ミリねじ。 Dsub(Dサブ)コネクタ ネジの種類と嵌合台(かんごうだい)について

ウイットネジ規格表

ミリねじ

コンピュータ関係では、ネジ部の直径が3mmで、長さが6mmのものがよく使われている。 ネジにはさまざまなサイズや種類があるが、よく使われるものは標準仕様として規格化され、それが国際規格や、各国ごとの国内規格として普及している。 ミリネジは、ISO(国際標準化機構)による「メートル法(SI単位系)」に基づいて規格化されたネジである。 正式名称は「メートルネジ」であるが、ミリ単位のサイズのネジが多いので、一般的にはミリネジと呼ばれることが多い。 またISO規格に基づいているので、ISOネジ(「イソ・ネジ」と読む)と呼ばれることもある。 ミリネジ(メートルネジ)に関する日本国内規格としては、「JIS B0205 メートル並目ねじ(metric coarse screw threads)」と「JIS B0207 メートル細目ねじ(metric fine screw threads)」の2つがある(JIS:日本工業規格)。 この2つはネジ山のピッチ(山と山の間隔)などが異なり、細目の方が並目よりも細かいので、精密な締め付け用途などに向く。 5mmのメートル並目ネジがよく使われている。 コンピュータではこれ以外にもいわゆるインチネジが使われることも多いが、ミリネジとは各部のサイズが異なるので、お互いに流用することはできない。 ミリネジのネジ穴に無理やりインチネジをねじ込むと、ネジ山がつぶれてしまい、二度とミリネジでネジ止めすることができなくなってしまったり、ネジがまったく引っかからなくなってしまったりする。 PC関連では、ミリネジは内蔵のフロッピー・ディスク・ドライブやCD/DVDドライブの取り付けネジとして使われることが多い。 ミリネジ、インチネジ、セルフタッピングネジ これはPCで一般的に使われているネジ。 左から順にミリネジ、インチネジ、セルフタッピングネジ。 それぞれピッチが異なるので代用することはできない。 場所によって使われるネジの種類が違うし、例えばブラケット固定用のネジでも、ケースによってはミリネジだったりインチネジだったりする。 ネジ頭部の形状はさまざまだが、ネジの部分の太さやピッチは規格化され、統一されている。 ミリネジはネジのピッチが細かく、インチネジはピッチが粗いので、2つ並べると簡単に見分けることができる。 区別のために、ISO規格のミリネジには頭部に小さな丸いくぼみ(矢印の先)が付けられることがあるが、何もないミリネジも多い。 右側のセルフタッピングネジは最近ではほとんど使われない。 Copyright C 2000-2007.

次の

Dsub(Dサブ)コネクタ ネジの種類と嵌合台(かんごうだい)について

ミリねじ

ねじの呼び ねじ山数 ピッチ おねじ めねじ 25. 9071 7. 723 6. 561 7. 723 6. 9071 9. 728 8. 566 9. 728 8. 3368 13. 157 11. 445 13. 157 11. 3368 16. 662 14. 95 16. 662 14. 8143 20. 955 18. 631 20. 955 18. 8143 22. 911 20. 587 22. 911 20. 8143 26. 441 24. 117 26. 441 24. 8143 30. 201 27. 877 30. 201 27. 877 G 1 25 11 2. 3091 33. 249 30. 291 33. 249 30. 3091 37. 897 34. 939 37. 897 34. 3091 41. 91 38. 952 41. 91 38. 3091 47. 803 44. 845 47. 803 44. 3091 53. 746 50. 788 53. 746 50. 788 G 2 50 11 2. 3091 59. 614 56. 656 59. 614 56. 3091 65. 71 62. 752 65. 71 62. 3091 75. 184 72. 226 75. 184 72. 3091 81. 534 78. 576 81. 534 78. 576 G 3 75 11 2. 3091 87. 884 84. 926 87. 884 84. 3091 100. 33 97. 372 100. 33 97. 372 G 4 100 11 2. 3091 113. 03 110. 072 113. 03 110. 3091 125. 73 122. 772 125. 73 122. 772 G 5 125 11 2. 3091 138. 43 135. 472 138. 43 135. 3091 151. 13 148. 172 151. 13 148. 172 G 6 150 11 2. 3091 163. 83 160. 872 163. 83 160. 管用 くだよう テーパねじの平行ねじは・・テーパーおねじに平行めねじを組む場合に Rp を使用。 管用平行ねじは、管用平行おねじと管用平行めねじを組み合わせて使い、どちらも記号Gをつけて表示しますが、おねじの場合には等級を表す記号 AまたはB を付けます。 管用 くだよう ねじ・記号呼び 管用ねじとはイギリスのBSPねじの系統で、主として肉厚の薄い管・管用部品、流体機器などの接続や、ねじ部の耐密性を主とした目的に使用されている。 呼びねじ山の角度は55度でピッチは1" 1インチ 約25. 4㎜のなかにある山数で表示されます。 ウイットねじ・記号 W 呼び イギリスでウイットウォースが考案したねじで、山の角度が55度のインチねじ・1968年にJIS規格は廃止されたが、現在も一部業界で使われている。

