おしっこ 茶色。 黄色じゃないのは異常のサイン? 尿の色でわかる健康状態

黄色じゃないのは異常のサイン? 尿の色でわかる健康状態

おしっこ 茶色

尿といえば腎臓? 尿の異常と聞くと、腎臓の疾患だと思いがちですが、 尿の色は肝機能による影響が大きいと言われています。 尿の色が濃いからといって必ずしも肝機能障害があるというわけではありませんが、肝臓は「沈黙の臓器」とも言われており、気づいた時には病気が進行しているというケースも多い臓器ですので注意が必要です。 肝臓の働き 肝臓は、栄養分の代謝・解毒・胆汁の生産などの働きがあります。 人体最大の臓器で個人差がありますが、成人であれば重量にして1kg前後もある大きい臓器です。 再生能力が強く、一部の機能障害も残りの細胞で補うことができる有能な器官です。 しかし、病気が進行してもなかなか自覚症状が現れにくいという特徴もあります。 尿の色が濃くなる原因 尿の色は、肝臓で作られる胆汁に含まれるピリルビンと呼ばれる色素により変わります。 昼間は定期的に水分を摂取しますが、夜寝ている時は水分を摂取できません。 汗をかいて水分が不足している状態にもなります。 朝起きて一番の尿の色が濃いのはこのような理由が多いのです。 運動した後に濃い尿が出るのも同じ理由です。 服用した薬や食品に含まれる着色料により変わり場合もあります。 一過性の色素の高濃度が原因であれば、しっかり水分補給をすれば元にもどります。 それでも通常の色にもどらない場合は 病気のサインと考えられます。 尿の色が濃くなる病気には、急性肝炎・脂肪肝などがあります。 病気が進行し、がんや肝硬変になっている可能性もあります。 肝臓は解毒機能を持つため、アルコールを大量に摂取する生活をしている方は特にサインを見逃さないよう注意しましょう。 尿が濃くなる病気 急性肝炎 肝炎ウイルスの感染が原因で肝機能障害を起こす病気で、A・B・C・D・E型があります。 日本ではA・B・C型がほとんどです。 A・B型は一過性で、きちんと治療を行えば治ります。 C型は慢性化することが多く、インターフェロン療法が必要となります。 インターフェロンとは病原体や異物が体内に侵入してきた時に反応する蛋白質でC型肝炎の治療の特効薬とされていますが、副作用は避けられない治療法です。 脂肪肝 肝臓に中性脂肪が蓄積され、全肝細胞の30%以上を占めた状態を脂肪肝といい、 アルコール性脂肪肝と 非アルコール性脂肪肝に大別されます。 アルコール性脂肪肝は、アルコールの大量摂取などが原因で解毒作用に支障をきたし、肝臓に中性脂肪がたまった状態です。 アルコールを控え、肝臓を休ませてあげることが大切です。 非アルコール性脂肪肝は、肥満や糖尿病の方などでアルコールを多く摂取していない方で肝臓に中性脂肪がたまった状態です。 肝臓の病気というとアルコール摂取が原因というイメージがありますが、 アルコールを摂取しない方でもこのような病気になる可能性は十分あるのです。 しっかり運動をし、不規則な食生活を改善することが大切です。 どちらにしても自覚症状はなく、気づいた時には脂肪性肝炎・肝硬変・肝がんなどに進行している場合もあります。 肝硬変や肝がんへと進行している場合は手遅れで、肝臓は再生できませんが、早期発見できた場合は肝臓の再生能力により十分治せる病気です。 濃い尿が気になる場合は迷わず内科を受診し、生活を見直しましょう。 また、他の尿の異常としては、 血尿が多く問題になります。 いろいろな隠れた病気が原因になっている可能性があります。 「沈黙の臓器」といわれる肝臓は、強い再生能力で体を支えてくれていますが、気づいたら手遅れとなる危険性も持ち合わせています。 定期健診を受けたり、肝臓に無理のない生活をこころがけ、肝臓の小さなサインを見逃さず、早期治療につなげていきたいものです。 また、尿が濃くなることにより茶色になってしまう原因はこちらで詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考:.

次の

尿の臭いが変な時の病気とは。こういう時は要注意!

