ライオンキング。 「ライオンキング」はミュージカル映画の王者!息吹あふれる生命の賛歌

チケット予約|劇団四季

ライオンキング

TOP画像引用元 ミュージカルアニメの王者「ライオンキング」 広大なアフリカの大地を舞台に「サークル・オブ・ライフ(自然界の命は大きな環で繋がっている)」をテーマとして、繰り広げられる壮大なディズニー映画『ライオンキング』。 圧倒的に美しい大自然の中、主人公で王の息子・シンバが自分と過去に向き合い、成長していくストーリーが多くの人の心を掴みました。 世界興行収入は、9億ドル以上。 劇中歌の完成度がどれも高く、サウンドトラックも全世界で1500万枚の大ヒット。 アニメサウンドトラックとしては、世界トップクラスのベストセラーなのです。 日本では、劇団四季によるミュージカルも有名ですよね。 1998年の初公演から11000回以上公演。 日本の演劇史上No. 1の観客動員数を記録したほど、人気のある舞台演目となっています。 そして、2019年には3DCGを駆使した「超実写版」が公開。 主人公の許嫁ナラ役として世界の歌姫ビヨンセが出演し、圧倒的な歌唱力で多くの観客の心を掴みました。 何年経っても、何度観ても引き込まれる映画『ライオンキング』。 その作品と音楽の素晴らしさをこれから紹介していきます。 物語は、国王・ムファサの息子の誕生を祝う儀式から始まります。 息子の名前はシンバ。 温かい祝福を受ける彼を、唯一気に入らない動物がいました。 ムファサの弟・スカーです。 シンバが生まれたことで王位に就くことができなくなった彼は、2匹を消し去ろうと企みました。 目論見通り、国王はスカーに追い詰められて命を落とします。 息子はその死の責任を負わされ、王国から追放されてしまいました。 ミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァと出会い、シンバは過去を忘れることにします。 3匹で平和に暮らしながら大人へと成長していく彼。 そこに、彼の幼なじみのメスライオン・ナラが助けを求めに現れます。 彼女の話によると、今のプライド・ランドはスカーの独裁体制に。 動物達の食べ物がなくなり、すっかり荒廃していたのです。 果たしてシンバはプライド・ランドを救うことができるのでしょうか? 魅力1 人間味とワイルドさの塩梅が絶妙な登場人物達 画像引用元 映画『ライオンキング』の魅力は、ふたつあります。 一つは、生き生きと描かれた表情豊かな野生動物たち。 人間さながらの個性と感情、どこか憎めない愛嬌のある登場人物ばかりで、作品に引き込まれます。 特に主人公は、父親を見殺しにしてしまった自責の念や辛い過去からの逃避、国を出ていった自分への後ろめたさなど、見ていて共感できるキャラクターです。 彼が過去と自分自身に向き合い、王として目覚めていく姿は、王道展開ながらも応援せずにはいられません。 彼の成長を通して、誰もが生きていることに果たすべき役割があることに気づかせてくれます。 脇を固める動物達も魅力的。 特にティモンとプンバァのコンビは、会話の掛け合いが最高に面白くて、物語のいい清涼剤になっていますよね。 彼らがしゃべる度に元気になったり、笑みがこぼれる人も多いのではないでしょうか。 一度観ただけでハマれるのは、主人公と同じ感情を味わえるからかもしれませんね。 