ご了承ください。 ご容赦くださいの意味とは?使い方の例文や類語との使い分けも

ご了承くださいの意味とは

ご了承ください

「ご了承」の使い方と例文 「ご了承ください」は目上の相手に使える尊敬語 「ご了承ください」は先ほども説明したように、尊敬語の「ご」と「承諾する」を意味する「了承」で成り立っている 目上の相手に仕える尊敬語です。 「ご了承ください」は、「 そうかご理解いただき、受け入れてください」というような意味合いのある言葉です。 「ご了承ください」は、まだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して 相手に納得・了解を得るというような場面に使用します。 ご了承ください」を単体で使うと一方的に相手に承諾することを強要するようなニュアンスになる可能性があるため、目上の相手や取引先などに対して使う場合は、「 ご了承願います」「 ご了承くださいますようお願い申し上げます」といった丁寧な表現が適しています。 口語だけではなく、メールやビジネス文書などでもよく使われる表現なので覚えておきたい言い回しです。 例文 「落選の理由についてはお問合せいただいてもお答えいたしかねますのでご了承ください」 「誠に勝手ながら〇月〇日~〇月〇日まで臨時休業とさせてただきます。 ご了承ください」 「イメージ画像となりますので実物と異なる場合があります、ご了承ください」 「地域によっては放送時間が異なりますのでご了承ください」 「先着順でのお渡しになりますのでご了承ください」 「ご了承願います」は承諾をお願いするときに使う 「ご了承願います」は、 尊敬語「ご」+「了承」+「願う」+丁寧語「ます」で成り立っており、 承諾をお願いするという場面で使用する言い回しです。 何かをするさいに、 事前に相手に了承を得たいという場面でお願いする言葉です。 「~ということを先に理解しておいてほしいです」というようなニュアンスです。 「 ご了承のほどお願い申し上げます」「 よろしくご了承ください」というような言い回しもあります。 例文 「数量限定となりますので、予定枚数を終了次第、販売終了になりますことをご了承願います」 「天候によってはスケジュールを変更させていただきますので、ご了承願います」 「物語を盛り上げる為に実話より誇張している場面もありますが、ご了承願います」 「イベント事態中止にさせていただく場合もございますのでご了承のほどお願い申し上げます」 「付け合わせの野菜は日によって異なりますのでよろしくご了承ください」 「予めご了承ください」は前もって承諾してもらう時に使う 「予めご了承ください」は、「 あらかじめごりょうしょうください」と読みます。 「予め」は、「 事に備えて・前もって」という意味のある言葉です。 つまり、「予めご了承ください」は、「ご了承ください」は まだ始まっていないことに理解や納得を求める言葉で、「 前もって理解しておいてください」というようなニュアンスのある言葉ということになります。 「まだ始まっていない」という部分を強調したいときは、「予め」をつけて表現するのが良いでしょう。 例文 「終了予定時刻は変更になる場合がございますので、予めご了承ください」 「場所によっては激しく水しぶきがかかる場合がありますので、予めご了承ください」 「色はランダムとなります、ご自分で選択することはできませんので予めご了承ください」 「ご了承くださいますようお願いします」は丁寧にお願いする 「ご了承いただきますよう」は 尊敬語「ご」+「了承」+「もらう」の謙譲語「いただく」+「〜するように」の丁寧な表現「ますよう」で成り立っています。 相手に要望や申し入れを理解してもらえるよう丁寧にお願いをする場面で使用するのが「ご了承くださいますようお願いします」という言い回しです。 「ご了承いただき」をより丁寧にした表現になります。 例文 「弊社は〇日までお休みをいただきます為、返信がおくれる可能性がございます。 ご了承お願い申しあげます」 「お席に限りがございますので、お待ちいただく可能性があります。 予めご了承くださいますようお願い申し上げます」 「出演メンバーの変更がある場合がございます、ご了承くださいますようお願いも申し上げます」 「ご了承いただけますか」はさらに丁寧な表現 「ご了承いただけますか」は、尊敬語「ご」+「了承」+「もらう」の謙譲語「いただく」+丁寧語「ます」で成り立っています。 事前に相手に了承を得たいときの言い回しとして、かなり丁寧な言い回しにな表現になります。 「ご了承いただけますか」は、「ください」「願います」などのように一方的ではない「いただけますか」と相手に聞いていることから、より丁寧で相手に寄り添った表現となります。 「いただけますか」だと、ニュアンス上断られてしまう場合があるので「承諾してもらわなければならない」というような場面では「願います」を使用するほうが無難です。 例文 「先日相談させていただいた件、ご了承いただけますか」 「イベントの日程についてですが、下記の理由により変更をお願いしたく存じます。 ご了承いただけますか」 「弊社で話し合った結果は添付した資料の通りです。 ご了承いただけますか」 「ご了承いただきありがとうございます」は承諾してもらったことへの感謝 「ご了承いただきありがとうございます」は、 承諾してもらったことへの感謝の気持ちを伝える時に使用される言い回しです。 「ご了承いただき」は、 尊敬語「ご」+「了承」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 」 「ご了承いただき」は「 目上の人から承諾してもらった」という意味です。 