トランス ジェンダー と は。 トランスジェンダーとは

Xジェンダーとトランスジェンダーの違いとはなんですか?

トランス ジェンダー と は

【トランスジェンダーって?】 ではまずはトランジェンダーとは 何?というのから見ていきましょう。 トランスジェンダーであることは、特定の性的指向を有していることを必要条件としない。 すなわち、トランスジェンダーの人々は異性愛者であったり、同性愛者、両性愛者、全性愛者あるいは無性愛者であったりする可能性がある。 トランスジェンダーの正確な定義は不断の変化を続けているが、次の概念を含む。 トランスジェンダーの人は、通常は特定のジェンダーを連想させるような特徴を持つことがあるが、伝統的なジェンダー連続体のどこか別のところに共感することもある。 あるいはそれの外側に「その他」、「非ジェンダー」または「第三の性」として存在するかも知れない。 また、トランスジェンダーの人々は「バイジェンダー」としてのアイデンティティをもつ可能性もあり、もしくは伝統的なトランスジェンダー連続体や、近年行われてきた詳細な研究に応じて開発された、さらに包括する連続体上のどこかに共感するかもしれない。 和訳としては、「性別越境者」「性別移行者」等が考案されているが、まだ定訳と言えるものはない。 尚、生れながらの性別に従って、生きる多数派(非・トランスジェンダー)の事を「シスジェンダー」と呼ぶ。 Wikipediaより引用 少し難しい表現をしているので わかりずらいところもありますが 要は異性愛者、同性愛者、両性愛者、 全性愛者あるいは無性愛者などを ひっくりめてトランスジェンダー というようですね。 ・マツコ・デラックス 女装家。 男性同性愛者(ゲイ) 家にいるときは普通に男性の服装 している。 男性として男性が好き。 ・クリス松村 男性の格好で心だけ乙女。 見た目は男だけど心は乙女。 トランスジェンダーにも いろんな表現があるってこと ですね。 ちゃん KAB. 私は以前の仕事で夜のスナック等に 営業することが多かったんですが とにかくオネェの方って面白いん ですよねw話のネタが豊富だし 他の人にはない経験しているの 話が深いし、話し上手。 今でこそトランスジェンダーの方も TV出てきたりとか活躍も増えてきて 世間にも認められてきましたが やはりそれでも見えない差別を受けている と思います。 でもこういう方々は誰に 何と言われようと自分の好きな恰好を して、好きな振る舞いをして、 それを貫き通してます。 そこに至るまでは 様々な苦悩や葛藤が絶対あったと思います。 でも、だからこそかっこいいし、 多くの人を惹きつけるんだと思います。 やっぱり自分を貫く生き方って かっこいですよね。

次の

妊娠8カ月の夫のお腹に、妻がキス!? 赤ちゃんを待ちわびるトランスジェンダーカップルにSNS上で祝福の声(FINDERS)

