嘘 泣き ライナー。 〈Grand Slam〉ライナーのレスピーギ&チャイコフスキー、制作者も仰天の音質で復刻!

【進撃の巨人】116話ネタバレ!エレンvsライナー、ピーク、ガリアードの展開!?

嘘 泣き ライナー

ライナー「今日はエイプリルフール」 ライアニ ssnote• ライナー「今日はエイプリルフール」 ライアニ 作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!• このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。 この作品は執筆を終了しています。 ライナー「今日はエイプリルフール」 ライアニ• 1126• Good• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。 表示を元に戻す• 」 エレン「あぁー分かった。 アニは暴力女だから暴力しかできn ドシャーン アルミン「ちょ…!!」 エレン「」ムクリ アニ「…」 エレン「やっぱオメェ暴力女だな」 ライナー「アニ」ニヤ アニ「なんだい」 ライナー「俺お前が好きだ。 つきあってくれ」 みんな「!?? 」 クリスタ「っ…」ウルウル ライナー「ブワッハッハッー!!!!」バタバタ クリスタ「!?」ウルウル ライナー「ははは!今日なんの日か忘れたか!?」ハハハハハハ エレン「エイプールホール」 ミーナ「エイプリルフールね」 ライナー「アニが好きってのは嘘嘘」 アニ「」 クリスタ「へっ…」 アニ「…」 アルミン「嘘にしてはキツすぎ。 )」ダラー ライナー「(散歩すっか)」スッ ー外ー ライナー「…ん?」スタスタ クリスタ「 」アハハ ライナー「?」チラッ ライナー「!?」ガーン クリスタ「そ…で…」ハハハハッ 男「ま…で?」ハハハハッ ライナー「男…!?(まさか…いやいやないない!浮気なんて!)」 クリスタ「 」チュッ ライナー「」 クリスタ「だ…す…だよー…」 ライナー「」ピシャアアアン• 」 男「ハハッ」 男「そういやお前の新しい彼氏どうした?」 クリスタ「あーあのゴリラ?落としたよー…今日誘われたけど顔が気持ち悪くってさー!私はあのゴリラより男のほうが大好き!」 ライナー「」 男「あのゴリラと別れろよ〜」ニヤニヤ クリスタ「うん!私あの男あきたし〜…そろそろ他の男にしようかなって思ってた!みんなやっぱ騙されるんだよね〜…あと私の学年では、エレンって言うこと、アルミンって言う子だけ!落とすのは!」ニコ ライナー「…」グッ ライナー「よークリスタ!」ニコ 男「」ビクッ クリスタ「ラ…ライナー?」ビクッ ライナー「いやーココらへん散歩してたら クリスタが見えてよ〜…そんでその隣の奴は?」ギロ クリスタ「私のお兄さん!」ギュッ 男「あぁそうだ。 キスしてたことも俺の悪口言ってたことも。 そして毎回お前男落としてるらしいな。 それを聞いてがっかりしちまった…もうお前と付き合えない。 別れよう。 」 クリスタ「ライナーー…」 男「…」 クリスタ「いいよ別に。 アニ、アルミン、エレン、ミーナ…行こうぜ。 」 アニ「…仕方ないね」スタスタ アルミン「じゃあね…」スタスタ エレン「?じゃあなクリスタ」スタスタ ミーナ「…バイバイ」ギロ…スタスタ クリスタ「?(クソ共が…)」ニコ ーとある場所ー ミーナ「クリスタには裏の顔があったってわけね。 」 エレン「辛い気持ちわかるぜライナー。 