お 掃除 フランチャイズ 成功。 お掃除やハウスクリーニングで独立開業を考えている人に、現役掃除屋から…

おそうじ本舗のフランチャイズ経営の口コミ評判

お 掃除 フランチャイズ 成功

年末になると大掃除をしなければいけない理由 師走を迎えると、大掃除をしなければと部屋の中を見渡し、お掃除計画を立てる人も少なくないでしょう。 テレビでは洗剤やお掃除に関するCMが多く流れ、お店ではお掃除に関するアイテムのコーナーなどができて、いつも以上にたくさん売られています。 当然、お掃除業界の我々も一年で最も忙しい時期になります。 ただでさえ忙しくなる年末に大掃除をするのは、日本特有の行事のようです。 神社では、すす払いを行い、お正月の神様を迎える準備をするのが年末の風物詩になっています。 一般家庭では、いつもより丁寧に細部にわたってお掃除を行い、過ぎようとする一年に感謝しながら、次にやってくる新しい年が良い一年になるように願いながら大掃除をしたいですね。 季節的に寒いので、窓拭きや庭掃除、家の外壁のお掃除など、気合が必要な箇所もありますが、福が逃げていかないようにいつもより少しキレイにするつもりで行いましょう。 そのためには、大掃除のコツを掴んで、準備をすることが大切です。 気合だけでもある程度はキレイになりますが、最後までテンションが下がらないように工夫しながら大掃除に取りかかりましょう。 そもそも本来の大掃除は12月13日に行われていたという説もあるようです。 でも、仕事や家事、育児に忙しい中での大掃除は、自分のライフスタイルに合ったプランで行いましょう。 キレイになったお部屋で新年が気持ちよく迎えられれば大丈夫です。 大掃除の基本 いつも以上にキレイに家をお掃除しようと思うと、いつもは目に付かない色々なところに目が行くものです。 あそこもここも気になり、どこから手を付けていいのか分からなくなります。 まずは、お掃除に必要な洗剤やホウキなど、お掃除アイテムを揃えて効率のいいお掃除の仕方を覚えてください。 その後、大掃除プランを立てて実行してください。 くれぐれも大掃除中にケガをしないように気を付けてくださいね。 「上から下へ」、「奥から入口へ」。 これはプロが行うお掃除の原則です。 ホコリが舞い、ゴミが出るお掃除は、順番を間違えると手間が増えてしまいます。 お掃除の順番の基本は、「上から下へ」、「奥から入口へ」です。 例えば、三階建ての家の場合は、三階から二階、一階へと掃除をします。 部屋であれば、天井のホコリを払い、壁、その後天井からぶら下がる照明器具をキレイにして、家具に手をつけます。 そして、最後に床をお掃除しましょう。 つまり、ホコリは 「上から下へ」と落ちるものなので、ホコリが落ちるルートでお掃除をしていくのです。 「奥から入口へ」というのは、入口から遠いところからお掃除を始めます。 子供部屋、寝室、リビング、ダイニング、そしてキッチン、玄関といった順番です。 汚れを外へ出すようなルートでお掃除を進めていけば、同じ箇所を何回も汚すような二度手間は発生しません。 大掃除を成功させる8つのポイント 大掃除に時間がかかってしまい、新年の準備がおぼつかないなんてことにならないよう、大掃除の順番のポイントをチェックしましょう。 掃除内容も一緒に考えてくださいね。 お子さんがいる場合は、一緒に考えると良いでしょう。 一人でやるにしても家族で協力するにしても、大事なのは終わった後の「ご褒美」を決めておくということです。 最初に要らない物を捨ててしまいましょう。 また、動かせる家具は動かして、部屋をスッキリさせてからお掃除を始めます。 カーテンもお掃除の前に外して、丸洗いできる物であれば洗濯機に入れて、このタイミングで洗っておきましょう。 例えば、洗面所、鏡、蛇口などの狭い場所はキレイになると、利用する度に達成感を感じられます。 次から次へお掃除したくなる衝動を駆り立てる作戦です。 ただし、窓ガラスは太陽光が強すぎると乱反射して拭き残しが出やすいので、冬であれば午前8時~11時がベストです。 一日の予定が中途半端にならないように、早めにスタートしましょう。 お掃除の前に、使用する掃除道具はあらかじめ準備しておきましょう。 年末年始は何かと物入りなので、100円ショップの掃除アイテムなどを活用して節約しましょう。 大掃除を行う際の注意点 大掃除では、いつもやっているお掃除とは要領が違ってきます。 やたら掃除道具が多かったり、奥に仕舞ってあった物を引っ張り出してきたり、部屋の中が雑然とします。 物につまずいたりぶつかったりして、ケガをすることがないように注意してくださいね。 家族や何人かでお掃除する場合、人と人がぶつかったり、足を踏んだりなど、お掃除に夢中になってしまいアクシデントが起きないように、各々が気を付けましょう。 無理に高いところにある物を下ろそうとして、下に落としてしまっては本末転倒です。 周りに人がいるのであれば、協力を仰いだり誰かサポートしてくれそうな人がいたら、手伝ってもらいましょう。 いつも以上に足元に気を配って、つまずいたりしないようにしてくださいね。 大切な物を踏んだり、割ったりなどもしないように注意してください。 浴室をお掃除する場合は、バスタブの中、洗い場の状態にくれぐれも気を付けましょう。 洗剤をよく見ないで間違えて使ったり、混ぜたりすることがないように注意が必要です。 説明書をよく読んで、指示を守ってください。 また、面倒かもしれませんが、お掃除中はビニール手袋をはめて、終わった後はしっかりハンドクリームで保湿しましょう。 手肌のケアも忘れないようにしてくださいね。