つまり、「ご了承いただきありがとうございます」は 目上の相手や顧客から承諾を得た際に使用する言葉です。 目上の人などビジネスシーンで口語にかぎらずメールでも使用できる言い回しです。 例文 「閉店時間の変更にご了承いただき、ありがとうございました」 「この度は、私たちの撮影にご了承いただきありがとうございます」 「こちらの勝手な都合にも関わらず、ご了承いただきありがとうございます」 「了承いたしました」は自分が承諾したときに使う 「了承いたしました」は 自分が承諾したときに使用する言葉です。 相手の依頼や申し出に対して「理解しました・受け入れます」と自分が承諾することを「了承いたしました」と言います。 目上の人などビジネスシーンでは「承知いたしました」や「かしこまりました」を使用するほが無難です。 丁寧な言葉で言い換えていても、ニュアンスによっては使用できない場面がある言い回しもあるということをよく頭にいれておきましょう。 例文 「明後日の懇親会は、現地集合ですね。 「 ご理解」は、「~をすることを理解ください」というように、 始まっていることに対して理解・許しをもらうというニュアンスが強いです。 「 ご容赦」は 謝罪をするような場面で、相手にゆるしてもらうといった意味で使用される言葉です。 「ご容赦」の意味は「許すこと、許容すること」 「ご容赦」は「 ごようしゃ」と読みます。 「ご容赦」は、 「容赦」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「容赦」は「許すこと、許容する」という意味で、「ご容赦ください」は「 過失に対して大目に見て欲しい」という意味が込められます。 「 ご容赦」には、 相手の理解を求めると共に謝罪のニュアンスも含まれます。 例文 「数々のご無礼をどうか、ご容赦ください」 「予定開始時刻を変更することになりましたのでご容赦ください」 「場合によっては返金ができませんのでご容赦ください」 「ご理解」の意味は「内容を飲み込む」 「ご理解」は、「 ごりかい」と読みます。 「ご理解」は、「理解」という言葉に接頭語の「ご」をつけた丁寧な言葉です。 「理解」には「 物事のどおりがわかること・意味・内容を正しく判断する」という意味があります。 つまりご理解は、「内容を飲み込む・理解する」ということを丁寧に言い表した言葉ということです。 例文 「こちらの勝手な都合にも関わらず、ご理解いただきまして誠にありがとうございます」 「本日、道路の修繕工事をおこないます。 利用者のみなさまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解をご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます」 「以下の日程でシステムメンテナンスを実地いたします。 「ご了承」と比較して「ご了解」は、「 理解してください」という意味合いがあるとい点で違いがあります。 「ご承知」は、「 相手の要求を聞き入れる」というニュアンスのある言葉であり、一方の「ご承諾」は「 相手の要求を積極的にひきうける」というニュアンスの違いがあります。 「ご了解」の意味は「相手の事情を汲んだ上で、強く納得し認めること」 「ご了解」は、 「理解」という言葉に 接頭語の「ご」を付けた言葉です。 「了」は、音読みでは「リョウ」、訓読みでは「おわる・さとる」と読みます。 「了」は、「終わりになる」「明らか」「はっきりとさとる」ことを意味しています。 「解」は、音読みでは「カイ」、訓読みでは「とく・ほどく」と読みます。 「解」は、「与えられた問題に対する答え」「意味をとき明かす」ことを意味しています。 「了解」は「 物事の内容や事情を知り、納得すること」「理解すること」といった意味で、多く使用します。 「了解」は、「理解」とほぼ同じ意味で使いますが、「 理解してそれを認める」といったニュアンスも含まれます。 例文 「交通状況によりお時間が前後する可能性がありますのでご理解ください」 「片側通行にご理解いただきましてありがとうございます、お陰様で無事に工事を終えることができました」 「このプロジェクトを成功させるためにも多くのお客様にご理科いただきたいです」 「ご承知」の意味は「相手の要求・依頼を知ること・聞き入れること 「ご承知」は、 「承知」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 相手に自分の申し入れを理解してほしい・受け入れてほしいといた場合に「ご承知」という言葉を使用します。 例文 「ご承知の通り、こちらの店舗は先月より改装工事を行っています」 「ご使用前に必ず取り扱い説明書をお読みいただくことをご承知おき願いたいです。 」 「閉店30分前をラストオーダーとさせていただくことをご承知ください」 「ご承諾」の意味は「相手の要求・依頼などを聞いて、積極的に引き受けること」 「ご承諾」は、「 ごしょうだく」と読みます。 「ご承諾」は、 「承諾」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「承諾」は、「 相手の意見・希望・要求などを聞いて、受け入れること」をいい、「 積極的に引き受ける」というニュアンスが含まれている言葉です。 「ご承諾」は 依頼を引き受けてもらう場面、特に取引や契約を結ぶ際において使われることが多いです。 例文 「こちらの契約内容にご承諾いただけましたら、契約書にサインをお願いいたします」 「お嬢さまとの結婚にご承諾いただきたいです!」 「お客様のご承諾をいただいた上で、作業をさせていただいております」.