トランス ジェンダー と は

もくじ• まずトランスジェンダーの意味についてですが、Wikipediaによるとトランスジェンダーは以下のように定義されています。 トランスジェンダー(英語 Transgender、ラテン語で「乗り越える」や「逆側に行く」を意味する「トランス」と、英語で「性」を意味する「ジェンダー」の合成語)とは、一般に 常にではない 生まれたときからもっているとされる、伝統的に社会で認識されている役割と同様の規範的な性役割に収まらない傾向を含む、あらゆる個人および行動、グループに当てられる一般用語である。 近年の国際的な人権に関する文書においては世界的に承認された普遍的定義はもたないものの、性同一性が出生時に割当てられた性別と対応しない状態を意味する言葉として用いられる。 (性の4つのファクターについての記事は) このサイトでも紹介している性の4つのファクターで説明をするなら、トランスジェンダーは 「生物学的性」と「性自認」が異なる状態と言えます。 トランスジェンダーとしばしば混同されるのが、 「性同一性障害」(GID)という言葉です。 この2つの言葉を同じ意味だと思っている人も多いと思いますが、厳密に言うと、トランスジェンダーと性同一性障害は異なります。 性同一性障害は以下のように定義されています。 性同一性障害(せいどういつせいしょうがい、英:Gender Identity Disorder, GID)・性別違和は、出生時に割り当てられた性別とは異なる性の自己意識(Gender identity、性同一性)を持つために、自らの身体的性別に持続的な違和感を持ち、自己意識に一致する性別を求め、時には身体的性別を己れの性別の自己意識に近づけるために医療を望むことさえある状態』をいう医学的な疾患名。 やや簡潔に『性同一性(心の性)と身体的性別(身体の性、解剖学的性別)が一致しない状態』とも説明されている。 出典: 上記の定義の最後の方に「医学的な疾患名」という記述があります。 そう、「性同一性障害」というのは 医学的な診断名なのです。 Wikipediaの性同一性障害のページには、以下のような記述もあります。 なので「トランスジェンダー=性同一性障害」ではないのです。 厳密に言えば、トランスジェンダーという言葉が生まれた背景として、Transsexualism(性転換症)が1975年発行のICD9(ICD:やの国際的な統計基準として、 WHO によって公表されている [出典: ])で精神疾患の項目に載ったということがあります。 「トランスジェンダー」は、 当事者が「私たちは精神疾患ではない」という講義の意味を込めて使い始めた言葉なのです。 私のイメージでは、現在はトランスジェンダーは広義の意味を持つ言葉で、性同一性障害はトランスジェンダーの中に含まれるという理解が広まっています。 ですが、そもそも「トランスジェンダー」という言葉が生まれた背景を考えれば、「トランスジェンダー」は当事者側から出てきたもので、「性同一性障害」は当事者を取り巻く周囲から出てきた言葉という決定的な違いがあるように思います。 前章で、性同一性障害が医学的な診断名であることをご説明しましたが、では、トランスジェンダーはどうでしょう?トランスジェンダーも、診断されるものなのでしょうか? 答えはノーです。 トランスジェンダーは当事者側から出てきた言葉であると述べましたが、それはつまり、トランスジェンダーという言葉自体、当事者の自認をベースにしたものであるということですよね。 つまり、「トランスジェンダーである」ということ自体に、外部からの診断は必要ないのです。 ただし、 性別適合手術を望む場合には、医師からの診断が必要になります。 ですが、ここで医師から診断されるのは「性同一性障害である」ということです。 医師からの診断は基本的に本人が望んで病院に行った場合などに下されるので、診断を望まないトランスジェンダーの方は、自分が「トランスジェンダーである」ということを周りから診断される必要はありません。 トランスジェンダーはあくまで本人が自分のセクシュアリティをどう感じているかという「自認」なので、周りが診断するようなことではないのです。 このことも、「トランスジェンダー」と「性同一性障害」の違いの1つであるといえるかもしれませんね。 「トランスジェンダーとは」という話の後に出てくる用語として、MtF、FtMという言葉があります。 これらの意味について、皆さんご存知でしょうか? MtFは、 「Male to Female」の略で、生物学的性が男性、性自認が女性の人のことです。 FtMというのは、 「Female to Male」の略で、生物学的性が女性、性自認が男性の人のことを指します。 