」 アルミン「…ライナー?」 アニ「どうしたんだい」 ライナー「ううっ…クリスタが…あんなやつだったん…グスグス…だったなんて…ひぐっ…」ボロボロ エレン「(今日は(泣)祭り)」 アルミン「…」 ライナー「俺…もう女子信用できねぇ…」ボロボロ ポン アニ「男だろ…ライナー。 」 ライナー「」グス アニ「クリスタに裏の顔が合ったのは残念だけど…また彼女作ればいい…。 」 エレン「また騙されるじゃねえか」 アルミン「ちょっと黙ってようねエレン」 ライナー「…」 アニ「そ…それに今日エイプリルフールじゃないかい。 嘘かもしれないよ。 朝の仕返しとか。 」 ライナー「実際にキスしてたのにあれを嘘というのかコンニャロウ」 アニ「…」 ミーナ「…ライナーどうするの?明日から…」 ライナー「クリスタに関わらないようにするだけさ…」 ライナー「自分勝手でごめん…今日はありがとう。 帰っていいぞ。 気をつけてな」フリフリタタタタタタ みんな「…」• 私と付き合ってくれるかい』 ライナー『ごめん好きな人いる』 アニ『』ガーン ーーー ーー ー ライナー「ははっ…(アニ…)」 ライナー「(アニ俺が今この状況になったとき、大丈夫?って言ってたなー…家まできて慰めてくれたし)」 ライナー「(アニ来てくれんのかな)」ボロ ライナー「んあ…?」ボロボロ ライナー「ははっ…馬鹿か俺…なんでアニに期待してるんだよコンニャロウ。 アニが来るわけ無いだろ。 俺にはクリスタが…はっ…」 クリスタ『ゴリラはいらないから。 』 ライナー「……クリスタッ…今までのこと嘘だったのか…」 ライナー「俺がキスしようとしたらなんか毎回トイレ行ってくるとかだし。 」 ライナー「…アニに告られたときおkしとけばよかったな。 」ボロボロ ライナー「うぅ」ボロボロ ーアルミン達ー アルミン「きっとライナーはクリスタに騙されたショックで泣いているだろう…」 アニ「(!)」 アルミン「僕達だけでもなんとかできないかな」 エレン「なるほどー」 ミーナ「クリスタがあんなだったとはね…詐欺だよ詐欺!」• すみません! いま更新します…。 それとなんか変なやつ消しますね• アルミンは前クリスタのことが好きだったから…。 今すぐに。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー ライナー「…なんだよ」グスグス ライナー「っ」フキフキ ライナー「…」バッ ライ母「ゴラァどこに行くんだよこんな夜中によお」 ライナー「ジョギングだよ行ってくる」タタタ ライ母「3秒で帰ってこいよ!このやろう!」 ライナー「無理だ。 嘘をついてもいい日だ…朝の仕返しだろ?」 ライナー「スマホだってチラチラ見てた。 アルミン達とラコンしてるんだろ?音声とか記録してよ…?」 アニ「…」スッ(スマホ見せる) ライナー「何スマホ見せてr アニ「エイプリルフールは終わった。 ライナー「今日はエイプリルフール」 を終わりにします!• また、トリップを使用することができます。 詳しくはをご確認ください。 トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 本文 2000文字以内で投稿できます。 0 投稿時に確認ウィンドウを表示する 著者情報 レオン• 7 投稿数• 「進撃の巨人」カテゴリの人気記事• 「進撃の巨人」カテゴリの最新記事• 「進撃の巨人」SSの交流広場• Powered by Luilak.

