窒素過多の状態になっていること。 上記3つの原因が考えられます。 1つめ。 株の風通しについては、繁茂したヘアリーベッチを鎮圧することである程度の通気性を確保しました。 2つめ。 ヘアリーベッチの鎮圧で光合成に必要な日光が葉に当たるようになりました。 しかし抵抗力をいち早く回復させてあげたいので、即効性のある「液肥」の葉面散布をしたいと考えます。 3つめ。 ヘアリーベッチによる「窒素過多」はちょっと考えにくいです。 今回も前回も化成肥料も有機肥料も使用していませんので、肥料分の残留ということもありません。 次におこなう、うどん粉病対策 液肥 液体肥料 を自宅で作成します。 「えひめAI-2」と呼ばれている微生物液肥があるのですが、その培養レシピが公開され広く知られています。 僕は発酵食品や醸造、発酵学に大変興味を持っているので、微生物の培養と聞くとワクワクが止まりません。 次回の記事は液肥「えひめAI-2」の、ヨーグルトメーカーを使った作り方を書いてゆきましょうかね。

次の

うどん粉病の対処方法(スプレーや酢、重曹でOK)|【簡単】家庭菜園の始め方と初心者におすすめグッズ

うどんこ病 重曹 濃度

お、説明好きのマミちゃん登場ですか。 英語では「mildew」なので「カビ」と同じですね。 うどん粉病はカビと同じく菌が原因で発生します。 放っておくと葉っぱ全体に広がり、光合成ができなくなって枯れてしまいます。 早めの対処が肝心。 キュウリのうどん粉病はナス科にはうつらない ちなみにうどん粉病はバラやイチゴ、ブドウ、トマトなどいろいろな植物に発生しますが、それぞれ別の菌で、バラ科にはバラ科のうどん粉病菌、ウリ科にはウリ科のうどん粉病菌があります。 ですから、例えばバラからキュウリにうつることはありません。 といっても原因が共通していると、同じ時期に発生してしまうことはあります。 うどん粉病が広がる状況・環境はこれ うどん粉病の菌は土の中にいるのですが、乾燥している日に 風にのって飛んでくることもあります。 うどん粉病の主な対策はこちら。 風通しを良くすること• 白くなった葉は除去、ゴミに出す• 適度な湿気を保つ• 薬剤をスプレーする キュウリの足元の葉はとってしまい、風通しを良くしておくのがまずは大事です。 そしてうどん粉病が広がってしまった葉は、切り取ってしまいましょう。 切った葉は畑の中に放置しておいてはダメ! 乾燥して胞子が舞うと他の株にうつってしまうからです。 ゴミ袋に入れてゴミに出さなくてはいけません。 そしてうどん粉病を広げないために「適度な湿気」も大切。 うどん粉病の菌を拡散しないためです。 もともとキュウリは葉が大きくて蒸散しやすいから、毎日水やりを欠さず行うことが必要です。 だからこの点に関しては、普通に育てていたら対策になると思いますけどね。 そして根元の土が乾燥しすぎないよう、根元に三つ葉やシソなどを植えてカバーするのがおすすめ。

次の