冷房 と ドライ の 電気 代。 エアコンの電気代はドライと冷房どっちが安い?|@DIME アットダイム

【冷房・送風・除湿(ドライ)の違いと電力消費量を比較】電気代を節約してエアコンを使う方法

冷房 と ドライ の 電気 代

よく似た質問がたくさんあって、しかも回答がまちまちなので、間違った知識が広がりそうですね。 個人的な思い込みや印象だけで話されているのを聞くと誤解してしまうと思うので、電力会社が調べた結果のページを載せておきます。 東京電力 「冷房」と「除湿」の違いと、上手な使い方 別紙1 まず、ドライには2種類あることを認識してください。 比較的前からある「弱冷房除湿」と、最近搭載機種が多くなった「再熱除湿」です。 同じ設定温度にした場合の、消費電力量の平均は、 弱冷房除湿<冷房<再熱除湿 となります。 すなわち、弱冷房除湿がもっとも電気代が安いということです。 ご質問のドライとは、「弱冷房除湿」でしょうか?それとも「再熱除湿」でしょうか? 取り扱い説明書を読めば書いてあると思いますが、簡単な見分け方は「弱冷房除湿」であれば、吹き出し口から風が吹いているときは基本的に涼しい風で、設定温度に到達すると、吹き出し口からの風が止まります。 「再熱除湿」の場合は、吹き出し口からの風が涼しくありません。 「弱冷房除湿」は、その名の通り、「弱い冷房」です。 冷房との違いは、高出力運転をしない(コンプレッサーの出力を上げすぎない、送風を強くしすぎない)点と、設定温度に到達すると送風を止める点です。 また機種によると、室温が上昇してきて、コンプレッサーを再起動するときに、送風を開始するまでにコンプレッサーのみを回し室内機のエバポレーターを少し冷やしてから送風を開始する機能があります。 これによって、エバポレーターに結露した水分を再蒸発させないようになっています。 一方冷房の場合は、室温と設定温度を出来る限り早く近づけようとするので、高出力運転をします(このときは冷房効率が落ちるので、弱冷房除湿より電気代がかかります)。 早く冷えるのと、高出力のため除湿性能も高いですが、電気代はかかります。 それよりもイマイチなのは、設定温度に到達するとコンプレッサーが停止し、まったく冷えないのに、結露した室内機の中のファンが回り続けて、内部の水分の再蒸発が起こり、湿度が上昇することです。 なので、早く冷やしたい、どうしても弱冷房除湿では部屋が冷えない場合にのみ使うようにしています(私の家のエアコンでは、弱冷房除湿で部屋が冷えないことはないので、冷房モードを使うことはほとんどありません)。 「再熱除湿」は、「弱冷房除湿」で冷えた空気を、排熱で温めて室温の低下を防ぎます。 夏場では、もったいないですね(せっかく冷えたのに)。 排熱を部屋の中に導くため、結局同じ設定温度にしようとすると、室外へ運ぶ熱量が増えるので消費電力が増えます。 「弱冷房除湿」なら「冷房」より電気代は安い。 「再熱除湿」なら「冷房」より電気代は高い。 ちなみに、家にあるパナソニックのエアコン2010年度モデルを見ると、すべての機種に「弱冷房除湿」が付いていますが、「再熱除湿」は半分の機種にしか付いていません。 なので、世の中の一般的な除湿とは、「弱冷房除湿」を指すものと考えた方がよさそうです。

