送ってくれてありがとう 敬語。 「くれる」の敬語表現は?謙譲語は?間違いやすい使い方

「くれる」の敬語表現は?謙譲語は?間違いやすい使い方

送ってくれてありがとう 敬語

「くださる」と「いただく」には、 A:「くださる」のは読み手や聞き手側の行為に用いる B:「いただく」のは書き手や話し手側の行為に用いる という違いがあります。 したがって、お尋ねのケースでは、送る行為をしたのは相手(読み手または聞き手)ですから、ここでは「お送りくださいまして」がふさわしいです。 これだけだとお分かりになりにくいかもしれませんので、一度、敬語を使わない文章にしてみましょう。 A:「(相手が手紙を)送ってくれて、ありがとう」 B:「(相手が手紙を)送ってもらい、ありがとう」 さて、どちらが正しい日本語だと感じますか? では、次の文章を見てください。 A:「あの人が道を教えてくれた」 B:「あの人に道を教えてもらった」 それぞれ敬語にします。 A:「あの人が道を教えてくださった」 B:「あの人に道を教えていただいた」 もう一つ。 A:「あの人が指示をくれたから、順調に作業が進んだ」 B:「あの人に指示をもらってから、作業を始めろ」 それぞれ敬語にします。 A:「あの方がご指示をくださったから、順調に作業が進んだ」 B:「あの方にご指示をいただいてから、作業を始めろ」 さて、「くれる」も「もらう」も、どちらも物理的なモノの移動という視点から見れば同じですが、主体が違います。 例えば、XからYにモノが移動するとします。 これはそれぞれ次のように表現できます。 なんだか数学の公式みたいになってきましたが(笑)、次にこれを手紙に置き換えてみましょう。 A:相手がsanbanmeさんに手紙をくれる B:sanbanmeさんが相手から手紙をもらう では「ありがとう」は、どちらの行為に対して述べているでしょう? もちろん、「相手がsanbanmeさんに手紙をくれた」ということに対して述べています。 「sanbanmeさんが相手から手紙をもらう」ことに対してお礼を述べるのは変な感じがしませんか? ここまでくれば、もうおわかりでしょう。 「わかる」という行為の主体は読み手になりますが、「わかってもらう」という行為の主体は、私(書き手)です。 したがってここでは、「おわかりいただく」になります。 「くださる」と「いただく」の使い分けは、あくまで「その動作の主体が誰にあるか」がポイントになります。