次の

♪深窓の令嬢&ライナーノーツ

嘘 泣き ライナー

第95話「嘘つき」 誰がなんのためにどんな嘘をついているのかを考えながら読むと非常に味わい深い回。 本部へ招集がかかったマーレの戦士たち。 ガビはライナーの異変に気がついて心配している様子。 ライナーとしては自身の経験も踏まえるとガビに本当のことが言いたくても言えない複雑な状況。 始祖奪還計画は戦槌の巨人を保有するタイバー家から協力を得られることが決まり、いよいよ本格的に作戦が動き出す模様。 知性巨人たちの会議を盗聴するマーレ軍の狙いとは一体何なのか。 ライナーは戦士候補生の訓練の様子を眺めながら、自身がパラディ島に潜入を始めた頃を思い出していた。 第1話へ繋がっていくであろう重要な物語がいよいよ明かされる。 ライナーの嘘 ライナーはパラディ島の実態を理解しており、彼らは悪魔なんかではないと知っています。 エレンたちの前で巨人化するときには相当悩んでいる様子が伺えましたし。 でも、そのことを隠してとぼけています。 ガビに本当ことを話せば彼女が苦しむと思っているからでしょう。 敵国の殺さなければならない相手に同情しても良いことはありません。 軍人としてのガビにはパラディ島の真実は話せない。 しかし、可愛い従妹としてのガビには真実を知ってもらいたい気持ちがあるのではないでしょうか。 血の繋がりは記憶の継承に強く影響する? …血の繋がりは 「9つの巨人の」記憶の継承に強く影響するって巨人学会の人が言ってたよね? 血が近い人だと記憶の継承も深くなるという意味でしょう。 ガビとライナーはいとこ同士ですから、非常に近い存在です。 もしガビが鎧の巨人を継承したら、ライナーの記憶もかなり鮮明に受け継がれると予想されます。 ライナーが秘密にしている記憶、パラディ島でエレンたちと仲良くやっていた記憶をガビが見れるはずです。 が、それはそれで状況によっては地獄となり得ます。 これから殺さなければならない相手のことを深く知るのは精神的に悪影響を及ぼしてしまう可能性が高いからです。 あるいは、ライナーのように多重人格になってしまうかもしれません。 ジークの嘘 マーレの思想調査 ジークは戦士長室に知性巨人のメンバーだけを集めて、昨今の自分たちを取り巻く状況と今後の始祖奪還作戦へ向けた段取りの説明をします。 しかしこれは、軍の思想調査も兼ねています。 ジークの部屋の蓄音機が電話につながっており、別室で隊長らが会話の内容をチェックしているのです。 ジークはこれをわかっているので、ポルコにマーレ軍の人はいないのか聞かれて「 この部屋にはいない」と答えました。 ピークとライナーはすぐ察知したようで、気を遣って話をしています。 パラディ島に行った経験があるので作戦前に思想調査があることを知っているのでしょう。 何も知らないポルコはマーレがタイバー家を担ぐことへ不満を漏らしてします。 一旦はジークに諭されますが、それでも聞かずに話し続けるので、最後はライナーに発言を遮られました。 絶妙なチームプレーのおかげで、軍からは問題なしの判定。 マガト隊長はジークが余計なことを言ったと思っているようですが。 タイバー家のパラディ島制圧宣言の計画 この軍の作戦伝達の場で、ジークはマーレとエルディア人の現状やタイバー家について色々と説明してくれます。 ジークが語るエルディア人を取り巻く状況• マーレは巨人(エルディア人)の力で他国を黙らせてきた• 戦争兵器の進歩により、巨人の力が通用しなくなる時代はすぐそこまで来ている• 巨人の戦術的価値が失われれば、マーレは弱くなってしまう• 世界はエルディア人を憎み、人権は必要ないと考えている• エルディア人が生き残るためにはマーレが強い国であり続ける必要がある エルディア人が生き残る方法は? 始祖の巨人とパラディ島の資源をマーレの手中に納め、マーレ国力を安定させる。 そして、世界を脅かすパラディ島の脅威をジーク達エルディア人の手で解決する。 本当にそれだけでいいの? ピークはそれだけでは不十分では?と言います。 なぜなら、始祖を奪還してパラディ島の脅威を排除したところで、エルディア人に対する世界の憎悪は収まらないほどすでに悪化しているからです。 だから、ストーリーが必要だ 世界のエルディア人に対する憎悪を抑えるには、物語が必要だとジークは言います。 