松本 人 志 あざ。 松本人志・指原へのセクハラ発言、フジテレビが“あえて”カットしなかった裏事情

松本人志は性格悪すぎ?仲良い友達や交友関係は?

松本 人 志 あざ

『リンカーン』でダウンタウンさんと初めてお仕事をさせてもらいました。 おふたりの最初の印象は「とにかく面白い」と「圧がすごい」です。 特に番組初期は、現場でのダウンタウンさんの圧力がすごくて、いい意味で緊張感が張り詰めていました。 そんな状況で、毎週スタジオの浜田さんに段取りを説明してカンペを出していたら、番組を離れて以降も他のタレントさんに臆することが一切なくなりました。 ノウハウ以外にも『リンカーン』から貰ったモノのひとつかもしれません。 そして、当たり前ですが、とにかく面白い。 いち視聴者としてももちろんですが、現場で見るダウンタウンはやっぱり圧倒的でした。 ダウンタウンさんの番組には必ず「最後は松本さんが落とすんでしょ? 」という空気があります。 浜田さんが「さあ、松本さん」と振って、松本さんが落とす流れにもっていくし、松本さんもその期待に応えて必ず落とす。 簡単に見えるけれど、ものすごいことです。 さらに、現場で見るからこそわかる、松本さんの打率の高さや手数の多さがあります。 『リンカーン』の定番コーナーだった「リストランテリンカーン」では、美味しくない料理が出てくるのが基本。 おのずと〝不味い表現〞大喜利のような流れになります。 こんな企画のときにはその打率と手数が顕著でした。 他の芸人さんが2、3回発言してオンエアに使える面白い発言が1個だとすると、その間に松本さんは10回発言していて、10個全部が使える発言。 これって実は編集ではバランス良くいろいろな人の発言を使うので、テレビを見ている人にはあまり伝わらないことです。 だからこそ現場では松本さんの打率のすごさをより実感できました。 「リストランテリンカーン」で味の薄いカレーが出てきたとき、ある芸人さんは「これに醤油をかけたい」と言おうとしたそうです。 でも、松本さんが一瞬早く「これにカレーをかけたい」と言いました。 偉そうに松本さんの打率の話をしてきましたが、ご存じの通り、松本人志はアベレージヒッターなんかじゃありません。 飛距離だって圧倒的です。 演者としての能力はもちろんですが、松本さんの構成作家としての能力にも驚かされます。 バラエティ界トップの作家である高須さんでさえ「作家としても松本に勝ったと思えたことがない」とおっしゃっていました。 でも、松本さんはちょっと例外。 例えば、オンエアにこそ至りませんでしたが、『リンカーン』で「あたかもリアクション」という企画がありました。 芸人さんたちが〝あたかも〞そんなことが起こったかのようにリアクションをする選手権モノの企画です。 この企画を行うにあたり、松本さんとの打ち合わせで「これはアリだね」となったネタが以下の2つです。 ひとつは、部屋が突然暗くなり、バースデーケーキが運ばれてくるサプライズのリアクション。 もうひとつは、生き別れた家族が「実は今日スタジオに来ています」というご対面のリアクション。 どちらもイメージし易い〝あるある〞的なシチュエーションです。 でも、打ち合わせ中に「驚きのパターンが近いから、リアクションが同じように見えないか......? 」という意見が誰かから出ました。 言われてみれば、たしかにその通りです。 全員が「これは、どっちかひとつだけかな...... 」と思った瞬間、松本さんが、「バースデーサプライズの方を『部屋に入ったらケーキがある』ってシチュエーションにすれば、自分が入っていくパターンと、向こうから来るパターンで見え方が変わるから、まあ大丈夫やろ」と一言。 