ムーヴ キャンバス 後悔。 ダイハツ ムーヴキャンバス vs ホンダ N

新型ムーヴキャンバスの後悔しないおすすめグレードは【X “SA Ⅲ”リミテッド】がお買い得&満足感も高いね。|KEIVEL|軽自動車人気ランキング

ムーヴ キャンバス 後悔

知人(女性)が、ダイハツで発売されている新車のムーヴキャンバス(以下キャンバス)を検討していました。 知人は車のことがあまり詳しくなく、「キャンバスって可愛いよね」と 外観・見た目だけは選べても、どのグレードにするべきかまでは全然わからないようでした。 そこで、相談を受けた手前もあり、グレード選びも兼ねて、自分なりにムーヴキャンバスを調べてみることに。 今回のケースのように、購入する車は決めたけど、グレードがたくさんありすぎて、どれを選んでよいかよくわからないと考えている方は多いですよね。 でも、 キャンバスのグレードの選び方は意外と単純でポイントだけを抑えておけば問題がありません。 ここでは、ムーヴキャンバスと基本的な特徴の洗い出しと、オススメグレードについて解説します。 キャンバスの新車の価格とグレードラインナップ キャンバスの新車の価格 まずは、キャンバスの基本グレードと車両本体価格を紹介します。 この時点でハッキリしていることは、• 2WDではなく、4WDにすると 約12万円高くなる。 メイクアップグレードを装着すると 約5万円高くなる。 と、まずは覚えておけばいいでしょう。 キャンバスは3つのグレードで構成される。 キャンバスの骨格となるグレードは、• L=最安値グレード• X=中間ベースグレード• G=上級グレード こちらの3つのグレードがラインナップされ、全グレードが CVT装着で、 2WDと4WDが選択できるようになっています。 ちなみに、 軽自動車にしては珍しくターボ装着車がありません。 詳しくはカタログなどを参照してもらいたいのですが、グレードによる大きな装備は以下のようになっています。 ・ターボがないので男性には物足りないかもしれない。 メリットとデメリットを挙げてみるだけで、女性ユーザー向けの軽自動車だとわかりますよね。 キャンバスのメリット1:子育て主婦にもピッタリ!スライドドアが装着される。 キャンバス最大のウリは「 両側スライドドア」の装着。 全高1700mm以下の「ハイトワゴン」クラスの軽自動車では、 キャンバスのみに唯一スライドドアが採用されます。 「タ ントやN-BOXのような背の高い車があんまり好きじゃないけど、乗り降りがラクなスライドドアは欲しかったんだよね」そんなユーザーにはニーズがピッタリと合致。 当然ドアの開け閉めがスライドドアになるだけで、子供の乗り降りがスムーズになり、買い物したあと重い荷物の出し入れしやすいのでメリットは高いでしょう。 はっきりいって普通のドアと比べて、利便性の良さは比べ物になりません。 キャンバスのメリット2:収納ポケットがすごく豊富 キャンバスは買い物に使ったり、週末友人や家族などとお出かけを想定して作られているので収納スペースが非常に多いです。 たとえば、荷物をフロアに直接置きたくないとのリクエストに応えたのが「 置きラクボックス」 倒れる心配がないバスケットモードと、外から見られないケースモードと2種類の収納スタイルがあります。 ぶつかりそうになったとき自動で止まる「衝突回避自動ブレーキ」• 中央線を超えるとピピピとお知らせ「車線逸脱警報機能」• アクセルとブレーキの踏み間違いを防止「誤発進制御機能」• スマホいじっていても大丈夫「先行者お知らせ機能」• 自動でHi-Lo切り替え「オートマチックハイビーム」 5つの大きな特徴があります。 この中でも特に、ぶつかりそうになったら自動で止まる衝突回避自動ブレーキは是非装備しておきたいところ。 安全性の面でももちろんですが、将来自動車保険料が安くなる可能性もあります。 つまり13万5,000円の投資をするだけで、キャンバスが使い勝手や安全性のレベルが劇的にアップするのです。 まずキャンバスは、 エコカー減税対象車なので「取得税」と「重量税」免税で0円。 またさすがの軽自動車、諸費用の低さは圧巻。 車両本体価格プラス8万円程度で購入できるのが魅力です。 目標値引き額は、発売して1年ぐらい経過しているので 10万円は目指したいところ。 もちろん値引き額だけではありません。 もし下取り車があれば、下取り査定などでも他社と競合させることができますし、下取りだけではなく買い取り査定にも出してみたほうがいいでしょう。 特に、複数の業者から1回の査定で現在の価値がわかる を利用してみると、ディーラーよりも高値になるケースがしばしあります。 値引き額がシビアな今だからこそ、買取額でも他社と競合させる時代にきています。 最後に 最後にもう一度グレード選びを整理してみると、• キャンバスには「L」「X」「G」の3つのグレードがあるが 「X」グレード一択。 この選び方がシンプルですが、王道ではないでしょうか。 でも、1番安いとはいえ120万円近くする高い買い物なのですから、ここで妥協するべきではないでしょう。 グレードの違いで価格が変わるのは当たり前。 まず目的は、せっかく購入するのだから自分のライフスタイルに合わせた快適性や安全性を重視しよう。 安いからといって、1番下のグレードを選ぶのは新築を購入してテレビやエアコンがついてないようなもの。 購入したあと、きっと後悔することになるでしょう。 グレードを1ランクアップさせると車両本体価格は高くなりますが、高くなった分は 新車の値引き額と買取額で取り戻そう。 特に新車の値引きがシビアになってきているので、買取額は重要なファクターになってきているのですからね。 私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、 予想してたよりもはるかに低い査定額でした。 そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、 最大で234,000円の価格差がついたのです。 しかも、はじめに 「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の 「相場価格」もかんたんに知ることができる。 無料一括査定なら 最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも 1分程度で終わるのでおすすめ。