画像引用元 ふたつめの魅力は、心に響く頼もしくて温かい名台詞です。 特にシンバの悲しい過去を乗り越える助けになったセリフが、どれも心にぐっときます。 ひとつめは「ハクナマタタ!嫌なことは忘れろ」。 父の死が自分のせいだと思い詰めていたシンバを、ミーアキャットのティモンが励ました名台詞です。 ハクナマタタとは、スワヒリ語で「くよくよするな」を意味する言葉。 まるで魔法の呪文のように力がわいてくる言葉ですよね。 ティモンがシンバの過去を深く追及しない性格だったからこそ、言葉のポジティブな意味がシンバに直接届いたのかもしれません。 ふたつめは「過去は痛むもんだ。 でもお前は、そこから逃げ出すことができる。 学ぶことも。 」 ラフィキが大人になったシンバと再会し、国に戻ることを戸惑うシンバにかけた言葉です。 逃げ出したい過去をなかったことにはできない。 そこから何かを学び取れば未来は変えられると、教えてくれる言葉ですね。 一見説教のように聞こえますが「過去とは痛むものだ」とシンバの気持ちをくみ取り、逃げることを否定していません。 自分の目線で教え込むのではなく、相手を分かろうとすることで、最初の一歩を自然と促そうとしているところが凄いですよね。 自分自身が何者で何をすべきか、自分と向き合うきっかけを与えてくれる名台詞です。 他にも心にぐっと来る名台詞がたくさんあるので、映画をじっくりご覧ください。 個性派キャラクターと豪華キャストにも注目! 画像引用元 ここからは、魅力あふれるキャラクターとキャストを一部紹介します。 シンバの父であり、プライドランド国王・ムファサを演じたのは、ジェームズ・アール・ジョーンズ。 『スターウォーズ』のダース・ベイダーの声を担当するベテラン俳優です。 渋く深みのある声から息子への愛情が伝わってきます。 吹き替えを担当するのは、ベテラン俳優の大和田伸也。 圧倒的な存在感と迫力のある声で、厳しくも温かい父親・ムファサを見事に演じています。 まさに絶対王者といえる存在感が、とにかくかっこいいですね。 主人公・シンバを演じたのは、俳優のジェームズ・アール・ジョーンズ。 シンバを繊細な演技で感情移入できる主人公に仕上げました。 アニメの吹き替え版で、シンバを演じた声優・宮本充も誠実で温かみのある声がシンバにぴったりです。 歌もコミカルに明るく盛り上げていて、とても楽しい気持ちにさせてくれますよ。 そして、ムファサの右腕でありシンバの教育係のサイチョウ・ザズーを『Mr. ビーン』で有名なコメディ俳優・ローワン・アトキンソンが演じていました。 早口で世話焼き、おっちょこちょいなザズーにぴったりなキャスティングですよね。 日本語版では、NHK人形劇『ざわざわ森のがんこちゃん』のはじめどり役の梅津秀行が担当。 幼いシンバに振り回されっぱなしな真面目なザズーを、愛嬌たっぷりに演じていました。 他にも魅力的なキャラクターがたくさん登場します。 英語版、日本語吹き替え版、どちらも演技と完成度の高い声に引き込まれますよ。 アニメと同じカメラアングルを心がけているなど様々な工夫がされています。 一番の見どころは、声優陣の歌唱力の高さです。 特に吹き替え版で子供時代のシンバを演じた11歳の少年・熊谷俊輝の歌唱力に圧倒されます。 声の伸びや抑揚、どれも心を揺さぶる完成度。 