本当は、MtXやFtXといった言葉もあるのですが、これらを説明するためには、「Xジェンダーとは何か」についての説明から始めなくてはならないため、ここでは割愛します。 MtF、FtMを図で説明すると以下のようになります。 性同一性障害以外にも、トランスジェンダーと混同されやすい言葉があります。 それは「 トランスセクシュアル」という言葉です。 このトランスセクシュアルという言葉、日本ではまだあまり認知されていないかもしれませんが、海外では比較的認知されています。 トランスセクシュアルとは、トランスジェンダーの中でも、性別適合手術(SRS)を受けた人のことを指す言葉です。 トランスジェンダーの中には、性別適合手術(SRS)を受けることを望まない人もいます。 したがって、トランスジェンダー=トランスセクシュアルということではないのです。 LGBT関連イベントやセミナーなどでしばしば議題にあがるのが、 トランスジェンダーを他のLGBというセクシュアリティと一緒にくくってしまっていいのかという問題です。 LGBTの中で、 LGBは性的指向(どの性別を好きになるか)のマイノリティです。 一方、T(トランスジェンダー)は、 生物学的性と性自認が一致しない点においてのマイノリティです。 「性的少数者」という大枠でくくれば同じように見えるかもしれませんが、性をいくつかの要素に砕いて考えてみると、LGBとTはマイノリティである箇所が違っていることがわかります。 生物学的性と性自認、そして性的指向はそれぞれ別の要素なので、トランスジェンダーでレズビアンということや、トランスジェンダーでバイセクシュアルということもありうるのです。 ちなみにトランスジェンダーレズビアンを図で説明すると以下のようになります。 トランスジェンダーがLGBと一緒に括られることには賛否両論あるかと思いますが、私個人は、セクシュアルマイノリティの権利活動をする際にはある程度必要な部分もあるのではないかと思います。 もちろん、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーというそれぞれのセクシュアリティとして認知度が高まっていくことが望ましいですが、マイノリティの権利活動では、ある程度の人数が活動に賛同していることを見せる必要があります。 そうしなければ、マジョリティから簡単に無視されてしまうからです。 以前に比べれば、日本でのLGBTに関する認知度は高まってはきましたが、それでもまだ「言葉を知っている」程度の人が多く、実際に当事者がどのような困難に直面するのか、LGBT当事者の中でもどれだけの多様性があるかなどについては知らない人が多いです。 そんな今は、セクシュアルマイノリティの権利活動を進めていくためにトランスジェンダーをLGBと一緒にくくり、「LGBT」という言葉を目印にして活動する必要性もあるのだと思います。 そうしてセクシュアルマイノリティの権利活動が進んだ先に、多くの人が今よりトランスジェンダーについて深く知っているのが当たり前の未来が来ればいいなと思います。 LGBのように性的指向の部分がマイノリティである状態と、トランスジェンダーのように生物学的性と性自認が一致しない点においてマイノリティである状態。 マイノリティである要素が異なると、抱える問題も異なります。 例えば、現在よく話題になるのがトランスジェンダーの「 トイレ問題」。 Rainbow Lifeでも誰でも使える多目的トイレを掲載していますが、トイレ問題は私からするととても複雑な問題です。 LGBTについて知識のある方はご存知だと思いますが、 トランスジェンダーの方々は自認する性のトイレに入りにくいと感じるケースが多いです。 これは、見た目の性と本人の自認する性が異なることが多く、周囲が「なぜ男性が女子トイレに入るの?」「なぜ女性が男子トイレにいるの?」のように懐疑的な目でトランスジェンダー当事者を見てしまうことがあるからです。 現在、2020年のオリンピック・パラリンピックの影響もあってか、少しずつ「 誰でもトイレ」などのトイレ施策を考える企業や自治体が増えてきています。 しかし、 それらの施策が様々な場面で物議を醸しているのも事実です。 トランスジェンダーに関して深く知らないストレートは「トランスジェンダーの人たちは人目が気になってトイレに行きづらいらしい。 だったら誰でもトイレを作ろう」と考えてしまいがちです。 ですが、この時点でこの施策は理解のない人からの視線を避けるための施策であって、 「視線」そのものをなくしていくための施策ではないのです。 ハード面の制度やインフラ施策がある程度必要なことも、「視線」を失くすためのソフト面の理解促進が簡単ではないこともわかります。 