次の

「ご送付」の例文・使い方・読み方|敬語/シーン別/いたします

送ってくれてありがとう 敬語

「持ってきてくれる」とは、一般的に相手側が自分側に対してモノを渡す際に用います。 また、ただ渡すのではなく「してくれる」という表現が強い言い方が特徴です。 よくある例として以下をご覧ください。 このような言い方を相手側が目上の人になる場合や、ビジネスシーンとなると敬語を用いて「持ってきてくださる」、「持ってきてくれます」という表現に変わります。 「持ってきてくれる」の敬語はこんな時に使おう 尊敬語 相手を高める言葉遣いであり、相手が主体となります。 ビジネスシーンにおいては取引先やお客様に対して用いられることが多いです。 謙譲語 自分の行動や言動を低める言葉であり、へりくだる言い方として用いられます。 自分が主体となります。 丁寧語 丁寧な言葉遣いであり、語尾が「~ます。 」「~します。 」となるのが特徴です。 主体の区別はなく日常会話での使用頻度が高い言葉です。 「持ってきてくれる」の敬語の使い方は? 敬語の種類をおさえたところで、今回のテーマである「持ってきてくれる」の使い方について解説していきます。 今回敬語表現をするポイントで大事な部分は、持ってきてくれるの「くれる」という言葉です。 「くれる」という動作は、相手が主体となり自分が受ける側になります。 ここで大事なことは相手が主体となることであり、このことを理解していれば簡単に敬語に直すことができます。 使い方は、尊敬語・謙譲語・丁寧語の順でご紹介していきます。 まず、尊敬語は「持ってきてくださる」、「持ってきてくださるそうです」が挙げられます。 次に、謙譲語は自分が主体となるため謙譲語はありません。 後ほど類似語を踏まえ解説します。 最後に、丁寧語は「持ってきてくれます」となります。 思ったより言い方が少ない、と感じた方もいらっしゃることでしょう。 類似語の敬語表現も意識せず使っていることが多く、「くれる」の動作に関する敬語表現は意外と少ないのが現状です。 メールでの使い方はどうなる? 主に会話における敬語表現について解説してきましたが、メールのような文章表現になる場合はどのような言い方に変わるのでしょうか。 これまでの説明で、「持ってきてくれる」の敬語表現では「くれる」の部分がポイントとお伝えしましたが、メールでの使い方においてもこの基本は変わりません。 一点、前述の敬語表現と変わる大事な部分はだれが「主体」となるかです。 「くれる」の動作の場合相手が主体となるのですが、メールの場合は「自分」が「相手」に向けて発信します。 そのため、自分が主体となる謙譲語を用いることが正解となります。 ここで「あれ、さっきまでの説明だと謙譲語はないって言ってなかった?」と思った方がいることでしょう。 では、どう表現するのが正しいのでしょうか。 メールでは「持ってきていただく」となる 馴染みのある表現ではないでしょうか。 そうです、「持ってきていただく」という表現こそメール時に使う正しい表現であり、「持ってきてくれる」の謙譲語の「代わり」として使用される表現です。 「いただく」という表現は厳密には「もらう」の謙譲語になります。 主体が相手から自分に変わる場合は、このように類似語を用いて敬語を使用することがあります。 類似語であっても意味の違いを理解していることが大切なので、主体が相手から自分に変わった場合は自信をもって「いただく」という表現をつかいましょう。 ややこしい部分ではありますが、ぜひマスターしていきましょう。 「持ってきてくれる」の敬語表現の例文をみてみよう 「持ってきてくれる」という表現は、相手の立場によって表現の仕方が変わってくるので、場面ごとに例文を用いてご紹介していきます。 相手がお客様や取引先など外部の場合 相手がお客様や取引先の方の場合は、基本的に尊敬語を用いれば失礼のない言い方ができます。 また、相手が持ってきてくれる状況ですので、敬語を用いるとともに相手に対するお礼の言葉を添えることでより良い印象にすることができます。 お客様を相手にする場合は、「持ってきてくださいまして、ありがとうございます」でも十分丁寧ですが、持ってきてくれる動作の前にワンクッション入れて「お手数おかけしました。 持ってきてくださりありがとうございます」という言い方にすると、より相手に良い印象を持っていただけます。 お客様の雰囲気によって使い分けると良いでしょう。 取引先の場合は、持ってきてくれるという言葉のうち「持ってくる」の部分をさらに丁寧に言い換えてみましょう。 「お持ちくださいまして、ありがとうございます」と表現することができます。 お客様の例と同じようにクッション言葉を用いて使用すると、より良いでしょう。 気を付けたい言い方 さきほどの取引先との例にあげた「持ってきてくれる」を、「お持ちくだたさいまして」と表現した部分ですが、より丁寧にと意識するにつれてつい間違った表現をしてしまう方もいらっしゃいます。 よくある間違いとして「ご持参くださいまして、ありがとうございます」があります。 一見あまり気になりませんが、「持参する」という言葉は謙譲語になります。 敬語をしっかり使いこなしている方からしたら、すぐに気づかれてしまうミスですので今まで使っていた方もぜひ気を付けてみてください。 「持ってきてくれる」の別の敬語表現はある? これまで解説した敬語表現以外の表現方法は、謙譲語の時にもご紹介した「いただく」という表現になります。 例文をいくつかご紹介します。 お客様や取引先の場合 「持ってきてくれる」という動作を自分がお願いしたい場合は、謙譲語でもご紹介した「いただく」という言葉を用います。 お客様に手続きをお願いしたい場合は、「こちらの書類にご記入をしてから、受付まで持ってきていただけますでしょうか」と表現することができます。 同様に、取引先に必要なものを持ってきてくれるようお願いしたい場合は、「お手数ですがこちらの書類にご記入のうえ、お持ちいただいてもよろしいでしょうか」と表現しましょう。 また、「持ってきてくれる」の例文でもご紹介しましたが、上記のような依頼をする場合もクッション言葉を使うことをおススメします。 クッション言葉を使おう 敬語表現を使いこなすうえで、より丁寧な印象を与えることができるのがクッション言葉です。 これまでの「持ってきてくれる」の例文でも触れてきましたが、クッション言葉は敬語表現程難しくはないので、いくつか覚えていて損はないものをご紹介します。 クッション言葉で覚えておきたい5つ 社会人に限らず、日常会話でも役に立つ言葉をご紹介します。 相手に依頼する場合に使われる言葉で「恐れ入りますが」、「申し訳ございませんが」、「お差し支えなければ」、「お手数をおかけしますが」、「恐縮ですが」があります。 上記のクッション言葉は、依頼を柔らかい印象に変えてくれるので場面に応じてぜひ使ってみてください。 ただ必要以上に多用してしまうと、かえって不自然な表現になってしまうので敬語表現と同じように、正しく使えるようにしましょう。 「持ってきてくれる」の敬語表現を使いこなそう.