次の

お掃除やハウスクリーニングで独立開業を考えている人に、現役掃除屋から…

お 掃除 フランチャイズ 成功

サービス・商品 作り直し フランチャイズチェーン(FC)運営の老舗、ダスキンの山村輝治社長が事業モデルの大胆な作り直しに取り組んでいる。 掃除、ドーナツ共に消費者のニーズが変化しているのにもかかわらず、強い成功体験が意識改革を拒んでいる。 そんな危機感から社内や加盟店に、従来の手法などを踏襲する考え方の一掃を指示し続ける。 「お客様を基点」に、商品一つ一つの仕様にまで目を凝らす。 「来年には設立50周年を迎えます。 『日本中の埃(ほこり)を集めたい』という使命感を持ち続けることで事業は大きくなりました。 しかし、今も世の中の変化は激しい。 どうやって追いついていくのか真剣に考え続けねばなりません」 「例えばクリーン事業では、各家庭に出向いてモップやマットを説明する訪問営業が我が社の強みです。 しかし、今のマンションはセキュリティーが厳しく、一戸一戸に営業活動するのが難しくなりました。 また、説明を受けることを煩わしく思われる消費者もいらっしゃいます。 「今後はネットで注文を受けてモップなどを届け、使用後の汚れたものは宅配便などで送り返してもらうといった仕組みも必要になるはずです。 現在、東京都心で実験中です。 「アトピーやぜんそくへの関心が高まり、空間をきれいにしたいというニーズは従来以上に拡大しています。 市場には追い風が吹いているといえるでしょう。 でも、今やダスキンの商品・サービスの単品の良さを丁寧に説明して『とにかく使ってください』とお願いするだけでは、お客様の要求を満たせません」 「インテリアや室内空間の生かし方など、掃除以外のことで提案ができる力が必要です。 「ホコリをよく取る機能こそが商品力と思っていましたが、実際はそれだけでは足りません。 モップをどこに置くかとか、色やデザイン性にも気を配ることが大切です。 リビングの隅に置いても邪魔にならない自立型のモップと集じん機は爆発的にヒットしました。 モップの色は従来の紫だけでなく、ワインレッドもそろえました。 「おいしければいい、というわけにいかないのが難しいところです。 1年ほど前に売り出した焼きドーナツは、お客様から見るとすこし小さく感じられ、割高にみられたようで苦戦しました。 しかし新製品なので陳列ケースの多くを占め、従来品の品ぞろえを減らさざるをえなかった。 結果的に固定客を逃してしまいました」 「売り場にバラエティー感を出すため、話題性のある商品も毎月5種類くらい展開しました。 「中期経営計画(3年)の旗を2年で降ろしました。 仕切り直しです。 改めて定番品を強化します。 『ミスタードーナツ』の事業を始めて約40年になりますが、実は粉も油も全く変えていない商品がありました。 果たしてそれがいいことでしょうか。 味を守ることも大事ですが、お客さんの嗜好や舌の感覚は変わります」 「一方、油を変えたのに粉はそのままの商品もありました。 油に合う粉を探してこなかったのです。 「今は朝食需要を取り込めていません。 そこを狙いたいですね。 前日に買って、翌朝でもおいしいドーナツを提供できないかと考えています」 「新たな立地戦略も重要です。 お客様、特に女性の動線に合った場所に店を持たねばなりません。 例えば駅です。 わずか約16平方メートルの店が月に400万円も売ることがあります。 「社長になって2年ほど『このままでいいのか』と考え続けました。 会社全体に強い成功体験があるので、変わろうとする意識が弱いと思います。 まずは、お客様を基点に何が便利なのか、何がおいしいのかをもう一度、考え直さないといけません。 現状を否定できるのは社長だけです」 業績データから 海外事業育成も課題 ダスキンの2012年3月期は連結売上高が前の期比3%減の1711億円、純利益は13%減の45億円だった。 売上高の7割を占めるクリーン事業は法人向けモップなどが伸び悩んだ。 ミスタードーナツも昨夏投入した焼きドーナツ「焼きド」の売り上げが当初見込みの半分と苦戦するなど、商品政策がやや迷走した。 13年3月期は6期ぶりの増収を見込む。 カギを握るのがドーナツ事業のテコ入れ。 駅ナカ中心の出店と定番品強化で立て直しを図る。 ただ、ドーナツ以外にも事業の見直しが急がれる外食業態は残る。 主力のクリーン事業は製造業の工場の海外移転も響き減収が続きそうだ。 加盟店では経営者の高齢化に伴う後継者問題も浮上している。 国内の成長余地が狭まるなか、現在は売上高の1割に満たない海外事業の育成が重要な課題となる。 (山田和馬) やまむら・てるじ 1957年(昭32年)大阪府生まれ。 79年大阪体育大体育卒。 小学校教員を経て82年ダスキン入社。 2004年取締役、09年社長。 学生時代は卓球に打ち込み、ダスキン入社も女子卓球部のコーチとしてというユニークな経歴を持つ。 現在卓球は「封印中」だが、週末はジョギングに汗を流す。