モフモフした子供時代のシンバの可愛さと相まって、画面から目が離せません。 しかも彼は今回が声優初挑戦。 それを全く感じさせない素晴らしい演技力に注目です。 また、ティモン(cv. 亜生)とプンバァ(cv. 佐野二郎)の演技もアニメ映画のイメージそのまま。 愛嬌たっぷりで、歌を聴いていると陽気で楽しい気持ちにさせてくれますよ。 ぜひ、吹き替え版もご覧くださいね。 一度聴いたら忘れない感動的な楽曲を紹介! 『ライオンキング』の楽曲は、どれも聴いただけで、世界観や動物達の個性、考え方が手に取るように分かるほど完成度が高いです。 楽しくなったり気持ちが温かくなったりと聴く人の感情を大きく揺さぶり、一度聴いたら忘れられません。 音楽を手がけたのは、映画『パイレーツ!オブ・カリビアン』のテーマ曲で知られるハンス・ジマー。 そしてグラミー賞を過去5回受賞した実力派ミュージシャンのエルトン・ジョン。 作詞を『美女と野獣』『アラジン』を手がけたティム・ライスが担当し、壮大な世界観を作り上げました。 映画を彩る6曲から人気のある3曲を紹介しましょう。 「ライオンキング」といえばこの曲!「サークル・オブ・ライフ」 オープニングテーマ『サークル・オブ・ライフ』は、アフリカの広大な大地と生命の息吹を体中に感じる名曲。 映画のテーマである「命のつながり」が、プライドランドの大自然と躍動感あふれる動物達とともに歌われた楽曲です。 作詞をティム・ライス、作曲をエルトン・ジョンが担当しています。 歌うのは、アメリカ出身の歌手で女優のカーメン・トゥイリーです。 映画冒頭、プライド・ランドの動物達に後の国王となるシンバをお披露目する場面で使用されました。 赤々と地平線から昇る太陽とともに、呪文のような力強い雄叫びが響くイントロが印象的ですよね。 歌い出しを日本語に訳すと「やってきたライオンの父が ああそうだライオンだ」となっており、国王であるムファサを迎える歌ともいえます。 王の息子であるシンバを披露する名シーンは、間奏でしっかり溜めてからサビで使われいて、感動。 ゆったりどっしりした壮大な音楽から、アフリカの広大な自然の美しさと力強さが伝わってきませんか? ボーカルもパワフルで、勇気や生きるエネルギーの波動がしっかり伝わってきますよね。 歌詞も、強者も弱者も共存しながら運命を全うし、親から子へ命がつながれていく「命の環」の物語にふさわしいですね。 映画の冒頭から心を鷲掴み。 この曲なしには『ライオンキング』を語れない、最高の主題歌といえる楽曲です。 まだ忘れてはいけない名曲がありますよ。 『愛を感じて』は、ナラとシンバの美しい歌声が魅了するロマンティックなラブソング。 王になる使命を見失い、新たな道を進もうとしたシンバが幼なじみのナラと再会し、恋に落ちるシーンを彩った楽曲です。 『愛を感じて』は、1994年度のアカデミー歌曲賞を受賞し、さらにゴールデングローブ賞の主題歌賞も受賞したほど高く評価されました。 シンバが自分たちのもとから離れるかもしれない不安を抱えたティモンの独白から始まり、サビでナラの歌声が一気に盛り上げていきます。 ゆったりとしたメロディー、ナラの伸びやかな歌声と寄り添うように響き合うシンバの歌声に癒されます。 お互いの愛を感じ取りながら、距離を縮めていくふたりにぴったりのラブソングです。 まさに決して色褪せない感動を放つ珠玉の名曲です。