次の

「ご送付」の例文・使い方・読み方|敬語/シーン別/いたします

送ってくれてありがとう 敬語

送ってくださいは、「ください」がつくので一見敬語のように見えますが、ビジネスシーンでは「送ってください」という表現はあまりおすすめできません。 相手に何かを送ってもらうときは、「ご送付ください」という表現にした方が失礼にあたりませんので、こちらの表現を使うようにしましょう。 上記でご紹介した「ご送付ください」よりもややくだけた感じになりますが、「送ってください」と書くよりも丁寧になります。 「ご送付ください」という表現がやや堅苦しいかもしれない、と感じたときは「お送りください」という表現で文章を書いた方が良い印象を与えることができます。 送ってもらうものが郵便物の場合に限る表現ですが、送ってもらう必要がある場合は、「送ってください」よりも「ご郵送ください」と表現した方が印象が良くなります。 郵送するとなると、郵便局もしくは宅配業者に依頼しに行く手間を相手にかけることになります。 なのでご郵送くださいという文言の前に一言「お手数おかけしますが」など相手に対して気づかいをする表現を入れておくとより印象が良くなるでしょう。 いただけますでしょうか、という表現と「お」という丁寧表現を追加することで、より丁寧な印象を与えることが可能になります。 「ご送付ください」や「ご郵送ください」に比べると、やや稚拙な表現ですが「送ってください」という文言よりは丁寧な表現になります。 送ってもらう相手に送ってもらえるかどうかわからないときに、訪ねる表現としても使用できるでしょう。 送ってください、という表現を使わずに「ご送付」という表現を使うことで、よりビジネスシーンらしい表現にすることができます。 また、語尾を謙譲語にすることでより丁寧な言い回しにすることが可能です。 「メールに添付してご送付ください」の丁寧表現• ・メールに添付してご送付いただけますでしょうか• より丁寧に表現する場合は、語尾に「いただけますでしょうか」「いただきたく存じます」といった文言をつけると良いでしょう。 どの程度丁寧にするかは状況に応じて使い分けるようにしてください。 「下記住所までご送付ください」の丁寧表現• ・下記住所までご送付いただけますでしょうか• 郵便物を物理的に送って欲しい、送ってもらうときの表現としてよく使われます。 より丁寧に表現したいときは、「ご郵送いただけますでしょうか」など丁寧語の表現も使うと良いでしょう。 「返信用封筒にてご郵送ください」の丁寧表現• ・返信用封筒にてご郵送いただけますようお願い申し上げます• 期限までに郵送してもらいたい郵便物がある場合によく用いられる表現です。 より丁寧な表現としては「期限までご郵送いただけますようお願い申し上げます」などがあります。 「期限までにご郵送ください」の丁寧表現• ・期限までにご郵送いただけますようお願い申し上げます• 語尾に「いただけますでしょうか」とつけることで、より丁寧な印象を与えることができます。 ビジネス文書の形式を指定するときなどによく用いられる表現です。 「ワードでお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・ワードでお送りいただけますようお願いいたします• 何かしらのアンケートや質問票を贈った時の回答を送って欲しいときに、よく使われる表現になります。 もう少しくだけた感じの文章にしたいときは、「お送りください」だけでも良いでしょう。 「回答をお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・回答をお送りいただけますと幸いです• ファイル形式を指定してファイルを送って欲しいときの表現としてよく使われる文章です。 丁寧な印象を与えたいときは語尾を「いただけますでしょうか」や「いただけますと幸いです」といった表現にすると良いでしょう。 「メールで圧縮してお送りください」の丁寧表現• ・メールで圧縮してお送りいただけますでしょうか• 送付期限があるときによく使われる表現です。 