次の

おそうじ革命/株式会社 KIREI produceの独立開業情報|独立・開業・フランチャイズ募集の【アントレ】

お 掃除 フランチャイズ 成功

失敗しないフランチャイズ経営なら「おそうじ本舗」がオススメ!• 全国で 知名度が高いから集客効果も高い• 実店舗がいらない、人件費をかけずに店舗運営ができる• まずはお掃除フランチャイズに対する、良い評判から紹介していきましょう。 フランチャイズ本部のブランド名があれば安心 「個人で一から開業するのは厳しそうですが、フランチャイズ本部のブランド名があれば、お客さんも安心して依頼してくれると思います。 費用が高いのが難点ですが、きちんとしたスキルやノウハウを教えてもらえることを考えれば、仕方ないことだとも思います」 お掃除の仕事は、参入障壁が低くなっています。 悪い言い方をすれば、誰でも始められるため、お客さんも知名度のない業者に依頼するのをためらうかもしれません。 その点、知名度の高いフランチャイズ本部に加盟すれば、お客さんも安心して依頼する可能性は高いと言えるでしょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 専門的な知識や特殊な技術を教えてもらえる 「フランチャイズに加盟すれば、 専門的な知識や特殊な技術がなくても、研修で教えてもらえるので安心して働き始められます」 業界未経験の個人が一から開業する場合、お掃除の業務知識を独学で覚えなければなりません。 その点フランチャイズに加盟すれば、研修で業務知識をしっかり教えてもらえるため、安心だと言えるでしょう。 個人で看板を持つのは厳しいから 「フランチャイズ本部に加盟するには、加盟金やロイヤリティがかかりますが、開業支援や看板を貸してもらえることを考えると金額は妥当なのだと思います。 知名度の高い業者もありますから、個人で一から開業するには、事業が軌道に乗るまでに時間がかかりすぎてしまいます」 「ハウスクリーニングは新規参入も増えていきそうですし、個人の看板でできる時代ではなくなると思います」 おそうじ本舗やダスキンなど、お掃除業界にはすでに有名な企業がいくつかあります。 こうした有名企業と個人の看板で戦うのは、分が悪いと言えるでしょう。 その点フランチャイズに加盟すれば、有名企業の看板を借りられるため、こうした心配もいりません。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 お掃除フランチャイズの悪い評判 ここまでお掃除フランチャイズの良い評判について紹介してきましたが、なかには悪い評判もあります。 ここではお掃除フランチャイズの悪い評判につい て、紹介していきましょう。 売上のモデルケースはあくまで一部 「インターネットでは、 高い利益を上げている加盟者が紹介されているが、あれはあくまで一部。 全員がそうなるわけではないから、鵜呑みにするのは危険」 「お掃除のフランチャイズ本部の資料に収支モデルが掲載されていましたが、実現するのは決して簡単なことではないはず」 お掃除フランチャイズの資料やホームページに記載されている高収益モデルは、あくまで一例です。 フランチャイズに加盟したからといって、加盟者全員が高利益を達成できるわけではありません。 しかし実際に高利益を上げている人がいる以上、実現不可能というわけでもありません。 やり方次第では高利益を上げることも、決して夢ではないはずです。 体力面や精神面が心配 「 お掃除は体力勝負な面があるので、覚悟が必要です。 年末や春の引越しシーズンは、休む暇もなさそうです」 「実際に仕事をすると、自分で思っていた以上に体力や精神力を使いそうなので不安です。 最近は遺品整理など、精神的にきつそうな仕事の依頼も増えているようですから」 お掃除は肉体労働ですから、最低限の体力は必要です。 