パラディ島がいかに脅威なのかを世界に知らしめ、その上で脅威を排除することでエルディア人はある種ヒーローになる。 そのためには語り手が必要。 「誰が言うか」が重要だということです。 マーレやエルディア人の自分たちで勝手にやってアピールしたところで、世界の怒りは収まらない。 そこでタイバー家が出てくるわけです。 タイバー家とは?• 「戦槌の巨人」を管理している• 100年前の巨人大戦でエルディア帝国のフリッツ王に反乱を起こした最初の貴族家• 名誉マーレ人として政治にも戦争にも鑑賞しない立場 タイバー家が語り手としてふさわしい理由• タイバー家は一度も巨人の力を敵国に向けたことがない• 巨人大戦でフリッツ王を退けた、つまり世界を救った救世主なので諸外国に顔が利く 巨人の力で他国を支配し黙らせてきた嫌われ者のマーレとは真逆の特徴を持っています。 そんなタイバー家が「始祖奪還およびパラディ島の脅威排除の物語」を世界に発信すれば皆が耳を傾けてくれる、ということになります。 ポルコが抱いてしまう素朴な感情 タイバー家は「戦槌の巨人」を持っているのにその力を国を守るために使わない。 他のエルディア人が収容区で暮らしているのに自分たちは広い土地の広い屋敷で優雅に暮らしている。 そんなやつらが今更表に出てきて英雄気取りなんて虫が良すぎるだろう。 845年・始祖奪還計画の真相 ライナーの回想、845年の始祖奪還計画の出発前の様子。 彼らはパラディ島に乗り込んくる前から既に実践の場を経験していました。 鎧と女型が先行して仕掛け、顎が敵の兵器を破壊、獣が遠方から投擲、車力がベルトルトを運んで最後は超大型の爆風で一掃。 見事な連携プレーであっという間に敵を葬ってしまいました。 上官が思わず「島の悪魔に同情する」と漏らすほどの破壊力。 歴代の戦士と比べてもかなり優秀なようです。 心配するマガト隊長 マガト隊長は4人の子供に始祖奪還計画を託すのは正気ではないと心配おり、見送りのときも「全員帰ってこい」と優しい表情で言葉をかけています。 同僚はその子供が国を1つ破壊して見せたんだから大丈夫だろうと楽観的な態度です。 いくら軍人とはいえ10代前半の中学生ぐらいの子供が4人、ちょっと年上のジークもいるのにわざわざあの4人が選ばれたのは不可解です。 ただ単にマーレがパラディ島のことを甘く見ていたのでしょうか。 いったいこの正気ではない判断は誰がどのような理由で下したのか。 謎が残ります。 ライナーの夢 ライナーが描いていた夢は「マーレ人になって両親と3人で暮らしたい」というささやかなものでした。 そのために死物狂いで努力して戦士になったのに、残念ながら小さな夢は打ち砕かれてしまいます。 ライナーの父 始祖奪還計画出発前のパレードの最中。 ライナーは観衆の中で涙を流して喜ぶ母を見てもらい泣き。 その時ふと見覚えのある男性の姿が目に映り、後日彼の元を訪ねます。 兵舎の厨房で働く彼はライナーの父でした。 名誉マーレ人になったから一緒に暮らそうと持ち掛けますが、父は思いもよらぬ反応を見せます。 ライナーの出自が明らかになったら自分の一家は縛り首になる、お前ら悪魔の親子から逃げ切ってやると罵倒してきたのです。 歓喜から一転、失意のどん底でパラディ島へ出発することになったライナー。 船の目の前まで来て「そうか、もう出発の日か」って相当重症です。 なぜこんなことになってしまったのでしょうか。 ライナーの母カリナが抱くエルディア人への憎悪 カリナはパラディ島のエルディア人に対して異常な憎悪を見せています。 夕食に同席している親戚や他の収容区のエルディア人に比べても、際立っています。 「私達を置き去りにして島に逃げた奴らに制裁を与えなくてはならない、私達を見捨てた奴らに」と繰り返し、直後、回想シーンに移ると「私達は見捨てられたんだ」と、かなり強調されています。 これは島のエルディア人と、ライナーの父を重ねて表現しているのだと思われます。 マーレ人に捨てられたカリナ 想像でしかありませんが、おそらくライナーの父にとってカリナは遊びみたいなものだったのではないでしょうか。 悲しいですが。 そうでなければ父の「復讐」という言葉は出てこないと思います。 