それだ! と、その場にいたスタッフ全員が腑に落ちました。 どちらのリアクションも、わかりやすくて是非採用したいネタでしたが、感情のパターンが 似ている……。 それを似た印象にならないように、シチュエーションを少し変えることで違ったモノに見せる発想です。 正直、その発想自体が特別なわけではありません。 時間をかければ僕らでも気づいたかもしれませんが、そこに至るスピードが、ディレクターや作家たち、その場にいた誰よりもずば抜けて速かったことに素直に驚きました。 たくさんの芸人さんと仕事をしてきましたが、こういったスタッフ目線、特に企画ではなく構成の力がある人は本当に特殊です。 こういった作り手としての基礎体力とは逆に、松本さんに突飛な発想があるのはもちろん誰もが知るところです。 純粋にその発想に驚かされたのは、『リンカーン』のロケ企画「大食いキャノンボール」でのこと。 芸人さんたちが2チームに分かれ、バス2台に分乗して高速を移動。 各サービスエリアで販売されているグルメを食べまくるというこの企画は、サービスエリアごとにクジを引いて、1万円と書かれていたらチームで「1万円分食べなければいけない」というルールです。 そして、食べ終えたら次のサービスエリアに行き、最終的に先にゴールしたチームの勝利...... という予定だったのですが、事前の打ち合わせで松本さんが突然、「これをビンゴにしよう」と一言。 当然、スタッフは全員「いったい、急に何を言いだしたんだ? 」という感じです。 松本さんのアイディアは、「数字」の代わりに「サービスエリアで食べたモノ」がマス目に書かれたビンゴゲームを行うというモノでした。 レースはレースで勝敗を決めるところまでありつつ、その後、メンバーたちがTBSに戻ってきたら、ダウンタウンがスタジオで待っていて急きょビンゴ大会がスタート。 ビンゴカードが配られ、司会のダウンタウンから「Bのやきとん! 」といったコールがされます。 そして、その料理を食べた人だけがビンゴの穴を開けられる……という見事な企画です。 元々それだけでやろうとしていたくらいなので、前半の「大食いキャノンボール」部分も、当然普通に楽しめて、さらに、それをフリにしたサプライズの企画が後半にもうひとつある...... というレースとビンゴの二段構えです。 オチも見事だし、二重の構造も出演者や視聴者へのサプライズ感を含めて最高。 個人的には完璧な企画です。 あの「これをビンゴにしよう」の瞬間に立ち会えて本当に幸せでした。 ちなみに、2011年から毎年、千原ジュニアさんと正月旅行をご一緒させてもらっていますが、ジュニアさんが旅行の話を日本に戻ってから番組でするのがとても楽しみです。 なぜなら、旅行で起きたこと、つまりトークの素材を全て知っているからです。 一緒に体験した旅行のあれこれがいったいどういう編集で一本のトークに仕上がるのかを楽しめる......。 それが、実はこの正月旅行の隠れた醍醐味だったりします。 「あれをフリにするのか! 」「あそことあそこを繋げるのか! 」と、トークの達人によるフリ や目線づけで、僕がそれほど面白い出来事と捉えていなかったようなことが、見事なオチに変化していく様を体験できます。 このトークの編集力は、まさにVTRの編集にも通じるものです。 毎回、いち視聴者とは違った目線で楽しみつつ、勉強をさせてもらっています。 千原ジュニアが「話芸のスペシャリスト」であることは誰もが知っていることですが、素材を知っているからこそわかる、その構成力があります。 ジュニアさんもまた稀有な能力の持ち主なのです。 《次回は8月22日(月)更新予定》.