体力に自信がないという人は、開業する前に体力をつけるトレーニングをしたほうがいいかもしれません。 作業単価が安いから売上を上げるのは大変そう 「お掃除の仕事は単価が安いから、売上もそこまで見込めません。 ロイヤリティを支払ってまでやるものではないと思います」 フランチャイズに加盟すると、看板を借りるかわりに、本部に毎月ロイヤリティを支払わなければなりません。 確かにお掃除の仕事の単価は高くありませんが、実店舗がいらず、仕入れコストもかからないぶん、経費が安く済むというメリットもあります。 経費が安く済むぶん、ロイヤリティがそこまで負担にならないのも、お掃除フランチャイズのメリットです。 それでもロイヤリティを支払いたくないという場合は、個人で開業したほうがいいでしょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 お掃除フランチャイズで成功するための3つのコツ ここまでお掃除フランチャイズの評判を紹介してきましたが、悪い評判にもあったように、高利益を上げるのは決して簡単なことではありません。 では、お掃除フランチャイズで成功するためには、どうすればいいのでしょうか? ここでは、お掃除フランチャイズで成功するための3つのコツについて紹介していきます。 地域住民との関係を大事にする お掃除のフランチャイズでは、自分の店の管轄エリアがある程度決まっています。 仕事の依頼をしてくれるのは、管轄エリアの地域住民です。 そのため お掃除フランチャイズで成功するためには、管轄エリアの地域住民との関係性が大切です。 地域住民との関係は、積極的に作っていくようにしましょう。 開業したら、地域住民の家を回って、あいさつするのがおすすめです。 具体的には、「お掃除の仕事をしているので、困ったことがあれば、ご相談ください」と言って、チラシを渡すといいでしょう。 感じの良い人だと思ってもらえれば、何かあった時に依頼してもらえる確率が高くなります。 リピーターを獲得する 何の商売でも、成功するためには、リピーターの獲得が重要です。 お掃除フランチャイズのお客さんは、一度気に入れば、同じ業者に依頼するという人が多くなっています。 そのため初めてのお客さんから依頼があったら、リピーターになってもらえるように努めましょう。 真面目な仕事ぶりはもちろんのこと、誠実な人柄や礼儀正しさがあれば、お客さんに気に入ってもらえる確率は高いと言えるでしょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 3. 法人との契約も積極的に狙っていく 地域住民との絆も重要ですが、それだけでは高収益を上げるのは難しいかもしれません。 高収益を上げるためには、大口の契約も必要です。 そこで狙いたいのが、法人との契約です。 法人との業務委託契約を結べば、安定して大きな仕事がもらえます。 特に不動産業者やビル清掃などであれば、大きな売上が見込めます。 こうした法人へは、積極的に営業していきましょう。 個人開業の場合、大きな法人の仕事をとるのは難しいかもしれませんが、知名度の高いフランチャイズに加盟すれば、それだけで相手にしてもらいやすくなります。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 まとめ お掃除フランチャイズに対する評判は、良いものも悪いものもあります。 フランチャイズに加盟したからといって、成功が約束されたわけではありません。 なかには当然、うまくいかずに撤退していった加盟者もいるでしょう。 だからこそ、お掃除フランチャイズに加盟しても、成功するための施策が必要です。 お掃除フランチャイズで成功するコツは、以下の3点です。 地域住民との関係を大事にする• リピーターを獲得する• 法人との契約も積極的に狙っていく この3点を意識して仕事をすれば、成功する期待も充分持てると言えるでしょう。

次の