ヘイト クライム 英語。 ヘイトとは|正しい意味と使い方、英語表現を例文と合わせて解説

ヘイトクライム(へいとくらいむ)とは

ヘイト クライム 英語

この記事ではヘイトについて、言葉の意味、使い方、別の言い回しや英語表現について解説いたします。 「ヘイト」ときいて想像するのは英語の「hate」という単語ですが、最近では日本語として「ヘイト」を使うことがあります。 ゲーム用語としても使用される機会が多くなってきました。 また「ヘイトスピーチ」というものも代表的な例です。 ヘイトスピーチ非常に問題視され、対策法も施行されています。 読み方も発音も同じですが、英語の「hate」と日本語の「ヘイト」では使われ方としても意味としても大きな違いがあります。 この記事を通して言葉の意味を理解し、最近よく使われるようになってきた「ヘイト」という言葉が本来はどのような状況に使われる言葉なのかを知ることができるでしょう。 ヘイトの意味・使い方 ヘイトの意味は「憎むこと、反感を抱くこと、憎悪」になります。 基本的にカタカナでのヘイトは名詞や形容詞として使われ、動詞として使われることはありません。 「ヘイトを向ける」というような使い方が一般的で、ヘイトの対象は一個人や小さな集まりではなく、国、性別、人種、障害、外見などの生まれ持って備わっている形質を持つ大きな集まり、集団に対して向けられることが多いです。 もっとも有名な「ヘイト」の使われる代表例は「ヘイトスピーチ」です。 ヘイトスピーチ・ヘイト発言の意味 「ヘイトスピーチ」とは「主に人種、国籍、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるものを誹謗・中傷、貶す、差別するなどし、さらには他人をそのように煽動する発言(書き込み)のこと」です。 日本でも新大久保で行われるヘイトスピーチが有名です。 これを対策とする法律としてヘイトスピーチ対策法というものがあります。 ヘイトスピーチ対策法では、ヘイトスピーチを本邦外(日本国外)出身者への「差別的意識を助長しまたは誘発する目的で公然とその生命、身体、自由、名誉又は財産に危害を加える旨を告知」する行為、「本邦外出身者を地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義し、基本理念として「(国民は)不当な差別的言動のない社会の実現に寄与するように努めなければならない」と掲げています。 ヘイトクライムの意味 別のヘイトを使った言葉としては「ヘイトクライム」があります。 「ヘイトクライム」とは「人種、民族、宗教、肌の色、性的指向、性別、心身の障害などを理由とした憎悪あるいは偏見を動機とする犯罪」のことです。 他にもヘイトを使った言葉としては「ヘイト本」などがあります。 「ヘイト本」とは、「人種・国籍・性別・障害・宗教・性的指向など個人や集団が抱えている主体的に変えることに対する憎悪や侮辱する内容の書籍のこと」です。 ヘイトはゲーム用語としても多用 ヘイトは最近ではゲーム内の言葉として多く登場しています。 ゲーム内での「ヘイト」の意味は「敵キャラクターのゲームプレイヤーに対する敵対心や、攻撃するプレイヤーを決めるための項目や値のこと」です。 敵キャラクターは、ヘイトの高いプレイヤーに攻撃してくるようになっています。 主にMMORPGで使われる用語で、ゲーム上では数値として表示されないため、攻撃や魔法などプレイヤーたちが起こした行動でヘイトの高さを推測しなければなりません。 使い方としては「ヘイトを集める」「ヘイトを貯める」といった言い方をします。 また、ヘイトをうまく利用することを「ヘイトコントロール」と言います。 「ヘイトコントロール」とは「打たれ弱いキャラはヘイト値が少なくなるように行動し、打たれ強いキャラはヘイト値を上げて敵の攻撃を集中するようにする戦略」のことです。 ヘイトコントロールを行うことで、仲間内での生存率を上げながら多くの敵を倒せるようになります。 ヘイトの類義語と例文 ヘイトの類義語として以下のようなものがあります。 憎悪 意味:相手をひどく憎むこと、嫌うこと• 怨念 意味:恨みの執念、遺恨• 敵意 意味:敵対する気持ち、相手を的として憎む心 類義語としては「憎しみ」「怨み」など他人に対して起こるマイナスな感情という意味を持つものがこれにあたります。 ヘイトとの語源は元々英語の「hate」、「〜を憎む、ひどく嫌う」という意味の動詞です。 「hate」の読みである「ヘイト」をカタカナにして名詞として使っています。 なので、マイナスな意味である言葉がこれの類義語に当てはまります。 ゲーム用語においての「ヘイト」では「敵意」という言葉が類義語として的確でしょう。 類義語の例文には以下のようなものがあります。

