いけえりかこ 白血病。 池江瑠花子(いけえりかこ)の復帰はいつ?できる?白血病の闘病期間は?2020東京五輪は?

池江璃花子選手の白血病の種類は?東京オリンピックは出場できるのか | ホットワードブログ

いけえりかこ 白血病

来年の東京五輪では金メダルの有力候補と目されており、日本水泳界のみならず海外にも衝撃を与えているが、弱冠18歳の女性アスリートの勇気ある告白に、各界から応援の声が上がっている。 白血病は「血液のがん」と呼ばれ、難病というイメージが強いが、近年では若い世代で白血病を発生した人のうち7割以上は治っているとされる。 また、JALSG(日本成人白血病治療共同研究グループ)のHPによれば、日本における白血病発生率は2009年では年間人口10万人当たり6. 3人(男7. 8人 、女4. 9人)となっており、骨髄性白血病が喫煙と関連があるために喫煙者の多い男性に多いという。 白血病という病気について、血液内科医で元東京大学医科学研究所特任教授の特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所理事長、上昌広氏に解説してもらった。 上昌広氏の解説 メディアでは、、などの報道が目につく。 厳密に言うと、これらは医学的には誤りだ。 白血病は血液の病気であり、血液は全身を循環する。 胃がんなど固形がんのように1カ所で病変が生じ、全身に転移するものと違う。 早期発見や手遅れという概念はない。 白血病治療の予後を規定するのは、遺伝子や染色体の異常に基づく分類だ。 早期診断か手遅れかという議論は、そもそもない。 池江選手に関して、遺伝子や染色体の異常についての情報は公開されておらず、彼女の予後がどうなるか予断は許さない。 私が気になるのは、1月13日に都内で実施された競技会で、自身の日本記録から4秒以上遅れたこと。 18日からのオーストラリア合宿で、練習中に激しく肩で息をするなど異変が見られたといわれる点だ。 おそらく、この時期に白血病による貧血が進んでいたのだろう。 決して早期診断ではない。 白血病の恐ろしいのは、突然死することだ。 もっとも多いのは出血だ。 特に脳出血は危険だ。 2000年に急性前骨髄球性白血病で亡くなったアンディ・フグ選手がそうだったといわれている。 池江選手の場合、脳出血による突然死を防いだという点では「早期診断」といえなくもない。 ただ、貧血が顕在化するくらいだから、血小板も減っていたはずだ。 出血しなかったのは、単に幸運だった可能性が高い。

次の

池江璃花子(いけえりかこ)選手の白血病の原因は?

いけえりかこ 白血病

笑顔がかわいいですね。 競泳の池江璃花子選手(19)が17日、自身のインスタグラムを更新。 「406日ぶりのプールらしい!」と自身の写真を添えるとともに「言葉に表せないくらい嬉しくて、気持ちが良くて、幸せです」と喜びの思いを記した。 池江選手は「病院の先生の許可がやっと出て、プールに入ることができました 406日ぶりのプールらしい!」と明かし「言葉に表せないくらい嬉しくて、気持ちが良くて、幸せです」と胸中を吐露。 「日本中、世界中で新型ウイルスが流行ってますが、わたしを含め、感染予防、対策をしっかりとし、1日でもはやく収束することを願います」とメッセージした。 yahoo. 昨年、本誌(「週刊新潮」)が報じた、気を送るなどのオカルト療法で知られる芸人・なべおさみの存在だ。 かつて、王貞治氏らも治療したと豪語するなべは昨年、療養中の池江を自宅に招くなどしていたのだが……。 師弟関係を解消 事情を知る芸能関係者は、最近、別の問題に首を突っ込んできたと証言する。 関係は蜜月とされていたが、白血病が判明した後の昨年5月末、三木コーチはルネサンスを退職し、日大水泳部の所属となっていた。 スポーツライターが言う。 「池江さんが治療中なのに、専属でルネサンスにいても仕方ない。 だから辞めたんですよ。 日大水泳部には池江さんも籍は置いているものの、ほかの部員への指導にあたっていた。 池江さんが復帰すれば、再度指導する可能性もあり、実際、三木さんは周囲にそう示唆していました」 しかし、昨年12月の退院時に、池江の公式HPで、三木コーチとの師弟関係が解消された旨が記された。 「わざわざそこまで書いたことで逆に、池江さんと三木さんとの間で何か話し合いがもたれたのでは、と話題になったのです」(同) コーチ契約の解消になべの助言があったのか。 真相を聞くべく、なべの携帯に電話するも通じず。

次の

池江璃花子(いけえりかこ)が白血病を治療する入院先の病院はどこ!?