次の

ムーヴキャンバスに欠点・デメリットはあるか?ムーヴキャンバスを徹底評価!

ムーヴ キャンバス 後悔

ダイハツが、「ムーヴキャンバス」のマイナーチェンジ発売を予定しています。 改良により魅力をアップするダイハツ新型ムーヴキャンバスについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 【最新情報】大幅改良!ダイハツ新型ムーヴキャンバスにマイナーチェンジ! ダイハツが、軽自動車「ムーヴキャンバス」のビッグマイナーチェンジを予定しています。 ダイハツ・ムーヴキャンバスは、独自性の高いデザインを持つ軽自動車ワゴンとして開発され、ヒンジドアが主流の軽自動車ミドルクラスに両側スライドドアを搭載するなど高い使い勝手も人気になっているモデルです。 予定されるビッグマイナーチェンジでは、新しいデザインや装備を採用することで魅力がアップされます。 新設計されたデザインを採用• ディスプレイオーディオやカーナビゲーションとスマートフォンを接続することで、多彩なサービスを提供する「ダイハツコネクト」を採用• パワートレインのセッティングを変更することで、実燃費を向上• 安全装備に、独自ロジックにより機能をアップした新世代「スマートアシスト」を装備• 全グレードに衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備• フロントは新しいヘッドライトを採用することでよりシンプルなデザインとされ、よりレトロなグリルを組み合わせることで落ち着いたデザインに仕上げ。 個性的なデザインの魅力を伸ばすため、他モデルで設定される「カスタム」にかえて「メイクアップ」グレードも設定され、ボディのアンダーラインやアウタードアハンドルなどにメッキ加飾を装備。 ボディは、全高1700mm以下の軽自動車で初めて採用されていた両側スライドドアを特徴とし、使い勝手と全高が低いことから圧迫感のないスタイルを両立。 車体の中段を塗り分ける特徴的な2トーンボディカラーには新色をラインナップすることで、より幅広いユーザーにアピールされます。 新装備!ダイハツ新型ムーヴキャンバスの内装(インテリア)デザイン ダイハツ新型ムーヴキャンバスの内装は、外観にあわせた新しいカラーパターンにより、魅力あるデザインに仕上げられます。 改良では、装備に新しくスマホ連携ディスプレイオーディオが設定され、SmartDriveLinkやApple CarPlay対応のスマホがディスプレイ上で操作できるように。 ディスプレイオーディオやカーナビゲーションとスマートフォンを接続することで、多彩なサービスを提供する「ダイハツコネクト」にも対応します。 ムーヴキャンバスは実用性にも最大限配慮され、フロントの各所に収納スペースを確保。 リアシートの利便性を高めるアイテムとしてシート下のスペースを有効活用する「置きラクボックス」を採用し、ユーティリティボックスを立ち上げることでバッグなどの転倒を防止。 リアシートは240mmの大きなスライド幅とリクライニング角度により、後席空間の快適性を向上。 ラゲッジスペースはアンダートレイを利用することで、高さがある荷物にも対応できるようになります。 エンジン:直列3気筒660cc「TOPAZ NEO」• 1kgm• トランスミッション:CVT• 駆動方式:FF or 4WD ダイハツ新型ムーヴキャンバスのエンジンには、ダイハツの軽自動車用660ccエンジン「TOPAZ NEO」の自然吸気モデルのみが搭載されます。 セッティングは、ベースとなる「ムーヴ」から増えた車重に対応し「Dモノコック」シャシーのアンダーボディに補強を施すほか、CVTの制御で変速比を低めにチューニングすることで軽快な走りを確保。 スムーズで軽快な走りを楽しむことができるようになります。 WLTCモード(新燃費基準) FF:20. 改良ではパワートレインのセッティングを見直すことにより、実燃費に近いWLTCモード値が改善されます。 660cc自然吸気エンジン ・JC08モード値 FF:27. 660ccターボエンジン ・JC08モード値 FF:25. 「レーンキープコントロール」や「車線逸脱抑制制御機能」も採用することで、運転がアシストされます。 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール) 先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持、先行車に追従し停車まで制御• 駐車支援機能「スマートパノラマパーキングアシスト」 左右のカメラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えて、ステアリング操作をアシスト。 また、並列駐車・縦列駐車ともに対応可能• 「LKC(レーンキープコントロール)」 車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシスト• 「車線逸脱抑制制御機能」 クルマが車線をはみ出しそうになると、メーター内表示とともに、車線内に戻すようステアリング操作をアシスト• 「ADB(アダプティブドライビングビーム)」 ハイビームで走行中に対向車を検知すると、対向車の部分のみ自動で遮光• 「標識認識機能(進入禁止)」 進入禁止の標識をステレオカメラが検知すると、メーター内表示でお知らせ• 「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」 従来のエンジン出力抑制に加え、ブレーキ制御を付加することで、急発進を防止• 130万円~175万円 ダイハツ新型ムーヴキャンバスの価格は、安全機能や装備を充実することによりアップします。 アップ幅はスタート価格で3万円、上位モデルでは10万円ほどになるとみられています。 ダイハツはムーヴキャンバスの発売から4年が経つのにあわせ大幅改良を実施することで、フルモデルチェンジを予定するベースモデル「ムーヴ」との相乗効果を高めていきたい考えです。 ホイールベース:2455mm• 車重:910kg(4WD車は960kg)• これにより魅力的なデザインと軽快な走り、両側スライドドアの広い開口部による高い実用性が確保されています。 ダイハツ・ムーヴキャンバスを「おさらい」 ダイハツ・ムーヴキャンバス(MOVE CANBUS)は、初代となる現行モデルが2016年に登場した軽トールワゴンです。 外観は丸みのあるシルエットと水平基調のロングキャビンが特徴とされ、特徴的な2トーンカラーによりデザイン性が高められました。 ダイハツのミドルクラス軽自動車「ムーヴ」シリーズの1モデルとなっていますが、車体は上位の「タント」と基礎を共有していることで、ムーヴシリーズで初のスライドドアを採用した車種になっています。 走りは、6代目ムーヴに採用した軽量高剛性ボディ「Dモノコック」や「Dサスペンション」、「Dアシスト」を採用することで、しっかりとしたハンドリングとロールやふらつきが少ない高い操縦安定性を確保。 ステアリングのパッド取付部にゴム材を使用することでダンパー機能を持たせて振動を吸収し、ボディパネルの隙や穴を減らして音の侵入経路を低減することで快適性がアップされています。 新型ダイハツ・ムーヴキャンバスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