しかし、 あえてストレート側に焦点を当てて、「トランスジェンダーに対する視線」を失くす施策を取った方が、結果的に双方にメリットがあるのではないか、と思います。 トランスジェンダー特有の問題を考えるはトイレの話題があがりがちですが、 トイレ以外にもトランスジェンダーの方々が直面する問題はたくさんあります。 例えば日本では、 小学校や中学校などに進学するタイミングで男女に分けられることがたくさんあります。 ランドセルの色、更衣室、保健体育の授業、制服など、数えていくとキリがありません。 ランドセルの色に関しては、今はどんどんカラフルなものが発売され、女の子でも水色や茶色のランドセルを背負っているのを目にするようになったので、そういった面では少しはトランスジェンダーの子供の負担が減ったのかなと思っています。 しかし、制服の問題など、根強く残っている問題もまだまだたくさんあります。 トランスジェンダーの方以外でこの記事を読んでいる方は、 自分がどれだけたくさんの場面で「男」「女」としてくくられ、そして自分自身がくくっているか考えてみて下さい。 あるセミナーで、某トランスジェンダーの方が「性同一性障害は社会障害だ」と言っていました。 確かに 世間の理解が進んでいて、それぞれが生きたい性で、生きたいように生きることができれば、性同一性障害当事者が抱える問題は今よりずっと少なくなる。 そう考えると、「性同一性障害」は私たちストレートの理解不足が作りだしている障害でもあります。 性同一性障害を「障害」と呼ぶなら、 その障害は世間が作りだしている障害でもあるのです。 だから、トランスジェンダーでなくても、性同一性障害当事者でなくても、世間の一員なら誰しもがこの障害の当事者であると言えると私は考えています。 それぞれが自分の課題として「性同一性障害」と向き合って考えられるくらい、LGBTやセクシュアルマイノリティの理解が進めば、と心から思います。 LGBTという言葉の認知が高まると共に、 LGBT当事者に配慮する施策を導入する企業が増えています。 LGBの当事者の方でも就職時に困難を感じる方はいらっしゃいますが、 LGBTの中で就活時、就職後ともに最も困難を感じる比率が高いのはトランスジェンダーの方です。 日本の企業ではまだまだ「男女意識」のようなものが根強く残っており、 就活のエントリーシートに「男・女」という選択肢しかなかったり、望む性の服装が許されなかったりします。 スーツの着用が義務化されている企業では、男女どちらの姓のスーツを着るべきか迷うというトランスジェンダーの方もいます。 トランスジェンダーの方の就職時の大変さは知れば知るほど重大な問題です。 現在では、少しずつですがLGBTフレンドリーを目指す企業が増えています。 ゴールデンウィークに行われた東京レインボープライドのフェスタでは、代々木公園にいくつもの企業がブースを出していました。 一方で、LGBT当事者の方からは「ウチの会社はLGBTフレンドリーと言ってはいるけれど中身はまだまだ……」なんて声も出ています。 問題はやはり 現場の理解不足。 企業の人事部やトップだけが理解を示しても、 現場で働く社員の方々が理解してくれないと、当事者の負担はあまり軽くはならないようです。 会社全体でセクシュアルマイノリティ理解を深めるにはどうしたらいいのかを考える必要があります。 また、研修を行ったあともLGBT当事者の方が時間をかけて自分のセクシュアリティと向き合ってきたように、企業も一度研修を受けて終わり、施策を導入して終わり、ではなく、しっかりとLGBTやセクシュアルマイノリティを取り巻く現状と向き合っていくべきなんだと思います。 「LGBTフレンドリー」なんて言わなくてもいいくらい、誰もが働きやすい会社が増えるよう、みんなで話し合って協力していきたいですね。

次の

トランスセクシャルって? トランスジェンダーと何が違うの?

トランス ジェンダー と は

First transgender to shoot with Vs! This make me so happy! 一部の活動家たちは、トランスジェンダーの人々や他の性的少数者は、異性愛者と平等の権利を持つと主張。 また、他の人たちは、たとえばスポーツでは、トランスジェンダーと女性の能力は一様ではないと強調する。 以前には、での成功について語ったトランスジェンダーの女性選手が世間で反響を呼んだことがあった。 以前「スプートニク」は、日本でトランスジェンダーの性別適合手術(去勢手術)が違法だと主張する臼井たかきーとさんから話を聞いたことがある。 は、これまでの人生で直面せざるを得なかったさまざまな問題について、自分の経験を語ってくれた。 ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の