カリナは男性に捨てられた惨めな自分を慰めるために、島に逃げたエルディア人を悪者にしているわけです。 捨てられたのは自分がエルディア人だから。 エルディア人だからといって忌み嫌われるのは島に逃げたエルディア人と一緒にされているせい。 自分は島のエルディア人とは違って善良なエルディア人なのに。 善良なエルディア人というのはマーレに忠誠を尽くすエルディア人。 ああ自分もマーレ人だったら……。 当の自分もエルディア人なのですが、パラディ島のエルディア人を悪魔とし、マーレに忠誠を尽くす自分は善良なエルディア人として区別し正当化することで、なんとか精神の安定を保っているのでしょう。 父のことをまだ幼いライナーに説明していますが、あのくらいの子に話す内容としてはちょっと行き過ぎではないでしょうか。 子供の作り方を聞かれてまごついたミカサの両親とはえらい違いです。 カリナの叶わぬ夢 「マーレ人に生まれていれば…」と泣きながらつぶやく母を見て、ライナーはマーレ人になるために戦士を志すようになります。 そして母もまたその夢を一緒に見ています。 我が子の寿命が縮まることを知りながら。 カリナはたとえ自分たちが名誉マーレ人になったとしても家族一緒に暮らすことは叶わないと理解していたはずです。 だからライナーの戦士継承が決まってた後も何も行動しなかった。 もしその気があったならば、ライナーより先に父に会いに行っていたはずです。 カリナはひたすら現実から目を背け続けます。 ライナーがパラディ島に出発するときも、カリナは「父さんもお前の成功を祈っている」とライナーに嘘をつきました。 ライナーもまた、父に会いに行ったことを母に黙っています。 叶わない夢を見て、ライナーを犠牲にし、パラディ島のエルディア人を恨み続けている。 なんて哀れな人生でしょうか。 しかし当時のカリナからすれば、ライナー父に捨てられたことはそれくらい悲惨な出来事だったのでしょう。 ライナーとカリナの距離感 94話「壁の中の少年」で、マーレの兵士たちが収容区に帰ってきたとき、他の家族は抱き合って喜んでいるのに、ライナーと母カリナはそのような愛情表現が見られません。 ジークでさえ祖母と熱い抱擁を交わしているため、ライナー親子は余計に冷淡に映ります。 ガビの発言で明らかになりますが、カリナはライナーがパラディ島に行って以降、人が変わったようだと感じているようです。 それもあってお互い距離を取っているのかもしれません。 95話を読むと、そもそもパラディ島出発前の時点でライナーは母のおかしさに気づいており、2人のギクシャクは始まっていたことがわかります。 マルセルの嘘 パラディ島に上陸後の夜、焚き火を囲みながらマルセルがライナーの鎧の巨人継承の真実を語ります。 マルセルは弟のポルコを守りたかったために、軍に印象操作をしていたのです。 泣きながら謝るマルセルに対して、なぜ彼が謝るのか理解できないライナー。 純粋過ぎるライナー ライナーだけが、戦士となって巨人の力を持つことに前向き過ぎです。 それもこれも幼い頃に誓った「マーレ人になって家族と一緒に暮らす」という夢のせいなのかもしれません。 巨人になれば寿命は13年になるし、作戦によっていつ死ぬかもわかりません。 名誉マーレ人といっても夢見るような高待遇という訳でもない。 ましてやマルセルにしてみればガリアード家には1人巨人がいるんですから、わざわざ弟を巨人にする必要もありません。 出来ることなら巨人になんてなりたくないのが、当時のエルディア人であっても普通の感覚なのだと思います。 ベルトルトやアニもおそらく「やむを得ず」という感じだったのでは。 マルセルに謝罪されたときだけではなく、94話でベルトルトに「13年しかないけどいいの?」と聞かれたときも、キョトンとしています。 純粋過ぎて泣けてきます。 なぜユミルに襲われて逃げたのか そして翌日、104期ユミル巨人が突然現れ、マルセルがライナーを庇って食われてしまいます。 残された3人は巨人化して応戦することもなく、走って逃走。 彼らがまだ幼いということもあってパニックになったのでしょうか。 あるいは、巨人化するにはそれなりの間、心の準備ようなものがないと難しいのかもしれません。 熟練度が低いとなおさら、とっさに意志を持って自傷するのは大変そうです。