次の

ミュージカル『ライオンキング』作品紹介

ライオンキング

下記クリックで好きな項目にジャンプ• ライオンキングキャラクターの名前スワヒリ語が語源? ライオンキングに登場するキャラクター達の名前なんですが、実は アフリカの言葉が主な語源になっているんです。 シンバやサラ、ザズーや猿の祈祷師ラフィキまで、それぞれの名前に意味があります。 ライオンキングといえばスワヒリ語がピックアップされやすいですが、結構色んな言語が使われているんですね~。 ナラ Nala ナラはシンバの幼馴染で幼い頃から活発なメスライオン。 ライオンキングでのヒロインでもあり、白い毛と青い瞳がとても印象的です。 個人的にはシンバよりも強いのでは?と思っているキャラクター。 ナラはシンバに 愛という贈り物をしたライオンでもあります。 ムファサ Mufasa シンバの父親であり、スカーの兄でもあるムファサ。 全てにおいて優れたライオンで、プライド・ランドの動物たちからも尊敬されていたライオン。 王の中の王という感じでしょうか。 強くて知性がある彼にはピッタリの名前ですね! サラビ Sarabi ムファサの妻であり、シンバの母親のライオン。 スカーがプライド・ランドを乗っ取ったときも気丈に振る舞っていたのが印象的です。 ムファサとシンバの両方を一度に失ったときは本当に悲しかったでしょうね(泣) 「シンバが生きていて本当に良かったね」といつも思います。 ザズー Zazu ザズーはムファサやシンバといったプライド・ランドの王に仕える執事の鳥です。 確かに動き回っている感がすごいですから、彼にはピッタリの名前かもしれませんw ティモン Timon プンバァとの名コンビでお馴染みの人気キャラクター。 口が達者で頭の回転も速いティモンはプンバァをなんとなくコントロールしている感じがします。 薄情そうな言葉を吐きますが、意外と面倒見が良いキャラクターです。 プライド・ランドを救った1人でもありますから、尊敬されてもおかしくはないですねw 関連: プンバァ Pumbaa ティモンと名コンビでお馴染みの人気のキャラクター。 動きは鈍くないので性格が鈍感ということかもしれません。 それが彼の良いところでもありますね! 関連: 関連: ラフィキ Rafiki プライド・ランドの祈祷師、呪術師という役割を担うラフィキ。 意味深な言葉や謎の歌を駆使し、シンバをプライド・ランドへ帰した影の救世主です。 彼が食べていた木の実の正体も気になるところです。 関連: 関連: スカー Scar ライオンキングでの悪役の親玉として登場するスカーはムファサの弟で、シンバの叔父のライオン。 スカーの行動は確かに欲望にまみれていますから、 「タカ=欲望」の可能性が高そうです。 彼がスカーと名乗るようになったことや目に傷ができたことには諸説あるようです。 関連: 関連: シェンジ、バンザイ、エド(Shenzi、Banzai、Ed) スカーと仲がよい敵役のハイエナトリオの名前にも意味がありました。 リーダー役のメスハイエナのシェンジ、短気なオスハイエナのバンザイ、謎に笑ってばかりいるハイエナのエドたちですね。 エド以外は映画での役割どおりの名前ですね。 エドは心が裕福でいつも笑っているのでしょうか?w 2019年7月12日追記・・・ アニメでお馴染みのハイエナトリオですが、実写版ではハイエナのリーダー格のシェンジ意外の名前が変わるようです。 どちらもスワヒリ語での意味ですが、エドからアジジに変更になったハイエナだけまたいい感じの意味ですねw もしかして、別な意味もあるかもしれませんので、なにか分かったらまた追記していきますね! 関連: サラフィナ Sarafna ・・・2019年8月8日追記 サラフィナはナラの母親ライオンで、アニメでも登場するのは1シーンほどで出番は少ないです。 しかし、そんなサラフィナの名前にも素敵な意味がありました。 出番は全然ありませんでしたが、名前はかなりいい感じですね! ちなみに、ナラの父親の名前は設定されていないようです。 ラストに一瞬登場するだけでしたが、しっかり名前は付けられていたようです。 「コパは一体どこへ消えた?」とライオンキングファンの中でも納得していない人が多いようです。 オカッターさんから頂いたコメントがこちら。 (一部過激な部分は変更) コパは、ビタニと遊んでいる所をジラに見つかり、亡き者にしてしまうみたいです。 それを知ったシンバは、ジラ家族とその一派をアウトランドに追放したんですよ。 絵本での展開です。 「ライオンキング2」ではシンバがジラを異常に嫌っていたり、キアラを過度に心配するシーンが目立ちますが、このような理由があったのなら納得です。 こちらに関しては、詳しいことがまとまったら別記事にまとめますのでお楽しみに! キアラ Kiara ライオンキング2の主人公として登場しているキアラ。 ライオンキング2では シンバとナラの第一子ということなっているようです。 (コパはいずこに?w) コブ Kovu スカーの養子で、シンバを倒すために訓練されたライオンのコブ。 スカーの意思を継ぐものは目のところに傷を負うのが運命のようで、コブもしっかりと目に傷がついています。

