シルバニア 大使。 「悪魔的だぁ〜!」シルバニアで再現された”大人の酒の楽しみ方”に反響、投稿者語る”極意”

シルバニアファミリーの大人の遊び方がヤバイ・・・!カオスすぎて爆笑必至!

シルバニア 大使

ゴミ箱も倒れ、キッチンには納豆のパックやゴミが散乱。 また流し台には洗い物がたまったままです…。 掃除機が転がっているところに、掃除を頑張ろうとしたママの気持ちがひしひしと伝わってきますね。 ツイートには「ママさん…お疲れさまです」「納豆のパックが非常にリアル」などの声が寄せられ、「いいね」も1万8000件を突破していました。 最初は「大人のシルバニア」としてではなく…なぜ、シルバニアファミリーの人形で、このような写真を撮影するようになったのでしょうか?シルバニア侍女さんにお話をうかがってみました。 私は子供の頃、シルバニアの人形で遊んでたのですが、大人になった今は人形遊びから完全に卒業していました。 亡くなった祖母が買ってくれたこともあり、シルバニアのハウスや人形などの小物を捨てずに残してあったので、それを大使(主人)に譲りました。 過去に大使(主人)が投稿した写真がリツイート数3万件を超えて話題になったことがありました。 最初は「毎日投稿しんどい」と投稿した大使(主人)に対して、返信コメント用に撮影しました。 大使(主人)は普段から仕事も多忙なんです。 しかし、シルバニアの写真もほぼ毎日投稿しており、さらにはシルバニアの動画作成もしていました。 特に動画を作成している時は、家という同じ空間で過ごしていても家事や育児などを手伝ってもらうことができません。 手伝ってもらえる人が、すぐそばにいるのに手伝ってもらえないのは家で子供と私しかいない時よりも、つらいです。 そんな中「毎日投稿しんどい」と大使(主人)が投稿していたので、私の素直な気持ちが出たんだと思います。 「毎日投稿しんどいの写真」に返信するために「毎日ワンオペ育児って撮ってリプでしてもいい?」と伝え、大使(主人)に承諾を得てから写真を撮りました。 しかし、リプライの形ではなく、大使(主人)から、そのまま自分のツイートで投稿するように言われたので普通にツイートしてみました。 なので「毎日投稿しんどい」と投稿した大使(主人)のツイートと似たような感じになってしまいました。

次の

シルバニアファミリーの大人の遊び方がヤバイ・・・!カオスすぎて爆笑必至!

シルバニア 大使

この投稿者であるシルバニア大使さん( sylvanianwriter)に、大人なシルバニアの世界観を追求する面白みを聞いた。 「妙にリアルで生々しいのが#大人のシルバニアの魅力」• 投稿された写真には、平日に有休をとり、スーツに着替えて出掛けるブタのお父さんのシルバニアが。 お昼時の立ち食いそば屋に出向き、あえてテーブル席に座るお父さん。 居合わせた客のシルバニアが「ざわ…ざわ…」とする様子に優越感を感じながらお酒を楽しむというものである。 これは、福本伸行氏の代表作『賭博破戒録カイジ』のスピンオフ作品である漫画『1日外出録ハンチョウ』(原作:萩原天晴、漫画:上原求・新井和也、協力:福本伸行)のワンシーンを再現した投稿。 ツイートには「悪魔的だぁ!!!」「周囲の視線が…w」「なんか心にくるものがる」とコメントが殺到した。 「今回は1日外出録ハンチョウのパロディなのでなんとも言えませんが…妙にリアルというか、生々しいというか。 哀愁を通り越して悲哀が漂う、まさに『大人』のテイストが『 大人のシルバニア』の魅力です」(シルバニア大使さん) 続けて、シルバニアの魅力は、「リアリティ。 リアリティこそが、シルバニアに生命を吹き込むエネルギーになっている」と話すシルバニア大使さん。 「無表情のはずのシルバニアにも、じつはちゃんと喜怒哀楽の表情があります。 撮影はシルバニアに命を吹き込む作業です。 撮り方次第で本当に生きているように見えるので、撮影者の腕の見せどころですね。 今後は、公式をゆるがすほど大人のシルバニアを有名にしたい。 今後も軽快で都合のいい流れを楽しめる作品を目指したいですね」 お酒のおいしい飲み方? シルバニア大使 sylvanianwriter.

次の

シルバニア垢の育児あるあるに反響|日本タレント名鑑

シルバニア 大使

この投稿者であるシルバニア大使さん( sylvanianwriter)に、大人なシルバニアの世界観を追求する面白みを聞いた。 投稿された写真には、平日に有休をとり、スーツに着替えて出掛けるブタのお父さんのシルバニアが。 お昼時の立ち食いそば屋に出向き、あえてテーブル席に座るお父さん。 居合わせた客のシルバニアが「ざわ…ざわ…」とする様子に優越感を感じながらお酒を楽しむというものである。 これは、福本伸行氏の代表作『賭博破戒録カイジ』のスピンオフ作品である漫画『1日外出録ハンチョウ』(原作:萩原天晴、漫画:上原求・新井和也、協力:福本伸行)のワンシーンを再現した投稿。 ツイートには「悪魔的だぁ!!!」「周囲の視線が…w」「なんか心にくるものがる」とコメントが殺到した。 「今回は1日外出録ハンチョウのパロディなのでなんとも言えませんが…妙にリアルというか、生々しいというか。 哀愁を通り越して悲哀が漂う、まさに『大人』のテイストが『 大人のシルバニア』の魅力です」(シルバニア大使さん) 続けて、シルバニアの魅力は、「リアリティ。 リアリティこそが、シルバニアに生命を吹き込むエネルギーになっている」と話すシルバニア大使さん。 「無表情のはずのシルバニアにも、じつはちゃんと喜怒哀楽の表情があります。 撮影はシルバニアに命を吹き込む作業です。 撮り方次第で本当に生きているように見えるので、撮影者の腕の見せどころですね。 今後は、公式をゆるがすほど大人のシルバニアを有名にしたい。 今後も軽快で都合のいい流れを楽しめる作品を目指したいですね」.

次の