次の

【楽天市場】FAメカニカル部品 > キャスター > ネジ込み式ゴム車 > ねじ込み式キャスター(ゴム車・ミリねじ):セルフメイド

ミリねじ

DIYや仕事でねじを使う人は、ねじの型番に「 M」や「 UNC」などの記号が記載されているのを見たことがある方もいらっしゃるかと思います。 ねじの型番で「 W」と記載されているものは、ウィットねじ(ぶねじ)と呼ばれています。 ウィットねじは、イギリスで昔使用されていたねじの規格です。 特徴は山の角度が 55度であることです。 ユニファイ( UNC/ UNF)と呼ばれるねじは、ねじ山の角度が 60度になっています。 ウィットねじとユニファイねじは、インチ単位を基準としており、見た目が似ているので見分けるのは難しいです。 1インチ(= 2. 54cm)辺りのねじ山数は同じですが、 2分の 1インチだとウィットねじは 12山、ユニファイねじは 13山と違いがあるのです。 そのため、ウィットとユニファイは使い分けなければいけませんが、融通の利くユニファイの雌ねじの場合、ウィットの雄ねじが入るときがあります。 例えば、「 W1/ 4」と表記されるのです。 規格も正確に決まっており、「 W1/ 4」のねじでは、 1インチ辺りのねじ山数は 20山、 1山辺りのピッチ(長さ)は 1. 27mmなどです。 他にも、雄ねじなら外径や有効径なども決められていますし、六角頭の対辺の長さも決められています。 表記を見れば、自分が使いたいウィットねじのサイズを見分けることができるのです。 例えば、「 W1/ 8」では「 1分」、「 W1/ 4」では「 2分」といいます。 「 W1/ 4」がなぜ「 2分」というのかは、 W1/ 8が 1分と決められているので、約 2倍のピッチである W1/ 4は 2分になるのです。 そのため、 W1/ 8の 3倍のピッチである「 W3/ 8」は「 3分」、 W1/ 8の 4倍のピッチである「 W1/ 2」は「 4分」となります。 ねじには JIS規格が決められており、メートルねじやユニファイねじにも採用されていますが、ウィットねじは 1965年に廃止されています。 しかし、建築現場や水道関係の現場では長年使用されているねじです。 ウィットねじの歴史は古く、 1841年にねじ量産のため、山の角度を 55度にするなどの独自規定が公表されました。 その規格を決めたのが「ウィットウォース(ジョセフ・ホイットワース)」で、「ウィットワースねじ」の規格が英国の国家規格にまで普及しました。 日本には 1857年にウィットウォースが改良したねじ切り用旋盤が輸入されました。 その後もウィットウォースの規格が基準となり、「セラーズねじ」や「インチねじ」と発展していきます。 ウィットねじは、ねじの大量生産を可能にした基準のねじなのです。 ウィットの規格が使用されているねじは、六角ボルトや丸ねじなど多数あります。 また、ウィット専用のねじ切りもあるので、建築現場などで仕事をする人は、ウィットねじの現場での呼び方などを覚えておくと、仕事をスムーズに進めることが期待できます。 また、呼び方を知らなかったり、規格の見方を誤ったりしてしまうと、ねじ穴にねじが合わない可能性があるので注意が必要です。 また、ねじ穴の規格が違うのに、ウィットねじが入る場合もありますが、できれば同じ規格の方が雄ねじと雌ねじの相性はいいのです。 ねじが入っても、ねじ同士がしっかりと接触しておらず、摩擦力が小さくなってしまいます。 また、規格が同じなら、芯がでて強くなりますが、規格が違うと芯がでなくなり接合が弱くなってしまう可能性があるのです。 あくまで、規格が違うねじが入っている状態は、ただ入っているだけの状態なので、頑丈に締結や接合したい場合は、規格を統一することが大切です。 ウィットねじのメリットは、ねじ山が 55度であり、他のねじの規格である 60度よりも鋭利であるところです。 鋭利である分、多少のごみ等がついても締結をしやすいと考えられており、効率が求められる仕事の現場では、未だに使用されているねじの規格なのです。 海外製品に使用されているねじは、メートルねじやユニファイねじが多い傾向にあります。 また、ホームセンターで売られているねじもメートルねじが多いでしょう。 個人で使用する場合には、 JIS規格が決められているメートルやユニファイが手に入りやすくおすすめですが、ウィットねじも一般の方が手に入れやすくなっています。 業務用製品が置いてあるホームセンターも増え、インターネットでもウィットねじの購入がしやすくなったので、気になる方は調べてみると良いでしょう。 ウィットワースの規格が建築現場で使用されている例として、管用ねじにはウィットねじ同様にねじ山が 55度の角度を持っています。 管用ねじは、水道管などの配管類や管用部品を接続・結合する役割があり、「管用平行ねじ」と「管用テーパねじ」があります。 この二つは JIS規格でも、ねじ山が 55度と決められており、ウィットねじの名残があるねじといえるでしょう。 ウィットねじは長い歴史のなかで、ねじの基準となり、いまでもプロの現場で使用されている規格です。 建築業界に関わっていない方は聞き慣れないねじの名前かもしれません。 もし修理などでねじが紛失してしまい、ユニファイねじが合わない場合は、ウィットねじの可能性を疑ってみてはいかがでしょうか。 ウィットねじは、下記のような表記方法をします。 あまりなじみの無い表記なのですが、ミリに換算すると下記のようになります。 ここでは、一般的な読み方も合わせて掲載しておきます。 建築関係の職人さんや、ねじ関連の業者は、こんな呼び方をしています。 4mmになりますので、これを覚えておけば計算で換算することもできます。 受注確認メールまたはFAXをお受けになりましたら、下記のいずれかの方法にてお支払いください。 銀行振り込み 2. 代金引換 3. お取り寄せ商品に関しましては、ご注文いただいてから発送までにお時間をいただく場合がございます。 あらかじめご了承ください。 商品が到着いたしましたら、商品をご確認ください。 ご注文と異なる商品をお届けした場合、または商品不良の場合に限り、ご返品・交換を承ります。 お手数ですが、2週間以内にご連絡、ご返送ください。 送料は弊社負担にて返品・交換させていただきます。

次の