次の

「ドライ」と「冷房」はどっちが電気代安い?エアコンの節約術

冷房 と ドライ の 電気 代

エアコンの「冷房」と「ドライ(除湿)」では、はたしてどちらの方が電気代は安くなるのだろうか。 この記事では、誰もが気になるエアコンの電気代を調べてみた。 【参考】 エアコンの除湿と冷房、どちらが電気代がかかるの? ドライ(除湿)と冷房だと、どちらがより電気代を食ってしまうのか。 そもそもエアコンの除湿機能は、「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2種類にわかれている。 基本的に冷房と同じで、空気が冷やされることで結露した空気中の水分を、液体の水として排出する仕組みだ。 弱冷房除湿は、文字通り弱い冷房をかけることで湿度と温度両方を下げるモードだ。 再熱除湿のほうは、除湿した空気を暖めて放出するので、室温が低下しないメリットがある。 湿気を取り除きたいが、温度は下げたくない場合に利用する。 東京電力が検証したデータによると、電気代は、弱冷房除湿<冷房<再熱除湿の順に高くなっている。 ひとまとめに「ドライなら冷房より電気代が高い(安い)」とは言えず、方式によって違ってくるようだ。 【参考】 エアコンのドライ(除湿)運転にかかる電気代はいくら? エアコンのドライ運転にかかる電気代は、前述のとおり弱冷房除湿と再熱除湿のどちらを採用しているかで変わってくる。 ここからは、一般的な出力2. 8KWのエアコンを使った電気代を、参考までにシミュレーションしていく。 弱冷房除湿:約4. 1円 再熱除湿:約14. 9円 エアコンをドライで1日使った場合の電気代は? エアコンをドライで1日(24時間)稼働させた場合、電気料金は以下となる。 弱冷房除湿:約98. 4円 再熱除湿:約357. 6円 エアコンをドライで1か月使った場合の電気代は? エアコンのドライ運転を1日8時間、1か月間(30日間)稼働させた場合の電気代は以下となる。 弱冷房除湿:約2952円 再熱除湿:約1万728円 ちなみに冷房だと7920円となる。 機種によりばらつきがあるものの、除湿方式が弱冷房除湿のエアコンなら電気代は冷房よりも安く、逆に再熱除湿なら電気代は冷房よりも高くなるようだ。 10年前のエアコンとの電気代の差はどれくらい? 出典:一般社団法人 日本冷凍空調工業会 統計データ エアコンの電気代は10年前の機種と比較すると、どのくらい違うのだろうか。 一般社団法人日本冷凍空調工業会が公開しているデータによると、2019年製のエアコンの1年間の消費電力量は801kWhで、2009年製では849 kWhとなっている。 これを元に電気代を計算すると、10年前より年間約1296円安くなっているようだ。 【参考】 エアコンを安い電気代で使う方法は? 上記のように、エアコンを買い換えても年間で電気代が1000円ちょっとと、それほど大きな節約につながらない場合も多い。 そこで、温度設定や風量の調整など、使い方の工夫で電気代は節約できるのかを見ていこう。 エアコンの設定温度を調節すれば、かなりの節電効果が期待できそうだ。 エアコンの風量を弱くしても電気代は節約できない 一方、エアコンの風量を弱くしても、さほど電気代は安くならない。 ただし、エアコンのスイッチを入れた直後は、風量を強くして一気に室温を調節した方が結果として節電になるようだ。 エアコンをつけっぱなしにすると電気代は上がる? 下がる? 結論から言うと、これは状況によって変わる。 先ほども書いたように、エアコンはスイッチを入れた直後の室温を調節している時に、もっとも電気を多く使う。 したがって、30分程度の短時間の外出の場合には、いったんエアコンを切って帰ってきてから再度スイッチを入れるよりも、つけっぱなしにして温度を一定に保った方が節電になるようだ。 【参考】 エアコンを除湿にしてつけっぱなしにすると電気代は安くなる? 冷房と同じく、短時間の外出であればつけっぱなしのほうが電気代は安くなるケースも多い。 ただし、先にも書いたとおり、再熱除湿は冷房よりも電気代が高くなる。 つけっぱなしにするなら、弱冷房除湿方式なら安く済みそうだ。 一人暮らしの電気代を節約するエアコンの使い方 一人暮らしの場合も、節約テクは上に述べたことと基本は同じだ。 短い外出ならつけっぱなしのほうが電気代の節約につながるし、設定温度は少しでも常温に近いほうがいい。 夏場なら、エアコンと扇風機を併用すれば、設定温度を高めにしても十分涼しさを感じられるだろう。 【参考】 エアコンのドライ運転の電気代を計算してみた 各メーカーのカタログ記載のデータを元に、ドライで運転した時の電気代を参考までに計算してみた。 エアコンの除湿能力は一般社団法人日本冷凍空調工業会が定めている測定条件があり、基本的に各メーカーともこの基準に則したデータをカタログ等に記載している。 その基準は以下のとおり。 電気代は1時間あたり約3. 24円となる。 14畳用の最上位機種で省エネ性能はかなり高い。 〈見出し4〉ドライだけではなく冷房の電気代も安いダイキンのエアコン 「うるさらX」の冷房時の消費電力は790Wで、こちらもほかの製品とくらべてかなり電気代を抑えられる。 電気代は1時間あたり約16. 2円となる。 冷房時の消費電力は540Wとなっている。 先ほどのダイキンの製品と比べるとかなり消費電力が多いのは、ドライモードに再熱除湿方式を採用しているため。 その分、除湿量に関してはこちらの製品の方が多い。 【参考】 三菱重工のエアコンの除湿と冷房の電気代は? やや紛らわしいが、三菱電機と三菱重工は別の企業で、三菱重工のエアコンは「ビーバーエアコン」の愛称で親しまれている。 使用機種は14畳用のSRK40SX2で最上位機種。 電気代は1時間あたり約9. 45円だ。 冷房時の消費電力は900Wとなっている。 【参考】 冷房除湿など3つのドライ運転から選べるパナソニックのエアコン! 電気代は冷房と同程度 パナソニックのエアコン「Eolia」には、室温が下がりにくい「快適除湿モード」、冷房をしながら除湿する「冷房除湿モード」、「衣類乾燥モード」の3つのモードが搭載されている。 メーカーHPによると、快適除湿・冷房除湿の消費電力は冷房と同じとなっている。 ただし、再熱除湿モード、衣類乾燥モードは再熱除湿なので、消費電力は冷房よりも約20%高くなる。 【参考】 使っているエアコンの機種を把握して、電気代を抑えよう 以上、ドライ運転を中心に、エアコンの電気代や節電について解説してきた。 ひとくちに「ドライ」といっても、その方式によって冷房よりも高くついたり、逆に節約になったりもする。 光熱費を節約したい人は、自宅で使っている機種やスペックをまず把握するところから始めよう。 また、買い替えを検討している人は、最後に紹介した商品も参考にして欲しい。 文/ねこリセット.