次の

植田真梨恵 Official Web Site

嘘 泣き ライナー

東武鉄道に新型車両「70090型」が登場しました。 伊勢崎線と東京メトロ日比谷線を直通する着席列車「THライナー」用の車両で、ベースの70000型電車を踏襲しつつ、新たな設備や装置が導入されています。 「THライナー」用の新車 東武70090型電車 普通の日比谷線直通列車として先に 東武鉄道の新たな座席指定制列車「THライナー」が2020年6月6日(土)、運転を開始しました。 伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の久喜駅(埼玉県久喜市)と、東京メトロ日比谷線の霞ケ関、恵比寿駅を結びます。 東武70090型電車は、この「THライナー」での運用を主目的に作られた新型車両。 2017年7月に運行を開始した東武の日比谷線直通用電車70000系(70000型)の一種ですが、有料の座席指定制列車に使える装備にされました。 「THライナー」での運用を主目的に誕生した東武70090型電車(画像:東武鉄道)。 なお東武70090型電車は、先述した2020年6月6日(土)の東武鉄道ダイヤ改正で新列車「THライナー」が誕生し、その列車として走る前の2020年3月、通常の日比谷線直通列車として、ひと足先に営業運転を開始していました。 ちなみに、この70090型電車、新型コロナウイルスの影響で、2020年2月末に行われる予定だった報道向けの公開が中止になっています。 「THライナー」用 東武70090型電車のコンセプトとは? 東武70090型電車のコンセプトは「移動に憩いのひとときを」です。 「座る」ことへのさらなる付加価値を追求。 通勤・通学時に着席し、プライベートな空間を確保することで、より快適な移動を実現するといいます。 日比谷線内を走る70090型「THライナー」の車内案内モニター(2020年6月6日、恵 知仁撮影)。 「THライナー」のマークは、70090型の「赤」と「黒」および日比谷線の「シルバー」を組み合わせ、頭の「T」から終わりの「R」まで「1本の白いライン」を通すことで、東武線と日比谷線を結び、東武沿線から都心にダイレクトにつながる快適性、疾走感を表現したそうです。 側面に描かれた「70090 SERIES」 東武70090型は、標準的な東武の日比谷線直通用車両である70000型をベースに新造された、座席がロングシートにもクロスシートにもなる車両で、外観に70000型で使われている「イノベーションレッド」「ピュアブラック」の2色を踏襲。 伊勢崎線(東武スカイツリーライン)から東京メトロ日比谷線に直通する車両としての統一感を持たせたとのこと。 東武70090型側面に描かれたロゴ(画像:東武鉄道)。 70090型の車体側面にあるロゴは、その車両の外観をモチーフに、「ロング/クロスシート転換車両」の型式を示す「9」を、「イノベーションレッド」で配色。 疾走感と親しみを感じさせる新たなライナー仕様の車両であることを表現したといいます(東武東上線を走る同様の座席指定制列車「TJライナー」用電車は50090型)。 「THライナー」用電車 70090型の車内は? 赤いアクセントも 東武70090型電車の車内は、光沢がある白色の内装パネルと袖仕切、荷物棚、そして貫通扉へのガラス素材採用で、明るく開放的な空間にしたそうです。 また荷物棚には、赤いアクセントがあります。 座席がロングシート状態の東武70090型車内(画像:東武鉄道)。 そして、そうした開放感に満ちた空間にロング/クロス転換座席を配置することで、ライナーとしての上質さを演出し、ゆったりとくつろげる移動空間を提供するといいます。 座席の転換は運転台からの操作により、自動で行われるとのこと。 「THライナー」用70090型電車 座席には「ブレスエアー」採用 東武70090型電車、その座席の表皮は70000型を踏襲し、彩度と明度を抑えた気品ある赤色を採用したほか、座面にはホールド性や通気性が良く、寝具などにも使われる「ブレスエアー」を用い、長時間でも快適に座れるといいます。 座席がクロスシート状態の東武70090型車内(画像:東武鉄道)。 また座席形状に、枕部の両脇に角度をつけた立体構造と、ハイバックシートを採用。 プライベート性の確保に配慮したほか、ロングシートである車端部の優先席にもハイバックシート、肘掛けを設置。 プライベート性を確保したそうです。 壁にもあるコンセント 「THライナー」用70090型電車 東武70090型電車は、「THライナー」として走る際の乗車時間を快適に過ごしてもらう目的で、各座席下にAC100Vのコンセントが、座席背面にドリンクホルダーと荷物フックが設置されています。 車端部の優先席では、コンセントは壁面に用意されました。 東武70090型の優先席にあるコンセント(画像:東武鉄道)。 7両編成の各車両には、フリースペースが設置されています。 「THライナー」の座席指定券を購入するとき、その近くの席を予約すると、ベビーカーや車いすでも快適に乗れるとのこと。 またフリースペースには、つかまることも、軽くもたれることも可能なヒッププレストもあります。 「THライナー」用で座席が変化する東武70090型電車らしい装置も 東武70090型電車の車内には、各乗降ドア上の案内用3面モニター、防犯カメラ、フリーWi-Fi(従来からのWiMAXに加え「TOBU FREE Wi-Fi」を提供)などを設置。 隣接車両との仕切り扉(妻引戸)は、使いやすいようアシストハンドルがつけられているほか、ガラスの存在を認識できるよう、70090型ならではというグラフィックが採用されました。 グラフィックが入れられている東武70090型の妻引戸(2020年6月6日、恵 知仁撮影)。 また、機器では電動空気圧縮機(オイルレスタイプ)、ボルスタ付き片軸操舵台車、補助電源装置(185kVAの静止形インバータ〈SIV〉を1編成あたり2台搭載)、VVVFインバータ制御装置(IGBT2レベル方式、7M〈実力値3. 5M、3. 外部サイト.

次の