次の

「気に障ったらご了承ください」は間違っていませんか?

ご了承ください

原文がないと不公平だと言われましたので再投稿になります。 上に書いたような文章を書いてる方がいたので 「お気に障らせてしまう可能性があるなら、ご了承ください。 ではなくご容赦ください。 ですよ」 とご指摘したら 「どちらも同じだ!お前はその程度もわからないのか!教養がなさすぎる!」 と大変憤慨されていました。 その後、 ご了承ください=納得、受け入れてくださいの意 気に障ったらご了承ください=嫌な気分になっても飲み込んでください。 我慢してね ご容赦ください=大目に見てください。 謝罪 気に障ったらご容赦ください=嫌な気分になったらすいません。 許してください とニュアンスが違いますよ。 と説明しても 「ご了承がなぜ不適切なのか、誤りなのかを具体的に説明していない!」 とご立腹のようで、なかなか伝わりません。。 だんだん自分の方が間違っているのか不安になってきてしまいました。 本当にどちらでもいいのでしょうか?? 自分としてはご了承ください。 ってかなり相手に失礼というか、押し付けている感じがして好ましくないように思うのですが… どちらの主張が正しいのか うまく説明するにはどうすればいいのか ご教授いただければ幸いです。 よろしくお願いします。

次の

「ご了承ください」の意味や使い方は?目上の人に敬語として使っても大丈夫?