次の

新人RIRIが『ライオン・キング』日本版公式ソング シンバ役が絶賛「ビヨンセみたいだ」

ライオンキング

下記クリックで好きな項目にジャンプ• ライオンキングキャラクターの名前スワヒリ語が語源? ライオンキングに登場するキャラクター達の名前なんですが、実は アフリカの言葉が主な語源になっているんです。 シンバやサラ、ザズーや猿の祈祷師ラフィキまで、それぞれの名前に意味があります。 ライオンキングといえばスワヒリ語がピックアップされやすいですが、結構色んな言語が使われているんですね~。 ナラ Nala ナラはシンバの幼馴染で幼い頃から活発なメスライオン。 ライオンキングでのヒロインでもあり、白い毛と青い瞳がとても印象的です。 個人的にはシンバよりも強いのでは?と思っているキャラクター。 ナラはシンバに 愛という贈り物をしたライオンでもあります。 ムファサ Mufasa シンバの父親であり、スカーの兄でもあるムファサ。 全てにおいて優れたライオンで、プライド・ランドの動物たちからも尊敬されていたライオン。 王の中の王という感じでしょうか。 強くて知性がある彼にはピッタリの名前ですね! サラビ Sarabi ムファサの妻であり、シンバの母親のライオン。 スカーがプライド・ランドを乗っ取ったときも気丈に振る舞っていたのが印象的です。 ムファサとシンバの両方を一度に失ったときは本当に悲しかったでしょうね(泣) 「シンバが生きていて本当に良かったね」といつも思います。 ザズー Zazu ザズーはムファサやシンバといったプライド・ランドの王に仕える執事の鳥です。 確かに動き回っている感がすごいですから、彼にはピッタリの名前かもしれませんw ティモン Timon プンバァとの名コンビでお馴染みの人気キャラクター。 口が達者で頭の回転も速いティモンはプンバァをなんとなくコントロールしている感じがします。 薄情そうな言葉を吐きますが、意外と面倒見が良いキャラクターです。 プライド・ランドを救った1人でもありますから、尊敬されてもおかしくはないですねw 関連: プンバァ Pumbaa ティモンと名コンビでお馴染みの人気のキャラクター。 動きは鈍くないので性格が鈍感ということかもしれません。 それが彼の良いところでもありますね! 関連: 関連: ラフィキ Rafiki プライド・ランドの祈祷師、呪術師という役割を担うラフィキ。 意味深な言葉や謎の歌を駆使し、シンバをプライド・ランドへ帰した影の救世主です。 彼が食べていた木の実の正体も気になるところです。 関連: 関連: スカー Scar ライオンキングでの悪役の親玉として登場するスカーはムファサの弟で、シンバの叔父のライオン。 スカーの行動は確かに欲望にまみれていますから、 「タカ=欲望」の可能性が高そうです。 彼がスカーと名乗るようになったことや目に傷ができたことには諸説あるようです。 関連: 関連: シェンジ、バンザイ、エド(Shenzi、Banzai、Ed) スカーと仲がよい敵役のハイエナトリオの名前にも意味がありました。 リーダー役のメスハイエナのシェンジ、短気なオスハイエナのバンザイ、謎に笑ってばかりいるハイエナのエドたちですね。 エド以外は映画での役割どおりの名前ですね。 エドは心が裕福でいつも笑っているのでしょうか?w 2019年7月12日追記・・・ アニメでお馴染みのハイエナトリオですが、実写版ではハイエナのリーダー格のシェンジ意外の名前が変わるようです。 どちらもスワヒリ語での意味ですが、エドからアジジに変更になったハイエナだけまたいい感じの意味ですねw もしかして、別な意味もあるかもしれませんので、なにか分かったらまた追記していきますね! 関連: サラフィナ Sarafna ・・・2019年8月8日追記 サラフィナはナラの母親ライオンで、アニメでも登場するのは1シーンほどで出番は少ないです。 しかし、そんなサラフィナの名前にも素敵な意味がありました。 出番は全然ありませんでしたが、名前はかなりいい感じですね! ちなみに、ナラの父親の名前は設定されていないようです。 ラストに一瞬登場するだけでしたが、しっかり名前は付けられていたようです。 「コパは一体どこへ消えた?」とライオンキングファンの中でも納得していない人が多いようです。 オカッターさんから頂いたコメントがこちら。 (一部過激な部分は変更) コパは、ビタニと遊んでいる所をジラに見つかり、亡き者にしてしまうみたいです。 それを知ったシンバは、ジラ家族とその一派をアウトランドに追放したんですよ。 絵本での展開です。 「ライオンキング2」ではシンバがジラを異常に嫌っていたり、キアラを過度に心配するシーンが目立ちますが、このような理由があったのなら納得です。 こちらに関しては、詳しいことがまとまったら別記事にまとめますのでお楽しみに! キアラ Kiara ライオンキング2の主人公として登場しているキアラ。 ライオンキング2では シンバとナラの第一子ということなっているようです。 (コパはいずこに?w) コブ Kovu スカーの養子で、シンバを倒すために訓練されたライオンのコブ。 スカーの意思を継ぐものは目のところに傷を負うのが運命のようで、コブもしっかりと目に傷がついています。

次の