次の

【プチ整形】松本人志の顔腫れてる?ほっぺにヒアルロン酸!?顔変わった画像あり!

松本 人 志 あざ

彼らは何でも好きなことして いいから』 『いったい何なのかわからないけど凄い。 理由は、 どんなに頑張っても彼ら ダウンタウン には勝てない・・という ことを悟ったからだったそうです。 細木数子さん 『あの人たちはココ 床を指差して でやって いるんじゃない。 ちがうところでやっている ような人たち』 宮藤官九郎さん 『自身が天才だとおもうのは松本人志さん。 できれば会わずに一生を終えたい』 森田まさのりさん 『松本人志は面白い。 少なくとも僕にとって は最高の笑いをくれる人である』 どの方も各界を代表する偉人たちからの コメントです。 各々ちがう切り口ですが、 松本さん ダウン タウン の才能が異次元のものだ、という 意味で同じニュアンスの評価をしているの がわかります。 でもとんねるずには木梨憲武がいる』 当時、実際に不仲だったかどうか別として 松本人志は天才という 確かな評価と同業者 としての畏敬の念が感じとれます。 同じ芸人として認めたくないけど認めざるを 得ない・・というような、どこかセピア色の 潔さが漂っていて男らしいです。 【本当にふたりは仲悪いの??】 そもそもダウンタウンとの間にささやか れている不仲説とはいったい何を根拠に しているのでしょう?? ざっくりまとめると、こういうことらしい その昔 といっても1980年代末期 ダウンタウンが東京に進出してくることで 当時人気上昇中だったとんねるずにとっては 彼らが築き上げた神聖な縄張りに立ち入られ ることをよくはおもわなかった・・ 『西のダウンタウン・東のとんねるず』 そういわれていた時代。 この2大巨頭の間に一触即発の空気が漂って いた。 そして、その状況を察してか、決定的な証拠 もないまま業界内、延いてはファンたちの間 でもその噂だけが独り歩きしていったという のが実際のようです。 【ふたりの不仲説の真相は??】 腫れ物に障る状態だったこの不仲説ですが 管理人の結論からいうと この噂はウソ! というよりは 当時の状況から周囲が起こした下衆の勘ぐり コトバ悪い・・ だったとみています。 人気番組 DTDX ダウンタウンデラックス の中で、松本さんが昔、ごっつええ感じの コント用の着ぐるみを着たまま間違えて とんねるずの 『みなさんのおかげでした』 のスタジオに入ってしまったエピソードを 笑いを交えて話していますし ラジオ番組の中で 仕事仲間の 高須光聖さんが、とある飲食店 で食事をしているときにさっそうと 石橋さんが入ってきてビックリしたこと そして、そのエピソードについて松本さんが 『石橋さんてどんな人なんやろう・・?』 と興味津々で耳を傾けています。 あの話し口調からすると、意外にも松本さん は 石橋さんのことをほとんど何も知らないよ うで、未知のものを遠くの壁から覗きこむか のような感じが妙に滑稽でした^^ 彼もどこか石橋さんに対して畏敬の念を抱 いているかのようだったのを覚えています。 このように 松本さん、この10数年の間で、数回に渡り 石橋さん とんねるず のことを話してい るんです。 嫌いだったりタブーだったらふつう話題に 挙げませんよね ただ、松本さんはダウンタウンが東京に進出 した当時を振り返って あのときはみんな 芸人の世界は 真剣の 斬り合いをしているような時代だった。 つまりそれだけ激しい縄張り争いの中で お互いがせめぎ合っている状態だった為 業界自体が殺伐としていたのだ、といい ます。 sponsored link 【松本人志と石橋貴明に共通する哲学】 『何か新しい事をやる時って 何でもいいから頭に来たとき 怒りがエネルギーになるんだよ』 これは石橋貴明さんの言葉です。 一方の松本さんも、お笑いで成功する!と 決意した18歳当初のある夜 寝静まった部屋の隣で何やら父親と母親の 話し声が聞こえ耳をすませていると 『あいつがお笑いの世界で成功できるわけが ない!』と、延々母親にこぼし続けているの を聞いて、実の父親に殺意さえ芽生えたとい います。 そして、そのとき芽生えた激情が 『今にみていろ!』という強烈な野心と なって頑張り続けることができたのだそう です。 