次の

エアコンの冷房とドライはどちらが電気代かかりますか?

冷房 と ドライ の 電気 代

夏場に多く使うエアコンの機能として、「冷房」のほかに「除湿」があります。 この2つをじょうずに使い分けている方は意外と少ないかもしれません。 実際のところ、電気代はどちらが安いのでしょうか? 結論から言うと、「 除湿のほうが安い場合もあるし、高い場合もある」ということになります。 その理由は、冷房や除湿のしくみの違いにあります。 くわしく解説していきましょう。 エアコンの「冷房」と「除湿(ドライ)」の違いは? エアコンについている「冷房」と「除湿」は、どちらも夏場の室内を快適にしてくれる機能です。 しかし、具体的にどんな違いがあるのでしょうか? 「冷房」は温度を下げる機能 冷房は部屋の温度を下げることを目的とした機能です。 室内機と室外機をつなぐ配管の中を循環する冷媒が熱交換器をとおして室内の熱を奪い、冷えた空気を室内に戻すことで室温を下げます。 空気が冷やされる際には、温度の急激な低下によって飽和した水蒸気が結露水となります。 そして、この結露水がドレンホースをとおって室外へ排出されるしくみです。 室内の空気中の水分(湿気)を排出することになるため、実は 冷房も除湿を兼ねていることになります。 「除湿」は湿度を下げる機能 いっぽうの除湿は、 湿度を下げることを目的とした機能です。 一般的な「弱冷房除湿」は、冷房と同様のしくみで室内の湿度を下げていきます。 ただし、冷房が素早く室温を下げることを目的としているのに対し、除湿は湿度を下げることをいちばんの目的としているため、急激に部屋を冷やさないよう「弱冷房」で運転して湿度を下げます。 エアコンの「除湿(ドライ)」には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2種類がある! 除湿は室内の湿度を下げることをいちばんの目的にした機能なので、本来であれば温度は下げずに湿度だけを下げられればいちばん目的にかなっていることになります。 そこでエアコンの中でもおもに上位機種に搭載されているのが、「再熱除湿」という除湿機能です。 もうひとつの除湿「再熱除湿」とは? 弱冷房除湿は部屋を冷やしながら除湿しますが、 再熱除湿は冷やした空気をエアコン内部であたためなおしてから送風します。 そのため、部屋を冷やさずに室温を保ったまま除湿することができます。 梅雨の時期など湿気が多くまだ肌寒さが残る日は、再熱除湿を行うことで快適な室温のまま除湿ができるでしょう。 また、再熱除湿は弱冷房除湿に比べて除湿量が大きい点もメリットです。 いっぽうで、冷やした空気をあたためなおす必要があるため、より 多くの電力を消費する点はデメリットといえます。 エアコンの「冷房」「弱冷房除湿」「再熱除湿」のうち電気代が安いのはどれ? 冒頭で「 除湿のほうが安い場合もあるし、高い場合もある」と述べました。 すでにピンときている方もいるかも知れませんが、これは除湿に2つの種類があるためです。 では冷房と2つの除湿を比べた場合、電気代がもっとも安くなるのはどの機能なのでしょうか? ズバリ、電気代が安いほうから、• 弱冷房除湿• 再熱除湿 という順番になります。 ただし、弱冷房除湿は電気代が安いというメリットがある半面、部屋の温度を下げてしまうほか除湿量が少ないというデメリットがあります。 いっぽうの再熱除湿は電気代は高くなりますが、肌寒い梅雨の時期に適しているほか湿度を下げたいけれど冷え性で就寝時に室温を下げたくない場合などに重宝するでしょう。 逆に 真夏に再熱除湿を使用すると、室温が下がらないばかりか電気代も高くついてしまうことになるので注意が必要です。 わからない場合は、メーカーに問い合わせてみましょう。 エアコンの「冷房」や「除湿(ドライ)」の電気代は電力会社の切り替えでも節約できる エアコンの冷房と除湿(ドライ)の電気代やそれぞれの違いについて解説しました。 エアコンの除湿機能には2つの種類があるため、冷房と比べてどちらの電気代が安いかは一概には言えません。 まずは自宅で使用しているエアコンの除湿機能が「弱冷房除湿」か「再熱除湿」かを確認したうえで、各機能を適切なシーンで使い分けることが重要です。 また、エアコンに限らず、 電気代は電力会社を切り替えることでも大幅に節約ができます。 自分の家庭の生活スタイルにあった電力会社・電気料金プランを選べば、 同じように電気を使っても電気代を安く抑えることができるでしょう。 夏の電気代が気になる方は、ぜひ電力会社の見直しも検討してみましょう! 電力会社を見直して夏の電気代を節約しよう! 暑い夏を乗り切るためにエアコンは欠かせない存在ですが、それだけに電気代はどうしてもかさんでしまいがち。 そこでおすすめなのが電力会社の見直しです。 電気の使い方にあわせてぴっらりの電気料金プランを選べば、電気代を大幅に節約できる可能性があるんです。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の