おしっこ 茶色

尿といえば腎臓? 尿の異常と聞くと、腎臓の疾患だと思いがちですが、 尿の色は肝機能による影響が大きいと言われています。 尿の色が濃いからといって必ずしも肝機能障害があるというわけではありませんが、肝臓は「沈黙の臓器」とも言われており、気づいた時には病気が進行しているというケースも多い臓器ですので注意が必要です。 肝臓の働き 肝臓は、栄養分の代謝・解毒・胆汁の生産などの働きがあります。 人体最大の臓器で個人差がありますが、成人であれば重量にして1kg前後もある大きい臓器です。 再生能力が強く、一部の機能障害も残りの細胞で補うことができる有能な器官です。 しかし、病気が進行してもなかなか自覚症状が現れにくいという特徴もあります。 尿の色が濃くなる原因 尿の色は、肝臓で作られる胆汁に含まれるピリルビンと呼ばれる色素により変わります。 昼間は定期的に水分を摂取しますが、夜寝ている時は水分を摂取できません。 汗をかいて水分が不足している状態にもなります。 朝起きて一番の尿の色が濃いのはこのような理由が多いのです。 運動した後に濃い尿が出るのも同じ理由です。 服用した薬や食品に含まれる着色料により変わり場合もあります。 一過性の色素の高濃度が原因であれば、しっかり水分補給をすれば元にもどります。 それでも通常の色にもどらない場合は 病気のサインと考えられます。 尿の色が濃くなる病気には、急性肝炎・脂肪肝などがあります。 病気が進行し、がんや肝硬変になっている可能性もあります。 肝臓は解毒機能を持つため、アルコールを大量に摂取する生活をしている方は特にサインを見逃さないよう注意しましょう。 尿が濃くなる病気 急性肝炎 肝炎ウイルスの感染が原因で肝機能障害を起こす病気で、A・B・C・D・E型があります。 日本ではA・B・C型がほとんどです。 A・B型は一過性で、きちんと治療を行えば治ります。 C型は慢性化することが多く、インターフェロン療法が必要となります。 インターフェロンとは病原体や異物が体内に侵入してきた時に反応する蛋白質でC型肝炎の治療の特効薬とされていますが、副作用は避けられない治療法です。 脂肪肝 肝臓に中性脂肪が蓄積され、全肝細胞の30%以上を占めた状態を脂肪肝といい、 アルコール性脂肪肝と 非アルコール性脂肪肝に大別されます。 アルコール性脂肪肝は、アルコールの大量摂取などが原因で解毒作用に支障をきたし、肝臓に中性脂肪がたまった状態です。 アルコールを控え、肝臓を休ませてあげることが大切です。 非アルコール性脂肪肝は、肥満や糖尿病の方などでアルコールを多く摂取していない方で肝臓に中性脂肪がたまった状態です。 肝臓の病気というとアルコール摂取が原因というイメージがありますが、 アルコールを摂取しない方でもこのような病気になる可能性は十分あるのです。 しっかり運動をし、不規則な食生活を改善することが大切です。 どちらにしても自覚症状はなく、気づいた時には脂肪性肝炎・肝硬変・肝がんなどに進行している場合もあります。 肝硬変や肝がんへと進行している場合は手遅れで、肝臓は再生できませんが、早期発見できた場合は肝臓の再生能力により十分治せる病気です。 濃い尿が気になる場合は迷わず内科を受診し、生活を見直しましょう。 また、他の尿の異常としては、 血尿が多く問題になります。 いろいろな隠れた病気が原因になっている可能性があります。 「沈黙の臓器」といわれる肝臓は、強い再生能力で体を支えてくれていますが、気づいたら手遅れとなる危険性も持ち合わせています。 定期健診を受けたり、肝臓に無理のない生活をこころがけ、肝臓の小さなサインを見逃さず、早期治療につなげていきたいものです。 また、尿が濃くなることにより茶色になってしまう原因はこちらで詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考:.

次の

尿が茶色になる原因と病気の可能性!風邪による影響は?