同じ芸能界の第一線で活躍し続けながらも 決して交わることのなかったふたりですが、 実は、ここまでの大成功をおさめることが できたモチベーションの源点が同じなんで すね 怒りこそが自らを奮い立たせる原動力になる 怒りや嫉妬なんていう負の感情は、忌み嫌わ れがちですが、ときとしてそれが強い味方と なりえるのかもしれません^^ それにしても・・ この先ちゃんとしたふたりの共演はみられな いのでしょうかね・・ ファンのひとりとしては、ド~ンと冠番組を 持って何か新しいことやってほしいんですが 松本さんと石橋さんに共通する友人として SMAPの 中居正広さんがいますが 彼が仲人になってもらえないかなぁ^^; 中居さんは、松本さんとは ドラマ 『伝説の教師 2000年 』で共演以来 お互いの家を行き来するような仲ですし 石橋さんとは長年続いた音楽バラエティ 『うたばん』がきっかけで やはりプライベートでも電話をかけ合うほど の親交があったはずなので^^ 【内村光良を結婚式に招いた理由とは?】 2009年6月26日、松本さんの結婚式は マスコミ完全シャットアウトの厳戒態勢 の中、身内と吉本のわずかな関係者のみ で行われたそう。 ちなみに会場は 都内の ザ・プリンスパークタワー東京。 blog. jp いったいなぜ? sponsored link その理由をさぐるにはまずふたりの歴史を 振り返る必要があります。 ふたりので出会いはちょうどダウンタウン が大阪から東京に進出してきた直後の 1988年 『夢で逢えたら』の共演が きっかけです。 この頃はまだ、伝説のお笑い番組 『オレたちひょうきん族』が放送されてい た時代。 今、若手芸人の深夜番組でこれほどの 高視聴率を叩き出すものがあるでしょうか。 当時にしておもわなくても異例の大記録 だったことは明らかです。 松本さんは 東京に出たての頃、不慣れからか自身でも 理由がわからないほど東京に対して強い嫌 悪感に襲われていて 都内で車を運転中、関西ナンバーなどを見る と道をゆずってあげたくなるほど地元への ノスタルジーに駆られていたといいます。 そんな半ばアウェーの地でもまれている 最中に出会い、仕事を共にしたのが内村 さんだったのです。 当時のお笑い界はお互い食うか食われる かのサバイバルのような様相を呈していた 時代だったこともあり、唯一関東の人気 芸人の中で心を開けた戦友だったのかも しれません。 ただ気が合うからとか、価値観が似ている からではなく、その時代、そのタイミング で出会った事がお互いの間に何か特別な結 びつきを強めたのでしょうか。 2001年に放送されたラジオの中でも 『 内村さんとは 同期というか、同じ釜の飯 を食うた感じはたしかにあるから』 という発言をしています。 同じ釜の飯を食った つまり同胞として意識していたということ ですね もうひとつ松本さんが内村さんに対して 特別な想いを抱く理由を挙げるとすれば 内村さん自身の人間的な魅力からでは ないでしょうか。 一言でいうと 内村さんという人物は、性根がとても 優しい方なのだそうです。 これは彼と親しい関係者たちも口をそろえ て語っています。 sponsored link たとえば、 ポケットビスケッツ時代 地方のロケ先のとある飲食店で食事を とっていたところ、食べている最中に も関わらず、まわりのお客さん?店主? からサインを求められたそうです。 そのとき一緒にいたウド鈴木さんと千秋 さんは、不快感から丁重にお断りしたそ うですが、それをみた内村さんがそっと 『ファンの方なんだからサインしてあげ なさい』 と、ふたりをたしなめたんだそうです。 また、彼は 絶対に人の悪口をいわないし 聞かされても決してそれに便乗すること なく笑って受け流す人なのだといいます。 『まっちゃん』『うっちゃん』と呼び合う 光景にもその場を独り占めしてしまいたく なるほどの衝動に駆られたそう。 その日、2件目のバーに向かう道すがらも 通行人にその姿を見られたくなかったらし い・・。 しかもそのとき披露したコントの制作時間は わずか3時間だったといいます。 ダウンタウンの松本人志さん ウッチャンナンチャンの内村光良さん 激動の時代をともに肩で風切って駆け抜け てきたふたりは、いつもベタベタそばにいる わけではないけれど いざというときにサッと手を差し伸べるよう な男らしい絆で結ばれているのでしょうね。