次の

ヘイトスピーチと表現の自由 論点はヘイトからフェイクへ

ヘイト クライム 英語

最近よく耳にするようになったヘイトという言葉。 hateは英語で嫌悪や憎悪を意味する単語で、例えば「I hate you! 」と言えば「あなたなんて大嫌い!」という意味合いになります。 ただし日本で「ヘイト」を単体で使う場合は、動詞ではなく名詞として使用することがほとんど。 特にMMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム)において、敵の攻撃目標設定に使用される内部値を「ヘイト」と称します。 また一時的、あるいは継続的に周囲の人間から反感を買うことも「ヘイトが集まる」と表現することがあります。 最近流行の「人狼ゲーム」においては、人狼と疑うことにより複数の参加者に敵愾心(てきがいしん)を持たれることを「ヘイトが集まる」「ヘイトを稼ぐ」と表現します。 MMORPGにおける「ヘイト」とは、複数人がダンジョンにいた場合、敵がどのキャラクターを攻撃するかを決定付ける内部値のことです。 ゲームによって設定は異なりますが、大抵は強力な攻撃・回復行為・敵への挑発によりヘイト値が溜まっていきます。 ヘイト値が高いキャラクターを、敵は攻撃目標とするわけですね。 このシステムを利用して、敵の攻撃を特定のキャラクターに集中させることを「ヘイトコントロール」といいます。 ヘイトコントロールが必要になるのは、基本的に複数人で協力してダンジョンを攻略していくような場合です。 ここ数年、日本でもよく聞かれるようになった言葉に「ヘイトスピーチ」というものがあります。 日本語では「憎悪表現」と訳されることの多いこの単語は、未だ明確な定義が定まっていません。 一般的な解釈としては、 人種や宗教、性的指向などの個人的な事柄に対して、攻撃・脅迫・侮辱などを行うことであり、 その根底には発言者側の生理的・感情的嫌悪や憎悪があるとされます。 しかしどこからどこまでがヘイトスピーチなのかの線引は難しく、またヘイトスピーチに反対する立場の者が、ヘイトスピーチに対するヘイトスピーチを行うなどのアンビバレンスも孕んでいます。 さらにヘイトスピーチに関する議論で、必ずといっていいほど取り沙汰されるのが「言論の自由」です。 他者の自由を認めない者が自身の自由を主張するなど矛盾している気もしますが、いずれにせよこの辺りの問題は、ヘイトスピーチの定義が明確に定まらない限り解消は難しいでしょう。 ヘイトスピーチと並んで問題となっているのが「ヘイトクライム」です。 ヘイトスピーチ同様、 人種や宗教、性的指向などの個人的な事柄に対する偏見や嫌悪感情を動機として行われる犯罪行為のことで、日本語では「憎悪犯罪」と訳されます。 1998年に性的指向を理由にリンチされ殺害されたマシュー・シェパードや、白人至上主義の男2人に小型トラックに繋がれ生きたまま引き摺り回され殺されたジェームズ・バード・ジュニアの事件は、ヘイトクライムとして有名です。 2009年にアメリカ合衆国で成立したヘイトクライムを禁止する連邦法(改正)は、上記の事件被害者の名をとって「マシュー・シェパード、ジェームズ・バード・ジュニアヘイトクライム防止法」と呼ばれています。

次の

ヘイト・クライム(へいとくらいむ)とは

ヘイト クライム 英語

一般的な「ヘイト」の意味と使い方 一般的な「ヘイト」の意味 「ヘイト」は、 「憎悪する、反感する、差別する」といった意味で用いられている外来語です。 英語の「hate」が由来となっています。 それについては後に詳しく説明します。 一般的なヘイトの使い方 「ヘイト」は「憎悪、反感」といった意味で用いられています。 主な言い回しは、 ヘイトを向ける ヘイトが向く となっています。 この2つは、憎悪の感情や反感を誰かに持つといった意味合いで使われています。 よく見かける「ヘイトスピーチ」の他、「ヘイト発言」「ヘイト本」については後に説明いたします。 また、ゲームでもよく用いられていますので、それらも併せて説明いたします。 まずは、一般的な「ヘイト」の例文をいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 ・現実の女性にヘイトを向ける男性を最近ネット上でよく見かける ・戦争を経験した祖父母は、アメリカに対してヘイトが向くようだ ・SNSではお互いの素性が分からない分、簡単にヘイトを向けて差別的な発言をする人が多い 「ヘイトスピーチ」とは 「ヘイトスピーチ」とは、 「憎悪に基づく発言」のことで、主に差別的な発言を指します。 はっきりとは定義はされていませんが、 人種・国籍・性別・障害・宗教・性的指向など個人や集団が抱えている主体的に変えることの難しい事柄について、差別・侮辱・誹謗・中傷する発言のことです。 また、 インターネットなどのそういった書き込みのことも「ヘイトスピーチ」と指します。 日本では、5年ほど前からヘイトスピーチを問題視し取り上げるようにはなっていますが、ヘイトスピーチ自体を取り締まる法律は制定されていません。 2016年6月に「ヘイトスピーチ解消法(=本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律)」は公布・施行はされており、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消が喫緊の課題」であると認識はされています。 しかし、先進国の中で日本とアメリカはヘイトスピーチを法的に規制していない少数の国となっています。

次の