おしっこ 茶色

おしっこは誰にでも起こる生理現象です。 また、のような色でも健康状態に問題はありません。 多少濃いめの色の場合は脱水状態であり、寝起きの時など寝ている時に水分が奪われた後などは濃いめのおしっこが出るようです。 特に夏場やお酒を飲んでいる、飲んだ後のトイレの時に無色透明なおしっこが出やすいです。 多量の水分を摂取することで、尿が水で薄まっている事で色も薄くなるようです。 また、糖尿病や尿崩症の疑いもあります。 その場合は、普段よりも尿の量が多くウロクロムという成分が尿と混じり、無色透明になってしまうそうです。 多量に水分を摂取していない、お酒を飲みすぎていない時に無色透明のおしっこの場合は一度病院で診てもらったほうがいいかもしれません。 朝一番のおしっこで無色透明だった場合は更に注意してください。 脱水症状の際は、おしっこの色が濃くなる傾向があり運動後、睡眠後などに見られる色です。 また、女性の場合妊娠中のつわりの時に水分を受け付けなくなって脱水症状を引き起こしおしっこの色が濃い黄色になってしまう場合があります。 水を飲むのも嫌な気分でも、無理してでも水分は摂るようにしましょう。 便秘や肌の乾燥、妊娠悪阻になってしまったり脱水症状で急に倒れてしまう可能性があります。 デカビタや、、ビタミン剤などを飲んだ後はレモン色になりやすいです。 しかし、健康状態などには問題なく、ただ飲んだものがおしっこの色として反映されているだけなので安心してください。 特におしっこがオレンジ色になりやすい成分は以下の通りです。 カルシウム• ビタミン ビタミン剤の種類によってレモン色やオレンジ色になってしまったりするそうです。 また、風邪をひいてしまった時や脱水症状の時でもオレンジ色になりやすいそうです。 オレンジ色のおしっこも健康状態に問題は無いので安心してください。 もう一つは、肝炎や肝不全に陥っている疑いがあります。 肝機能が弱まるとおしっこの色が茶色になりやすいです。 おしっこが茶色くなっている場合は、危険な状態と言えますのですぐに病院で診てもらった方が良いでしょう。 やハーブ薬剤などを飲んだ後におしっこの色が茶色くなっていたら一度服用をやめて様子を見て下さい。 考えられる病気は以下の通りです。 胆管炎• 胆管がん• 劇症肝炎• 肝硬変• A型急性肝炎• B型急性肝炎• C型急性肝炎 の病気だった場合に茶色いおしっこが出てしまう場合は、右上腹部周辺に痛みを伴います。 その他、頭痛や吐き気、発熱、咳などのカラダの異常が見られたら病気の確率大です。 三度の飯より先に病院で診てもらって下さい。 見た目はキレイですが、病気の疑いがあります。 緑色のおしっこが出てしまった場合、に感染している可能性がありほぼ膀胱炎と言っていいでしょう。 普通の膀胱炎ならばから感染するので、緑色ではないのですがが感染した場合のみ緑色のおしっこが出るそうです。 三度の飯より先に病院で診てもらって下さい。 麻酔薬や消化性潰瘍治療薬、栄養ドリンク、などを飲んだ後に黄緑色のおしっこが出た!という報告があるようです。 心配であれば、一度病院で診てもらったほうがいいでしょう。 黄緑と緑の見分けも難しいため、もしかしたらに感染している可能性もあります。 腎臓病や横紋筋融解症、急性腎不全の可能性があります。 カラダがとてもダルい状態でコーラ色や赤ワイン色のおしっこが出てしまった場合は、三度の飯より先に病院で診てもらって下さい。 可能性がありますと書きましたが、ほぼ病気と言っていいでしょう。 特に女性はが短いので膀胱炎になりやすくが膀胱に侵入すると膀胱炎になってしまいます。 また、白く濁る原因として最近が感染した白血球がおしっこの色として反映されているようです。 腎の場合は、膿が尿の中に混じってしまい白く濁ってしまいます。 安全なケースだと、シュウ酸が含まれた食べ物や脂身の多い肉類の食べ過ぎで白く濁るケースがあります。 シュウ酸が含まれている食品で有名なのは、ほうれん草やバナナなど。 とはいえ、白濁おしっこは一歩間違えれば大きな病気の可能性があるので一度病院で診てもらったほうがいいでしょう。 まとめ いかがでしたか?あなたのおしっこの色は大丈夫ですか? おしっこの色で病気かどうかが判断出来るのはとても良い事!分からないまま放置して気がついたら取り返しのつかない状態になっていた!なんて事も多々あります。 おしっこの色に異常が見られたら必ず病院で診てもらうようにしてください。 music4men.

次の