語尾の表現には「いただきたく存じます。 」「いただけますと幸いです。 」などがあります。 状況によって使い分けると良いでしょう。 「期日までにお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・期日までにお送りいただきたく存じます• 送り届けるという表現も、送ってくほしいという意味の表現です。 送り届けるの敬語表現としては、「送り届けていただけますでしょうか」などがあります。 「送り届けてください」の例文• ・誕生日までに送り届けてください• ビジネスシーンで使われることはあまりありませんが、送ってもらいたいものがあるときに使われる表現のひとつです。 芸術的な文章表現や歌の歌詞などに使われることが多いでしょう。 「差し出してください」の例文• ・あなたのハートを差し出してください• こちらもビジネスシーンや丁寧な文章を要求される場面では、使われることがない表現です。 どちらかといえば日常会話で多く用いられます。 「そこのティッシュをこっちによこして」などの使われ方が多いでしょう。 「よこしてください」の例文• ・醤油をこっちによこしてください• 「郵送してください」と意味が同じで、郵便物を送って欲しいときに使われます。 丁寧な表現としては「ご発送ください」や「ご発送いただけますでしょうか」などがあります。 「発送してください」の例文• ・指定された期日までにご発送ください• 移送というと、A地点からB地点まで移動させるという意味合いがあります。 こちらの手元に送って欲しいというより、物を移動させてほしいときに使われる表現です。 「移送してください」の例文• ・A工場まで移送してください• ・大阪まで移送してください また、下記の記事は「ご連絡差し上げます」の敬語表現について書かれた記事です。 「ご連絡差し上げます」の敬語表現のほか、「ご連絡申し上げる」や「ご連絡いたします」の使い方についても紹介されています。 「ご連絡差し上げます」の使い方について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語を使う時の注意点は? 「送ってもらう」の丁寧語を使うときは「ご送付」「ご郵送」を使う ビジネスシーンで「送ってください」を丁寧な表現で使うときは、「ご送付」や「ご郵送」といった単語を使うようにしましょう。 より丁寧で失礼のない文章を書くことができます。 状況に応じて「いただけますでしょうか」「いただければ幸いです」などの語尾にするとより印象が良くなります。 「送ってもらう」の敬語は状況に応じて表現を変える ビジネスシーンであっても、状況に応じて丁寧な文章を使い分けることが大切です。 過剰に丁寧な言い回しをし過ぎても違和感を覚えられることがあります。 適度に丁寧な言い回しをして、印象の良い敬語を使えるようになりましょう。 また、下記の記事は「どういたしまして」の語源と意味について紹介した記事です。 語源や意味のほかにも、類語や「どうたしまして」の使い方、敬語での言いかえについても紹介されています。 「どういたしまして」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語表現は「ご送付ください」を使おう 「送ってください」は「ください」が語尾についているので、一見敬語表現に見えます。 しかし、口語表現では大丈夫でも、ビジネスシーンなどでメールに文章を書くときにはあまりふさわしい表現ではありません。 「送ってください」という意味の文章をビジネスメールで使う場合は、「ご送付ください」や「ご郵送ください」といった表現を使うようにすると、メールを受け取った側の印象が良くなるでしょう。 また、下記の記事は「お変わりございませんか」の例文と、敬語表現などを紹介した記事です。 例文や敬語表現のほか、手紙やメールでの返事の書き方についても書かれています。 「お変わりございませんか」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の