いけえりかこ 白血病

池江璃花子のプロフィール 池江璃花子選手は、いったいどんな方なのでしょうか。 名前・池江 璃花子 いけえ りかこ• 生年月日・2000年7月4日• 出身地・東京都江戸川区• 身長・171cm• 体重・57kg• 所属・ルネサンス 2018年8月12日現在で、 個人種目12個、リレー種目9個、計21種目の日本記録を保有している、まさに日本を代表する水泳選手です。 池江璃花子選手、なんと自宅のお風呂で水中出産で生まれたそうで、そこから今につながっていそうな感じがしますよね。 水泳は兄の影響で3歳10ヶ月からはじめ、5歳の時点で自由形、平泳ぎ、バタフライ、背泳ぎで50mを泳げるなど幼少期から才能は開花していました。 その後、さまざまな大会に出場し優勝。 高校生で日本史上最多の7種目でもオリンピック出場も果たします。 その後は日本選手権で5冠、アジア選手権で6冠を達成し、大会MVPにも選ばれています。 そんな活躍のさなか、白血病と診断され、しばらく治療に専念することを発表しました。 Sponsored Link 池江璃花子の白血病の状況は? 池江璃花子選手は、2019年2月12日に、 自身のTwitterで白血病と診断されたことを公表しました。 その後、日本水泳連盟による記者会見が行われています。 現在の池江璃花子選手の白血病の状況ですが、 まずオーストラリア合宿中に体調不良を訴え、予定より2日早い2月8日に帰国しました。 今年に入ってから調子が悪く、 肩で呼吸することが増えていて、体調に少しずつ変化があったそうです。 帰国後、 病院で白血病と診断されたのですが、 白血病は急性か慢性かに種類が分かれますが、池江璃花子選手の病状がどちらなのかは、まだ分かっていません。 今も病院で詳しい検査を受けていて、これから正式な診断と、治療方針が決められていくのではないでしょうか。 まずは急性か慢性か、白血病の種類を特定し、それに合う治療薬を見つけ、副作用の少ない薬からはじめていくのか、骨髄移植やさい帯血移植も視野に入れていくのかを決めていく必要がありますね。 ただ、 報道によると すでに治療が始まっている、という話もありますので、池江璃花子選手の白血病の種類や型についてはある程度診断が出ており、もしかしたら治療方針も決まっているのかもしれませんね。 池江璃花子の病院はどこ? そんな池江璃花子選手ですが、どこの病院で治療を受けているのでしょうか。 調べてみましたが、 入院先の病院は公開されていませんでした。 公開してしまうと、 ファンや報道陣が集まってしまうので、公開はしないのかもしれませんね。 ただ、池江璃花子選手は都内の出身で、都内の高校に通っているため、 都内の白血病治療に強い病院に入院しているのではないかと言われています。 都内で白血病治療が進んでいる病院を調べてみると、• 東京大学医学付属病院• 国立がん研究センター• 中央病院がん研• 有明病院日本大学病院 この4つのうちのどれかではないかと言われています。 特に日本大学病院は、池江璃花子選手の進学先の病院であり、日本大学は池江璃花子選手を全面的にサポートしていく、という声明を発表していますので、もしかしたら病院も、日本大学の病院かもしれませんね。 10代の白血病の完治率は? 芸能人でも、白血病を治して今も活躍している方はたくさんいます。 白血病は血液のがんともいわれていますが、 今は決して治らない病気ではありません。 白血病は、その種類にもよりますが 慢性白血病の場合は、内服薬だけで 95%が完治すると言われています。 急性リンパ性白血病の長期生存率も、小児の場合は 80%とかなり高くなっています。 ちなみに治療が終わって2年の間に再発することが多いそうです。 その後も定期的に検査はありますが、一般的に4年たっても再発がなければ、完治したと言えるそうです。 Sponsored Link まとめ:池江璃花子の病院はどこ?白血病の生存率や10代での完治率はヤバい? 以上、池江璃花子選手の現在の状況について調べてみました。 白血病と一言でいっても、その症状はさまざまありますので、 池江璃花子選手がどのような白血病の種類に侵されているのかということは分かりませんでした。 しかし、白血病自体は治らない病気ではなく、小児の場合はぐっと長期生存率も上がります。 池江璃花子選手はまだ18歳ですし、これから完治に向かってしっかりと治療をしてもらいたいなと思います。 東京オリンピックにも出場できるといいのですが・・・、まずは池江璃花子選手の体調がよくなることをお祈りしております。

次の