ご了承ください

「ご了承」の使い方と例文 「ご了承ください」は目上の相手に使える尊敬語 「ご了承ください」は先ほども説明したように、尊敬語の「ご」と「承諾する」を意味する「了承」で成り立っている 目上の相手に仕える尊敬語です。 「ご了承ください」は、「 そうかご理解いただき、受け入れてください」というような意味合いのある言葉です。 「ご了承ください」は、まだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して 相手に納得・了解を得るというような場面に使用します。 ご了承ください」を単体で使うと一方的に相手に承諾することを強要するようなニュアンスになる可能性があるため、目上の相手や取引先などに対して使う場合は、「 ご了承願います」「 ご了承くださいますようお願い申し上げます」といった丁寧な表現が適しています。 口語だけではなく、メールやビジネス文書などでもよく使われる表現なので覚えておきたい言い回しです。 例文 「落選の理由についてはお問合せいただいてもお答えいたしかねますのでご了承ください」 「誠に勝手ながら〇月〇日~〇月〇日まで臨時休業とさせてただきます。 ご了承ください」 「イメージ画像となりますので実物と異なる場合があります、ご了承ください」 「地域によっては放送時間が異なりますのでご了承ください」 「先着順でのお渡しになりますのでご了承ください」 「ご了承願います」は承諾をお願いするときに使う 「ご了承願います」は、 尊敬語「ご」+「了承」+「願う」+丁寧語「ます」で成り立っており、 承諾をお願いするという場面で使用する言い回しです。 何かをするさいに、 事前に相手に了承を得たいという場面でお願いする言葉です。 「~ということを先に理解しておいてほしいです」というようなニュアンスです。 「 ご了承のほどお願い申し上げます」「 よろしくご了承ください」というような言い回しもあります。 例文 「数量限定となりますので、予定枚数を終了次第、販売終了になりますことをご了承願います」 「天候によってはスケジュールを変更させていただきますので、ご了承願います」 「物語を盛り上げる為に実話より誇張している場面もありますが、ご了承願います」 「イベント事態中止にさせていただく場合もございますのでご了承のほどお願い申し上げます」 「付け合わせの野菜は日によって異なりますのでよろしくご了承ください」 「予めご了承ください」は前もって承諾してもらう時に使う 「予めご了承ください」は、「 あらかじめごりょうしょうください」と読みます。 「予め」は、「 事に備えて・前もって」という意味のある言葉です。 つまり、「予めご了承ください」は、「ご了承ください」は まだ始まっていないことに理解や納得を求める言葉で、「 前もって理解しておいてください」というようなニュアンスのある言葉ということになります。 「まだ始まっていない」という部分を強調したいときは、「予め」をつけて表現するのが良いでしょう。 例文 「終了予定時刻は変更になる場合がございますので、予めご了承ください」 「場所によっては激しく水しぶきがかかる場合がありますので、予めご了承ください」 「色はランダムとなります、ご自分で選択することはできませんので予めご了承ください」 「ご了承くださいますようお願いします」は丁寧にお願いする 「ご了承いただきますよう」は 尊敬語「ご」+「了承」+「もらう」の謙譲語「いただく」+「〜するように」の丁寧な表現「ますよう」で成り立っています。 相手に要望や申し入れを理解してもらえるよう丁寧にお願いをする場面で使用するのが「ご了承くださいますようお願いします」という言い回しです。 「ご了承いただき」をより丁寧にした表現になります。 例文 「弊社は〇日までお休みをいただきます為、返信がおくれる可能性がございます。 ご了承お願い申しあげます」 「お席に限りがございますので、お待ちいただく可能性があります。 予めご了承くださいますようお願い申し上げます」 「出演メンバーの変更がある場合がございます、ご了承くださいますようお願いも申し上げます」 「ご了承いただけますか」はさらに丁寧な表現 「ご了承いただけますか」は、尊敬語「ご」+「了承」+「もらう」の謙譲語「いただく」+丁寧語「ます」で成り立っています。 事前に相手に了承を得たいときの言い回しとして、かなり丁寧な言い回しにな表現になります。 「ご了承いただけますか」は、「ください」「願います」などのように一方的ではない「いただけますか」と相手に聞いていることから、より丁寧で相手に寄り添った表現となります。 「いただけますか」だと、ニュアンス上断られてしまう場合があるので「承諾してもらわなければならない」というような場面では「願います」を使用するほうが無難です。 例文 「先日相談させていただいた件、ご了承いただけますか」 「イベントの日程についてですが、下記の理由により変更をお願いしたく存じます。 ご了承いただけますか」 「弊社で話し合った結果は添付した資料の通りです。 ご了承いただけますか」 「ご了承いただきありがとうございます」は承諾してもらったことへの感謝 「ご了承いただきありがとうございます」は、 承諾してもらったことへの感謝の気持ちを伝える時に使用される言い回しです。 「ご了承いただき」は、 尊敬語「ご」+「了承」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 」 「ご了承いただき」は「 目上の人から承諾してもらった」という意味です。 