新型ムーヴキャンバスの後悔しないおすすめグレードは【X “SA Ⅲ”リミテッド】がお買い得&満足感も高いね。|KEIVEL|軽自動車人気ランキング

ムーヴ キャンバス 後悔

ダイハツの「ムーヴキャンバス」(「」より) どんなクルマなのか? ダイハツ工業「 ムーヴキャンバス」は、背の高い売れ筋の軽自動車です。 全高は1655mmだからムーヴに近い数値ですが、後席のドアは全高が1755mmに達するダイハツ「タント」と同じスライド式です。 スライドドアを備えた軽自動車では、全高が唯一1700mmを下回ります。 そして、ボディの基本スタイルは水平基調ですが、角に丸みを持たせてリヤゲートを少し寝かせました。 ストライプスカラーと呼ばれるボディの中央と上下を塗り分けたツートンカラーもあり、優れた実用性とオシャレな外観を両立させました。 人気を得ている理由 30歳以下の年齢層には、子どもの頃からスライドドアを備えたミニバンに親しんだユーザーが多いです。 そのため、大人になって軽自動車を買うときもスライドドアが欲しいと考えます。 ただし、主力車種のホンダ「N-BOX」、タント、スズキ「スペーシア」、日産自動車「デイズルークス」は、すべて全高が1700mmを上回って実用指向が強いです。 「スライドドアは欲しいけれど、ここまで背が高い必要はない」と考えるユーザーも多いです。 このニーズに合うのが、スライドドアを装着しながら全高を1655mmに抑えたムーヴキャンバスです。 丸みのあるボディもN-BOXやタントとは雰囲気が違ってオシャレです。 デザイン性と実用性の絶妙なバランスにより、ムーヴキャンバスは高い人気を得ました。 後席は柔軟性が不足して、座り心地は今一歩です。 その代わり、後席を倒したとき、広げた荷室の床に段差ができます。 軽自動車なので最小回転半径も4. 4mに収まり、小回りが利きます。 走行安定性はスライドドアを備えた軽自動車では優れています。 インパネなど、内装の質感も満足できます。 6km/L、WLTCモード燃費は20. 6km/Lなので、スライドドア装着車の中では良好です。 前後方向ともに、ペダルの踏み間違いによる誤発進抑制機能を備えます。 選ぶときに確かめたい3つのメリット ・後席下側の収納設備を引き出すとバスケット状になり、上に置いた買い物袋が倒れません。 ・スライドドアはドアパネルが外側へ張り出さず、狭い場所でも乗り降りしやすいです。 ・乗り心地は、硬めになりやすい軽自動車としては優れた部類に入ります。 後悔しないための3つの要チェックポイント ・ターボエンジン搭載車がないので、登坂路の多い地域ではパワー不足を感じやすいです。 ・後席は足を投げ出す姿勢になりやすく、座面の柔軟性も不足しています。 ・シートアレンジが単純で荷室の使い勝手はあまり良くないです。 自転車も積みにくいです。

次の