次の

ダイノジ大谷さんが語る松本人志さん著『遺書』の嘘

松本 人 志 あざ

Contents• 2009年5月、松本人志さんは元タレントの伊原凛さんと結婚。 同年6月に芝公園のザ・プリンス パークタワー東京で結婚披露宴を行い、同年10月に長女となるてらちゃんが誕生しました。 てらちゃんは2009年に生まれているので、2018年10月現在、 9歳で 小学3年生ですね。 元々結婚するつもりだったのでできちゃった結婚ではないと否定しています。 結婚して落ち着くイメージのなかった松本人志さんが結婚したということで当時話題になりました。 ちなみに、伊原さんの妊娠が発覚したのは、伊原さんが 自動車事故に遭遇したことがきっかけ。 伊原さんが乗っていたタクシーが事故に巻き込まれ、事故は大したものではなかったのですが伊原さんは念のため病院で検査を受けることになりました。 妊娠をしているとレントゲンが撮れないので、念のため検査しましょうということに。 そして、検査をしたところ、なんと 妊娠が発覚したんです。 お名前の由来は「地球の別名」からとったそうです。 ローマ神話に登場する大地の女神の名前またはラテン語 terra で「大地」や「自然」を意味するそうです。 てらちゃんは、幼稚園は都内の インターナショナルスクールに通っていたという噂があります。 ここは、木村拓哉さんと工藤静香さん夫婦のお子様も通っていた学校で、年間200万円以上費用がかかる超エリート学校です。 インターナショナルスクールは4歳から14歳まで通うことが出来るそうですが、小学校に上がる頃には別の学校に変わったのか、そのまま継続してインターナショナルスクールに通っているのかは定かではありません。 ちなみに2014年頃、てらちゃんが5歳の時、松本人志さんが髪型を 銀髪に変えた時期がありました。 その理由は実は娘さんだったのです。 白髪 腹立つからこんなんしたった。 松本人志さん本人は白髪が腹立つから銀髪にしたとも言っています。 出典元: かっこいいですが、表情も相まってすごくいかつく見えますね。 てらちゃんのかわいすぎる顔画像は? さぁ、そんな松本人志さんの娘さん・てらちゃんですが一体どんな姿をしているのでしょうか? ご両親2人とも、芸能界で生きてきた方なので華もあり、娘さんにも期待が高まります。 また、母親である伊原凛さんは父親が日本人で母親が韓国人の ハーフですので、その娘である、てらちゃんは クオーターということになります。 先日歌手を引退した安室奈美恵さんは日本人とイタリア系アメリカ人のクオーターだそうです。 他にも仲里依紗さんや満島ひかりさん、男性だと速水もこみちさんもクオーターだそうで、やはり純日本人よりも目鼻立ちがハッキリして美人に見えるのでしょうか。 ネット上で出回っている、松本人志さんの娘さんと思われる画像がこちらです。 出典: こちらも噂されている画像です。 子供とは思えない、なんとも大人っぽい表情の写真ですね。 以上の2枚の画像がてらちゃんとして紹介されていますが、松本人志さんがこの画像を見た時、 「見たこともない子供だった」ときっぱり否定しています。 最初の画像の女の子は、目元が松本さんに似ている気がするので間違って広がっちゃったということなんでしょうね。 2枚目の女の子は、松本さんよりも伊原さんに似ている気がします。 どちらにしても、1枚目の女の子と2枚目の女の子はあんまり似ていない感じがしますし、松本さん本人が否定しています。 松本人志さんのツイッターなどでも、娘さんの画像を公開していないので、どうやら本当にただの噂のようですね。 溺愛エピソードについても! そんな最愛の一人娘に対する松本人志さんの 溺愛エピソードをいくつかご紹介します。 実は松本人志さん、昔は子供のことがあまり好きではなかったらしく 「子供なんていらない」と思っていた時もあったそうです。 子供の性別がまだ判明していない時期に赤ちゃん用のお洋服を男の子用と女の子用の 2セット買い揃えたことや、読み聞かせの為に都内の本屋で絵本を 100冊以上購入したという噂もあります。 生まれてくる前から親バカっぷりを発揮していたようで、なんだかかわいいですね。 松本人志さんが着ていた高価な革ジャンに、てらちゃんが吐いてしまった時も、 「ゲロゲロできましたね〜」とてらちゃんを介抱。 革ジャンそっちのけでの介抱は、元子供嫌いとは思えないほどの良いパパぶりですよね。 他にも、 『てらちゃんの写メを後輩芸人に見せてまわる』 『口にキスしたいけど虫歯が移るから出来ないと悩む』 『てらちゃんにねだられて鉄棒で逆上がりをしたら脇腹を痛める』 『てらちゃんと一緒に白雪姫ごっこ』 など微笑ましい溺愛エピソードがたくさんあります。 普段テレビで見ている松本人志さんからは想像も出来ないお話ばかりですね! ちなみに、現在はお子様はてらちゃんの1人だけですが、どうやら2人目の噂も上がっているようです。 松本人志さんもお兄さんとお姉さんがおり、3人兄弟の末っ子なので、てらちゃんの為にも弟か妹を、と考えているのでしょうか? てらちゃんも、もう9歳なので早すぎるということもなさそうですが..。 松本人志さん本人から2人目を示唆するような発言は出ていないようなので、こちらも単なる噂のようです。

次の