つまり、「ご了承いただきありがとうございます」は 目上の相手や顧客から承諾を得た際に使用する言葉です。 目上の人などビジネスシーンで口語にかぎらずメールでも使用できる言い回しです。 例文 「閉店時間の変更にご了承いただき、ありがとうございました」 「この度は、私たちの撮影にご了承いただきありがとうございます」 「こちらの勝手な都合にも関わらず、ご了承いただきありがとうございます」 「了承いたしました」は自分が承諾したときに使う 「了承いたしました」は 自分が承諾したときに使用する言葉です。 相手の依頼や申し出に対して「理解しました・受け入れます」と自分が承諾することを「了承いたしました」と言います。 目上の人などビジネスシーンでは「承知いたしました」や「かしこまりました」を使用するほが無難です。 丁寧な言葉で言い換えていても、ニュアンスによっては使用できない場面がある言い回しもあるということをよく頭にいれておきましょう。 例文 「明後日の懇親会は、現地集合ですね。 「 ご理解」は、「~をすることを理解ください」というように、 始まっていることに対して理解・許しをもらうというニュアンスが強いです。 「 ご容赦」は 謝罪をするような場面で、相手にゆるしてもらうといった意味で使用される言葉です。 「ご容赦」の意味は「許すこと、許容すること」 「ご容赦」は「 ごようしゃ」と読みます。 「ご容赦」は、 「容赦」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「容赦」は「許すこと、許容する」という意味で、「ご容赦ください」は「 過失に対して大目に見て欲しい」という意味が込められます。 「 ご容赦」には、 相手の理解を求めると共に謝罪のニュアンスも含まれます。 例文 「数々のご無礼をどうか、ご容赦ください」 「予定開始時刻を変更することになりましたのでご容赦ください」 「場合によっては返金ができませんのでご容赦ください」 「ご理解」の意味は「内容を飲み込む」 「ご理解」は、「 ごりかい」と読みます。 「ご理解」は、「理解」という言葉に接頭語の「ご」をつけた丁寧な言葉です。 「理解」には「 物事のどおりがわかること・意味・内容を正しく判断する」という意味があります。 つまりご理解は、「内容を飲み込む・理解する」ということを丁寧に言い表した言葉ということです。 例文 「こちらの勝手な都合にも関わらず、ご理解いただきまして誠にありがとうございます」 「本日、道路の修繕工事をおこないます。 利用者のみなさまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解をご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます」 「以下の日程でシステムメンテナンスを実地いたします。 「ご了承」と比較して「ご了解」は、「 理解してください」という意味合いがあるとい点で違いがあります。 「ご承知」は、「 相手の要求を聞き入れる」というニュアンスのある言葉であり、一方の「ご承諾」は「 相手の要求を積極的にひきうける」というニュアンスの違いがあります。 「ご了解」の意味は「相手の事情を汲んだ上で、強く納得し認めること」 「ご了解」は、 「理解」という言葉に 接頭語の「ご」を付けた言葉です。 「了」は、音読みでは「リョウ」、訓読みでは「おわる・さとる」と読みます。 「了」は、「終わりになる」「明らか」「はっきりとさとる」ことを意味しています。 「解」は、音読みでは「カイ」、訓読みでは「とく・ほどく」と読みます。 「解」は、「与えられた問題に対する答え」「意味をとき明かす」ことを意味しています。 「了解」は「 物事の内容や事情を知り、納得すること」「理解すること」といった意味で、多く使用します。 「了解」は、「理解」とほぼ同じ意味で使いますが、「 理解してそれを認める」といったニュアンスも含まれます。 例文 「交通状況によりお時間が前後する可能性がありますのでご理解ください」 「片側通行にご理解いただきましてありがとうございます、お陰様で無事に工事を終えることができました」 「このプロジェクトを成功させるためにも多くのお客様にご理科いただきたいです」 「ご承知」の意味は「相手の要求・依頼を知ること・聞き入れること 「ご承知」は、 「承知」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 相手に自分の申し入れを理解してほしい・受け入れてほしいといた場合に「ご承知」という言葉を使用します。 例文 「ご承知の通り、こちらの店舗は先月より改装工事を行っています」 「ご使用前に必ず取り扱い説明書をお読みいただくことをご承知おき願いたいです。 」 「閉店30分前をラストオーダーとさせていただくことをご承知ください」 「ご承諾」の意味は「相手の要求・依頼などを聞いて、積極的に引き受けること」 「ご承諾」は、「 ごしょうだく」と読みます。 「ご承諾」は、 「承諾」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「承諾」は、「 相手の意見・希望・要求などを聞いて、受け入れること」をいい、「 積極的に引き受ける」というニュアンスが含まれている言葉です。 「ご承諾」は 依頼を引き受けてもらう場面、特に取引や契約を結ぶ際において使われることが多いです。 例文 「こちらの契約内容にご承諾いただけましたら、契約書にサインをお願いいたします」 「お嬢さまとの結婚にご承諾いただきたいです!」 「お客様のご承諾をいただいた上で、作業をさせていただいております」.

次の